【連載】寒い日の定番!お手軽おでんで心も身体もぽっかぽかに

おでんが美味しい時期になりましたね。だしが染みた、熱々のおでんは本当に美味しいですよね。今回の具材は、鶏もも肉、卵、大根、こんにゃく、厚揚げ豆腐、かまぼこ!お好みの具材を入れて、おでんを楽しんでみて下さいね♪

著者:
公開日:
【連載】寒い日の定番!お手軽おでんで心も身体もぽっかぽかに

固定概念をなくしてお手軽に料理を作ろう

おでんが美味しい時期になりましたね。だしが染みた、熱々のおでんは本当に美味しいですよね。

ですがおでんは、たくさんの具材を用意して下ごしらえの手間が意外とかかり、コスパも悪いのであまり作らない…とのお声を良く聞きます。

そんな時は具材を少なめにして、牛筋肉の代わりに安価な鶏肉にして作ってみるのはいかがでしょうか?鶏肉で作ると安上がりになり、牛筋肉で作るよりさっぱりとした仕上がりになりますよ。

今回の具材は、鶏もも肉、卵、大根、こんにゃく、厚揚げ豆腐、かまぼこです。具材は、お好みのものを入れて楽しんでみて下さいね。

鶏肉のさっぱりおでん

材料・4人分

鶏もも肉 1枚(約300g)
大根 10cm
卵 4個
板こんにゃく 1枚(250g)
厚揚げ豆腐 2枚
かまぼこ 1枚
★水 1000cc
★白だし 大さじ4
★酒・みりん・醤油 各大さじ2
★砂糖 小さじ2
★塩 ひとつまみ


 

 

作り方・調理時間40分

①大根は皮をむき2cm厚さの輪切りにして、耐熱容器に入れラップをふんわりかけ600wで5分レンジで加熱する。

ゆで卵を作り殻をむく。板こんにゃくは両面に格子状の切り込みを入れ、3分ゆでてザルに上げる。

厚揚げ豆腐は食べやすい大きさに切り、熱湯を回しかけ、かまぼこは4等分に切る。鶏もも肉は一口大に切る。


 

②鍋に★を入れて火にかけ、大根、卵、板こんにゃく、厚揚げ豆腐、かまぼこを入れ沸騰したら鶏もも肉を加えアクを取り除いて、蓋をずらしておき弱火で20分煮る。


 

③器に盛り付ける


 

コツ・ポイント

  • ①の下処理はしっかりして下さいね。
  • 煮る時は、具材が踊らない火加減で煮て下さいね。(沸騰させてグラグラ煮込むと、具材の雑味が出ておつゆが濁ってしまいます)
  • できたてよりも、一晩置いた方が具材に味がしっかり染みています。

 

保存方法・保存期間

・保存容器に入れ冷蔵保存で3日


 

具材に竹串を刺してあげると見た目も楽しいおでんができあがりますよ。


 

好きな具材で作るお手軽おでんで温まろう

おでんといえば、具材をたくさん揃えないといけない!という概念をなくし、好きな具材で作るおでんは経済的で、気持ち的にも楽になりますよ。これから寒くなる時期に、どうぞお試し下さいね。

心も身体もぽっかぽか。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

鈴木 美鈴さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告