大人が言う《自分を持つ》ってどういうこと?柔軟な思考と揺らがない軸を持つ方法

「もっと自分を持って!」と怒られた経験がある人は、自分を持つ方法を模索することをおすすめします。 「自分を持つ」とはどういったことでしょうか。行動や考え方から見る「自分を持つための方法」を紹介します。

公開日:
大人が言う《自分を持つ》ってどういうこと?柔軟な思考と揺らがない軸を持つ方法
たがめかめの

たがめかめの

ライター

子育て完了期からの卒母宣言を検討している40代主婦です。スタイリッシュな生活にあこがれています。ライター歴14年、あらゆる引き出しから情報を皆様にお届けします!

自分を持つ方法をご紹介!

よく言えば「協調性がある大人」、悪く言えば「優柔不断な大人」と他人から評価されやすいという人が目立つようになりました。「もっと自分を持って!」と怒られた経験がある人は、自分を持つ方法を模索することをおすすめします。

「自分を持つ」とはどういったことでしょうか。行動や考え方から見る「自分を持つための方法」を紹介します。「自分軸」といった考え方にも直結するので、悩んだからこのコンテンツをヒントにしてみましょう。

自分を持つとは?

自分を持つ方法

「自分を持つ」とはどういったことを指すのでしょうか。自分では気づくことができない部分であり、他人に指摘されて初めて「自分がない」ことに気づくかもしれません。

「自分を持つ」とはどういったことかその概念が理解できないという声も少なくありません。

また「自分軸」や「他人軸」という言葉にこだわっている人ほど自分を持つことがわかっていない可能性も否めません。「自分を持つ」とはどんなことなのかを解説します。

 

 

「よそはよそ、自分は自分」がはっきりしている

自分を持つ人は、自分と他人の区別をしっかりつけています。そのため、他人がどのようなふるまいをしようと気にしません。もちろん、自分を持っている人も人間なので、他人のふるまいで心が揺れ動くこともあるでしょう。

けれど、自分軸を持っている人は自分の心のうちに気づき、自分をフォローできるまでの対処の方法を身に着けています。大人がよく言う「地に足をつけている」生き方ができている人といっても差し支えないでしょう。

 

将来のビジョンがはっきりしている

「今はこう」「数年後にはこうなっていたい」というように、今の自分を受け入れるとともに将来の自分に関して青写真を描いています。

野心はなく「金持ちになっている」「結婚している」というようなものではなく、「5年後の私はさらに人に優しくなっているだろう」というような自己肯定感優先の傾向が見られます。

人によってはスピリチュアルな方向へ傾倒しやすく、自分をしっかり持っている人ほどその傾向が強くなるので注意が必要です。

 

他人に振り回されない

自分を持つことに慣れている人は、自分が決めた行動に他人を巻き込むことはしないでしょう。他人に告白を仲介してもらうこともなければ、友達と一緒にトイレに行くこともありません。大人の女性にありがちな、マウンティング女子会で理論武装することもなく淡々と過ごします。

もっとも自分を持つ人は、マウンティング女子会に参加することはありません。時折、理由なく敵を作ってしまうこともありますが、あまり気にしないのが自分を持つ女性の特徴です。

 

一人でも行動できる自信がある

自分を持つ人の特徴として、一人で飲食店に入れる、一人で海外旅行に行くなど一人行動ができる人がみられます。

「自信がある」というより、「何とかなる、できると思う」といったふんわりとした意識と、持ち前の行動力でクリアできることが本能的に分かっているので、即行動に移せます。もちろん、大人なので考えなしで行動することは一切しません。

きちんと考え、自分で答えを出します。自分がやるべき行動に自信がなければ、辞退する勇気も持ち合わせています。

 

柔軟性がありフレキシブルに動ける

自分を持つ人は、一匹狼ではありません。団体できちんと行動できる協調性も持ち合わせています。柔軟性も持ち合わせており、大人な対応もしっかりできます。

しかし「どっちでもいい」「あなたに合わせる」ということは言わず、「私はこれがいい」というように主張はします。自分を持つ人は、主語を「私は、私たちは」に置き換えて話をする傾向にあります。気乗りしない場合は、納得できる理由をつけて断れるのも特徴です。

自分を持つ《行動》

自分を持つ《行動》

自分を持つ大人は、行動にもそれが現れます。キャラづくりをしていると思われるかもしれませんが、自分を持っている人は潜在的に自分軸で行動しています。もし「自分を持つ」ことを意識したいという人は、行動から変えていくのはいかがでしょうか。

ここでは、自分を持っている人が普段から実践している行動の一例をピックアップして具体的に紹介します。自分は大人としてどう動いているのかを照らし合わせながら考え、意識改革をしていきましょう。

 

自分を持つ方法:ウワサ話はしない

自分を持つ人は、当事者の印象を変えるようなウワサ話に加担しません。もし耳にしても軽く流してしまうことでしょう。自分がウワサの当事者になった場合でも、自分にとって不名誉なウワサとならない限りは放っておきます。

「否定は肯定」という言葉の意味もわかっていて、打ち消すことはせず時が過ぎるのを待つことが多いようです。面と向かって噂の真相を問われたときには、「YES/NO」をはっきり伝えられる強さも持っています。

 

自分を持つ方法:他者を受け入れる

自分を持つ人は、他者の考えも丁寧に聞き入れ、肯定的に受け入れます。そのうえで相手が納得できるよう意見を伝えるという行動をとります。相手の考えも取り入れ総合的に判断することが多いようです。

オープンマインドで受け入れますし、優柔不断な相手に対してもゆっくり考えをまとめるよう促します。仏のような優しさとみられがちですが、付き合いたくない相手とジャッジしたら、簡単に大きな距離をとります。この落差が大きいと感じる人もいるかもしれません。

 

自分を持つ方法:一人称行動ができる

自分を持つ人はワンマンではありません。しかし「私は」というように主語は一人称が普通です。一人称には「私は」以外にも「私たちは」といった言葉も存在します。

この言葉からもわかるように、ワンマン運営はせずにみんなで一つのことを取り組んでいくことを強調してくれます。リーダーシップもあるので、大人の女性として頼られる傾向も。女性プロジェクトリーダーなどに自分を持つ人が多いのも特徴です。

 

自分を持つ方法:自分の行動に責任が持てる

「私は」といった一人称行動ができる人は、自分の行動に責任をもっています。他人に全責任を負わせることもしません。

状況を客観視できるすべも持ち合わせており、対策方法などは第三者に相談をし、その時にできる最大限のリカバリーを行います。

大人だから責任は一人でとるものという考えもありますが、「We」というグループ全体の責任ととらえることもできるので、仲間を適材適所に配置しリカバリーをすることも上手です。

 

自分を持つ方法:気持ちを声に出して伝える

自分を持つ人は、気持ちを声に出して伝えます。否定的な気持ちも声に出して伝えるため、我が強いと受け取られがちなのですが、ありがとうなどの言葉もさらりと伝えられるため、周りの人を敵に回すことはありません。

女性にこのような傾向を持つ人が多く、社交性を持っていることが評価されています。行動から誤解を受けやすい損な性格ですが、付き合って毒になる人物ではありませんし、同性から興味を持たれることが多いのも明らかです。

 

自分を持つ《考え方》

自分を持つ《考え方》

生きるために「自分軸」や「他人軸」という考え方は不要かもしれません。逆に、他人に甘えて生きるほうが女性として正解だという考え方を持つ人もいるでしょう。実は、こう言った思考も「自分を持つ」ための考え方の一つと言えます。

ここからは、自分を持つための考え方をまとめます。思考は人それぞれなので正解はありませんが、意識を変えていきたいという人は参考にしてみましょう。「自分を持つ」ことの概念がわからないという人も、なんとなく理解できるのではないでしょうか。

 

自分を持つ方法:自分を理解する

「自分はこういう性格、こんなところが弱い」というように自己分析の結果、己を理解できる大人は、自分を持つことができるといえるでしょう。自分自身の取扱説明書ができており、いやなことを回避するための方法が備わっている状況です。

だからこそ、自分に不要な情報は遮断しますし、無理に付き合いを増やすこともしません。もし、「自分を持つ」を実践したいなら、自分自身の今の状況を客観視してはいかがでしょうか。

 

自分を持つ方法:自分軸と他人軸の概念を知る

自分軸とは、自分の考え方をもって行動することです。他人軸とは、他人ありきの考え方になることを指しています。他人軸で動く女性が多く、空気を読んだり他人の顔色を見ながら過ごしてしまうといった傾向もみられます。

二つの概念を知り、どちらが自分にとって過ごしやすいのかも検討していくとよいでしょう。「自分にとって他人軸の生き方が過ごしやすい」と結論づけるのも、自分軸の考え方として受け止められます。

 

自分を持つ方法:自分の意思を持つ

当たり前のことですが、自分の意思を持つことが「自分を持つ」という言葉の意味の大きな軸となります。他人の意見に左右されず、流されないことが大切です。自分で決定することは大人の女性として必要な要素ではないでしょうか。

他人軸で流されていくと、自分らしさもどんどん失っていきます。その結果、「量産型女子」などというファッション用語にもあるように、特徴のない女性としてとらえられるようになってしまうことでしょう。

 

自分を持つ方法:自分軸・他人軸に振り回されない

自分軸・他人軸という言葉に振り回されている人ほど、自分を持つことができていません。考え方を自分軸にシフトできていないと、他人の目が常に気になります。

また、「自分軸の考え方を持つ自分」に酔いしれてしまい、「自分を持つ」という大人であることの本質から大きくそれてしまうことも否めません。

また、スピリチュアルな世界でも自分軸・他人軸が問われることがあり、言葉の意味を難しくとらえるあまり、精神世界の方向へ傾倒してしまうこともあるようです。

 

自分を持つ方法:判断力を身に着ける

意思を持つことにつながりますが、一番大切なのは、「Yes/No」「Go/Stay」などの判断力を身に着けることです。自分を持つための考え方を知るためには、ここから始めましょう。

迷ったときは他人の意見を求めてもいいけれど、最後は自分で決定することを意識していきましょう。普段から、「自分の運命の決定権は自分にある」と心に刻んでおくのが大人として必要です。誰かにゆだねたり、逃げ場を作ることはご法度です。

 

自分を持つ方法のまとめ

自分を持つという言葉の意味や考え方についてまとめました。行動などをシフトしていくと、優柔不断な自分から脱却できるようになるかもしれません。自分を変えたいと思った時には、意思を強く持ち自分軸の考え方にシフトしてください。

かといって、わがままにふるまうことは自分を持つこととは全く異なります。大人の女性だからこそ、自分の考えをきちんと相手に伝えられるよう気持ちを整えていきましょう。

こちらもおすすめ☆