【連載】整理収納を考える。「片づけの第一歩」とは?

「片づけ」に対しては「めんどくさい」「時間がかかる」などネガティブな印象をお持ちの方がほとんどではないかなと思いますが、片づけの先には良いことしかありません。片づけの第一歩は「整理」です。まずは言葉の意味の意味をしっかり知り、心地良い空間づくりをしていきましょう

2017/04/06 更新
著者:
【連載】整理収納を考える。「片づけの第一歩」とは?

著者名

梶ヶ谷陽子

梶ヶ谷陽子

2013年10月より整理収納アドバイザーとしての活動を本格的に開始。日本テレビ「ヒルナンデス」に「収納名人」として登場以降テレビ出演多数。間取りプランナーなど暮らしに関わる資格を多く取得。企業研修講師、講演、商品PR、テレビ、書籍など幅広く活躍中。著書に「小さな工夫で毎日が気持ちいい ためない暮らし」(マイナビ出版)など。

整理収納の「片づけの第一歩」

はじめまして。整理収納アドバイザーの梶ヶ谷陽子と申します。

これから定期的に整理収納について書かせて頂くことになりました。

突然ですが、皆さんは「片づけ」が好きですか?

私の講座を受けられた方のほとんどの方は、この質問を投げかけると苦笑いをしながら首を横に振ります。

おそらく「片づけ」に対しては「めんどくさい」「時間がかかる」などネガティブな印象をお持ちの方がほとんどではないかなと思います。

ですが、私がこの仕事をしていて思うことは「片づけの先には良いことしかない」ということです。

 

広告

 

IMG_8416

片づけが起こすプラスの連鎖や、片づけが引き寄せる沢山の幸せを、私は今まで目の当たりにしてきました。

だからこそ、皆さんに「片づけ」の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

第1回目の今日は、片づけを語るには外せない「整理」についてです。

皆さんは「整理」と聞くと何をイメージしますか?

実は「整理」「収納」「整頓」「片づけ」はそれぞれ全く言葉の意味が違います。

 

IMG_6497

その中でも、片づけを進める上で一番重要になってくることが「整理」です。

片づけの第一歩はこの「整理」なのです。

 

IMG_7376

まずは言葉の意味をしっかり知り、心地良い空間づくりを一緒にしていきましょう。

次回は「整理」について詳しくお話しをさせて頂こうと思います。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!

関連タグ