「吊るす」「まとめる」「隠す」「飾る」キッチン空間のつくりかた

使いやすさはもちろん、見た目もきまっていたいキッチン空間。小物やキッチンツールの見せ方を工夫するだけで、嫌な生活感は払拭できる。今回は収納や置き場所に困りがちなキッチンアイテムを見せながら配置していく、キッチン空間のつくりかたを紹介しよう。

公開日:
「吊るす」「まとめる」「隠す」「飾る」キッチン空間のつくりかた
REISM Style

REISM Style

専門家ライター

REISMは、リズム株式会社が運営するリノベーション賃貸のブランド。「住む人」のニーズを捉えたルームコンセプトと本物の素材にこだわり、中古不動産をバリューアップ。住空間に触発されてライフスタイルをつくる楽しさをご提案しています。

「吊るす」「まとめる」「隠す」「飾る」キッチン空間のつくりかた

キッチン空間のつくりかた

毎日使う場所だから、使いやすさはもちろん、見た目もきまっていたいキッチン空間。細々とした小物やキッチンツールの見せ方を工夫するだけで、嫌な生活感は払拭できる。

今回は収納や置き場所に困りがちなキッチンアイテムを見せながら配置していく、キッチン空間のつくりかたを紹介しよう。

 

 

ラインナップが見えやすい、吊るす収納

引っ掛ける場所とフックさえあればすぐに実践できる、吊るす収納方法。目の前にツールを吊るすことで、毎日どんなものをよく使うのか、必要なラインナップが把握しやすい。

 

ソルガム デスクトップホウキ スロープ REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

おたまやフライ返しなど長モノのほか、平置きだと場所をとるフライパンや小鍋なども吊るすと便利だ。

フックは色味や素材を揃えると散らかった印象にならない。

配置変えもしやすいので、きちっと定位置を決めずに色々な配置で使い勝手を吟味してみよう。

シンク・コンロの位置に合わせて吊るす順番やレイアウトを決めていくのもOK。


 

【REDECKER】食器用ウォッシングブラシM REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

気が付くとシンク内に転がっていたり、置き場所に困りがちな食器用スポンジもブラシタイプなら吊るしてスタイリッシュに収納できる。

ついつい消耗品として気が回らないアイテムや見栄えが気になる物こそ、長く使えたりデザインが好きなアイテムに置き換えてみよう。


 

分類して使いやすく、まとめる収納

重ねて収納することが多い皿類だが、重ねすぎると取り出しづらくなってしまう。まずは、よく使う・たまに使う・あまり使わない、など使用頻度ごとにアイテムを分類しよう。

 

寿山窯 angle アングル 25cmプレート グリーン REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

一般的に目線と手が届きやすい場所は管理もしやすく使いやすいので、よく使うものは目線の高さ〜腰高に配置。

逆に手を伸ばさないと届かない上の段や奥の方には使用頻度が低いものを配置しよう。


 

キッチン空間のつくりかた5

寿山窯 angle アングル 18.5cmプレート ホワイト REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

よく使うアイテム以外はしまって保管しておくなど、スタメンアイテムを厳選していくのもポイントだ。

形やサイズ、色味や素材など似たもの同士をまとめて収納しておくと直感的に選びやすい。見た目にも統一感が出るので整った印象になる。

 

FRYING PAN JIU Mサイズ&ハンドルセット/ビーチ(ブナ材) REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

もともとスタッキングしやすい仕様になっているアイテムも使い勝手が良い。

取っ手を取り外せたり、調理後そのまま皿として使えたり、機能性のあるアイテムで省スペース化を図るのもコツだ。


 

生活感をカモフラージュ、隠す収納

消耗品や調味料、パッケージによってどうしても出てしまう生活感は、隠す収納をうまく使おう。

備え付けの収納が少ない場合や、扉付きの収納が無いキッチンには、キッチン下やダイニング周辺に配置できる収納ワゴンを使うと便利だ。

 

anthem Cart Wagon REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

隠す収納の場合は、奥・手前をうまく使い分けるのがポイント。

キャスター付きのワゴンや、引き出しラックなど手前へのスムーズな動作ができる収納アイテムをうまく取り入れよう。

一度でも、取りづらいな…と感じた箇所はその都度解決しておくことも大切。

気軽にレイアウト変えできるよう、用途やジャンルごとに容器などにまとめておく他、細々したものはバラ置きしないのがコツだ。


 

キッチン空間のつくりかた8

ALVESTA KITCHEN WAGON REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

定期的に収納内を見直せば、多すぎるストックや食品のロスも発生しづらい。使い勝手に応じてレイアウトを循環させながら、把握できる量と内容を保つようにしよう。

 

見せたくなるアイテムで、飾る収納

お気に入りのアイテムだけで作られた空間なら、生活感も味方になる。しまったり収めたりするだけでなく、飾りたくなるようなアイテムでキッチン空間をつくってみよう。

 

【REDECKER】ダストクリーニングブラシ REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

例えば、毎日のコツコツ掃除にはあえてアンティークなブラシを。

気がつくとホコリが溜まってしまう電化製品やキッチン周りの隙間汚れなど細かい箇所に使いやすく、置いてあるだけでも気分が良い。

ペーパーや消耗品を使うのも良いが、生活感が出やすいアイテムこそ見せたくなるようなデザインや長寿命なものにチェンジしてみよう。


 

TWO TONE VASE / Gray×Green REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

ただの作業の場になりがちなキッチンだが、花瓶に添えた植物を置くだけでインテリアも楽しめる空間になる。

日当たりや風通しが良いキッチン配置であれば植物を育てるのも良いが、切り花などが場所を選ばず手軽だ。

旬の食材を選ぶように花も旬なものを取り入れて、季節感のあるキッチンを演出してみよう。


 

REISMのお部屋でのインテリアコーディネートを見る

他にも、お気に入りの食器をディッシュスタンドで飾ってみたり、食材をバスケットに入れて見せたり、オブジェを置いてみたり。

作業的なレイアウトの中に少しだけ隙を作るイメージで、キッチンに飾る要素を足してみよう。


 

ディスプレイスタンド REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

料理をつくるだけじゃなく、見せる場にもなるキッチン空間。

持っているアイテムやレイアウトを少し見直して、よりお気に入りのスペースに仕上げよう。


 

RELATED POSTS 関連の記事

 

こちらもおすすめ☆