「自分を見つめ直す」にはどうすれば良い?今すぐ出来るやり方とポイント

自分を見つめ直す方法まとめ♡今回は、自分を見つめ直すにはどうやって?と疑問を持つ人におすすめな自分を見つめ直すメリットや方法をご紹介します。自分を見つめ直す意味を知ることで、生きやすさや自分に合うリフレッシュ方法を見出すことができますよ。

公開日:
「自分を見つめ直す」にはどうすれば良い?今すぐ出来るやり方とポイント
MooooN

MooooN

ライター

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

自分を見つめ直す方法をご紹介!

仕事や人間関係をそつなくこなそうと頑張り過ぎると、次第に「本当の自分」を見失ってしまうもの。

自分の本当にしたいこと、本当の望みを我慢することが癖になってしまい、理由もなくイライラしたり、今自分でも気づかない内に小さなストレスが積もり積もってしまうのです。

自分を見つめ直す意味を知ることで、生きやすさや自分に合うリフレッシュ方法を見出すことができますよ。

今回は、自分を見つめ直すにはどうやって?と疑問を持つ人におすすめな自分を見つめ直すメリットや方法をご紹介します。

自分を見つめ直すメリットって?

自分を見つめ直す方法を実践してみることで、さまざまなメリットを得ることができます。自分を見つめ直すことによって、自分を深く知る「自己理解」に繋がりますし、自己理解をすることで、生きやすさを実感できるでしょう。

ここでは、自分を見つめ直すことで得られるメリットを4つご紹介します。自分を見つめ直す方法に興味のある人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

メリット①自己理解ができる

自分を見つめ直す方法を実践することで、深い自己理解をすることができます。自分の得意・不得意なものを知り自分を認めることで、傷ついたり落ち込むことが減るのです。

とくに「自分を好きになれない」と悩んでいる人に多いのは、自己理解がうまくできていないからです。「自分はもっとできるはず」「なんでこんな自分なんだろう」とばかり考える思考を抱いているので、自分で自分を追い詰めて苦しくなってしまうのです。

自己理解をして生きやすさを手にするためにも、自分を見つめ直す方法を実践してみましょう。

 

メリット②成長に繋がる

自分を見つめ直すことで大きなメリットとなるのは、何よりも「自分自身の成長に繋がる」ということです。自分を見つめ直すことで得た自己理解は、自分を認めることに直結します。

自分をダメだと自己否定の強い人は、日常生活において背伸びをしている傾向が高いです。自分のできる範囲はこのくらいと割り切ることで、仕事だけでなく、恋愛や人間関係もスムーズに進んでいくでしょう。

自分を見つめ直す方法を探しているということは、自分自身が大きく成長できる時期なのです。

 

メリット③本当に必要なものがわかる

何気なく暮らしていると、自分の必要以上にあらゆるものを抱えてしまいますよね。仕事で評価されたいので、「オーバーワークだとわかっていても引き受ける」できるだけ多くの人に「いい人」だと思われたいので、「参加したくもない飲み会やランチにも付き合う」などです。

頑張ることはとても素敵なことですが、そのために心身に過度な負担を与えて無理をさせるのはNGです。自分を見つめ直すことで、自分にとっての必要なこと、ものの本質がしっかり判断できるようになりますよ。

本当に必要なものだけをしっかりと大切にすることが大切なのです。

 

メリット④目的への近道ができる

自分を見つめ直す方法を実践すると、自分の本当にやりたことに気づけます。ふわっとしていてもいいので、将来に何らかの目的や叶えたい願望がある人は、ぜひ自分を見つめ直す方法を行ってみましょう。

自分の本質を知ることで、自分自身が抱いている夢や目的までの最短ルートを考えることができます。不要なものまで抱えていると、自分のやりたいことに時間を使えなくなるので、夢や目的まで大きく遠回りすることになります。

自分を見つめ直すことで、人生を効率的に歩みましょう。

 

自分を見つめ直す方法《行動編》

自分を見つめ直すには、自分の本音や苦手だと感じる理由にきちんと耳を傾ける必要があります。「良い自分になりたい」「こうありたい」という固定概念が強い人は、自分を見つめ直す際にも本音から目を背けがちに。

理性でカバーしてしまうと、きちんと自分を見つめ直すことができません。人それぞれに”自分に合うやり方”があるので、自分にマッチした方法を探してみましょう。

 

行動①思考の時間を作る

「本当の自分は何を望んでいるのか」「何を成功させたいのか」「誰を大切にしたいのか」など、自分の本音を聞き出す「思考の時間」を作ってみましょう。

自分を見つめ直すには、自分の本音をしっかり把握することが重要なキーポイントとなります。雑念を入れずにリラックスするために周囲の音をできるだけ遮断して、スマホの電源も切ってしまいましょう。

人生に息苦しさを感じたときは、一旦立ち止まってみるのも良いですよ。

 

行動②メモをつける

自分を見つめ直すには、自分の内面と深く向き合うことが大切です。自分の好きなこと苦手なことは、把握できているようで実際にはよくわかっていないものです。

しっかりと自分を見つめ直すためにも「メモをつけること」を日常生活に組み込む方法がおすすめです。例えば、仕事中や人と過ごした後に自分が感じたことを文字にして書き起こすことで、自分の思考の仕方や感じ方を客観的に見つめ直すことができます。

自分がどんなことに嫌悪感を感じ、誰と過ごしたときに心地よさを感じているのか1行程度でもいいので書く習慣をつけましょう。

 

行動③休暇を設ける

自分自身のことすらわからないと感じる時期は、いっぱいいっぱいになっている証拠です。自分でも気づかない内にキャパオーバーになってはいませんか?

時間に追われているときに限ってミスが続く、というように、心に余裕がないときは自分自身のSOSさえ感じなくなってしまうもの。自分を見つめ直す方法を実践する際には、リラックスした環境で心身を休ませ、心に「余裕」というスペースを作りましょう。

とことんリラックスするための週末を設けたり、有休を使って休暇旅行に出かけるのも良いですよ。

 

行動④ゆっくりお風呂に入る

上記でも触れたように、自分を見つめ直すには、心身ともにリラックスしていることが大前提です。「あれをしなきゃ、これも片付けておきたい」というように、雑念に気を取られているときは、確かな答えなんて出てきません。

時間に余裕のない人は、お風呂の時間を活用する方法がおすすめです。ゆっくりとシャワーを浴びると思考がすっきりしますし、湯船にゆっくり浸かることで安堵感を得ることができますよね。

心も体も休まったタイミングで、自分を見つめ直す方法を実践してみましょう。

 

自分を見つめ直す方法《自分への質問編》

自分を見つめ直す理由は人それぞれですが、共通認識として「自分のことがよくわからなくなってしまったから」というポイントがあります。では、自分をわからないときには何をすればいいのでしょうか。

答えはいたってシンプルで「自分に質問を投げかける」ことが大切なのです。ここでは、自分を見つめ直すときに効果的な「自分への質問」を4つご紹介します。

 

質問①楽しみを感じることは何?

自分を見つめ直すときにおすすめな質問1つめは「楽しみを感じることは何?」です。仕事や人間関係でいっぱいいっぱいになっている人は、いつの間にか「楽しみを感じること」さえも忘れてしまいがちになっています。

仕事や人間関係に疑問を感じながらも、忙しい日々に追われて無意識の内に受け入れてしまったり「どうしようもない」と諦めてしまうのです。

「自分は何に楽しみや喜びを感じる人間なのか」をしっかり心に問うことで、自分に向いた仕事や相性のいい人間、息抜きになる趣味を見つけられるでしょう。

 

質問②何に辛さを感じている?

上記の質問と真逆の質問である「何に辛さを感じている?」は、自分の苦手分野を知る上でとても重要な質問です。好きなことは何なりと思い浮かべても、苦手なこととなると頭を捻り出す人も少なくありません。

とくに、自分に厳しいタイプの人や完璧主義タイプの人は「もっと良い自分でありたい」という気持ちから、苦手分野から目を逸らす傾向が高いです。自分の苦手なことを知り、それを受け入れ認めることで本来の自分が見えてきます。

何をしているときが辛いのか、素直に自分を見つめ直すのです。

 

質問③誰といるときに笑っている?

一緒にいて楽しい、幸せだと感じる相手だと、自分でも意識していない内に自然と笑顔になっているもの。一緒にいて苦痛の方が勝る相手との時間は、笑顔の数も極端に少なくなっているでしょう。

自分が誰といるときによく笑っているのか、意識して見つめ直してみましょう。実際に人と会って確かめてみるのもいいですね。恋人や友達、職場の人への”気持ち”がわからなくなったときにおすすめな自分を見つめ直す方法です。

 

質問④朝起きることは辛くない?

仕事や職場の対人関係で悩んで自分を見失っているとき、自然と朝起きることが苦痛になるものです。仕事に向かいたくないときや、苦手な人に会う前は、ベッドから出るのも億劫ですよね。

「それでも向かわなきゃ」と日々自分に負荷をかけていると、さらに自分自身を見失うことに繋がります。自分を見つめ直す方法として、起床時の自分の様子を注意深く観察してみましょう。

 

自分を見つめ直す時のポイント

自分を見つめ直すことが大切だという「理由」や「方法」はわかっているけれど、自分を見つめ直すときの「ポイント」がわからないという人も少なくありません。

ここでは、自分を見つめ直す際に意識しておきたい大切なポイントを4つご紹介します。効果的に自分を見つめ直すためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ポイント①長所を5つ書き出す

自分を見つめ直すポイント1つめは「長所を5つ書き出す」です。自分自身を見失っているときは、自分の長所でさえも「なんだったっけ」となってしまいがち。

心身ともに負荷をかけ続けていると、自分の良ささえ思い出せなくなってしまうのです。自分の長所を5つ書き出すことで、自分が喜びを感じること、好きなタイプの人間が見えてきますよ。

 

ポイント②短所を5つ書き出す

「自分の長所を5つ書き出す」こととセットで実践してほしいのが、「短所を5つ書き出す」という方法です。上記でも少し触れましたが、完璧主義や自分に厳しい性格の人は、短所を答えることが苦手だったり、本当の短所を知らない人が多いです。

理想の自分像が高い人は、短所から目を逸してしまいがちに。きちんと自分の短所を知り、受け入れて認めるという苦味を克服することで、自分を効果的に見つめ直すことができますよ。

 

ポイント③本音を大切にする

大人になればなるほど「本音よりも建前」を大切にしてしまうものです。円滑な人間関係や職場で無難に仕事をこなす上で、建前はもちろん大切ですが、自分自身のことだけは建前でなく本音に目を向けるようにしましょう。

建前にばかり囚われていると、いつまでも自分の本心は見えてこないしたどり着けない上に、物事をメリット・デメリットで判断していると、どうしても本質は見えてきません。

「どうありたいか」ではなく、「どうしたいか」をベースに考えてみましょう。

 

ポイント④客観視よりも自分視点を大事にする

人からどう思われているか、今の自分は客観的に見てどうなのか、ということばかりを意識していると「理想の自分像」が膨らんでしまい、自分でも知らず識らずの内に本当の自分を見失ってしまいます。

自分を見つめ直す方法をより効果的なものにするためにも、客観視よりも自分視点を大切にしましょう。自分から見て今の自分は幸せか、そんな根底部分をしっかり見つめ直すことが大切なのです。

 

自分を見つめ直す方法まとめ

自分を見つめ直すメリットや方法、ポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。自分を見つめ直したい理由は人によって違います。

しかし、自分を見つめ直すことで多くの人が「生きやすさ」や「目的への近道」を見つけ出しているのです。

自分が見えなくなったと気づいたときこそチャンスです。自分を見つめ直す方法を実践して、もう一段回成長した自分でこれからの人生を楽しみましょう。

こちらもおすすめ☆