優柔不断な自分を責めないで。慎重すぎる心を変えるとっておきの改善方法を教えます

人生には悩みや迷いがつきものです。その中でもとくに優柔不断な性格や特徴を持つ人は、日常の小さな出来事ひとつひとつにもアレコレと迷いがちに。優柔不断な性格や特徴を改善するには、優柔不断である理由や原因にしっかりと目を向けることが大切です。

公開日:
優柔不断な自分を責めないで。慎重すぎる心を変えるとっておきの改善方法を教えます
MooooN

MooooN

ライター

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

優柔不断の直し方をご紹介!

人生には悩みや迷いがつきものです。その中でもとくに優柔不断な性格や特徴を持つ人は、日常の小さな出来事ひとつひとつにもアレコレと迷いがちに。

なぜ、優柔不断な人は日々の小さな出来事にも多くの時間をかけて迷い悩んでしまうのでしょうか。優柔不断な性格や特徴を改善するには、優柔不断である「理由」や「原因」にしっかりと目を向けることが大切です。

今回は、優柔不断の直し方を探している人におすすめしたい、根本からの原因を探り改善する方法をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

優柔不断な人の性格・特徴

優柔不断な人

優柔不断な人には、優柔不断な人ならではの性格的特徴が存在します。

物事をスパっと決められる人と違って優柔不断の人は、ひとつのことでもじっくり慎重に考えるので、一見歩みが遅いように見えますが、言い方を変えればそれは「物事を丁寧に考えられる」というメリットでもあるのです。

しかし、優柔不断な人はデメリットな理由に目を向けているからこそ「この優柔不断な性格を改善したい」と思うのですよね。優柔不断な性格を直すことで、本人もきっと今まで以上に毎日を明るく前向きに生きていけるはず。

ここではまず、優柔不断を改善するために知りたい「優柔不断な人の性格・特徴」を紹介します。

 

 

自分で決められない

優柔不断な人の性格・特徴で多くの人がイメージするのが「優柔不断な人は自分で物事を決められない」という特徴ではないでしょうか。

たしかに優柔不断の人は、些細なことでも自分で決めることが苦手です。

そのため、悩みや迷いごとを人にすぐに相談しがち。ときには人生を左右する進路のことまで人の意見を当てにしようとする場合もあります。

優柔不断な性格を改善させるためにも、まずは「なぜ自分で決められないのか」をしっかり深く掘り下げて考えてみることが大切です。

 

くよくよ悩みがち

小さなことも理由をつけて深く考え、くよくよ悩んでしまいがちなのも優柔不断な人の特徴です。優柔不断な人は自分の考えに対して常に大きな不安を感じてしまうといった特徴があります。

例えば、「いろいろ悩んだ結果Aを選んだけど、実はBにするべきだったのではないだろうか」と、決断をした後でもくよくよ考えて頭を悩ませてしまうのです。

もしこれが、Bを選んでいたとしても「Aのほうが…」と悩んでしまうはず。「過ぎたことは考えずに結果を待つ」と、改善に向けた思考を作っていきましょう。

 

消極的で相手の反応を気にする

優柔不断な人は、控えめで大人しい性格の持ち主が多いという特徴もあります。また優柔不断な人は、物や人の長所や魅力を見つけることが上手だというとても大きな魅力を持った人物でもありますよ。

しかし、消極的な性格で相手の反応を気にしてしまうため、自分で決断をすることが苦手。相手の反応を気にするというのは、「相手に不快な思いをさせたくない」「相手を優先する」という優しさの裏返しでもあります。

せっかくの長所を「優柔不断」とネガティブに捉えないためにも、まずは「迷いの頻度」を減らしていくことを意識しましょう。

 

優柔不断のチェック方法

優柔不断な人2

優柔不断の人には、「丁寧」「慎重」「優しい」「長所に気づける」という大きな魅力がたくさんあります。

しかし、あまりに迷いが深かったり、日常の些細なことにもひとつひとつ悩んでしまっていては、本人自身も「なんでいつもくよくよ迷ってばかりなんだろう…」とネガティブに考えてしまうもの。

優柔不断を改善するには、まずは自分自身が優柔不断かどうか知ることが大切ですよ。ここでは、自身が優柔不断かどうかのチェックをしていきます。

 

レストランでは「同じもので」が口ぐせ

優柔不断かどうかのチェックポイントとして、「レストランでの対応の仕方」に目を向けてみましょう。

他者と数名でレストランやカフェに行ったとき、散々メニューを眺めた後に「私も同じもので…!」と言ってしまう人は優柔不断な人であると言えます。

決めるのが面倒だ、オーダーしやすいからという理由ではなく、散々メニューを見て迷い悩んだ挙げ句に決められず「同じもので」と口ぐせのように言ってしまっている人は、周りからも優柔不断だと判断されがちではないでしょうか。

 

「どっちでもいいよ」でかわしている

優柔不断な人は、物事を決断することが苦手です。

例えば、恋人とデートをするときや友人同士で遊びの約束を取り付けるとき、「どっちに行こうか?」と聞かれて「どっちでもいいよ」と答えている人は、優柔不断である可能性が高いです。

相手の行きたいところを優先させてあげたい、という優しい理由もあると思いますが、優柔不断の人はとくに「決めるのが苦手だから…」という理由で「どっちでもいいよ」と言ってしまっているのではありませんか?

優柔不断を改善するためにも「どっちでもいいよ」の口ぐせを減らしていきましょう。

 

プランを任されるのが苦痛

優柔不断な人であるかをチェックする方法としてポイントとなるのが、「プランを任された際の心の動き」に意識を向けてみましょう。

プランを任されたときに、「楽しいプランを考えたい!」と魅力に感じワクワクするタイプと、「とても大きなプレッシャーに感じる…」と後ろ向きに感じてしまうかで、優柔不断かそうでないかが見えてきます。

後者の「大きなプレッシャー」を強く感じてしまう人は、物事を自分自身で決めることが苦手な優柔不断タイプの人だと判断できます。

 

優柔不断の人が抱く理由

優柔不断な人3

優柔不断な人には、優柔不断な人ならではの「理由」があります。優柔不断な性格を改善させるためには、自分の心の中にある「理由」と「原因」をしっかり把握し受け止めることが大切です。

ここでは、優柔不断な性格を改善させるためにきちんと洗い出すために知っておきたい「優柔不断の人が抱く理由」をご紹介します。

自分自身の内面にしっかりと目を向けることができていないと、根本的な解決には繋がらないので、自分の心の声に耳を向けて改善に向けて進んでいきましょう。

 

浮きたくない

優柔不断な人がなぜ優柔不断なのか、優柔不断の人が抱く理由には「周囲から浮きたくない」というものがあります。

例えば恋人や友人と食事に出かけたとき、またグループで食事に出かけたときに「同じもので…」と言ってしまう理由には、散々迷い悩んだ挙げ句に「無難なものがいい」と「浮きたくない思考」が働いてしまうからではないでしょうか。

また、仲間内で「今度の連休どこか行こうよ」と案を出し合う場面でも、浮きたくないという心理から「みんなが行きたいところで」と結論に至ってしまうのです。

 

自分が責任を持ちたくない

優柔不断な人が優柔不断である理由には、深層心理に「責任を任されたくない」「自分のせいにしたくない」というような「自分で責任を負いたくない」という気持ちが隠されている場合が多いです。

例えば、人生の大きな決断である「転職」や「今後の進路」を決める際、優柔不断な人はすぐに誰かに相談したい、良い助言が欲しいとアドバイスを求めがち。

ただのアドバイスで受け取れば良いですが、人の意見にそのまま流されてしまうのは、「選択に対するプレッシャーからの逃げ」なのです。

 

自分に自信がない

「自分に自信がない」というのも優柔不断な人が抱く心理に隠された理由のひとつです。

なぜ自分のことなのに自分で決めたくないのか、選択をプレッシャーだと感じてしまうのかは、根底に「自分自身を信じられない」という自信のなさが深く関わっている場合が多いです。

自分の選択に対して自信がないために、結果的にどれを選んでも「他の選択肢のほうがよかったのでは」「物事を自分に任せないでほしい」という悩みや迷いに繋がってしまうのです。

少しずつ決断する習慣を見に付けて、決断に慣れていくことで改善することに繋げましょう。

 

優柔不断な人の改善方法

優柔不断な人4

優柔不断な性格を直したい、そう思っている人は少なくないでしょう。

優柔不断な性格は、裏を返せばその人に魅力的な一面であったり長所ではありますが、本人自身は「もっと迷わないで物事を決めたい」「周りを気にせず自分の意見を言えたらいいだろうな…」と考えている場合が多いのです。

ここでは、優柔不断な人が少しずつ優柔不断な性格を改善し、決断力を身に着けていくための改善方法をご紹介します。生きやすい毎日を手に入れるためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

当事者意識で考える

優柔不断な性格の直し方のひとつが「当事者意識で考える」ということです。例えば、レストランで食事をする際には、「同じもので」と言う前に、まずは「自分が何を食べたいのか」で考えてみましょう。

優柔不断になる理由が、魅力的なものが多く迷ってしまう場合なら、今の気分ならどっちだろうと「今の自分」に目を向けてみると良いですよ。

優柔不断な性格を一歩ずつ直すには、日々起こる物事に対して「これは自分ことだ」という当事者意識を強く意識することが大切です。

 

自己理解を深める

優柔不断な性格の直し方は、根底にある自分の本音に目を向けてみることが重要です。例えば、物事に対して「自分は本当にどうしたいのか」「自分は何が好きで何が嫌いなのか」をじっくり考えてみましょう。

どんなに時間がかかっても良いのです。優柔不断の人は、迷った挙げ句に結局うやむやな決断をする、もしくは他人に判断をあおることがネガティブになってしまう理由のひとつ。

どんなに時間がかかっても自分の納得のいく決断に辿り着ければ、優柔不断は少しずつ改善されていきますよ。

 

小さな決断を積み重ねる

優柔不断な人は決断することが苦手なので、まずは小さな決断を積み重ねて、「自分で決める」ということに少しずつ慣れていく方法がおすすめな直し方です。

例えば、お洋服を購入する際に付き添いの人に「どっちがいいかな?」と聞くのではなく、「どちらのお洋服にときめくのか」で決断しましょう。

小さな決断を積み重ねる内に物事を決めることに慣れてくるので、決断に至る時間もスピードアップしていき、優柔不断が少しずつ着実に改善されていくのです。

 

優柔不断な人のまとめ

優柔不断な人には、丁寧さや優しい性格、他者を優先できるなどの魅力や長所がたくさんあります。

しかし、本人自身が一番深く悩んでいる「もっと迷いのない生活を送りたい」と思うなら、改善点をしっかり考えていくべきです。

今回ご紹介した優柔不断な人の特徴やチェック方法、優柔不断な人が心理面に抱く理由をしっかり踏まえ、受け入れた上で「優柔不断な人の改善方法」を日常生活に取り入れてみてくださいね。

自分を好きになることで、少しずつ自分への自信もついてくるはずです。

こちらもおすすめ☆