感性を磨く9個の方法。人生をもっと豊かにするためにできることって?

充実した感性を持っている人は、四季の移り変わりに感動したり、感じたインスピレーションを形にできたりと、とても素敵な魅力を持ち合わせています。今回は、感性を身に着けたいと考える大人女性におすすめな「感性を磨く方法」を9つご紹介いたします。

公開日:
感性を磨く9個の方法。人生をもっと豊かにするためにできることって?
MooooN

MooooN

ライター

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

感性を磨くメリットと方法をご紹介

充実した感性を持っている人は、四季の移り変わりに感動したり、感じたインスピレーションを形にできたりと、とても素敵な魅力を持ち合わせています。

しかし、鋭い感性を身に着けたいと考えたとき、一体どのようなことをすれば素敵な感性を身に着けることができるのでしょうか。

今回は、感性を身に着けたいと考える大人女性におすすめな「感性を磨く方法」を9つご紹介いたします。ご紹介するおすすめ方法をぜひ実践して、素敵な感性を手に入れてくださいね。

感性を磨くメリットとは

感性を磨くメリットとは

感性を磨くことができれば、日常生活の中の小さな出来事にも感動できたり、仕事でインスピレーションを活かしたりとさまざまな良いことがあります。鈍感に日々の移ろいを眺めているよりも、鋭い感性で日々の変化を敏感に感じ取れたほうが、より充実した毎日を送れるので、感性は身に着けたほうがおすすめだと言えます。

感性を磨くには、読書や芸術鑑賞、旅行などを重ねていくことで着実に身に着けることができますよ。ここでは、感性を磨くことで得られるメリットについてご紹介します。

 

 

人の気持ちがわかる人になる

感性を磨くことで得られるおすすめメリット1つめは、「人の気持ちがわかる人になることができる」ということです。感性とは、外部から得た情報や刺激を受け取る能力を示しています。

感性を磨くことで、会話をしている相手の声のトーンや表情の明るさ、いつもの様子との違いから相手が今機嫌がいいのか悪いのか、元気なのか落ち込んでいるのかまで知ることができます。とくに感性の鋭い人は、電話といった相手の表情が見えない場面でも、相手の声色だけで相手の感情を汲み取ることができる人も珍しくありません。

 

才能を開花させられる

感性と感受性の違いは、受けた刺激や外部情報の処理の仕方の違いです。感受性というものは、映画や芸術作品を見て「すごい…!」と感動する感情のことを意味します。オーケストラを見て鳥肌が立つというのは、感受性が強く刺激されるからです。

感性は、感受性で受けた感動を作品や詩、曲というように「形」にする能力のことを意味しています。感性を養うことで、クリエイティブな仕事で活かすことができたり、企画やプロジェクトで素敵な案を生み出すことがしやすくなりますよ。才能を開花させることができるのも、感性を磨く大きなメリットだと言えるでしょう。

 

小さな幸せに気づきやすくなる

感性を磨くことのメリット3つめは、「小さな幸せに気づきやすくなる」ということです。感性と感受性は、根底でリンクしている部分が大きいです。感受性なくして感性は生まれません。感性を磨くことができれば、日々の生活の中でさまざまな出来事に感動することができます。

例えば、夕日が美しくて心がジンとしただとか、道端に咲いていた野花が可愛かった、人の優しさに触れて深く感動したなど。大人になるとどうしても鈍くなりがちな小さな出来事に気づく力を、感性を磨くことで取り戻すことができるのです。

 

感性を磨く方法《読書》

感性を磨く方法《読書》

感性を磨くことで得られるおすすめなメリットについてご紹介しましたが、では、感性を磨くには具体的にどのように行動し、何を意識すれば良いのでしょうか。

目に見えない「感性」という能力だからこそ、あせらず着実に養っていきたいものです。ここでは、感性を磨く方法の1つ「読書」を通した感性の磨き方をご紹介します。趣味で読書を嗜む人もそうでない人も、感性を磨く上でおすすめな本のジャンルを、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

ファンタジー小説を読む

読書を通して感性を磨くには、「ファンタジー小説を読む」という方法がおすすめです。読書には好みがありますが、今までファンタジー小説は子供が読むものだと遠ざけていた人も、ぜひこの機会にファンタジー小説にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ファンタジー小説を読むメリットは、ワクワクやイメージ力を養えるということです。ファンタジー小説の舞台は現実ではない架空の世界や人物、魔女やエルフなどの非現実的なものばかり。現実にはあり得ないシーンを脳内でしっかりイメージすることで、イメージ力を自然に磨くことができますよ。

 

自己啓発本を読む

感性を磨く上でおすすめな読書のジャンルは、「自己啓発本」がおすすめです。自己啓発本は、著名人やタレント、研究者といった、あらゆるジャンルの専門家が自分の意見や、人生を生きやすくする上でのおすすめの方法、またはビジネスに関するハウツーをまとめた本です。

自己啓発本に苦手意識を持っている人も少なくないでしょう。しかし、あえて自分と違う考え方や、これまで自分の中に思いもつかなかった考えを吸収することで、新しい発見に気づけるもの。自己啓発本を読むことで得た気づきや知見こそ、感性を磨く大切なポイントですよ。

 

推理小説を読む

推理小説は、感性を効率よく磨きたいと思う人にぜひおすすめしたいジャンルです。推理小説を読むことで、自然と「この先の展開はどうなっていくんだろう」と考えるはず。その考えや思考こそ、感性を磨く上で重要な要素となるのです。

先の展開を考えることで想像力や思考力がグンとアップしますし、犯人は誰だろうと文章の中に張られた伏線や登場人物の感情の揺れを見抜こうとすることで、感性はグングンと磨かれていきますよ。感性を磨く方法を読書で得たい人は、ぜひさまざまな推理小説を読んでみてくださいね。

 

感性を磨く方法《芸術》

感性を磨く方法《芸術》

上記では、読書を通して感性を磨くおすすめ方法をご紹介しましたが、感性は「芸術」を通しても磨くことができますよ。とくに絵画や音楽、ダンスなどの芸術作品は、全て製作者の「感性」から生みだされたものばかりです。

芸術作品たちは、製作者が外部からの刺激や情報から受けた感受性を形にした、「感性そのもの」だと言えるでしょう。製作者の感性に直接触れることで、おのずと自分自身の感性も研ぎ澄まされていきますよ。ここでは、感性を磨く上でおすすめな芸術についてご紹介します。

 

好きな音楽を聴く

感性を磨くときに芸術作品に触れるなら、「好きな音楽を聴く」という方法がおすすめです。音楽のジャンルは、ポップスでもクラシックでもダンスミュージックでも構いません。

音楽は、作った人たちの感性がそのまま「音」として生み出された、言わば「感性の塊」のようなものです。とくに好きなアーティストやジャンルの音楽だと、聴いていて楽しい気持ちになりますし、気分も上がりますよね。「楽しい」「気持ちいい」という感受性が感性に繋がりますので、好きな音楽を聴いて効果的に感性を磨きましょう。

 

未開拓のジャンルに触れる

感性を芸術から磨く方法2つめは、「未開拓のジャンルに触れる」ということです。例えば音楽で言えば、ポップスが好きならあえてクラシックに触れてみる、普段クラシックばかり聴いているならあえてダンスミュージックにトライしてみましょう。

絵画で言えば、現代アートばかりを好んでいたなら古典アートに触れてみて。今まで自分が触れたことのないジャンルこそ、新たなインスピレーションが芽生えやすくなりますし、感性を磨くおすすめな方法だと言えます。これまで縁のなかったジャンルの芸術作品にぜひ目を向けてみてくださいね。

 

アート作品に触れる

芸術といえば、音楽や絵画などを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、アート作品にはオブジェや建造物など、さまざまな作品があります。アートと一口に言っても、美術作品にはさまざまな種類があるのです。視覚情報だけでなく、聴覚や空気感からも感性を磨く刺激が欲しいなら、芸術団体による創作ダンスなどのパフォーマンスアートもおすすめですよ。

自宅にいながら感性を磨きたい人には、工芸品の作品集やアート画集を眺めてみるのも良いですね。アート作品に触れることで、今まで受けたことのないさまざまな刺激を感じることができるでしょう。

 

感性を磨く方法《旅行》

感性を磨く方法《旅行》

感性を磨くには、作家や製作者の感受性がそのまま感性として形になった「芸術作品」や「書物」に触れることもおすすめですが、感性を磨きつつ感受性にも強い刺激を受けたい場合には、「旅行」に出かけることもおすすめですよ。

旅行に出かけることで、現実にいながら「非日常」を味わうことができ、より多くの感動や感情を味わうことができるでしょう。ここでは、感性を磨く上でとくにおすすめな旅行先を3つのカテゴリからご紹介します。自身の感受性をより高める場所に旅行に出かけ、効果的に感性を磨いていきましょう。

 

自然と人に触れる旅

旅行を通して感性を磨くなら、「自然に触れる旅」に出かける方法がおすすめです。日本には、たくさんの自然を謳歌できる場所が存在します。北海道で広大な雪景色に感受性を刺激するのも良いですし、沖縄や鹿児島の海で心身ともにリラックスするのも良いですね。

どちらも感性を磨く上でより多くの素敵な感動を得ることができるでしょう。また、感性を磨くには、人と触れ合うことでも磨くことができますよ。旅先で知り合った地元の人たちとの交流を通して、より効果的に感性を磨きましょう。

 

古都や歴史を感じられる場所

感性を磨く上でおすすめな旅行先は、「古都や歴史を感じられる場所」へ赴くのも良いですよ。例えば、京都や奈良といった日本でも有数の歴史的観光スポットに旅行に出かけるのも良いですし、東北地方で遺跡を巡る旅に出かけるのも良いですね。

感性を磨くには、「普段触れない場所やものごと」に触れることでより効果的に磨くことができるので、感性を磨く方法を探しているなら、ぜひこの機会に日本ならではの歴史に触れてみてはいかがでしょうか。古都や歴史から受けた感動や刺激から、新しい何かが生み出されるかもしれないのです。

 

海外旅行に出かける

日本国内の旅行もおすすめですが、感性をより深く大きく磨きたいという人には、「海外旅行」をおすすめします。自分が生まれ育った場所と、全く違う文化、風習、その土地で見る景色や触れ合う人々を通して、感性は深く大きく磨かれていくはずです。

異文化の人々と交流することで、これまで出会ったことのない考え方に出会えるでしょう。海外旅行に出かけると人生観が変わったり、人として一回り成長できたと答える人が多いのは、海外旅行に出かけることで強く感受性を揺さぶられるからです。感受性を刺激させて、感性を効果的に磨いていきましょう。

 

感性を磨くメリットと方法まとめ

感性を磨くメリットと、「読書」「芸術」「旅行」を通してより効果的に感性を磨く方法を9つご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

感性は、感受性を刺激すればするほど研ぎ澄まされていくもの。アーティストやミュージシャンだけが感性を持っている訳ではなく、誰でも「感性」を持っています。その感性を活かすかどうかは本人次第だと言えるでしょう。

世界には素敵な出来事が溢れているので、感性を磨いてさまざまな感動をキャッチしていきたいですね。

こちらもおすすめ☆