【連載】魚料理も切り身を使うと簡単♪冷凍もできる『たらの味噌漬け』

たらが美味しい時期ですね。たらといえば、鍋料理に天ぷら、フライに照り焼き、スープやムニエルと、さまざまな調理法で楽しむ事ができますね。今日は、手間の掛からない切り身のたらを使って味噌漬けにします。そして、冷凍保存も可能なので、後は解凍して焼くだけなのでラクラクです。

公開日:
著者:
【連載】魚料理も切り身を使うと簡単♪冷凍もできる『たらの味噌漬け』

著者名

鈴木 美鈴

鈴木 美鈴オフィシャル

料理研究家。 【著書・盛るだけ詰めるだけ毎日かんたん作りおきおかず】 Nadia Artist。クックパッドレシピエール。LIMIA公式ライター。 料理コンテストにて多数受賞歴あり。 Web、雑誌、企業様、食品メーカー様へレシピ提供、監修、掲載、撮影、 スタイリングコラム、執筆など幅広い活動をさせていただいております。 レシピのコンセプトは、「素材をいかし心と身体にやさしい料理」

たらが美味しい時期ですね。

たらといえば、鍋料理に天ぷら、フライに照り焼き、スープやムニエルと、さまざまな調理法で楽しむ事ができますね。

今日は、手間の掛からない切り身のたらを使って味噌漬けにします。

そして、冷凍保存も可能なので、後は解凍して焼くだけなのでラクラクです。

たらの味噌漬け焼き

材料・2人分

・たらの切り身 2切れ

★味噌 小さじ2

★砂糖 小さじ1

★みりん 各大さじ1


 

 

作り方・調理時間5分(漬け込み時間を除く)

①たらはキッチンペーパーで水気を拭き取る。


 

②★を混ぜ合わせる。


 

③密封容器にラップを広げ、②を塗り


 

たらをのせ②を塗りを繰り返す。


 

④空気が入らないようにピッタリラップをつけて包み、
密封容器の蓋をして2時間以上冷蔵庫で寝かせる。


 

コツ・ポイント

・味噌だれを塗り終え、ラップで包み足りないようでしたら、上からラップを被せて包んで下さい。
・味噌は合わせ味噌を使用しました。
・たらの水分をキッチンペーパーで拭き取ると、臭みが取れますので必ずやるようにして下さい。


 

保存期間・保存方法

・密封容器に入れ冷蔵保存で3日

・密封容器かジッパー付きの袋に入れ冷凍保存で3週間

・冷凍した場合は、冷蔵庫に移し自然解凍してから調理します。

・1枚ずつ小分けに冷凍or冷蔵保存すると、お弁当のおかずとして使いやすくなります。

・保存期間が長ければ長いほど、味が濃くなりますので、1日以上置く場合は、焼く前にたらについている味噌だれをキッチンペーパーなどで軽く拭き取ってから焼いて下さい。


 

そして今回は、フライパンにサラダ油を少量入れ、焦げないように火加減に気を付けながらじっくり焼きました。
アルミホイルの上にのせて、トースターで焼いたり、魚焼きグリルで焼いても美味しくいただけます。

味噌は焦げやすいので火加減は、中火弱〜弱火で焼きます。


 

最後に

いかがでしたか?

たらは切り身を使用するので、手間の掛かる下処理が不要な上、後は混ぜ合わせた味噌だれを塗って保存しておくと、お弁当のおかずに大変重宝しますよ〜。

ぜひお試し下さい。

鈴木 美鈴さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告