広がりを感じる、オープンな間取りと回遊動線。戸建てからマンションへの住み替えリノベーション

戸建てに暮らしていた施主夫妻は、子どもの学区変更を機に66平米のマンションを購入。LDKを一体にしたフルリノベーションによって、狭さを感じない明るい住まいになりました。

公開日:
広がりを感じる、オープンな間取りと回遊動線。戸建てからマンションへの住み替えリノベーション
リノベりす

リノベりす

専門家ライター

「リノベりす」は、リノベーション専門誌「リライフプラス」(扶桑社)と、「SUVACO」のコラボレーションで制作・運営しているリノベーション専門サイトです。厳選したリノベ会社の事例やリノベのトレンドを編集部がわかりやすく解説しています。

広がりを感じる、オープンな間取りと回遊動線。戸建てからマンションへの住み替えリノベーション

広がりを感じる、オープンな間取りと回遊動線。戸建てからマンションへの住み替えリノベーション

床いっぱいにおもちゃを広げ、自由に遊べる畳コーナー。子どもがそれぞれ個室が必要になった時には、ロールスクリーンで仕切って夫妻の寝室にもできるフレキシブルなスペースです。

戸建てに暮らしていた施主夫妻は、子どもの学区変更を機に66平米のマンションを購入。LDKを一体にしたフルリノベーションによって、狭さを感じない明るい住まいになりました。

■DATA

所在地:神奈川県横浜市港北区
延床面積:66㎡
施工面積:64㎡
工事費:660万円
家族構成:夫婦+子ども2人

築年数:47年
間取り:2LDK→1LDK
設計:湘南リフォーム
施工:湘南リフォーム
改修範囲:フルリノベーション(浴室は既存利用)

 

 

家事動線がスムーズになるキッチンレイアウト

子どもの学区変更をきっかけに、66平米のマンションを購入した施主夫妻。それまでは戸建て住まいだったので、床面積は以前よりコンパクトになったのだそう。

そこで4人家族が窮屈に感じることのないよう、間取りや設備を一新。リフォーム済みの物件だったこともあり、使えるものは再利用してコストダウンにつなげています。

窓の位置は動かせないため、リビングダイニングや子ども部屋の配置は既存を活用。家事動線に大きく関係してくるキッチンとウォークインクローゼットは何パターンか提案してもらい、キッチンを中心に回遊性のあるプランを採用しました。

行き止まりのない間取りは、家事がラクになるだけでなく、視覚的にも広く感じられます。

 

広がりを感じる、オープンな間取りと回遊動線。戸建てからマンションへの住み替えリノベーション2

おもちゃを片付け管理する習慣をつけるため、畳コーナーにオープン収納をプラス。カラフルなボックスは目印の役目も。

 

子ども部屋はフレキシブルにつくっておく

キッチンは、子どもの宿題や在宅ワークもこなせるカウンター付きの対面式に。コンロとシンクを振り分けたセパレート型を取り入れることで、大容量のパントリーも確保しています。

壁を取り払い、ひと続きになったLDKは開放感あふれる空間。ハンモックを吊るす、ゴロンと横になれる畳を敷くなど、子どもが楽しい仕掛けもたっぷり盛り込みました。

まだ子どもが小さいため、現在子ども部屋は家族4人の寝室として利用。将来間仕切ることを前提に、2つのドアを配置しています。

それぞれの部屋に分けた時にはリビングの畳コーナーを夫妻の寝室に。独立したスペースになるよう、 天井にロールスクリーン用の掘り込みを造作しています。

 

広がりを感じる、オープンな間取りと回遊動線。戸建てからマンションへの住み替えリノベーション3

リビングダイニングを見渡せるキッチン。料理をしながら、子どもの様子やテレビを見ることができます。

 

そのほかの画像を見る

キッチン前の家族みんなのワークスペース。カウンター下の棚やニッチ収納など細部まで使いやすい工夫を。


 

セパレート型のキッチンは作業スペースが広いため、ミーレの大型食洗機も収まりました。


 

ストライプのクロス、ヘリンボーンの塩ビタイルで、服選びが楽しくなるクローゼットに。


 

玄関とリビングをつなぐチェッカーガラスのカラードア。床はオーク無垢材、壁は珪藻土をセレクト。


 

収納たっぷりの洗面台は片側にボウルを寄せたスタイルで、朝の身支度も並んで行うことができます。


 

玄関には靴入れに加えて、アウトドア用品のための収納棚も完備。ものの出し入れがぐんとラクに。


 

リノベりすの「リノベ会社紹介サービス」では、あなたにとって、最高のリノベーション会社をご提案します。

リノベ会社紹介サービス

リノベ事例をみる

こちらもおすすめ☆