【連載】『ほうれん草のコーンバター』彩りキレイな作り置きおかずでお弁当も食卓も華やかに♪

ほうれん草の緑、コーンの黄色が合わさると、とても華やかな色合いになりお弁当や食卓がパッと明るくなります。 冷凍作り置きも可能なので、小分け冷凍にしておくと解凍してお弁当に入れるだけ。 そして、パンに挟んだりスープの具材にとアレンジもでき、大変重宝しますので是非お試し下さい。

公開日:
著者:
【連載】『ほうれん草のコーンバター』彩りキレイな作り置きおかずでお弁当も食卓も華やかに♪

著者名

鈴木 美鈴

鈴木 美鈴オフィシャル

料理研究家。 【著書・盛るだけ詰めるだけ毎日かんたん作りおきおかず】 Nadia Artist。クックパッドレシピエール。LIMIA公式ライター。 料理コンテストにて多数受賞歴あり。 Web、雑誌、企業様、食品メーカー様へレシピ提供、監修、掲載、撮影、 スタイリングコラム、執筆など幅広い活動をさせていただいております。 レシピのコンセプトは、「素材をいかし心と身体にやさしい料理」

ほうれん草の緑、コーンの黄色が合わさると、とても華やかな色合いになりお弁当や食卓がパッと明るくなります。

冷凍作り置きも可能なので、小分け冷凍にしておくと解凍してお弁当に入れるだけ。

そして、パンに挟んだりスープの具材にとアレンジもでき、大変重宝しますので是非お試し下さい。

ほうれん草のコーンバター

材料・2人分

・ほうれん草 1束(200g)
・冷凍コーン 50g
・バター 5g
・塩こしょう 各少量
・白だし 小さじ1


 

 

作り方・調理時間10分

①ほうれん草は根元に十字の切り込みを入れ良く洗い、

(根元の部分は固いので十字の切り込みを入れる事で、熱が通りやすくなります)


 

耐熱ボウルに入れラップをふんわりかけ、600w2分レンジで加熱して、冷水に1分浸し水気を絞り、食べやすい長さに切る。

(冷水に浸すと、アクが抜けてほうれん草独特のえぐみがなくなります)


 

冷凍コーンは半解凍する。

(コーンの缶詰でも代用可能です)


 

②フライパンにバターを入れ強火で熱し、バターが溶け始めたら


 

①を入れバターが全体になじむまでサッと炒め、


 

塩こしょう、白だしで味付けをする。

(塩こしょうはお好みですが、今回は塩をひとつまみ、こしょうは粗びきこしょうを少し多めにふりました)


 

③器に盛り付ける。


 

コツ・ポイント

・ほうれん草の水気はしっかり絞って下さい(水気が残っていると、仕上がりがベチャっとする為)。
・ほうれん草は水に浸した後水気を絞り、食べやすい長さに切ったらさらに絞るといいですよ。

 

保存方法・保存期間

・保存容器に入れ冷蔵保存で2日
・保存容器かジッパー付きの袋に入れ冷凍保存で3週間


 

最後に

いかがでしたか?

彩りがキレイな料理をお弁当や食卓に出すと、嬉しい気持ちにもなり食欲も増します。

短時間でできるので、隙間時間にパパっと作って冷蔵庫で保存しておくと、お弁当に詰めるだけ。器に盛り付けるだけ。

時間を上手に使って、楽にお弁当作り、食事の支度をしたいですね。

鈴木 美鈴さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告