適切な人との距離感って?難しいコミュニケーション問題を解決するコツを伝授

適切な人との距離感がわかれば、これまで人間関係に悩まされていた人もきっと今よりも日々を穏やかに過ごせるはず。今回は、適切な人との距離感を得る方法やコツをご紹介します。コミュニケーションのコツを掴んで、より豊かな人間関係を築いていきましょう。

公開日:
適切な人との距離感って?難しいコミュニケーション問題を解決するコツを伝授
MooooN

MooooN

ライター

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

適切な人との距離感とは

友人や家族、ビジネス仲間など、関わる人間関係が増えれば増えるほど「人との距離感」「円滑なコミュニケーションの取り方」が重要になってきます。適切な人との距離感がわかれば、これまで人間関係に悩まされていた人も、きっと今よりも日々を穏やかに過ごせるはず。

今回は、適切な人との距離感を得る方法やコツをご紹介します。コミュニケーションのコツを掴んで、より豊かな人間関係を築いていきましょう。

適切な人との距離感《友人》

適切な人との距離感《友人》

気心許せる「友人」は、気づかない内にどんどん距離感が詰まっていってしまうもの。楽しいときも辛いときも共に励まし合って支え合ってきた相手だからこそ、気づかぬ内に一線を超えてしまったり超えられやすいのです。

人生において重要な相手である「友人」だからこそ、お互いに不快にならないための適切な人との距離感を取り入れていきましょう。

ここでは、友人が相手だった場合のコミュニケーションのコツ、適切な人との距離感を取る方法をお伝えします。

 

 

SNSに囚われない

適切な人との距離感を必要とする相手が「友人」だった場合、まずは現代人の最も身近なものである「SNS」と距離を置いてみましょう。

手軽で身近なものだからこそ、毎日無意識に開いてしまうSNSですが、SNSで毎日のように友人のプライベート情報をチェックするのは危険です。キラキラした友人の様子に嫉妬したり、自分と比較しては優越感に浸ったりと、気づかぬ内に「情報への依存」へと陥りやすいのです。

SNSはあくまでもサッと流し見する程度、不感して楽しんで、心に一線を引くと人との距離感をキープしやすくなります。

 

お金の貸し借りは避ける

友人との円滑なコミュニケーション、人間関係を構築していく上で重要なのが「お金の貸し借りは避ける」ということです。

少額のお金であっても、貸したほうは「いつ返すつもりなんだろう」とモヤモヤしやすいですし、借りたほうは貸してくれた相手の心理状態をみなまで理解することは不可能なので、溝や食い違いが生じやすいのです。

人との距離感を取りたい相手が友人だった場合、自分にとって重要な相手であればあるほど、金銭の貸し借りは避けることが無難です。

 

自分の価値観を押し付けない

友人相手にやってしまいがちなのが「自分の価値観を押し付けてしまう」ということです。

とくに、恋愛絡みで大切な友人が悩んでいた場合、どうしても「助けてあげたい」「どうにか前を向かせてあげたい」という思いから、過度に踏み込んでしまったり、お節介な対応を取ってしまったりしてしまう恐れがあります。

適切な人との距離感で重要なのが「相手の意思を尊重し見守ってあげる」ということです。気心知れた友人同士であっても、価値観の異なる「他人同士だ」と、適切な人との距離感を意識しましょう。

 

過度に介入しない

自分の価値観を押し付けないことと並んでとても重要なことが「過度に介入しない」ということです。とくに学生時代から、など付き合いの長い友人相手には、まるで兄弟姉妹や家族のような感覚になってしまうこともあるでしょう。

しかし、適切な人との距離感において過度に介入するのはNGです。あれこれ助言をしたりお世話をしたくなっても「これはあくまで友人が解決するべき問題だ」と一線を引くことが適切な人との距離感を守るために大切なのです。

 

依存しない・させない

女性同士の友人関係で多いのが「依存」が生じた極端な人間関係です。とくに気の合う相手が友人だった場合、休みの日はいつも一緒、毎日連絡を取り合う、などまるでカップルのような関係性を構築してしまうことも珍しくありません。

女性同士は、ともに共感能力が高いタイプが多く依存関係に陥りやすいのです。どちらかに恋人が出来たら極度な孤独感、喪失感に襲われたり、嫉妬や妬みに繋がる場合も珍しくありません。適切な人との距離感を意識することは、お互いが不幸にならないためにも重要なことなのです。

 

適切な人との距離感《ビジネス》

適切な人との距離感《ビジネス》

適切な人との距離感の取り方で最も難しいと感じるのが職場や取り引き先との円滑なコミュニケーションを求められる「ビジネスのシーン」ではないでしょうか。

適切なコミュニケーションとフラットな人間関係を築くことができれば、意思疎通も取りやすくなり作業効率自体も良くなるなどのメリットがあります。

ここでは、社会人において重要なビジネスシーンでの適切な人との距離感を取るコツと方法をご紹介します。

 

 

プライベートと一線を引く

人数の少ない職場や仲のいい部署内グループで多いことが「プライベートとの領域に踏み込まれやすい」ということです。

例えば「休みの日も一緒に出かけたりランチに誘い合う」「飲み会の頻度が多くフランクな部署内」だと、どうしても身の上話やプライベートでの悩みごとなど、知らなくても良い領域までお互いに知ってしまうケースも珍しくありません。

ビジネスの相手、仕事仲間との適切な距離感を意識するなら、友達感覚で遊びに出かけるのは要注意、感情的な身の上話も世間話程度など自身で一線を引くことが重要です。

 

「名字+さん付け」で呼ぶ

どうしてもアットホームをチーム内のウリにしている職場なら、ランチ会や飲み会の頻度も高く、ついつい身の上話やプライベートな側面を見せてしまうこともあるでしょう。

そんな職場で適切な人との距離感を意識するなら、相手を「名字+さん付け」で呼ぶことを心がけるようにしましょう。あだ名や下の名前で呼び合うと、公私混同になりやすいの要注意です。

「名字+さん付け」という公用的な呼び方をすることで、お互いに「相手との間に一線」を引くことができ、適切な人との距離感を保つ上で重要な役割を担ってくれるでしょう。

 

ビジネスメール・チャットを活用

ビジネスシーンでの適切な人との距離感を意識する際は、ツールやアカウントにも意識を向けると良いでしょう。

例えば、ビジネスでのお付き合いが多い人には、プライベートのアカウントの他に、一線を引くためのビジネス用アカウントを作成しておくと便利です。

職場の人と連絡を取り合う場合は、職場用のSNSグループを作成しておき、グループチャットでオープンに連絡を取り合う、個人的なアカウントやSNSは教えないことが重要です。

 

パーソナルスペースを保つ

適切な人との距離感で重要な鍵を握るのが「パーソナルスペースの確保」です。友人間であっても、心を完全に許している友人と、それほど親しくない友人とでは、不快に感じる距離の長さが異なります。

例えば、気心知れたリラックスできる相手との適切なパーソナルスペースは、手を伸ばして触れる程度の距離感とされており、ビジネス相手なら1m〜2mが理想のパーソナルスペースです。

手をしっかりと伸ばしても触れ合わないパーソナルスペースを意識して、お互いに人との距離感を保ち不快感に苛まれない環境が重要です。

 

フラットな対応を心がける

ビジネスの相手であっても、どうしても相性というものがありますから、職場の中には「この人苦手だな」と感じてしまう相手も存在するでしょう。

しかし、適切な人との距離感を保ち円滑なコミュニケーションを行いたいのであれば、出来る限り全員にフラットな対応をすることが重要です。特定の相手を特別視しない、例え苦手な相手でもフラットに、誰にでも平等な対応をすることを意識すると、人との距離感を上手にキープすることができますよ。

 

適切な人との距離感《家族》

適切な人との距離感《家族》

適切な人との距離感を掴むことで、意外と難しいのが、相手が「家族」であった場合です。家族だからこそ、何でも言い合えてしまいますし、お互いに許し合うことのできる「家族」だからこそ、時に気配りや思いやりに欠けた行動を行ってしまうのです。

しかし、いくら家族であっても適切な人との距離感が曖昧になってしまうと、お互いに苦痛や不快感を感じてしまうもの。ここでは、相手が対家族だった場合におすすめな適切な人との距離感を取る方法とコツをご紹介します。

 

 

親しき仲にも礼儀ありを意識する

適切な人との距離感を取りたい相手が家族であった場合も、他人に対する対応と同様に「一線を引く」ということを意識することが重要です。「家族の間に遠慮や秘密は無し」「家族だからこそ甘えられる存在なのに…」と考えている人も少なくないでしょう。

しかし、いくら「家族」であっても、それぞれ違った価値観、性格を持った「他人」です。親しき仲にも礼儀ありを意識して、マナーや思いやりをきちんと意識できているかを普段から意識することが適切な人との距離感を保つ上で大切なのです。

 

プライベートを守る

とくに母親と娘のパターンだった場合、同性という心の距離の近さから「お互いに関する情報をなんでも共有し合っている」という親子関係も珍しくありません。恋愛や友人関係の悩み、仕事のことなど、何でも親に話すことはもちろん悪いことではありません。

しかし、親にとって子はいくつになっても「子」です。親心のあまり心の境界線を踏み入られやすい環境に陥りやすいことを認識しましょう。会話やプライベートの中にも「ここまでは誰にも踏み込ませない領域」をしっかり意識して、適切な人との距離感を保つことで、自身の精神的な自立にも繋がります。

 

感謝の気持ちをアピール

「親しき仲にも礼儀あり」で軽く触れましたが、何でも言い合ったり許し合える家族間だからこそ、感謝や謝罪の気持ちを伝えることがおろそかになりがちです。

「家族なんだから言わなくてもわかるはず」という姿勢でいると、どうしてもコミュニケーションやお互いの価値観の間にズレやわだかまりが生じてしまうケースも少なくありません。

家族だからこそ、「ありがとう」と「ごめんなさい」を日々きちんと伝えていくことが適切な人との距離感を保つ重要な鍵なのです。

 

相談し合える関係を作る

家族だからこそ些細なことでも話し合えますが、一方で「家族だからこ言いにくいこと」があるのも事実ですよね。

例えば、親が高齢になってきたとき、兄弟姉妹同士で今後のこと、両親の将来のこと、もしも介護やケアが必要になったら兄弟間でどう対応するのか、など「家族だからこ共有しないといけない問題」が多々あります。

適切な人との距離感を保つには「兄弟姉妹」という垣根を超えて、一人の人間として相談する、上だから、下だから、という価値観を超えてフラットに話し合う関係作りが重要です。

 

家族行事には出来るだけ参加する

家族との適切な人との距離感を保って円滑な人間関係を構築するには、「家族行事には出来るだけ参加すること」を心がけておくことが大切です。

いくら家族間であっても「いつも家族行事に参加しない」「家族の行事は知らん顔」では、お互いに溝やわだかまりが生まれてしまうもの。

どうしても参加できない場合には、きちんと理由と謝罪を伝えるなど、人間関係の努力を怠らないことが家族との適切な人との距離感を維持する上で重要です。

 

適切な人との距離感まとめ

適切な人との距離感を日頃から心の留めておくだけで、徐々に意識が変わっていきます。

現在、人間関係に何かしらの悩みや不安を抱えている人は、人との心の距離感、物理的な人との距離感さえも曖昧になってしまうものです。

人生を生きていく上で「人間関係」は切っても切り離せない重要なもの」です。友人、ビジネス、家族といった、適切な人との距離感を保つ方法やコツをぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆