【連載】リビング収納を考える。家族が一番長く過ごす場所だからこそ目的を明確にした収納を

皆さんにとって「リビング」はどんな場所ですか?そしてどんなリビングであったら家族みんなが笑顔で過ごせると思いますか?実は整理収納を進める時に、一番大切になるのが「どんな空間にしたいのか?」「どんな過ごし方をしたいのか?」という目的なのです。

2017/06/29 更新
著者:
【連載】リビング収納を考える。家族が一番長く過ごす場所だからこそ目的を明確にした収納を

著者名

梶ヶ谷陽子

梶ヶ谷陽子

2013年10月より整理収納アドバイザーとしての活動を本格的に開始。日本テレビ「ヒルナンデス」に「収納名人」として登場以降テレビ出演多数。間取りプランナーなど暮らしに関わる資格を多く取得。企業研修講師、講演、商品PR、テレビ、書籍など幅広く活躍中。著書に「小さな工夫で毎日が気持ちいい ためない暮らし」(マイナビ出版)など。

リビング収納

_DSC1118

7回に渡り連載をさせて頂いた記事も本日が最後となります。連載最後に書かせて頂くのは、おそらく家族が一番長く過ごすであろう「リビング収納」についてです。

 

 

リビングを整える

IMG_5056

皆さんにとって「リビング」はどんな場所ですか?

そしてどんなリビングであったら家族みんなが笑顔で過ごせると思いますか?実は整理収納を進める時に、一番大切になるのが「どんな空間にしたいのか?」「どんな過ごし方をしたいのか?」という目的なのです。我が家の場合、「二人の子どもが伸び伸びと遊べる、そして家族みんながくつろげる空間にしたい」と思いました。このような目的が決まると、その空間に「どんなものが必要で、どんなものが不要なのか」ということが明確になります。我が家でいうと、以前まで置いてあったローテーブルは不要な物ということに気づきました。ローテーブルをなくしたことで、子どもが伸び伸びと遊べる空間が確保出来ました。

 

広告

 

IMG_0144

我が家の場合、リビングは家族が一番長く過ごす場所です。だからこそ、そのリビングにあるテレビボードの中には、普段家族が必要とする物をギュッと集結させた収納にしました。

 

IMG_0155

プッシュ式ケースには、毎朝娘の髪の毛を結うためのヘアゴムを収納。

 

IMG_0156

窓付きケースの中には、常備薬を種類ごとに収納。

 

IMG_3822

そしてソフトケースの中にはマスクや絆創膏などを。

 

IMG_1745

家族が一番長く過ごす場所だからこそ、家族が必要とする物を集めた収納を作り上げました。

整理収納でとても大切なことは、「どんな空間にしたいのか」という目的をしっかりと明確にすること、そして作り上げていく際には必ず「使う人」を基準に場所や方法を決めていくことだと思います。整理収納は、必ず家族の笑顔を生み出してくれるものだと私は思っています。整理収納で皆さんのご家庭に沢山の笑顔の花が咲きますように。

3ヶ月に渡り連載にお付き合い頂きありがとうございました!

梶ヶ谷陽子の記事一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!