周りの感情的な人との上手な付き合い方って?人間関係が辛くならない対処法まとめ

感情的な人との付き合いに悩んでいませんか?喜怒哀楽が激しく、感情が上手くコントロールできない人と関係を築くのは難しいと感じるかもしれません。ですが感情的な人の特徴や心理を理解すれば、上手に対処できるようになりますよ。この記事では感情的な人の対処法を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

公開日:
周りの感情的な人との上手な付き合い方って?人間関係が辛くならない対処法まとめ
Emi

Emi

ライター

プチプラが大好きな2児のママです。おうち時間が楽しくなるようなインテリアグッズを集めるのが大好きです!日々の暮らしに役立つ情報を、皆さまにお届けしたいと思っています。

感情的な人の対処法をご紹介!

身近に感情的な性格の人がいると、どのように対応すべきか分からず困ってしまいませんか?感情的な人は喜怒哀楽が激しく、自分の気持ちを上手くコントロールできないため、一緒にいると疲れてしまうことがあります。

感情的な性格と理解していても、いつも振り回される身になると辛いですよね。そこでこの記事では感情的な人の対処法を男性、女性に分けて紹介しています。感情的な人の心理や特徴についても紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

感情的な人の特徴や心理とは?

感情的な人

感情的な人は言葉よりも気持ちが先に出てしまうため、周りにいる人からは理解を得にくい傾向があります。思ったことをすぐ口に出してしまったり、自分の思い通りにならなければイライラしたりと人間関係の構築が上手くありません。

気分屋で行動力がある性格を持ち合わせる人も多く、周りに感情的な人がいると対応が困難に感じるかもしれません。ここでは感情的な人の特徴や心理について解説するので、まずは相手のことを理解していきましょう。

 

 

自分の思いを相手にも知ってもらいたい

感情的な人は、自分の思っていることを周囲の人たちにも理解してほしいという思いがあります。相手のことよりもまず自分のことを第一に考えており、思ったことを口に出さずにはいられません。

コミュニケーションをとる上で意見を述べることは大切ですが、人間関係を築くには相手のことを理解することが大切です。しかし感情的な人は相手のことを優先的に考えるのが苦手なため、時に反感を買ってしまうこともあります。

 

プライドが高く自分の意見を通したい

感情的な人はプライドが高く、人の意見を聞き入れにくいという特徴があります。否定されることを嫌うため、自分の意見を押し通そうとしてしまうのです。

自分の非を認めたり失敗したりすることを恐れるあまり、勢いにまかせて発言してしまうこともあり、周囲からの理解は得にくいでしょう。また自分と相手の意見が同じであってほしいという思いがあり、自己中心的な発言をしてしまうこともあります。

 

情熱的で性格に裏表がない

感情的な性格の人は本音で語りたいと考えているため、時に興奮状態となり思いがとめどなく溢れ出ることがあります。いつも冷静で取り乱すことがない性格の方からすると、感情的な人は情熱的にみえるかもしれません。

嘘がつけない性格でもあり、裏表がない点は人間関係の構築においてメリットになるでしょう。好き嫌いがはっきりしており、誰とでも仲良くなれるタイプではありません。ですが感情をストレートに表現でき人間味が溢れているため、どこか憎めない面も持ち合わせています。

 

短気で我慢できない

気が短く周囲の人たちとトラブルを起こしやすいのも、感情的な人の特徴です。心に余裕がなく他人を思いやる気持ちが欠如し、自分が思うように物事が進まないだけでイライラしてしまいます。

また気分屋の一面もあり日によって態度が異なるため、仕事仲間からすると接しにくいと感じるでしょう。イライラしていると気持ちが抑えられず余計な一言を発してしまうこともあります。ただし機嫌がよい時は表情からすぐに読み取れるため、単純で分かりやすいともいえますよ。

 

自分に自信がもてない

感情的な人に多い特徴は、不安を感じており自分に自信がないことです。自信のなさから逆に強気な発言をして、周囲を威嚇している場合もあります。自分に自信があれば、他人の意見を聞き入れた上で自分の思いが伝えられますよね。

共感したり客観的に自分を見つめたりする力が弱いために、感情的な人になってしまうのです。言葉や態度で相手の言動を制御していては良好な人間関係は築けません。感情を抑えるには自分の弱さと向き合い、足りない部分を補う努力が必要といえます。

 

感情的な人の対処法《男性》

感情的な人2

感情的な男性と向き合うための対処法を紹介します。友人であれば簡単に距離を置くことができますが、職場関係の人であれば嫌でもコミュニケーションを取らなければいけません。

感情的な人は自分で感情的になっていると気づいていない人も多いため、相手の心理状態を理解してあげることが大切です。プライドの高い男性上司や取引先の人との人間関係構築にも活かせる対処法なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

深呼吸をして心を落ち着かせる

感情的な性格の人と接していると、自分自身も苛立ちを覚えたり傷ついたりしてしまうことがあります。そんな時はまず深呼吸をしましょう。深呼吸には緊張を緩和させる作用や、リラックス効果があります。

感情的な人に振り回されて人間関係に疲れを感じたら、大きく息を吸いゆっくり吐き出してください。一呼吸おいて心に落ち着きを取り戻し、客観的に今の状況を把握することが大切です。相手と同じ土俵に立ってしまうと事態はより深刻化しますよ。

 

相づちをうちつつ聞き流す

感情的になっている人の言葉を一つ一つ受け取っていると、知らず知らずのうちにストレスがたまります。ストレスがたまるとやる気がなくなったり、気分が落ち込みやすくなったりと心理面での負担が大きいです。

人間関係を円滑にするためにも無視することはできませんが、すべての言葉を受け止める必要はありません。仕事に関する重要な内容などを除いては、聞き流してしまいましょう。目を見て相づちを打てば、相手はしっかり話を聞いてもらえていると感じますよ。

 

落ち着くまで1人でいる

感情的な性格の人と一緒にいると疲れてしまいますよね。言葉による攻撃やひどい扱いを受けたと感じる場合は、すぐに距離を置くのがおすすめ。まずはストレスとなる原因を取り除くことが大切なので、感情的な人とは関わらないことが重要です。

感情的な攻撃がヒートアップしている間は接する機会をなくし、相手が落ち着くまでむやみに話しかけるのは避けましょう。極力2人きりになるのを避け、複数人で関わるようにすれば心理的な負担は軽減できますよ。

 

相手の意見に共感を示す

感情的な人は自分に自信がなく不安を抱えている場合があります。そのため相手の意見に対して共感してあげることで、安心感が生まれ情緒が安定しますよ。プライドの高い男性の場合、否定したりむやみに助言されたりすることを嫌います。

共感されて嫌な気持ちになる人はいないので、しっかりと相手の話を傾聴して肯定してあげましょう。人間関係に悩んでいる方は、相手のことを理解しようとする能力を身につければ、コミュニケーションがより円滑に進みますよ。

 

褒めて自尊心を高める

自尊心が低いあまり、自信が持てずに感情的になって相手を威圧してしまうタイプには、自尊心を高める言葉がけをしてあげましょう。自尊心が低い方は成功体験が少なかったり、否定されたりすることが多い人生だったのかもしれません。

些細なことでもよいので、「説明が分かりやすかった」「資料が綺麗にまとまっていて見やすかった」など褒めて自尊心を高めることが大切です。不安な気持ちが軽減されれば感情的にならずに済み、良好な人間関係が築けます。

 

感情的な人の対処法《女性》

感情的な人3

論理的に話す男性が多いのとは対照的に、女性は感情的に話すタイプが多いです。もともとの性格にもよりますが、ホルモンバランスの関係で情緒が不安定になる場合もあります。

良かれと思ってとった行動が相手にとっては不快である可能性もあるため、感情的な態度により拍車がかかってしまわないよう注意しましょう。ここでは感情的な女性の対処法を紹介するので、どんな人とも人間関係を上手く構築できる術を身につけるためにもぜひ知っておいてください。

 

 

適度な距離をおく

感情的な性格の人と関わらなければいけない状況にあるならば、あまり干渉せずに適度な距離を保ちましょう。近くにいればいるほど話しやすい存在と思われてしまい、感情的な人の影響をもろに受けてしまいます。

機嫌よく話していたと思えば、急に機嫌が悪くなったりと喜怒哀楽の激しさに付き合うのは大変なことです。機嫌のよい時など必要最低限の関わりにとどめておくことで、感情的な人から受けるダメージは最小限に抑えられます。

 

冷静に対応する

感情的な性格の人は、気持ちが抑えられず感情まかせに発言するため、人間関係の構築が得意ではありません。そのため理不尽なことをいわれて腹立たしい思いをすることもあるでしょう。

ですが同じように感情的になって発言すれば、相手はさらにヒートアップし収集がつかなくなります。たとえ間違ったことをいわれたとしても、まずは一呼吸おいて冷静になりましょう。いくら正論を唱えても理解してもらえない可能性があるため、思いを発散してもらいまずは相手にも落ち着いてもらうよう促すとよいですよ。

 

相手のメンツを保つ

感情的になってイライラしている女性には、褒め言葉で自尊心を満たしてあげましょう。イライラしている原因は、不安や恐怖心からくるものかもしれません。間違ったことをしていたらどうしよう、失敗が怖いなど心理的に強いストレスを感じている可能性もあります。

プライドの高い性格であれば、人前で失敗することは大きなストレスに感じるため、たとえ失敗したとしても相手を責めず頑張りを認めることが大切。メンツが保たれるようサポートしてあげることで信頼感が生まれ、人間関係が築きやすくなりますよ。

 

感情的になっていることを注意しない

感情的な人は、自分が感情的になっていることが分かっていながら止められない場合もあります。そのため「感情的になるのはよくないよ」と注意をすると、余計にイライラさせてしまい人間関係が悪化するかもしれません。

あまりに自己中心的で周囲からの反感が強い場合は、相手に諭すことも大切です。しかし感情的になっている状態では思いが上手く伝わらない可能性もあるため、相手の感情が落ち着いてから伝えるようにしましょう。

 

気持ちを切り替えさせる

感情的になってしまった場合は、気持ちを切り替えさせて、たまりにたまった感情を一旦リセットしてもらいましょう。違う話題を提供したり、外の空気を吸いにいったりするなど、環境をかえることが大切です。

気持ちを切り替えられれば、イライラがおさまり本人だけでなく周囲の人たちもホッとした気持ちになれます。人の気持ちを切り替えさせるのは難しいことですが、相手の思いを汲み取りながら気分転換させてあげることが人間関係の構築においても大切です。

 

感情的な人の対処法まとめ

感情的な人は、自分の気持ちに正直で裏表がない真っ直ぐな性格です。論理的ではなく感情をまっすぐぶつけるため、筋が通っていないこともあります。しかしこれらの言動は不安や自信のなさからくることもあり、性格を理解してあげることで上手く対応できますよ。

気分屋で気持ちに余裕がないため人間関係を築くのが苦手なタイプも多いですが、悪意がある訳ではありません。紹介した対処法を参考にして、感情的な人と上手く付き合っていきましょう。

こちらもおすすめ☆