子供が食べるピーマンレシピ特集。和風〜洋風まで美味しくなる人気の味付けをご紹介

ピーマンは子供が野菜が苦手な野菜という印象があるのではないでしょうか。品種改良が進みつつありますが、確かに苦みや臭いが特徴的で五感が敏感な子供はちょっと気になる野菜です。工夫したレシピを活用して子供が喜ぶピーマン料理を作りましょう。

公開日:
子供が食べるピーマンレシピ特集。和風〜洋風まで美味しくなる人気の味付けをご紹介
hanoko

hanoko

ライター

保育園勤務経験のある管理栄養士です。調理や食育を行ってきました。食べる事と料理が好きで、毎日自炊をしています。料理の魅力や栄養素についてご紹介し、心も身体も元気になれるサポートしたいと思っています。

子供が喜ぶピーマンレシピを知っていますか?

ピーマンは子供が野菜が苦手な野菜という印象があるのではないでしょうか。品種改良が進みつつありますが、確かに苦みや臭いが特徴的で五感が敏感な子供はちょっと気になる野菜です。

ピーマンにはビタミンCとβーカロテンも多く子供に食べて欲しいと思う方も多いですよね。工夫したレシピを活用して子供が喜ぶピーマン料理を作りましょう。

子供が喜ぶピーマンレシピ《刻みレシピ》

茄子とピーマンとベーコンのチャーハン

茄子とピーマンとベーコンのチャーハン

yamamoto0507

ピーマンの見た目が気になる子供には、刻みレシピがおすすめです。材料を細かく刻んで混ぜればピーマンの存在が気にならなくなります。

チャーハンに混ぜるので、ご飯の粘りと一緒に食べられる料理です。人気のバター醤油味で食べ易く、卵をのせれば子供が喜ぶ料理に大変身。

しかもチャーハンなので作り方も簡単です。お昼ご飯にどうぞ。


 

 

人気の野菜たっぷりキーマカレー

人気の野菜たっぷりキーマカレー

se_ra1031

カレーはどんな野菜にも合う人気の万能調味料です。キーマカレーのレシピは細かく刻み作る為、ピーマンが入っているのかすら分からなくなります。

良く炒めてから煮るレシピでピーマンの苦みが無くなり、子供も喜ぶ料理が作れます。

緑色が目立たなくなるので子供の警戒心も薄れますね。このレシピを活用し、野菜を沢山使ってみましょう。


 

定番コールスローサラダ

定番コールスローサラダ

ai.ouchigohan

甘い春キャベツを使ったコールスローは食がどんどん進みます。ピーマンが慣れてきた子供におすすめのレシピです。

このレシピはコンデンスミルクを使用していて驚きますね。細かくした野菜で、野菜の苦手意識や抵抗感を減らせます。

みじん切りはプロセッサーやチョッパーで楽々。野菜の食感が気になる子供は、さっと下茹でしてから調理をすれば更に食べ易くなります。


 

ピーマン嫌いも驚く簡単ポタージュスープ

ピーマン嫌いも驚く簡単ポタージュスープ

ai.ouchigohan

思わずピーマンは何処?と聞いてしまうポタージュスープのレシピです。甘いスープの中に自然と混ざっている為、知らない内にピーマンが食べられます。

ブレンダーで撹拌するレシピで、滑らかにするのも簡単です。蒸し大豆を使用しているので、加熱の手間が減らせます。

ピーマンがちょっとでも見えると嫌がる子供向けでおすすめです。


 

子供が喜ぶピーマンレシピ《洋風》

定番人気ピーマンの肉詰め

定番人気ピーマンの肉詰め

ai.ouchigohan

ピーマンと肉を使ったレシピを考え、まず最初に肉詰めを思いつく方は多いのではないのでしょうか。

一見ひき肉を使っている様に見えますが、豚小間を使用して為食べ答えがありお腹が空き易い幼児にもおすすめです。

丸ごとのピーマンも人気のお肉と一緒だと食べ易くなりますよね。ハンバーグを捏ねる手間が無く簡単で、ジューシーで喜ぶレシピです。


 

簡単!豚肉と野菜のバター風味な炒め物

簡単!豚肉と野菜のバター風味な炒め物

ai.ouchigohan

ピーマンをはじめ、食べ易く人気のじゃがいもも入った美味しいレシピです。洋風のバター風味のこっくりとした味わいは、子供にも人気があります。

細切りのじゃがいもはシャキッとした食感が楽しめるので、普段とは違うじゃがいもの食感を楽しみたい方にもおすすめです。

ピーマンは良く炒めると苦みが薄れ食べ易くなりますよ。


 

子供に人気のナポリタン

子供に人気のナポリタン

okapii.703

ケチャップが美味しいナポリタンに入っているピーマンは、味がアクセントになる上に緑が映えて見栄えを良くします。

人気の洋風麺料理は、あまり食が進まない子供でも食べたくなるのではないでしょうか。

簡単でボリューミーな為、お昼ごはんにぴったりのレシピです。ソーセージ以外にベーコン、ハムで美味しく仕上げられます。


 

可愛い見た目に喜ぶマカロニグラタン

可愛い見た目に喜ぶマカロニグラタン

se_ra1031

人気のマカロニグラタンは洋風ご飯の定番ですね。ホワイトソースとチーズで沢山の野菜も一緒に食べられます。

パプリカを子供が喜ぶ星型に型抜き、野菜嫌いでも食べたくなるレシピです。苦手意識の高いピーマンもこの手法を活用すれば、子供が喜ぶかもしれませんね。

型抜きを子供にお願いしてみるのも愛着が湧く良い方法ではないでしょうか。型抜きした野菜の下茹はレンジがおすすめです。


 

子供が喜ぶピーマンレシピ《和風》

子供も喜ぶ鶏手羽中のオイポン煮

子供も喜ぶ鶏手羽中のオイポン煮

yukirichi119

引き締まって旨味が凝縮した手羽中は、鶏肉の中でも様々な料理に活用出来る部位です。

そんな手羽中を使用したレシピで、あっさりしつつもジューシーな和風ご飯を作りませんか。

作り置きにも美味しい味の、オイスターソースとポン酢を使用したレシピはピーマンの味を目立たなくします。ご飯にも良く合うので夕飯にぴったりです。


 

 

胸肉とピーマンの大蒜醤油焼き

胸肉とピーマンの大蒜醤油焼き

ai.ouchigohan

胸肉を使用した簡単レシピで人気の大蒜醤油の味付けで仕上げます。

胸肉はパサつきやすく敬遠されがちなお肉の部位ですが、たんぱく質が豊富で子供に出したい部分です。工夫をすればしっとり美味しく調理出来ます。

工夫点も簡単、マヨネーズを始めとする調味料でもみ込むだけ。このひと手間で喜ぶ子供は多いですよ。ピーマンも美味しい和風のレシピです。


 

鯖缶で簡単!ピーマンとサバのそぼろソフトふりかけ

鯖缶で簡単!ピーマンとサバのそぼろソフトふりかけ

ai.ouchigohan

骨が取り難い鯖も、鯖缶を使用すれば幼児も骨まで美味しく食べられます。味付きの鯖缶で作る為、材料も減らせて簡単です。

缶詰に味がしっかりと付いている為、ご飯が更に美味しくなります。ご飯が好きな子供におすすめです。

栄養満点でちょっとしたおかずの代わりにもなるレシピですね。子供にスプーンでふりかけをかけて貰うと、より食べる意欲が出て来ますよ。


 

和風の豚バラとピーマンの塩金平丼

和風の豚バラとピーマンの塩金平丼

ai.ouchigohan

味付けは和風で、白だしを使い簡単に作れます。味がシンプルな為、ピーマンが好きな子供やピーマンに慣れてきた子供に向いているレシピです。

丼物は食べ易いレシピで、子供にとっても美味しく食べられます。

豚肉の旨味も味付けに生かしている所がポイントです。豚バラも千切りにすると、見た目に統一感が出て更に見栄えが良くなります。


 

子供が喜ぶピーマンレシピ《中華》

下味不要で簡単!鶏ピーマンの中華風炒め

下味不要で簡単!鶏ピーマンの中華風炒め

ai.ouchigohan

鶏モモ肉とピーマンで簡単美味しい中華風のレシピです。

中華料理はお肉に下味を付ける事が多いですが、こちらのレシピはその工程が不要で簡単に仕上げられます。

作る時間や、食べ応えによって鶏肉の切る大きさを調整出来るので、何時でも作れる万能レシピです。お弁当にも入れても喜ぶ万能料理で作り置きにも向いています。


 

鶏ひき肉で作る青椒肉絲

鶏ひき肉で作る青椒肉絲

gucci_fuufu

青椒肉絲と言うと牛肉や豚肉を使用する事が多いですが、こちらのレシピは意外な鶏ひき肉を使用しています。

鶏ひき肉を余り崩さず、ゴロゴロとした状態を残すのがポイントです。口の中で解れて何時もと異なる食べ応えが楽しめますよ。

小さな子供に出す時に、喉への引っ掛かりが気になる場合は片栗粉でとろみを付けると食べ易くなります。

詳しいレシピはこちら


 

人気のご飯が進む回鍋肉

人気のご飯が進む回鍋肉

ai.ouchigohan

切りやすいピーマンや茄子、ネギを使用した回鍋肉のレシピです。この野菜は火が通りやすく、炒め料理を作るときに積極的に活用していきたいですね。

一つの鍋で簡単に調理が可能で、忙しい夜に使えるレシピです。

味付けが辛めなので、子供に出す時は鶏ガラスープの素をベースに味付けすると、辛さが無くても美味しく仕上がります。


 

彩り豊かな酢豚

彩り豊かな酢豚

hana.tana

人参、玉ねぎ、ピーマンと様々な色が入った酢豚は彩り豊かで美味しそうですよね。パプリカをお好みで入れても見た目が楽しくなります。

甘酢餡がかかって子供も食べ易いレシピです。敢えて具材を大きめに切り良く火を通せば噛む練習にもなりますよ。

お肉は揚げても美味しいですが、下味と片栗粉を塗して揚げ焼きにしても美味しく仕上がります。


 

ピーマンを克服出来る人気レシピは子供の自信に!

ピーマンは嫌い、苦手意識が強い子供でも細かくしたり、馴染みのある味付けにしたりすると食べ易くなりますね。食べ方を工夫するだけで、苦手意識が無くなります。

人気のレシピを活用して一緒にピーマンを克服出来れば、子供の自信にも繋がります。苦手だから作らないと言う意識から、苦手だからこそ美味しくしようと考えると料理が楽しくなりますよ。

こちらもおすすめ☆