手軽にできるリラックス方法って?場所に合った体や心をほぐすおすすめのやり方

日々仕事に追われていると、ストレスで心や体が緊張したり、不安感を覚えたりすることがあります。そのような時には、心や体をリラックスさせる方法を試すのがおすすめです。今回は、自宅や会社で手軽にできる、場所にあったリラックス方法をご紹介します!

公開日:
手軽にできるリラックス方法って?場所に合った体や心をほぐすおすすめのやり方
yuzuko

yuzuko

ライター

おうちでのんびりするのが好きな主婦ライター。「自然体で、心地よく、喜んで生きる」がモットー。シンプルで心豊かな暮らしに役立つヒントをお届けします。

場所に合ったリラックスする方法をご紹介!

日々仕事に追われていると、ストレスで心や体が緊張したり、不安感を覚えたりすることがあります。そのような時には、心や体をリラックスさせる方法を試すのがおすすめです。

「リラックス」には、緊張をほぐす、ゆったりする、という意味があります。緊張でこわばった心や体をほぐし、ゆったりとすることで、疲れが取れ、仕事のパフォーマンスアップにも効果的ですよ。

今回は、自宅や会社で手軽にできる、場所にあったおすすめのリラックス方法をご紹介します!

場所に合ったリラックスする方法《自宅》

場所に合ったリラックスする方法《自宅》

まずは、自宅で行うのにピッタリなリラックス方法です。お仕事が終わり、何の気兼ねもなく過ごせる自宅は心や体をリラックスさせるのにぴったりの場所。着心地の良いルームウエアに着替えて、お気に入りのソファなどでくつろぐだけでもリラックスできますよね。

さらにリラックス効果を高めるには、どんな方法があるのでしょうか?手軽にリラックスできるおすすめの方法を7つご紹介します。

 

 

ストレッチ・ヨガをする

体の緊張をほぐしリラックスさせるのに手軽な方法としては、ストレッチやヨガがおすすめ。体を動かすことによって、血行が良くなり、気持ちも明るくなりますよ。肩を回したり、腕を上にあげて伸ばしたり、軽く足を開いて柔軟体操をしたり、とにかく体が気持ちいいなと思えるように動かしてみましょう。

体をゆったりと動かすヨガもリラックス方法として効果的。体をどう動かしたらよいかわからない・・・という方は、初心者向けのヨガやストレッチの動画を観ながらやってみるのも手軽でおすすめです。

 

心地よい音楽を流す

心をリラックスさせる方法としては、自宅で心地よい音楽をBGMとして流すのもおすすめ。心理学的にも、音楽にはリラックス効果があると言われています。特にリラックス効果が期待できる音楽としておすすめなのは、鳥のさえずりや川のせせらぎなど、自然の音で構成されたヒーリングミュージック。

音量調整の方法は、図書館で流れているくらいのイメージの音量が丁度良いかも。他にもクラシックや弦楽器の音楽もリラックスするのにおすすめ。ただし、音楽は個人の好みがあるので、自分が好きだなと思えるものを選びましょう。

 

ゆっくり入浴する

ゆっくり入浴することも、心と体がリラックスするのに手軽な良い方法です。「お風呂に入ると疲れがとれるな」と感じたことがある方も多いのではないでしょうか?お湯につかることで、血行が良くなり、体内の老廃物が外に出て疲れがとれる効果があります。

リラックスしたい方におすすめの入浴方法は、37〜40度程度のお湯に浸かること。副交感神経が活発になることで、心が落ち着き、よく眠れる効果も期待できます。自宅でのお風呂なら、お気に入りの入浴剤を入れるのもおすすめです。

 

マインドフルネス瞑想をする

私たちの抱える問題の多くは過去や将来の不安からくるものであるため、意識を「今、ここ」に向けることでストレスを取り除く、という瞑想の方法が、マインドフルネス瞑想です。心がリラックスするだけではなく、体の免疫力が高まったり、ストレス耐性ができる効果も実証されています。

方法は簡単。まず姿勢をよくして座り、自分の呼吸に意識を置きます。何かの考えが浮かんだりしたら、それに気づいた時点ですぐに自分の呼吸に意識を戻します。場所を選ばずに手軽に実践できるので、自宅だけではなく職場の休憩時間などにもおすすめです。

 

思っていることを紙に書く

具体的な悩み事で不安な心を落ち着かせリラックスするのにおすすめの方法は、思っていることを紙に書くこと。これは「ジャーナリング」とも呼ばれる方法で、ストレスが軽減したり前向きな気持ちになったりする効果があることが実証されています。

また、自分の感情をことばにすることで、自分の状況を客観視でき、自分の中の不安が小さくなる効果も。体裁などにこだわらず、そのまま自分の気持ちを正直に紙に書くことがポイントです。紙とペンがあればできる手軽なリラックス方法なので、1日5分など短時間でも習慣化するとよいでしょう。

 

温かい飲み物を飲む

寝る前に温かい飲み物を飲むことも、手軽にできるリラックス方法の一つ。適切な飲み物を選べば、自律神経を整えたり、体を温めたりする効果があります。おすすめは白湯、カモミールやラベンダーのハーブティ、生姜湯、甘酒などです。

逆に、コーヒーや紅茶、煎茶といったカフェインの入った飲み物には覚醒作用があるため、寝る前には飲まないほうがよいでしょう。また、寝る前のお酒は肝臓に負担がかかるため、寝る3時間前にとどめておくのがよいでしょう。

 

質の良い睡眠をとる

疲労回復のためには、睡眠をしっかりとることが重要です。ぐっすり眠れて朝すっきり起きることができる、そのような睡眠がとれたら気持ち良いですよね。

これまで紹介したようなリラックス方法も良い睡眠につながりますが、さらに質の良い睡眠のために意識すると良い方法は、寝る3時間前には食事をすませておくことと、寝ながらスマホを見るのをやめること。

特にスマホの画面から発せられる光は体が日光と錯覚し、睡眠を妨げてしまうことも。自宅でのんびりスマホを見るのも楽しいですが、寝る1時間前からはスマホを控えるのがおすすめです。

 

場所に合ったリラックスする方法《会社》

場所に合ったリラックスする方法《会社》

仕事中、「疲れたなあ・・・」と感じることはよくありますよね。一説によると、人間の集中力は90分程度で切れるのだとか。そのような時には、休憩を兼ねて会社でも簡単に実践できるリラックス方法を試してみるのがおすすめです。

心と体を上手にリラックスさせることができれば、疲れが取れるだけではなく、仕事の効率アップにもつながりますよ。それでは、会社でも手軽にリラックスできるおすすめの方法を7つご紹介します。

 

深呼吸をする

深呼吸をすることは、シンプルながらも手軽にリラックスできるおすすめの方法。緊張していると、気がつけば浅い呼吸になりがちです。ゆっくりと深呼吸をすることで、体をリラックスさせる働きをする副交感神経が活性化して、心を落ち着ける効果があります。

呼吸方法としては、息をすべて吐ききってから、鼻からゆっくりと息を吸い、肺とお腹の深くに空気が入るようにし、口からフーッとゆっくり吐き出してみてください。何度か繰り返してみるとよいですよ。

 

仮眠をとる

思い切って仮眠をとることも手軽で効果絶大なリラックス方法。おすすめの仮眠時間は15分から30分程度ですが、5分か10分といった短い時間であっても、目をつぶり机に突っ伏すことで良い気分転換になります。

おすすめの方法は、仮眠前にコーヒーを一杯飲んでおくこと。カフェインは摂取してから30分すると覚醒効果が出てくるので、起きた時すっきりと目覚められますよ。お昼休みに試してみてくださいね。

 

簡単なストレッチをする

同じ姿勢での作業が続いたり、緊張した状態が続いたりすると、肩こりや首こりなど体の筋肉がこわばりがちに。そのような時は、仕事の合間に簡単なストレッチをして、体をリラックスさせるのがおすすめ。

立ち上がって両腕を上げて大きく伸びをしたり、腰を左右にひねったりするだけでも気分が変わりますよ。ストレッチの方法は部位によって様々な方法があるので、自分にあった方法を見つけてみてくださいね。

 

コーヒーブレイクをとる

温かい飲み物やお菓子でコーヒーブレイクをとるのも、手軽にリラックスできる簡単な方法です。コーヒーには眠気を覚ます効果や、イライラや疲れを緩和させる効果があります。

また、コーヒーの匂いにはアロマとしての効果があり、リラックスを促すそうですよ。ただし飲み過ぎると胃痛や自律神経の乱れにつながるので、1日1〜2杯程度がよいでしょう。コーヒーが苦手な方には、紅茶やペパーミントティー、炭酸水が集中力アップにおすすめです。

 

ツボを押す

会社でも手軽にできるリラックス方法としては、疲労回復に効果的なツボを押すこともおすすめ。顔や手のツボであれば、デスクに座りながらでも簡単に押すことができます。

特におすすめなのは、「合谷」というツボ。万能ツボとも呼ばれ、頭痛や肩こり、ストレスなど多くの症状に効くと言われています。場所は、手の甲を上にしたときに、人差し指と親指の骨が交差したあたりにあるくぼみの、人差し指よりのところにあります。押す方法は、親指を使って、小指の方向に向かって押すとよいですよ。

 

外の空気を吸う

ずっと同じ場所、同じ姿勢でいると、どうしても疲れてしまうものです。そのような時は、席を立って場所を変えて休憩をとるのもリラックスに効果的な方法。休憩時間にオフィスを出るなどして、外の空気を吸う機会を作ってみましょう。会社の外に出るだけでも気分転換になり、リラックス効果があります。

もし公園や緑の多い環境が近くにあれば、数分だけ散歩するのもいいですね。外出が難しければ、窓を開けて自然の風を感じたり、会社の外の景色をぼーっと眺めたりするのがおすすめです。

 

デスクに緑を置く

「緑」は心を落ち着けさせたり、リラックスさせたりするのに効果があると言われている色。普段使っているデスクに観葉植物を置くだけでも、見ているだけでリラックス効果がある方法です。最近はデスク周りに手軽に置ける小さなサイズの観葉植物もよく売られています。

おすすめの植物は、サボテンなどの多肉植物やアイビーなど、乾燥に強く水やりがあまり必要ないもの。デスクに植物を置くのがNGの場合は、100均などにある造花のミニ鉢植えなどで代用するのも○。

 

場所に合ったリラックスする方法のまとめ

自宅や会社で手軽にできる、場所に合ったリラックス方法をご紹介しました。仕事など普段の生活の中で、ストレスや疲れを感じるのは当たり前のこと。

だからこそ、疲れをためこんでしまう前に、手軽にできるリラックス方法を使って毎日の生活の中でこまめに緊張をほぐすことが、心と体を健やかに保つために役立ちます。

自宅や会社でリラックスしたいとき、簡単にできそうな方法からぜひ試してみてくださいね!

こちらもおすすめ☆