function toggleSearchContainerDisplay() { let searchBtn = document.getElementById("l-header__searchBtn") searchBtn.classList.toggle('on'); }

東京暮らしがワクワクする「ありそうでなかった、ベター・スタイル」をお届けします。

REISM Style
専門家
REISMは、リズム株式会社が運営するリノベーション賃貸のブランド。「住む人」のニーズを捉えたルームコンセプトと本物の素材にこだわり、中古不動産をバリューアップ。住空間に触発されてライフスタイルをつくる楽しさをご提案しています。

記事一覧(投稿数:104)

ムーディー&アンティーク。 素敵な経年変化を楽しむ。

「Anti」は、まるで洋館の一室のような造りの空間でぼんやりと灯る乳白ガラスの灯りがムーディーな印象。アンティーク調の木の腰壁が品の良いアクセントとなっている。タイムスリップしたような懐かしい心地よさに、思う存分浸ることができる。

アートのある暮らしをリズムの物件で。好きな風景を作り出すコツ

入居者が自分の好みを反映した住まいづくりをしやすいよう、物件をリノベーションする際にさまざまな工夫を凝らしているリズムの物件。特別な道具を使わずに、気軽にアートや雑貨を取り入れるコツについて、リズムセレクト担当の森田が紹介する。

角部屋の魅力とは?メリットや注意点、選び方を紹介

角部屋は集合住宅の中でも人気があり、家賃もほかの住戸と比べて高い傾向がある。確かに角部屋はメリットが豊富だが、一方でいくつかデメリットもあるため、その特徴を踏まえて選ぶ必要があるだろう。ここでは、角部屋の魅力や注意点を詳しく解説。

サーキュレーターの効果的な置き方は?扇風機との違いや選び方も解説

冷房や暖房の効率を高めるために、近年需要が高まっているサーキュレーター。置き方によってはその効果を十分に発揮できないため、正しい使い方を踏まえて活用することが大切だ。メリット・デメリットのほか、正しい置き方、選び方などについて見ていこう。

ロースタイルインテリアの魅力とは?部屋をより広く見せるコツ

開放感のある部屋づくりの一環として、ロースタイルインテリアを取り入れる方法がある。インテリアを全体的に背の低い物にして、圧迫感のない部屋にするというもの。ロースタイルインテリアのメリットを踏まえ、背の低い家具を上手に取り入れるコツをご紹介。

「吊るす」「まとめる」「隠す」「飾る」キッチン空間のつくりかた

使いやすさはもちろん、見た目もきまっていたいキッチン空間。小物やキッチンツールの見せ方を工夫するだけで、嫌な生活感は払拭できる。今回は収納や置き場所に困りがちなキッチンアイテムを見せながら配置していく、キッチン空間のつくりかたを紹介しよう。

フローリングの色の特徴とは?部屋のテイスト別におすすめの色も紹介

フローリングを選ぶときは、どのような部屋づくりをしたいのかを念頭に置いた上で、それに合致した色を選択しよう。ここでは、フローリングの色の特徴や、部屋のテイストに合わせた色の選び方のほか、家具とフローリングの色の関係性について解説する。

山小屋を思わせる空間で 深呼吸しながら暮らす。

ものづくりが息づく街に存在する「CABIN」の部屋。山小屋やキャンピングカーでの体験をヒントに、都会での暮らしを違う視点で楽しむためのギミックをふんだんに詰め込んだ部屋は、チェックどころ満載。ライフスタイルはどのように変化したのだろう?

軽やかなラタン素材を取り入れて、たちまち爽やか気分

しなやかで優しい印象のラタン。懐かしい雰囲気にも、モダンな雰囲気にも似合う万能素材だ。素材の柔軟性を生かした、美しい造形・デザイン性の高いアイテムが多いのも魅力。今回はそんなラタン素材を取り入れるアイディアを紹介しよう。

日当たりの悪い部屋を快適にする方法は?メリットとデメリットも解説

北向きの部屋や近隣の建物によって採光が遮られている部屋は、日当たりが悪くさまざまなデメリットが生じるが、メリットもある。ここでは、日当たりの悪い部屋のメリットとデメリットを踏まえて、住みやすい空間にするためのポイントを見ていこう。

自由にラフに。思う存分、自分仕様。

東京の下町情緒あふれる場所にある「Rough」の部屋。「Rough/ラフ」は、想像力や創作意欲を掻き立てる空間。今回も、REISM社員が暮らすリノベーション物件を取材した。ここへ入居してちょうど一年目のI.Yさんの暮らしぶりはいかに?

色と素材を楽しむ!コンクリート打ちっぱなし仕上げを活かすコーディネート

仕上げ材をあえて使わず、天井や梁、柱、壁などの躯体のコンクリート面をそのまま見せるコンクリート打ちっぱなしは、都会的でクールな印象を与える人気の仕上げ手法。コンクリート打ちっぱなしの部屋に合うインテリアの選び方やコーディネートのコツを解説する。

垂らす、置く、かける…タイプ別で楽しむ香りと暮らし

単調になりがちなお部屋で過ごす時間には、気分をリフレッシュするのに最適なフレグランスアイテムを取り入れて。気分や使うシーンに合わせて取り入れる、香りを楽しむアイディアを紹介していこう。

好きな世界をとことん探求。マイ・ワールドな空間へ。

都心へのアクセスが抜群に良い人気の街にある、Garage/ガレージの部屋。入居して約1年のS.Yさんは、この部屋の機能的で個性的なところがたまらない。マイ・ガレージからマイ・ワールドへと育っていくワクワク感が、空間全体から伝ってくるようだ。

花をインテリアに取り入れるには?飾り方のコツを紹介

殺風景な印象の部屋やインテリアに物足りなさを感じたら、花を飾るのがおすすめだ。花の選び方や飾り方次第でさまざまな雰囲気を演出でき、花ならではのリラックス効果も得られるだろう。今回は、インテリアに花を取り入れるポイントを解説する。

相反する材質を用いた「Anti」は経年変化も味になる。

今回の舞台は、トレンドに敏感な人たちに人気の街にある「Anti/アンチ」の部屋。リノベーションのプロであるREISMスタッフが実際に自身で手掛けた物件住んでみたケースをご紹介。さて、自分の作品に暮らした実感や住みこなし方はどんな感じだろう?

キャンプアイテムを取り入れて、おうちで手軽にアウトドア気分

なかなか遠出もできないこのご時世、家にいながらにしてアウトドア気分を楽しめる「おうちキャンプ」の需要が高まっている。今回はおうちでもアクティブに、アウトドア気分を楽しむポイントを紹介していこう。

一人暮らしの収納テクニック。部屋をすっきり快適な空間に【まとめ】

ここでは、これまでに公開した一人暮らしの収納テクニックに関する記事を特集。散らかりやすいリビングやキッチンをおしゃれに見せるコツや、着る服に悩まないクローゼットの作り方、在宅ワークでも集中力をキープしやすい環境づくりについてご紹介します。

初めての一人暮らしを光あふれる部屋で。

利便性の高い沿線上の人気エリアにある、Teidaの部屋。沖縄産花ブロックをあしらい、沖縄のリゾート風味を取り入れた空間は開放的な雰囲気。ここはYACCOさんが求めていた通りの、カラダとココロを整えてくれる部屋だった。

ベッド周りを快適&おしゃれにするインテリアテクニック

一人暮らし向けのワンルームや1Kは、ベッドが部屋のスペースの大部分を占めるため、ベッド周りを工夫することで、部屋の雰囲気が大きく変わる。ここでは、ベッド周りをおしゃれに演出するインテリアや、コーディネートのコツについて見ていこう。

暗い部屋を明るく見せるテクニックとは?インテリアと照明の選び方

自然光があまり差し込まず、部屋の中が暗いと悩んでいる人もいるだろう。インテリアの色や配置、照明の選び方を工夫することによって、明るく見せることが可能だ。部屋を明るく見せるためのインテリアや照明の選び方のほか、配置のコツについて紹介する。

捨てない、片づけない。物が多い部屋をすっきり見せる3つのポイント

家の中に物が多くて「狭く感じる」「ごちゃごちゃして見える」といった悩みを持つ人に向けて、片づけの専門家・香村薫さんに、物が多くても部屋をすっきり見せるポイントを紹介してもらった。

カーテンとブラインドの違いは?それぞれのメリットとデメリット

種類やデザインが豊富なカーテンやブラインド。占有面積が大きく、部屋全体の明るさやイメージ、通気性に大きく影響するため、できるだけ長く快適に使える物を選びたい。カーテンとブラインドそれぞれのメリット・デメリットや、選び方のポイントを紹介する。

ドアを開けた瞬間に感じた、 なんとも心地よいぬくもり。

都心でありながら緑が多く、落ち着いた雰囲気の閑静な住宅街。そんな街の中に「iCafe」の部屋があった。出会った瞬間、劇的に、自身と部屋の相性の良さがわかった。H.Jさんのプライベートカフェライフはこうしてドラマチックにスタートした。