子ども部屋をきっかけにリノベ。家族が仲よく過ごせる風通しのよい家

子ども達にそれぞれ個室をつくることをきっかけに、リノベーションを計画。廊下やキッチンのスペースを取り込み、部屋の区画を変えることで、子ども部屋と広いリビングを叶えました。

公開日:
子ども部屋をきっかけにリノベ。家族が仲よく過ごせる風通しのよい家
リノベりす

リノベりす

専門家ライター

「リノベりす」は、リノベーション専門誌「リライフプラス」(扶桑社)と、「SUVACO」のコラボレーションで制作・運営しているリノベーション専門サイトです。厳選したリノベ会社の事例やリノベのトレンドを編集部がわかりやすく解説しています。

子ども部屋をきっかけにリノベ。家族が仲よく過ごせる風通しのよい家

子ども部屋をきっかけにリノベ。家族が仲よく過ごせる風通しのよい家

リビングダイニングの大きな壁に、水平方向を強調する腰壁と飾り棚を造作。キッチンに窓を新たに設けたことで、風の流れも生まれています。

子ども達にそれぞれ個室をつくることをきっかけに、リノベーションを計画。廊下やキッチンのスペースを取り込み、部屋の区画を変えることで、子ども部屋と広いリビングを叶えました。

■DATA

所在地:東京都港区
延床面積:68㎡
施工面積:68㎡
家族構成:夫婦+子ども2人

間取り:2LDK→3LDK
設計:エキップ(equip)
施工:エキップ(equip)
改修範囲:フルリノベーション

 

 

部屋の線引きを変えて、広いリビングと2人分の個室をつくる

子ども達それぞれに個室が必要な時期になり、リノベーションを計画した施主夫妻。男女の姉弟なので、部屋数を増やして2人分の子ども部屋をつくることがプランのポイントでした。

そこで既存の間取りを取り払い、一からプランニングするフルリノベーションを選択。パイプスペースと直結して移設できないトイレ以外、すべての部屋を見直しました。

子ども部屋のほかにリクエストしたのは、広がりのあるリビング。LDKと個室の位置関係はそのまま活かし、部屋の線引きを少しずつ変えることで、リビングの面積を増やしました。さらに廊下を居室に取り込み、2人分の子ども部屋とウォークインクローゼット付きの主寝室を確保しています。

 

ラワンの羽目板を使い、あえて低く設えたリビングの梁。こちらを通り抜けることで、リビングの開放感が強調されています。


 

テレビ台を兼ねた腰壁は奥行きの浅い収納としても活用。素材はラワン、その上は薄いブルーの塗り壁です。


 

光と風が抜ける間仕切りの工夫

もともと南北に気持ちのよい風が抜ける立地で、夏場は玄関ドアを開け放って過ごしていたという施主ファミリー。しかし玄関の正面はキッチンとの間仕切り壁で、L字型の廊下では風が抜けにくいこともあったのだそう。

そこで玄関からストレートに風が抜けるよう、キッチンに開閉できる室内窓を設置。風はもちろん光も通すため、玄関の閉塞感がなくなり、昼間は照明なしでも明るい空間になりました。

廊下に面していた浴室は、窓のある場所に移動。それに伴い洗面脱衣室も動かし、天井いっぱいまでの高さがある収納棚を設け、家族4人分のタオルなどはすべて収められるように。カウンターや収納棚は、朝の混雑時など複数でも使いやすいレイアウトになっています。

 

リビングから玄関まで見通せるので、帰宅した家族の様子や玄関ドアの開閉が分かりやすくなりました。


 

そのほかの画像を見る

キッチンは2つあった出入口を1つ塞ぐことで、収納スペースを増やしています。


 

家に入ったとき、ガラス越しに家族の姿がちらりと見える室内窓。


 

昼間はリビングから自然光が。さらに白い扉で明るい玄関に。


 

浴室と位置を入れ替えて、使い勝手も収納も向上した洗面脱衣室。


 

リノベりすの「リノベ会社紹介サービス」では、あなたにとって、最高の会社をご提案します。

リノベ会社紹介サービス

リノベ事例をみる

こちらもおすすめ☆