最高のリノベーション会社をみつけよう。

リノベりす
専門家
「リノベりす」は、リノベーション専門誌「リライフプラス」(扶桑社)と、「SUVACO」のコラボレーションで制作・運営しているリノベーション専門サイトです。厳選したリノベ会社の事例やリノベのトレンドを編集部がわかりやすく解説しています。

記事一覧(投稿数:57)

庭のデッキにつながる窓から光がたっぷり入る住まい。築30年の実家をリノベーション

受け継いだ実家に暮らす、子育て真っ最中のYさん夫妻。上の子が自分の部屋が欲しいと言い出したことから、家全体のリノベーションを計画しました。家族のコミュニケーションが取りやすい、リビング階段を取り入れています。

オリジナルのキッチンが秀逸!住みやすさとデザイン性の両立を叶えた戸建てリノベーション

築35年の戸建てリノベーション。分離型のリビングダイニング+和室の間取りをワンルームのLDKに変更し、オリジナルのオープンキッチンを配置。キッチン~クローゼット~洗面室と、生活しやすい回遊動線もつくっています。

3世代同居を楽しみながら、光と風を感じるカリフォルニアスタイルにリノベーション

子どもの成長と家の老朽化をきっかけに、3階建て住宅をリノベーション。3世代それぞれの個室を1階と3階に振り分け、真ん中の2階に家族みんなが集まるLDKを配置しました。キッチンの位置を変えることで、オープンなくつろぎの場になっています。

物の定位置を決めて心地よい暮らしに。リノベーションで叶えたナチュラルスタイル

水まわりの老朽化を機に、愛犬のアジリティー用品を置く場所もつくりたいと間取りを再構築。壁を取り払い明るくオープンな空間に生まれ変わっています。必要なものを無理なくしまうことで、暮らしや家事がスムーズに流れるようになりました。

子どもの成長に合わせて間取りを変える。部屋数を増やしたマンションリノベ

リビングダイニング+寝室+水まわり、それぞれにゆとりを持たせたシンプルなヴィンテージマンション。子どもの成長にともなって間取りを見直し、リノベーションで2人分の子ども部屋を新設。並んで勉強できるスタディスペースを廊下に設けました。

可変性のあるミニマルな子ども部屋。家族が自然にコミュニケーションできる住まいにリノベーション

夫妻と子ども4人の施主ファミリー。築14年100平米のマンションを、将来それぞれの子ども部屋を設けられるようフルリノベーションしました。部屋の配置はそのまま活用し、リビングと個室のつなぎ方を変えることで、家族が仲よく過ごせる家になっています。

本好きにはたまらない!図書館みたいな戸建てリノベーション

一戸建てのマイホームが夢だったKさん。環境も建物も良い中古物件に出会い、キッチンを中心に間取りを変更するリノベーションに踏み切りました。1階から2階まで続く吹き抜けの壁一面に大きな本棚をつくっています。

将来を見据えたリノベプランでずっと長く住める家に

シンプルな食器棚に毎日使うキッチン小物や家電を並べて見せる収納に。隣のスタディスペースは、子どもたちがお菓子を食べたり絵を描いたりする一番お気に入りの場所。

好きなものに囲まれて過ごすインダストリアルな空間。見せる収納を駆使したリノベーション

キッチンはモルタル×ステンレスでインダストリアルテイストに。玄関からクローゼットを経由してキッチンに入れるので、短い動線で荷物を運び込めます。