家族が集うセンターキッチンプラン。家事も楽しくこなせる住まいにリノベーション!

叔父の家を受け継ぎフルリノベーション。床が一段下がったピットリビングから、空間がフラットにつながるLDKに。サンルームを雨の日も安心なランドリールームに変え、キッチンをその近くに配置することで家事がぐんと楽になっています。

公開日:
家族が集うセンターキッチンプラン。家事も楽しくこなせる住まいにリノベーション!
リノベりす

リノベりす

専門家ライター

「リノベりす」は、リノベーション専門誌「リライフプラス」(扶桑社)と、「SUVACO」のコラボレーションで制作・運営しているリノベーション専門サイトです。厳選したリノベ会社の事例やリノベのトレンドを編集部がわかりやすく解説しています。

家族が集うセンターキッチンプラン。家事も楽しくこなせる住まいにリノベーション!

家族が集うセンターキッチンプラン

キッチンは家の中でいちばん気持ちのよい場所に。自然に家族が集まり、そこにコミュニケーションが生まれます。すぐ横のサンルームで食事を楽しむことも。

叔父の家を受け継ぎフルリノベーション。床が一段下がったピットリビングから、空間がフラットにつながるLDKに。もともと設置されたサンルームを雨の日も安心なランドリールームに変え、キッチンをその近くに配置することで家事がぐんと楽になっています。

■DATA

所在地:東京都
延床面積:174㎡
施工面積:174㎡
工事費:1415万円
家族構成:夫婦+子ども2人+犬1匹

築年数:32年
設計:entrie(エントリエ)
施工:entrie(エントリエ)
改修範囲:フルリノベーション

 

 

設備更新だけでなく、思い切って間取りも変更

横浜のマンションに子ども2人と愛犬とともに暮らしていたKさん夫妻。築32年の叔父の家を受け継ぐことになり改修を決意。

当初は設備の更新を中心に考えていましたが、相談した entrie(エントリエ)から「間取りも変えられる」と提案されてフルリノベーションに踏み切りました。

1階を子育てしやすいワンルームにして、2階はそれぞれの個室に。ピットリビング(床の高さをほかの空間よりも下げたリビング)の段差をなくし、フラットに空間がつながるLDKをつくりました。

キッチンは明るいサンルーム前に移動して、料理や後片付けをしていても子どもたちの様子を見守りやすい配置に。料理好きな妻が快適に過ごせるよう、機能性やデザインにもこだわっています。

 

家族が集うセンターキッチンプラン2

オープンな対面式キッチンはカウンターを深くとりテーブルとしても使用。配膳しやすいフラットタイプに。

 

イエロー&レトロで、くつろぎ感のある空間に

家事の場としてもうひとつこだわったのは、ランドリールーム。キッチン横のサンルームを活用して洗濯機はもちろん物干しや換気扇も備え付けています。

網戸も追加したので、天気の良い日は風通しも抜群。キッチン仕事をしながら洗濯物を干すなど家事が効率よく進むようになりました。

インテリアは「かっこよすぎず、どこか懐かしさを感じる素朴な雰囲気が好き」という妻の言葉からコーディネートしたもの。

イエローの壁をアクセントに、ライトブラウンの木目や柔らかなホワイトでまとめています。床は少しずつ色味の異なるフローリングを選択。愛犬が滑りにくいペット仕様です。

 

家族が集うセンターキッチンプラン3

LDKの一角にはキッズスペースを配置。間仕切り扉があるので、急な来客でもさっと閉めれば散らかりが見えません。

 

そのほかの画像を見る

家族が集うセンターキッチンプラン4

引き出し収納やオープン棚を組み合わせた対面キッチン。食洗機とオーブンレンジをビルトイン。

 

庭に面した広いサンルームを通して、庭で遊ぶ子どもたちがキッチンからも見えます。


 

ランドリー機能のほか、外遊びに使えるようお湯が出る2口の水栓も設置。


 

リビングの壁も子どもにとって格好の遊び場に。


 

愛犬「うめ子さん」のために設けた寝室とリビングをつなぐペットドア。


 

2ボウルの洗面室は廊下からもリビングからも出入りできます。


 

大容量の収納を新たに設置してすっきりした玄関スペース。


 

リノベりすの「リノベ会社紹介サービス」では、あなたにとって、最高のリノベーション会社をご提案します。

リノベ会社紹介サービス

リノベ事例をみる

こちらもおすすめ☆