気配り上手な人は他の人と何が違うの?職場や飲み会でモテる5個の行動

誰かが困っていたらサッとさりげなくフォローできる、そういった素敵な人と出会ったことはありませんか。相手のことを察して振る舞う、親切心に満ち溢れた大人の女性は皆の憧れの対象ですよね。そんな気配り上手な人の特徴や行動、なる方法をご紹介します。

公開日:
気配り上手な人は他の人と何が違うの?職場や飲み会でモテる5個の行動
tomomy08

tomomy08

ライター

夫と猫一匹と暮らす結婚8年目の主婦ライターです。 毎日をゆったりと過ごしたいので、生活が楽になる便利雑貨や、時短の家事術を導入中。役立つ情報をわかりやすくお届けしていきます♪

気配り上手な人の特徴やなる方法をご紹介

誰かが困っていたらサッとさりげなくフォローできる、そういった素敵な人と出会ったことはありませんか。

相手のことを察して振る舞う、親切心に満ち溢れた大人の女性は、皆の憧れの対象ですよね。今回はそんな気配り上手な人の特徴や、なる方法をまとめました。

気配り上手な人の具体的な行動についてまとめましたので、「気配り上手になりたい」と思っていても、いったいどうすればいいのかいいのかわからないという方は必見ですよ。

気配り上手な人とは

気配り上手な人とは

「気配り」とは全体を見通して、必要になることを推測して、手抜かりが無いようにあれこれ気をつけることをいいます。つまり「気配り上手な人」とは全体を見る力があり、そして相手の求めることやこれから起こることを予測して、それが上手くいくように振る舞える人ということですね。

また相手をよく観察していて、どうして欲しいのか「察する」ことも得意です。ここではそんな気配り上手な人に共通する性格などをご紹介します。

 

 

気配り上手な人の性格とは

気配り上手といわれる人には性格に共通点があります。まず1つは優しい性格であること。誰かのために何かするのは労力が要りますよね?それを苦と思わない優しい性格なので、他の人を助けられるのです。

次に明るくポジティブな性格であることです。常に前向きだからこそ臆することなく人に対して積極的に行動できます。3つ目は謙虚な性格なことです。親切心からの行いを相手に断られたとしても「今は必要なかったんだな」と、素直に受け止め反省できます。つまり押しつけがましくなくて優しい性格というわけですね。

 

気配り上手な人は観察眼がある

気配り上手な人は観察眼があります。いつもよく周りを見ていてちょっとした変化にも気づくので、すぐにその人に手を差し伸べられるのです。

例えば職場を見渡して「今日は○○さん体調が悪そうだな」や「○○さんが忙しそう」というのに気づいたら「体調大丈夫ですか?」「何か私で分担できることはありますか?」と声掛けしてフォローします。また誰かが髪を切ったなどの外見の変化にも敏感で、「髪切りましたよね?お似合いですよ。」とサッと褒め言葉もかけられます。

 

気配り上手な人は何事もすぐにやる

何事もすぐにやる、というのも気配り上手な人の特徴です。「○○さんが困っていそうだ」と気づけばすぐに声をかけますし、誰かが荷物で両手がふさがっていたら、すぐにドアを開けます。

気づいたらすぐに行動する、というのが原則なのです。「誰かがやってくれるだろう」や「私も疲れているから」など、言い訳しているとできないことですよね。優しい性格とポジティブなところから、こういった行動力が発揮されているのかもしれません。

 

気配り上手な人はやらないこと

では逆に、気配り上手な人がやらないことはどのようなものでしょうか。気配り上手な人は、自分の親切に対して見返りを求めません。気配りとは自主的にやっているもので、当たり前のことだと考えているのです。

また自分の意見や振る舞いを相手に押しつけません。何か親切をするときにも相手の状況ややり方を尊重し、他人の意見を否定しないのです。相手を理解し、そして尊重しながらフォローできるというのが気配り上手な人なのです。

 

気配り上手な人がモテるわけ

そんな仕事、プライベート関係なく老若男女に愛される気配り上手な人ですが、なぜ異性からモテるのでしょうか?それは気配り上手な人が優しい性格で相手のことを察することが得意だからでしょう。

気配り上手な人は付き合っているときにも、口に出さなくても察してくれるので一緒にいて居心地が良いですし、家族や友達にも自信を持って紹介できます。優しい性格で押しつけがましくないので、癒されるというのもあります。恋愛や結婚に安らぎを求める人にモテるというわけですね。

 

気配り上手な人の特徴

気配り上手な人の特徴

「気配り」という意味と気配り上手な人に共通している性格、気配り上手な人は決してやらないこと、モテるわけなどを見てきました。

ここからは気配り上手な人のイメージを具体的にするために、そしてなる方法を考えるためにも、気配り上手な人の特徴・行動について確認します。すでに心がけていることもあるでしょうし、もしかするとあてはまらないところもあるかもしれません。自分とよく照らし合わせながら読んでくださいね。

 

 

特徴・行動①会食のときは率先して動く

気配り上手な人は飲み会やランチ会のときに、率先して注文をまとめたり、料理を取り分けたり、ドリンクが無くなった人に何気なくメニューをわたしたりします。

そういった行動をやって「良く思われようとしている」「狙っている男性がいるんでしょ」と思われる人もいますが、これは合コンなどの場でしかしないからです。本当の気配り上手な人は、同性だけのランチ会などでもテキパキと動くのでそのような悪感情は抱かれにくいものなのですよ。

 

特徴・行動②素直に相手を褒める

気配り上手な人は素直に相手を褒められます。相手のちょっとした良いところを自然に褒め、相手のモチベーションをアップさせたり前向きな気持ちにしたりするのです。またそういった褒め言葉から会話を広げて、相手のことをよく知って的確な声掛けやフォローにつなげているのです。

また逆に言うと気配りする人は、人の悪口や陰口を言うことはほとんどありません。どちらもよく心がけるようにすると、素敵な女性に一歩近づけそうですね。

 

特徴・行動③リマインドする

気配り上手な人は、仕事でもプライベートでもリマインドすることが多いです。「明日の12時から○○ってお店だよね。すごく楽しみ!」や「明日の10時からの会議、頑張って準備しています。ご指導よろしくお願いいたします。」など予定の再確認をしています。

またそういったときに予定をポジティブにとらえていたり、相手を尊重する言葉を添えるのも大事なポイントです。気配り上手な人は、ただの予定確認だけにしないというわけですね。

 

特徴・行動④さりげなくフォローする

気配り上手な人は、さりげなくフォローしています。先ほどご紹介したように自分の仕事が片付いたり、余裕ができたりしたら忙しそうな人に「何かできることはありませんか」と聞いて業務を手伝うのです。

あるいは食事中に箸を落とした人に替えの箸をスッと渡したり、書類にハンコがいるときに朱肉と捺印マットを準備したりと、そういった細かなフォローや気遣いも気配りのできる人の振る舞いです。大きな親切でなくてもOKなら、何だかできそうな気がしてきますよね。

 

特徴・行動⑤誰もやりたがらないこともやる

誰もやりたがらないことを嫌がらずにやる、というのも気配り上手な人がやっている行動の1つでしょう。例えば廃棄前の書類の整理や職場のゴミの片づけ、あるいは飲み会の幹事など、目立たない地味な作業や、めんどうで誰もやりたがらないことに率先して取り組めるのです。

みんなが「誰かやってほしい」と望んでいることを、自然としているというわけですね。周りとの信頼関係にもつながるので、職場の人間関係をスムーズにしたいときにもおすすめですよ。

 

気配り上手な人になる方法

気配り上手な人になる方法

ここまでで、気配り上手な人というのはコミュニケーションを大切にしていたり、またその場をよくするために行動したりしているのが、気配りのできる人だということがおわかりいただけたことでしょう。ただ、そういった行動や性格には一朝一夕でなれるものではありません。

ではどうすれば気配り上手な人に近づけるのでしょうか?最後に気配り上手な人になる方法について5つご紹介しますので、ぜひ真似してみてくださいね。

 

 

方法①周りをよく観察する

気配りできる人を目指すなら、まず周りの人や状況をよく観察するようにしましょう。「今日は○○さんが一番タスクが多そう」や「今日は外回りから帰ってきた人が暑そう」など、こっそりと見てみるのです。

あるいはプライベートでも「家族がなんだか食欲が無さそう」や、友達とご飯を食べに行ったときドリンクが足りているかなど見回してみてください。観察癖をつけることで、周りの人がどうして欲しいのか何をすれば喜ばれるのかわかるようになります。

 

方法②積極的に人とコミュニケーションをとる

また観察するだけでなく、人と積極的にコミュニケーションをとってみましょう。その人がどんな人で、どんなやり方を好むのか理解すると、より相手に寄り添った方法で気配りできるようになります。

また先ほどご紹介した通り、周りを観察して良い変化があった人に褒める言葉を伝える、あるいは感謝の気持ちを言葉にするなど、コミュニケーション自体も気配りの1つになります。意識してそういったワードを口にするようにしてくださいね。

 

方法③スケジュールに余裕を持つ

誰かのフォローをするには自分のことをやってしまってからでないといけません。また周りを観察し手助けして欲しそうな人を見つけるには気持ちのゆとりも大切ですよね。ですから気配り上手な人になるにはスケジュールに余裕を持つようにしましょう。

その場合まず仕事をする前にタスクを洗い出し、整理して優先順位をつけます。そしてかかる時間を計算し、予定をたてていくのです。その時点で今日は忙しいと思ったら、あまり無理しないようにしてくださいね。

 

方法④恐れずに声をかける

性格がネガティブ寄りな方だと、その人のやってほしいことがわかっていても「私なんかがおこがましいかも」と踏み出せないかもしれません。ですが行動しないと、せっかくのあなたの思いやりや努力が無駄になってしまいます。

そもそも生来の気配り上手の人は、それが当たり前だと思っていてすぐに行動できる人でしたよね。ですから「○○して欲しそうだ」と思ったら即行動してみましょう。また断られても、たまたま今回は必要なかったのだと思ってあまり落ち込まないようにしましょう。

 

方法⑤相手にフォローが必要か確認する

ある人がもう少しでできそうだと思っているタスクを抱えているとします。頑張ればできると考えていてそれを目標にしているのに、他の人に「自分の手が空いたからやっておくね」とタスクを奪われてしまったら、どう思うでしょうか。

このように気配りには相手の状況や考えに合わせてやらないとありがた迷惑や押しつけになってしまうのです。独りよがりにならないよう、自分だけの思いこみで行動せず、必ず確認するようにしてくださいね。

 

気配り上手な人の特徴やなる方法まとめ

今回は気配り上手な人の性格や特徴、自然とやっている行動や気配り上手な人になる方法についてまとめました。

気配り上手になるには周りをよく観察し、コミュニケーションを積極的に取って、押しつけにならないよう相手の状況や考えを尊重することが大切でしたね。

今すぐ完璧な気配りのできる人になるのは難しいかもしれません。ですが声掛けなど小さなことでも素敵な気配りです。取り入れられるところから始めて、素敵な気配り上手さんを目指していきましょう。

こちらもおすすめ☆