上品な人の特徴とは?雰囲気・所作・話し方などの共通点を大調査!

「上品な人」と聞くと、多くの人は、美しい、高貴、といった言葉のイメージを持っているのではないでしょうか。上品な女性は、男性にもモテますし、同じ女性にとっても憧れです。そこで今回は、上品な人の雰囲気や特徴には、どんな共通点があるのかご紹介します。

公開日:
著者:
上品な人の特徴とは?雰囲気・所作・話し方などの共通点を大調査!

著者名

vivi

vivi

自身が過去の恋愛で、悩み学んだ経験を活かし、愛される女性の特徴や男性心理などを中心とした恋愛記事を執筆しています。恋愛で悩んだ時の参考になったら嬉しいです。

上品な人の特徴って何?

「上品な人」と聞くと、多くの人は、美しい、高貴、といった言葉のイメージを持っているのではないでしょうか。上品な人は、見た目や服装にその特徴が出るものです。品格は生まれ持ったものも大きいですが、日々の心掛けが影響していて、顔や表情にもつながっています。上品な女性は、男性にもモテますし、同じ女性にとっても憧れです。

上品な女性になりたい!上品になるには、品を身につけるにはどうしたらいい?などと気になっている女性は多いことでしょう。そこで今回は、上品な人の雰囲気や特徴には、どんな共通点があるのかご紹介します。

上品な人の特徴《雰囲気》

上品な人の特徴《雰囲気》

まず、上品な人は、雰囲気の特徴から分かるものです。人となりや普段の心掛けが滲み出るのです。上品になりたい、と思う場合は、まずは実際に雰囲気にどんな特徴があるのかを見てみるといいでしょう。初対面で性格をよく知らない相手だとしても、そのオーラや佇まいから、上品だなと感じるものです。

そのため上品になるには、雰囲気の共通点を知り、頭の中でイメージし続けることが大事です。実際に上品な人が持つオーラや佇まいは、具体的にどんな特徴なのでしょうか。ここでは、上品な人の持っている上品な人の持っている、独特な雰囲気の特徴を3つご紹介します。

 

 

穏やかである

《雰囲気編》1つ目は、穏やかであるということです。自分や他人を大事にできる人が多く、性格そのものがとても穏やかであることが、上品な人に共通している特徴です。イライラしたり、他人を攻撃したりというようなことはしません。そんな穏やかな性格が、そのまま顔や雰囲気に表れているのです。

上品な人になるには、必須条件として穏やかであることが挙げられます。感情の波が激しかったり、気分屋で日によって性格が違うという特徴がある人に対して、上品さは感じませんよね。上品な人になりたいのであれば、穏やかな性格を目指すことで、上品な人に近付けるでしょう。

 

余裕がある

《雰囲気編》2つ目は、余裕があるということです。いつも時間に正確で、余裕を持って行動しているのが共通した特徴です。常に余裕がある姿に、高貴な雰囲気や佇まいを感じるものです。時間や行動に余裕を持っていることで、気持ちにも余裕が生まれ、顔や雰囲気に表れるのです。

常に時間に追われているような人や、待ち合わせにぎりぎりだったり遅刻気味な人のことを上品だとは感じないものです。上品な人になるには、日頃から時間に余裕を持った行動を心掛け、気持ち的にも余裕がある状態でいることが大事です。

 

姿勢がいい

《雰囲気編》3つ目は、姿勢がいいということです。自分自身を認めている人が多いということが、上品な人が持つ特徴の共通点として挙げられます。自分に自信を持っていて何事にも前向きで、その生き方が姿勢にも表れているのです。

立っている時の特徴は片方の足に体重を掛けるようなことはないですし、座っている時も普通は猫背になりがちですが、ピンと背筋が伸びています。歩いている時も、俯くことなくしっかり前を向いて颯爽と歩いているのが特徴的です。常に背筋が伸びていて高貴な雰囲気を持つ姿は、誰が見ても上品な人だなと感じます。

 

上品な人の特徴《服装》

上品な人の特徴《服装》

服装にも上品な人に共通する特徴があります。上品さは、イメージや顔に滲み出るものですが、そんな高貴なイメージに見合った格好をしていることが特徴的です。服装は生まれ持ったものではなく、自分で変えていけるものです。

上品な人になりたい場合、上品な人の身なりを真似してみるといいでしょう。お金がかかりそうというイメージもあるかもしれませんが、実際値段は関係ありません。上品な人になるには、アイテムの価格よりも、イメージや扱い方を意識することが大事です。具体的な服装の特徴を3つ、ご紹介します。

 

エレガントな身なり

《服装編》1つ目は、エレガントな身なりということです。上品な人の特徴として、アクセサリーをじゃらじゃらと付けていたり、だぼっとした格好をしている人はいません。上品な人は、アクセサリーはシンプル、サイズ感も自分の身体にちょうどいいものという特徴を意識していて、優雅で高貴なイメージの身なりであることが特徴的です。

実際に高価なアイテムを身に着けているということではなく、自分の顔やイメージ、そして身の丈に合った特徴のアイテムを選ぶのが上手なのです。上品な人になるには、自分をよく知り、自分に合うものが分かるようになりましょう。

 

清潔感がある

《服装編》2つ目は、清潔感があるということです。上品な人は、全体的に綺麗で清潔感のある身なりをしていることが、共通の特徴として挙げられます。

アイテム一つ一つがきちんと手入れが行き届いていて、服も綺麗に洗濯されていることは当然で、シワになっていたり、ほつれているようなこともありません。汚れにも敏感で、シミ抜きアイテムを持ち歩いている人も多いです。普段から自分の手で大事に手入れしているからこそ、そのアイテムが似合います。

上品な人は、自分に合うアイテムを知り、大事にすることで清潔感を保っているのが特徴的です。

 

アイテムが傷んでいない

《服装編》3つ目は、アイテムが傷んでいないということです。鞄がボロボロの状態でも使い続けていたり、靴が擦り切れているのに履き続けているような人には、品は感じません。物を大事にするのは良い事ですが、長く使えばいいというわけではありません。

上品な人は、物の捨て時や代え時もしっかり見極めているのが共通の特徴です。できるだけ傷まないように普段から手入れをするものの、長く使っているとどうしてもボロくなってくるものです。そんな時も上品な人は、感謝を込めて処分し、新しいものをまた大事に使うというのが特徴的です。

 

上品な人の特徴《所作》

上品な人の特徴《所作》

上品な人は、所作が美しいという特徴の共通点もあります。普段の振る舞いは、昨日今日の努力でどうにかなるものではありません。上品な人になりたい場合、品のある人の動き方や仕草を観察し、実践してみましょう。仕草を意識することで、間違いなくオーラが変わってくるものです。

仕草が美しい人になりたいと思っても、習慣がない人にとっては難しいもの。少しずつでも意識することで上品と言える特徴に近付けるでしょう。では、上品な人になるには、一体どんな仕草の特徴が重要なのでしょうか。気になる具体的な特徴を、3つご紹介します。

 

落ち着いている

《所作編》1つ目は、落ち着いているということです。常に時間や気持ちに余裕を持っているおかげで、上品な人は、仕草や動きが落ち着いていることが特徴です。何をするにも落ち着いていて、慌てていたり、前のめりになることはありません。自分自身が安定して落ち着いているので、他人に対しても急かすようなこともないです。せかせかしているような人には、品は感じないものです。

上品な人になりたいと思ったら、日頃から落ち着いて行動するように意識する必要があります。落ち着いている人には、周囲も居心地の良さを感じるというのが特徴的です。

 

丁寧

《所作編》2つ目は、丁寧ということです。美しい振る舞いには丁寧さが大事です。上品な人の共通の心掛けとして、物を丁寧に大事に扱う、音を出さないという特徴があります。

例えば、物の受け渡しの際、受け取る場合は両手で、渡す場合は片手を添えてなど、ちょっとしたことでも丁寧さを強く意識しています。また、物を置く時や触る時など、やたら大きな音を出さないようしていることも特徴的です。

鞄や物を投げるようにして机に置いたり、急いでいる時にノートパソコンをバンと音を立てて閉じたりといったがさつな特徴の人は、上品さに欠けます。

 

マナーがなっている

《所作編》3つ目は、マナーがなっているということです。上品な人だと感じるのは、正しいマナーを知っていて、動作一つ一つにおいて、しっかりとマナーが守られているのが特徴的です。

特に食事のタイミングにおいて、マナーはとても重要で、箸は正しい持ち方で持つ、テーブルに肘をついて食べない、などの特徴がきちんとできていることで、育ちの良さを感じます。

マナーが伴っていない場合、とても上品とは言えません。上品な人になりたい場合、正しいマナーを知ること、そして日頃の動作を意識することが大事です。

 

上品な人の特徴《話し方》

上品な人の特徴《話し方》

話し方にも共通の特徴や雰囲気があります。話し方はごまかしがききません。いくら外見や立ち居振る舞いに気を付けていたとしても、会話ひとつで台無しになることがある程、重要なポイントになります。言動次第で一瞬でイメージが変わるので気を付けましょう。言動には、育ちや環境も影響しているものですが、自分で意識をすれば変えることができます。

上品な人になりたいと思った時に、自分の話し方に自信がない人は、意識して改善するようにしましょう。具体的に、どんな特徴の話し方なのでしょうか。3つご紹介します。

 

おっとりしている

《話し方編》1つ目は、おっとりしているということです。おっとりした特徴の空気感は、高貴さを感じるものです。早口でまくしたてるような話し方が特徴の人に品は感じません。上品になりたいと思ったら、話す時はゆっくり話す、声のトーンは、高すぎず低すぎず程良いトーンで、などおっとりした空気感を意識しましょう。

また、品を感じる会話の特徴として「間」を楽しむことも大事です。上品な人は、相手の話を途中で遮ることなく最後まで聞く、そしてワンテンポ間を置いてから話すなど、会話の間も意識しています。

 

丁寧な言葉遣い

《話し方編》2つ目は、丁寧な言葉遣いということです。上品な人は、特徴として、若者にありがちな流行り言葉や略語をやたら使いません。正しい日本語を意識していて、きちんと正式名称で言うようにしています。いくら周囲が流行り言葉や略語を使っていたとしても、自分のペースを貫くのが特徴的です。

上品になりたいと思ったら、丁寧な言葉遣いを意識しましょう。日頃から気持ちに余裕を持って安定していれば、丁寧な言葉遣いになりやすいでしょう。丁寧で美しい言葉遣いができることで、周囲も品の高さだけではなく話しやすさも感じるものです。

 

目を見て話す

《話し方編》3つ目は、目を見て話すということです。挨拶を交わす時や会話をするときなど、目を見て話せるというのは、相手と向き合おうとしている証拠です。上品な人は、自分を理解して前向きに生きているので、周囲ともきちんと向き合おうという気持ちを持っています。

また、目を見て話すことで、顔の表情も確認できるので、これ以上触れられたくないというような相手の感情も感じることがきます。上品な人がちょうどいい距離感を保てるのも、目を見て話す特徴があるからと言えます。にこやかに目を見て話せるようになりましょう。

 

上品な人になるには

上品な人になるには

上品な人になりたいと思ったら参考にするべき特徴があることが分かりました。次は実際に、自分が上品な人になるには、どんなことを意識したらいいのかを見ていきましょう。慣れないこともあるかもしれませんが、上品さは習慣から成り立つものと心得ましょう。

日々の過ごし方や立ち居振る舞いが品を作るのです。逆に言うと、品は育ちの良さや生まれ持ったものではなく、日々の意識次第で作れるということです。変われるチャンスは誰にでもあるのです。

そう考えると希望が湧いてきませんか?具体的に、上品な人になるために意識すること3つをご紹介します。

 

全てを丁寧に

上品になるために意識すること1つ目は、全てを丁寧にということです。日常生活における全ての言動を丁寧にしましょう。物を渡す時は手を添える、受け取る時は両手で、音を立てないで物を触る、といった物の扱い方を始め、やたら流行語や略した言葉は使わないといった言葉遣いまで。日頃から丁寧さを大事にすることで、品は身に付きます。

また、上品になるには、自分自身に対しても丁寧に向き合うことが大事です。自分をよく知り、丁寧に扱えることで、他人に対しても優しくなれます。自分も他人も大事にできる人こそ品格を感じるものです。

 

余裕を持つ

上品になるために意識すること2つ目は、余裕を持つということです。まずは時間に余裕を持った行動を心掛けましょう。その行動が気持ちの余裕にもつながるものです。上品になるには心のゆとりは重要な共通点になります。

そしてさらに上品になりたいのであれば、にこやかでいることも意識しましょう。いつも行動にも気持ちにも余裕があり、にこやかな女性は男性にモテます。他人にイライラしがちな人も、実は自分自身に余裕を持つことで解決できる問題が多かったりします。

上品になるには、生活に余裕を持ち、いつも穏やかに過ごせる環境を作ることが大事です。

 

持ち物に気を遣う

上品になるために意識すること3つ目は、持ち物に気を遣うということです。上品になるには持ち物に気を遣いましょう。

物持ちがいいのはいいことですが、壊れていたり擦り切れているようなアイテムを持ち続けるのは、品を下げてしまいます。いくら大事で大好きな物だとしても、捨て時や替え時は見極める必要があります。感謝の気持ちを込めて処分し、新しいアイテムをまた大事に使うようにしましょう。

また、上品になりたいのであれば、アイテムそのものだけではなく、お手入れグッズを持ち、できるだけ長く使えるようにお手入れに力を入れることも大事です。

 

上品な人の特徴まとめ

上品な人には、共通の特徴があるものです。自分も上品な素敵な女性になりたい…!そう思う気持ちがあればなれます。実際に上品になるには、日頃の言動を意識することが必要ですが、日々の積み重ねが習慣になり、上品な雰囲気を醸し出してくれるのです。

周りに上品だと感じる女性がいたら、言動にどんな共通点があるか探してみましょう。そしてその共通点を実際に真似してみましょう。

上品な人になるには毎日意識するかどうかにもかかっています。ささいなことでも品のある言動を心掛けましょう。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告