「個性がない」と悩む人に伝えたい。考え方一つで自分の個性に気づける見つけ方を紹介

自分には特徴や個性がない…。そんな風に悩んだことはありませんか。「個性」とは、自分らしさや、その人特有の性格・性質を表します。今回は、個性がないと感じる大人の女性が、自分らしさや個性に気が付くための「見つけ方」についてご紹介いたします。

公開日:
「個性がない」と悩む人に伝えたい。考え方一つで自分の個性に気づける見つけ方を紹介
Runa

Runa

ライター

美術系大学を卒業し、現在はフリーライターとして活動しています。海外ドラマや映画の鑑賞、旅行、美術館巡りが大好き。読んでくださった方の心がワクワクするような、そんな記事づくりを目指します。

個性がないと悩む人へ見つけ方をご紹介!

自分には特徴や個性がない…。そんな風に悩んだことはありませんか。「個性」とは、自分らしさや、その人特有の性格・性質を表します。

そのため自分の個性や特徴に気が付けると、自信がついて、より一層自分自身を好きになれるかもしれません。

そこで今回は、個性がないと感じる大人の女性が、自分らしさや個性に気が付くための「見つけ方」についてご紹介いたします。「個性がない」と思い悩んだときには、ぜひ参考にしてみてくださいね。

個性がない原因って?

個性がない原因って?

まずは、「個性がないと感じる原因」について探っていきましょう。個性とは自分らしさやその人の特徴を表すので、極端に言ってしまえば存在自体が「個性」とも言えます。

そのため個性がないのではなく、本来のありのままの姿が個性で、本来の性格や特徴とも言えるでしょう。

「本来の自分らしさを発揮できない状態」にあることが、個性がないと感じる原因になっているのかもしれません。時には肩の力を抜いて、やりたいことに優先的に取り組むことも大切ですよ。

 

 

自信がない

「個性がない」と感じるのは、「自分に自信がない」という考え方にも繋がっています。アーティストや芸能人など、個性的だな…と憧れる人たちの姿や特徴を思い浮かべてみると、ありのままの姿や考え方に自信を持っているように見えませんか?

そしてその自信は、並々ならぬ努力の裏に成り立っているものなのでしょう。個性がないな…と感じて悩んだときは、自分に自信を持てるよう、何か夢中になれるものに挑戦してみてください。

 

周囲を気にしている

他人と比較したり、敢えて自分を抑えようとしたりと、個性がないと感じる人は周囲を気にする傾向にあります。周りが気にかかると、自分のやりたいことに集中できなくなってしまい、個性や自分らしさから遠ざかってしまいます。

大人になると仕事や人間関係において気持ちを押さえる場面もありますが、時に自分の感情に素直になると、個性がないと感じることも少なくなるでしょう。個性がないと感じたら、やりたいと思ったことに積極的になると、自分の特徴や個性に気が付いてくるはずです。

 

トレンドのものが好き

トレンドに敏感で、流行物はなんでも取り入れている!という人は、一方で個性がないと思われてしまうかもしれません。「これ可愛い!」、「おしゃれ!」と思って手に取ったものは、果たして本当に自分が好きなものなのでしょうか?

個性的な人は、敢えて人と被りたくないと感じていることが多いようで、「自分だけのお気に入り」を見つけているようです。個性がないと感じたら、流行を取り入れたファッションの中にひとさじの自分らしさを取り入れてみると良いかもしれません。

 

変化を好まない

変化に富んだ人生を歩んでいると、さまざまな人やものと出会いながら自分の世界が広がっていきます。見つけたもの・知識からインスピレーションを受けて、良いところを吸収して組み合わさったものが人格を形成し、個性や特徴となるのかもしれません。

「自分らしさ」の中に、少しずつ変化が加わっていく、といったイメージでしょうか。何事も無難に、現状維持したいという考え方が強いと、自分には個性がないと感じてしまうかもしれません。

 

誰かと一緒にいることが多い

個性がないと感じている時は、「常に誰かと一緒にいたい」という考え方になっているかもしれません。仕事で指示がないと動けなかったり、友達の意見に左右されたりと、自分より相手を優先してしまうことが原因のひとつです。

仕事や大人の対人関係においてある程度協調性は必要ですが、1人になりたくないという思いが先行すると「自分の意志がない人」だと思われてしまうかも。

断る方がストレスが溜まる性格、という場合は、自分の時間を意識的に作るようにすると考えを整理する時間を持てますよ。

 

個性がない人とある人の特徴

個性がない人とある人の特徴

続いて、個性がないと感じている人と、個性を大切にしている人の特徴や違いについて、項目ごとにご紹介いたします。個性がはっきりしている人は、物事に対してどのように考えて生活しているのでしょうか。

そして個性がないからつまらないな…と感じている人は、周囲の憧れの人たちを思い浮かべながら、生活スタイルや考え方を振り返ってみるのも良いでしょう。「人生は選択の連続」と言われていますが、個性を大切にしていると迷わず前に進んで行けるかもしれません。

 

 

決断力について

自分の個性をしっかり前に出せる人は、仕事や恋愛においてもベースになる考え方があるので、スパッと判断する性格の方が多いようです。やりたいことがはっきりしているので、自分にとってプラスになることを理解したうえで決断しています。

個性がない、はっきりしていないために決断を迷っていると、周囲の意見に左右されて決断して流されてしまうことも。後から振り返って満足のいく決断ができないと、ふとした時に自分って特徴や個性がないな…と感じてしまうかもしれません。

 

人付き合いについて

個性がないと感じたら、「人付き合いの仕方」に原因があるかもしれません。というのも、個性がないと感じる人の多くは、人付き合いにおいて多くのエネルギーを使っているようです。

一方で個性がはっきりしている人は、自分の主張をしっかりと持っていて、合う・合わないを割り切ってお付き合いしています。

自分の特徴や個性に合う人と深く付き合っている、ということでしょうか。人付き合いを円滑にしようと努力することは大切ですが、ある程度ドライに付き合うことも必要かもしれません。

 

「自分」の見せ方について

個性を大切にしている人は、自分に自信があり、アイデンティティーや世界観を大切にしています。そのため無理に合わせようとせず、迷わず自分らしさをアピールできるのです。

個性がないと感じている人は、自分の感情や考え方に素直になって好き・嫌いを書き出してみると良いでしょう。

ファッションやアート、さまざまな分野において、自分だけの世界や魅力を表現するのも良いですね。スケッチブックにブレインストーミングをするのもおすすめです。

 

捉え方について

物事の捉え方がさっぱりしていて、自分の考えや時間を大切にしていると、自然と自分らしさや特徴がはっきりしてきます。例え相手と意見が合わなくても、「自分は自分」と割り切って生活できるようになるのです。

もし大多数の意見の中でぽつりと浮いてしまっても、「○○は自分にとって大切?」と自問自答してみると答えが分かるはず。個性がないと感じている人は、自分にとって大切なものや時間を整理して、巡ってくるチャンスを逃さないように意識してみてください。

 

個性に関する考え方について

自分だけの個性を大切にしている人は、「人と違う」と言われることに、嬉しさを感じているようです。例えばファッションでも、人と被りたくないから○○は着ない、など強いこだわりを持っているように思います。

でも、そういったこだわりは誇張したものではなく、自然体で自分がトライしたいと思った物事にすぎません。敢えて注目されようとしなくても、「魅力的だな」と思った人が自然と集まってくるのでしょう。

 

個性の見つけ方・考え方

個性の見つけ方・考え方

最後に、個性がないと感じる人に伝えたい、個性の見つけ方・考え方をご紹介いたします。個性がないという考え方になる原因には、周囲と比較したり、自分に自信が持てなかったり…といったものがありました。

まずは深く考えず頭の中をまっさらにして、「自分」にフォーカスしてやりたいことを見つけていくと良いでしょう。個性がないと感じている人の多くは、他の人を優先しすぎる傾向にあるようなので、ある程度自分を優先する時間を持ってみてくださいね。

 

人と違うところを探す

自分の得意分野が他の人と違うのであれば、それが武器になることだってあります。仕事においては、他人と違うところを探して一生懸命取り組んだ人が、結果的に成果を上げる事例も。

そして恋愛においても、「違うところ」が似ている性格の男性が現れて、気の合う相手とお付き合いする機会も増えるかもしれません。

特徴や個性がないと感じたら、積極的に人と違うところを見つけていきましょう。そして、その中で気に入ったものはどんどん伸ばしていきましょう。

 

自分で探して手に入れる

個性がないと感じている人は、意見があまりはっきりしていない傾向があるようでした。何か物事を決断する時、新しいことにチャレンジする時は、まず自分で調べてトライしてみると良いでしょう。

例えば、ニュースで流れてきた注目スポットになんとなく行ってみる…のではなく、自分で調べて本当に興味のあるスポットを訪れるなど。自分で探して手に入れたものには特別な愛着が沸きますし、何気ない景色1つ1つが特別で素敵なものに感じられますよ。

 

1人の時間を作る

個性がない、心に余裕がないと感じたら、とりあえず外に出てみましょう。1人の時間を積極的に作るようにすると、気分をリセットでき、個性がないという考えそのものが薄れていきます。

そしてその中でやりたいことが見つかり、新しい発見が生まれるかもしれません。やっぱりあれやりたくないな…など、軌道修正するきっかけにもなりますよ。家族生活の中でも、忙しい子育ての合間に大人だけの時間を作るようにすると、心に余裕を持てます。

 

夢中になれるものを見つける

個性がないと感じたら、個性や特徴を伸ばしていくため、夢中になれるものを見つけてその力を引き出していきましょう。好きなことに夢中になると自然とポジティブなオーラに包まれるので、周囲から見ても素敵だな…と感じるものです。

「何か楽しい事があったの?」と聞かれたら、その内容を共有するのも良いですね。趣味や好きなことに共感した友達同士で輪が広がって、居心地の良い関係性が生まれるかもしれませんよ。

 

無理しない

無理して笑ったり意見を合わせたり…「無理」していると感じたら思い切って切り離すことも大切です。また、1度決断したからやるしかない、と自分を追い込む必要もありません。

失敗しても良いので、とにかく自分のやりたいことに正直になってみましょう。意識的に「無理しない考え方」を繰り返すうちに、個性がないと感じることが少なくなっていくでしょう。

個性がないと感じる自分から、特徴や個性を大切にする自分への変化を感じられるはずです。

 

個性がないと悩んだ時の見つけ方まとめ

今回は、個性がないと感じている人に伝えたい、自分らしさや個性に気が付くための「見つけ方」についてご紹介いたしました。

生まれ持ったアイデンティティーや自分らしさは、そのものが「個性」といえます。そのため、個性がないと感じている原因を探ってみることが大切です。

大人になるといろいろな考えが巡りますが、時に自分の意志を優先して、ご機嫌を取りながら過ごしていきたいものです。個性がないとモヤモヤしてきたら、リラックスできる時間を意識的に設けて考えを整理してみてださい。

こちらもおすすめ☆