芥川賞のおすすめ作品20選。誰もが引き込まれる読みやすい純文学をご紹介

毎回発表が話題になる芥川賞ですが、実際に受賞作品を読んだことはありますか?純文学と言うと敷居が高い印象があり、作品名は知っていても読んだことがない人も多いでしょう。今回は、普段読書をしない人でも読みやすいおすすめの芥川賞作品をご紹介します。

公開日:
芥川賞のおすすめ作品20選。誰もが引き込まれる読みやすい純文学をご紹介
yumiko

yumiko

ライター

おしゃれな雑貨やインテリア、美容が好きなアラフォー主婦です。2歳と4歳の2人の子育てに奮闘中。毎日を楽しく心地よく過ごすための情報をお伝えします。

おすすめの芥川賞をご紹介!

毎回発表が話題になる芥川賞ですが、実際に受賞作品を読んだことはありますか?純文学と言うと敷居が高い印象があり、作品名は知っていても、読んだことがない人も多いでしょう。

そこで今回は、普段読書をしない人でも読みやすい、おすすめの芥川賞作品を、テーマ別にご紹介します。社会問題や若者をテーマにした人気作品や、女性が読みやすい女性作家の作品を集めました。ぜひ、気になる作品を読んでみてくださいね。

おすすめの芥川賞作品《社会》

普通とは何かを問いかける傑作

¥1,100 (2021/05/15 19:24:24時点 Amazon調べ-詳細)

難しいテーマの作品が苦手な方におすすめなのが、コンビニという身近な場所が舞台の「コンビニ人間」です。

2016年に芥川賞を受賞し、累計発行部数100万部を超える人気作。36歳未婚、大学卒業後18年コンビニでアルバイトを続ける主人公を通して、「普通」とは何かを問いかけています。

読みやすい文章とテーマで、芥川賞作品の中でもおすすめの1冊です。


 

 

若者と介護をテーマにした新しい家族小説

文藝春秋
¥605 (2021/05/15 19:24:25時点 Amazon調べ-詳細)

「スクラップアンドビルド」は、社会問題となっている介護をユーモラスに描いた芥川賞作品。主人公である若者が祖父の介護をする姿を通して、少子高齢化社会の現実が描かれています。

2015年に芥川賞を受賞し、ドラマ化もされている人気の作品。純文学ですが、読みやすい文章とユーモアで、介護というテーマを重く感じさせません。

作者の羽田圭介の他の作品もおすすめですよ。


 

笑いの哲学と人間模様を描いたベストセラー

¥509 (2021/05/15 19:24:25時点 Amazon調べ-詳細)

「スクラップアンドビルド」と同時に芥川賞を受賞した「火花」もおすすめの人気作品です。

お笑い芸人が書いた純文学、という異色の組み合わせが話題になりベストセラーに。売れない芸人を主人公に、人間模様や笑いの哲学を描いた傑作です。

お笑い芸人が書いた作品ということもあり、手に取りやすく読みやすいのでおすすめ。文庫版には芥川賞受賞記念エッセイも収録されていますよ。


 

100年分の泥と共に蘇る記憶

¥2,180 (2021/05/15 19:24:26時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルを見るだけで興味を引かれるのが、2017年に芥川賞を受賞した「百年泥」。

インドのチェンナイで100年に1度の洪水が起こり、100年分の泥が流出することで物語が展開していきます。

泥と共に現れる物や、それにまつわる人々の記憶が語られ、混沌としたインドの様子を描いた純文学の傑作。

普段とは違う世界を楽しみたい方、におすすめしたい1冊です。


 

サラリーマン男性と家庭をリアルに描いた小説

¥374 (2021/05/15 19:24:27時点 Amazon調べ-詳細)

「終の住処」は、時の流れと共に家庭や夫婦の関係性を描いた傑作小説です。

主人公のサラリーマン男性が、ある日を境に妻と11年もの間口を利かなくなる、という物語に引き込まれますよ。

2009年に芥川賞を受賞し、ベストセラーになりました。この小説を読むと、夫婦や家庭について考えさせられます。

リアルな物語を読んでみたい方におすすめの、芥川賞作品です。


 

通夜の日に重なり合う様々な人生

¥744 (2021/05/15 19:24:27時点 Amazon調べ-詳細)

ユニークな表紙が目を引く「死んでいない者」は、2015年に芥川賞を受賞したおすすめの1冊。

ある男性の通夜に集まる人々の、様々な記憶や人生が描かれている純文学です。登場人物が多いですが、その分多くの人の人生を楽しめますよ。

淡々と進んでいくストーリーには深みがあり、穏やかな読書の時間を過ごしたい方におすすめです。


 

仮想通貨をテーマにした新時代の小説

講談社
¥980 (2021/05/15 19:24:28時点 Amazon調べ-詳細)

「ニムロッド」は、仮想通貨(ビットコイン)に興味がある人におすすめの小説。

2018年に芥川賞を受賞し、仮想通貨という新しいテーマを描いたことで、話題になった人気作品です。

仮想通貨の仕組みについて分かりやすく説明されており、仮想通貨に詳しくない人にも読みやすいですよ。

今までとは違うテーマの芥川賞受賞作、をお探しの方におすすめです。


 

おすすめの芥川賞作品《若者》

本屋大賞にもノミネートされた傑作

河出書房新社
¥1,540 (2021/05/15 19:24:29時点 Amazon調べ-詳細)

芥川賞作品の難しいイメージと違って、現代ならではの読みやすいテーマでおすすめなの作品が「推し、燃ゆ」。

押しのアイドルの炎上がきっかけで、主人公の生活に影響を及ぼす様子が描かれています。

若い世代を中心に幅広い世代から人気を集め、芥川賞受賞だけでなく、本屋大賞にもノミネートされた傑作。

アイドルに熱中したことのない人にもおすすめの作品です。


 

 

衝撃的なテーマと共に描かれる若者の悲しみ

集英社
¥1,320 (2021/05/15 19:24:30時点 Amazon調べ-詳細)

「蛇にピアス」は、身体改造や刺青をテーマに、若者の抱える痛みや悲しみを描いた傑作。

2003年の芥川賞受賞の際に作者は20歳。最年少受賞ということで大変話題になりました。人気女優の吉高由里子主演で映画化もされています。

映像で見るのも面白いですが、本で読むと奥深さがあっておすすめ。純文学ならではの情景の描写を感じられますよ。


 

高校時代が懐かしくなる青春小説

¥495 (2021/05/15 19:24:31時点 Amazon調べ-詳細)

「蛇にピアス」と同時に芥川賞を受賞したのが「蹴りたい背中」。

作者は受賞当時19歳で、金原ひとみと同じく芥川賞最年少受賞で話題になりました。クラスの余りものである高校生2人を中心に、物語が進んでいきます。

この小説を読むと、自分の高校時代を懐かしく感じますよ。127万部のベストセラーとなった人気作品なので、ぜひ1度読んでみることをおすすめします。


 

小学生の視点で描く母の姿

¥484 (2021/05/15 19:24:32時点 Amazon調べ-詳細)

「猛スピードで母は」は、逞しく生きる母の姿を、小学生の視点で描いたおすすめの作品。

芥川賞を受賞した純文学ですが、小学生の視点で物語が進み、読みやすい小説です。1人で子供を育てる女性の強さや美しさが魅力的に描かれています。

同時収録で、芥川賞受賞の前年に文学界新人賞を受賞した「サイドカーに犬」もおすすめですよ。


 

芥川賞受賞作品の中で最も読まれた傑作

講談社
¥550 (2021/05/15 19:24:32時点 Amazon調べ-詳細)

数々の小説を世に送り出している村上龍の、芥川賞受賞作品が「限りなく透明に近いブルー」。

ドラッグや暴力を扱ったセンセーショナルな内容が話題になり、芥川賞受賞作の中で最高の売上となった傑作です。

退廃的な若者の姿を純文学らしく描いており、物語に引き込まれていきます。村上龍の小説は多数ありますが、原点を知りたい方におすすめです。


 

キャンパスライフと共に描く若者の虚無

河出書房新社
¥1,540 (2021/05/16 07:46:57時点 Amazon調べ-詳細)

2020年に芥川賞を受賞した「破局」は、最近の受賞作を読みたい方におすすめです。

主人公のキャンパスライフと共に、恋愛や人生の破局、若者の虚無が純文学として描かれた傑作。

充実したキャンパスライフを送る人気者の主人公が、どのように破局に向かっていくのかが興味深くおすすめですよ。

平成生まれ初の芥川賞受賞、ということでも話題になった人気作品です。


 

おすすめの芥川賞作品《女性作家》

独特の世界観に引き込まれる小説

朝日新聞出版
¥1,430 (2021/05/16 07:46:57時点 Amazon調べ-詳細)

タイトルでとても興味を惹かれるのが「むらさきのスカートの女」。2019年に芥川賞を受賞し、独特な世界を描いて人気となった作品です。

主人公は「むらさきのスカートの女」がどうしても気になり、彼女に近づこうとすることで物語が進みます。

主要人物が女性であり、純文学の中でも読みやすい小説。「むらさきのスカートの女」がどんな人物なのか、興味がある方におすすめです。


 

女子特有の世界を描く傑作

¥2,480 (2021/05/16 07:46:58時点 Amazon調べ-詳細)

2010年に芥川賞を受賞した「乙女の密告」は、京都の外語大でドイツ語を学ぶ女子学生達を描いた作品。

有名な「アンネの日記」を題材に、女性特有の世界が表現されています。読みやすい文章で書かれており、おすすめの芥川賞受作の1つ。

「アンネの日記」を読んだことがなくても楽しめますが、読んでいると更に物語の内容がわかります。これを機に「アンネの日記」を読むのもおすすめですよ。


 

平凡な日常を丁寧に描いた物語

¥1,430 (2021/05/16 07:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

ドラマチックな物語よりも、穏やかに読書を楽しみたい方におすすめなのが、2014年に芥川賞を受賞した「春の庭」。

主人公の住むアパートの隣にある「水色の家」を中心に、物語が進んでいきます。

純文学らしい建物や風景の描写が美しく、芥川賞選考委員からの評価も高い人気作。

純文学の文章表現を楽しんでみたい方におすすめです。


 

生き方や働き方について考えさせられる本

講談社
¥495 (2021/05/15 19:24:33時点 Amazon調べ-詳細)

芥川賞作品の中でも、働く女性が主人公の「ポトスライムの舟」はおすすめです。工場で働く主人公が、世界一周旅行を目指すことで物語が進んでいきます。

パワハラや就職氷河期などの社会問題を交えつつも、難しい言葉が使われていないので読みやすい小説。

著者は働く人々や女性を主人公にした小説が多く、人気があります。この機会に他の作品を読んでみるのもおすすめですよ。


 

過去と現在が混ざりあう不思議な感覚

¥440 (2021/05/15 19:24:34時点 Amazon調べ-詳細)

柔らかい言葉で綴られ、女性にも読みやすいのが2010年に芥川賞を受賞した「きことわ」。

幼少期を共に過ごした2人の女性が再会し、過去の記憶を思い出していきます。読んでいる内に過去と現在、夢と現実が混ざり合う不思議な感覚を楽しめる傑作。

純文学らしく美しい言葉が心地よく、読みやすいですよ。不思議な世界観を味わいたい方におすすめの1冊。


 

1人の女性の人生を振り返る感動の物語

河出書房新社
¥693 (2021/05/15 19:24:35時点 Amazon調べ-詳細)

2017年に64歳の最年長で芥川賞を受賞し、ベストセラーになった人気作品が「おらおらでひとりいぐも」。

74歳の主人公が自分の人生を振り返る様子が、温かな東北弁と共に綴られています。

高齢化社会では高齢者の孤独も問題になりますが、孤独とは同時に自由でもあるのだと思えますよ。若い世代の人にも読んで欲しい、おすすめの作品です。


 

女性的なテーマを独特の表現で描く傑作

¥200 (2021/05/15 19:24:35時点 Amazon調べ-詳細)

2008年に芥川賞を受賞した「乳と卵」は、女性特有のテーマと向き合った小説。

主人公の女性の家に、姉と姉の娘がやってくることから物語が始まります。文章は流れるように読みやすい、独特の表現。

純文学ならではの面白さがあっておすすめです。この作品の続編として、子供を産むことをテーマにした「夏物語」があり、こちらもおすすめですよ。


 

おすすめの芥川賞まとめ

今回ご紹介したおすすめの芥川賞作品は、どれも読みやすいものばかり。社会的な問題を描いた傑作も、日常がテーマの人気作品も、実際に読んでみると、物語の世界に引き込まれます。

普段純文学を読まない人も、これを機会に芥川賞作品を読んでみることをおすすめします。自分が読みやすいテーマや短編の作品を選べば、すんなりと読み進められますよ。読書の時間を通して豊かな時間を過ごしてくださいね。

こちらもおすすめ☆