相手を元気づける《励ましの言葉》集。上手なかけ方や注意したい点もご紹介

自分の大好きな人が落ち込んでいるときになんて声をかけたらいいんだろう…そう戸惑う気持ちを感じたことがある人も少なくないでしょう。今回は、傷を抱えた相手を元気づける励ましの言葉や上手な声のかけ方、声をかけるタイミングなどをご紹介します。

著者:
公開日:
相手を元気づける《励ましの言葉》集。上手なかけ方や注意したい点もご紹介

相手を元気づける《励ましの言葉》をご紹介!

片思いの彼や恋人が仕事で落ち込んでいるとき、友達が失恋をしてしまったときなど、自分の大好きな人が落ち込んでいるときになんて声をかけたらいいんだろう…そう戸惑う気持ちを感じたことがある人も少なくないでしょう。

励ましの言葉は、時と場合によっては相手の重荷になってしまうこともあるので慎重に選ぶべきものです。今回は、傷を抱えた相手を元気づける励ましの言葉や上手な声のかけ方、声をかけるタイミングなどをご紹介します。

効果的な励ましの言葉で、相手の心にそっと寄り添いましょう。

相手を元気づける励ましの言葉5選

効果的な励ましの言葉をかけてもらったとき、人はふわっと心が軽くなるものです。大きな傷も励ましの言葉ひとつで、少しだけ小さく丸くなるかもしれません。

それほど、人の温かな言葉は癒やしと勇気を与えてくれるのです。では、仕事や恋愛で相手が落ち込んでいるとき、一体どんな言葉が弱った心に響くのでしょうか。

ここでは、弱った相手を元気づける励ましの言葉を5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。


 

 

励ましの言葉①「私でよければ聞かせて」

励ましの言葉ひとつめは「私でよければ聞かせて」という相手を受け入れる言葉です。とくに相手が人に頼ることが苦手なタイプだったときは、さらに効果的な励ましの言葉になるでしょう。

何でも自分で解決しようと考える人は、悩みや傷を受けても人に「助けて」とSOSを発信できないことが多いです。なんとなく元気がないな、と感じたときにタイミングを見て「何かあった?」と声をかけてみましょう。

相手が悩みを抱えているようならそっと「私でよければ聞かせてね」という励ましの言葉で、相手のSOSを自分から導いてあげてくださいね。


 

励ましの言葉②「あなたはよく頑張っている」

仕事で大きなミスをして落ち込んでいるとき、スランプで辛いときに「あなたはよく頑張っている」という励ましの言葉は、心にジンと沁みるもの。

空回りの努力で落ち込んでしまったとき、人は「誰かに認めてほしい」という救いを求める思いを抱えます。

仕事でだけでなく、相手に尽くす恋で疲れてしまっている人にもおすすめな励ましの言葉なので、好きな人や友達が弱っているときには、ぜひ「あなたはよく頑張っている、私が一番知っているよ」と励ましの言葉をかけてみましょう。


 

励ましの言葉③「朝まで付き合うよ」

元気づける相手が大きなストレスやショックを抱えているとき「朝まで付き合うよ」という励ましの言葉がおすすめです。

例えば、仕事をクビになってしまった、恋人の浮気が原因で失恋した、など大きなダメージを受けたときほど、ストレスを逃がしてあげる励まし方が効果的です。

一緒にお酒を飲んでもいいですし、仲間でドライブに繰り出すのもいいですね。相手が控えめなタイプなら、気が済むまで話を聞いてあげるのもいいでしょう。辛いときは、信頼関係のおける人が側にいてくれることで心が癒やされるものです。


 

励ましの言葉④「いつでも頼ってね」

励ましの言葉をかけるときは、相手の性格や思考タイプをしっかりと観察することが大切です。例えば、落ち込んだ時や辛い時「一人でじっくり考えたい」と考える人も少なくありません。

とくに元気づける相手が男性だったなら、自分の弱さを見せたくないと考える人も多いです。

過度に話を聞くスタンスをアピールするよりも「いつでも頼ってね」と一言入れておく気配りが効果的。空気のように振る舞う優しさが相手を元気づけるきっかけになるのです。


 

励ましの言葉⑤「私はあなたの味方だよ」

仕事や人間関係など、さまざまな理由で深く落ち込んだ時に「自分はどうしてこうなんだろう」と、自己否定に走ってしまう人は多いです。

とくに普段から自己肯定感が低い性格の人が相手なら、相手を勇気づける励ましの言葉が効果的。自分に自信をなくしていると、なんとなく世の中からポツンと取り残されたような孤独感を感じますよね。

そんなときに「私はあなたの味方だよ」と、一人ではないと認識させる励ましの言葉で元気づけることができるはずです。


 

励ましの言葉の上手なかけ方

励ましの言葉で相手を元気づけるときには、上手な声のかけ方で相手を効果的に悩みから引っ張り出してあげましょう。

言葉のかけ方ひとつで相手の不安を煽りもすれば、安心感を与えてあげることだってできるのです。

ここでは、友達や好きな人が落ち込んでいる時、相手が「話してみようかな」と思ってもらえる声のかけ方をご紹介します。


 

かけ方①相手のタイミングを見る

励ましの言葉をかけるときには、相手のタイミングをみることが大切です。心の傷の深さやダメージ、落ち込んでいる理由によっては「今はそっとしておいてほしい」と思うときだってありますよね。

話を聞いてほしそうなのか、そっとしておいてほしそうなのかをしっかり見極めることを意識しましょう。

タイミングを上手く測れない場合は、メールやLINEで「いつでも話を聞くよ」や「いつもと様子が違うから心配だな」など、さりげないメッセージを入れましょう。相手のタイミングで打ち明けてくれるきっかけになります。


 

かけ方②優しいトーンで話しかける

元気づける相手が普段はノリのいい友達や、あっけらかんとした性格の相手だった場合でも、いつもの調子で声をかけるのは避けたほうが無難です。

落ち込んでいる原因や理由によっては、明るいトーンはNGです。「どうしたの?らしくないじゃん!」など、良かれと思って発した言葉が相手をさらに追い詰めるきっかけになることもあります。

相手の心のダメージがわからない時だからこそ、いつもより優しいトーンで励ましの言葉をかけましょう。


 

かけ方③長所に気づかせる

仕事でのミスや失恋、人間関係で落ち込んでいる時、どうしても自分に対する自信を失ってしまうものです。

「自分ってどうしてこうなんだろう」や「こんな自分、嫌だな」と、自分の嫌いな部分にばかりフォーカスを当ててしまうので、そんなときには長所に気づかせる励ましの言葉をかけてみましょう。

失いかけた自信を取り戻させることが相手の勇気や前を向くきっかけに変わるはずです。


 

かけ方④相手を否定しない

励ましの言葉をかけるときに相手を否定するのは避けましょう。例えば、仕事でのミスや対人関係のトラブル、恋人との喧嘩など、落ち込んでいる本人にも非がある場合もあります。

しかし、傷を負った相手に「あなたのこういうところが悪かったかもね」など否定の言葉を入れると相手の傷をえぐってしまう原因になります。

つっこみたい箇所があってもスルーしてとにかく聞く、肯定してあげる、話し上手よりも聞き上手に徹する、というスタンスを貫くことが、相手を元気づける上手な励ましの言葉のかけ方になるのです。


 

かけ方⑤スキンシップを意識する

深く落ち込んで孤独を感じているとき、人の優しさが心身共に沁みるもの。相手の話を聞きながらさりげなく手をそっと重ねてみたり、背中をさすってあげるなど、スキンシップを取り入れてみると効果的です。

人の体温は安心感を与えるので、励ましの言葉をかけ、相手の話にしっかり耳を傾けながらスキンシップを意識することで、より効果的に相手を元気づけることができますよ。


 

励ましの言葉をかける時に注意したい点

相手を元気づけるための励ましの言葉でも、言葉のかけ方や聞き方次第で相手に不信感を与える原因になりかねます。

度が過ぎると嫌悪感を抱かれてしまうこともあるので、励ましの言葉をかけるときは注意点をきちんと意識することが重要です。

ここでは、励ましの言葉をかけるときに注意したいポイントをご紹介します。効果的に相手の心を癒やすためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 

注意点①アドバイスはNG

励ましの言葉をかけるときにアドバイスをするのはNGです。ひどく落ち込んでいる時は、心がいっぱいいっぱいになっているもの。人からのアドバイスを聞き入れる余裕なんてありませんよね。

良かれと思ってアドバイスをしても、相手にとっては「ダメ出し」と感じることもあります。

本人が誰よりもよく自分の非を理解しているので、アドバイスをするのではなく、ただただ話を聞いて相手を認めて受け入れてあげることを意識すると効果的な励ましの言葉になりますよ。


 

注意点②客観的過ぎるのはNG

相手を元気づけるときには、相手の目線になって話を聞くことが大切です。客観的な視点で判断すると、どうしても余計な一言を言ってしまったり、相手を非難してしまう原因に繋がります。

相手をより落ち込ませたり、度が過ぎれば怒らせてしまうリスクが高まるので、励ましの言葉をかけるときは「客観的にならないように」を意識しましょう。

とくに相手が女性だと「自分の気持ちに寄り添ってほしい」という共感性を求める傾向があるので、相手目線で話を聞くことが大切です。


 

注意点③プレッシャーを与えるのはNG

大好きな友達や彼が元気のないとき「早く元気になってほしい」と思うもの。だからこそ、励ましの言葉で相手に前を向いてほしいと感じます。

しかし、ひどく落ち込んでいるときには「早く元気になってね」という言葉はあまり効果がありません。本人が一番、前を向く方法を知りたいと感じているのです。

「早く元気になってね」「頑張って!」という言葉は、人によってはプレッシャーに感じることもあるので注意しましょう。


 

注意点④しつこくなるのはNG

励ましの言葉で相手を元気づけるときには、過度に構うのはNGです。元気のない相手への不安や心配の気持ちから「大丈夫?」「話を聞くよ?」と何度も声をかけたくなるもの。

ですが、落ち込んでいる本人には「話せるタイミング」があります。

とくに男性の場合、「弱さを見せたくない」という気持ちを持つ人が多く、共感を求める女性と違って「一人で考えたい」「そっとしておいてほしい」という思考になりがちなので注意をしましょう。


 

注意点⑤自分の話ばかりをするのはNG

相手の不安を共有するとき、自分の失敗談を混じえて話を聞いてあげるのは効果的な方法です。ですが、自分の話はあくまでもおまけ。

「私も昔こんなことがあった」と、体験談を話すときに「あのときはああでこうで、こんなことがあって本当に辛かったなぁ…」というように、気づいたら自分の話ばかりを聞かせてしまったという事態には気をつけましょう。

相手はただでさえしんどいのに、余計な疲れを感じさせてしまいます。自分の話は1割、相手の話9割を意識すると良いですよ。


 

相手を元気づける《励ましの言葉》まとめ

大好きな人が深く落ち込んでいると、自分まで悲しくなってしまうでしょう。相手を元気づける励ましの言葉で、効果的に心のダメージを緩和させてあげましょう。

励ましの言葉をかけるときは、何よりも相手の心に寄り添うことが大切です。相手の様子にしっかり目を向けて、タイミングを見て声をかけてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告