美人なのに独身の人が意外と多い!?特徴とその理由について迫ります

今回は、美人なのに独身の女性の特徴やその理由についてご紹介していきたいと思います。 美人なら、相手の男性は引く手あまたなのでは…なんていうイメージを持つ人は多いでしょう。 でも実は、美人なのに独身の女性も意外とたくさんいます。 美人と言われるのに結婚できない…そんな悩みを抱えている人もぜひチェックしてみてください。

著者:
公開日:
美人なのに独身の人が意外と多い!?特徴とその理由について迫ります

今回は、美人なのに独身の女性の特徴やその理由についてご紹介していきたいと思います。

美人なら、相手の男性は引く手あまたなのでは…なんていうイメージを持つ人は多いでしょう。

でも実は、美人なのに独身の女性も意外とたくさんいます。

美人と言われるのに結婚できない…そんな悩みを抱えている人もぜひチェックしてみてください。

美人なのに独身な人の特徴とその理由

ではまず、美人なのに独身を貫いている人の特徴や、独身でいる理由について考えてみましょう。

美人であれば、結婚や恋愛のチャンスがたくさんあって当然と思えるものですが、意外と周りが思うほどそうでもないことも多いのです。

自分の意思で独身を貫いている女性もいれば、美人なのになぜか結婚できない女性もいます。その特徴や理由は以下のものが挙げられます。

 

 

美人だけど結婚願望は無い

美人だとしても、結婚願望があるかどうかはその人次第です。結婚願望がなければ、美人だとしても結婚せず、独身を貫いている人はもちろんたくさんいるものです。

女性の社会進出もあり、現代は結婚せず仕事一本で生きている女性もたくさんいます。

結婚や出産をすることが、女性にとっての幸せのかたちとは限らないのです。

その他、自分の価値観的に結婚したくないなど、いろいろな考えの人がいるものです。

仕事に生きたいと思っているわけではなくても、「他人といつも一緒にいるのが苦手」などといった考え方であれば、独身を貫く人は多いはずです。

 

美人だからこそ遊びたい

美人だからこそ一人のパートナーを決めずに、遊びたいという女性も意外と多いのではないでしょうか。

美人だと確かに男性からのアプローチの数も非常に多いものでしょう。普通の人からは考えられないほどです。

すると、「一人の男性には決めず、しばらくは独身のままで遊んでいたい」という考え方に至る女性もいるのは事実です。

実際、美人なのに独身な芸能人もこのような考え方をしている人が多いと言います。

確かに結婚して落ち着けば、別の人と恋愛をするチャンスは当然なくなります。

遊びたい、いろいろな男性を知りたいという願望が強い人は、そう簡単にその容姿で生まれたチャンスを逃さないでしょう。

それでもいつかは落ちつきたいと考えているなら、30代半ば、人によっては40代くらいぎりぎりまで相手を決めずに粘るのかもしれません。

 

美人だけど性格が残念

よく「美人は性格が悪い」という先入観は聞くものです。

もちろん美人で性格も素晴らしい人もたくさんいますが、そのイメージ通りに性格にちょっと難ありな人もいるものです。

結婚で相手の性格を重視する人は非常に多いです。一生のパートナーですから、容姿の美しさよりも性格の良さを重視し、優しい女性、性格の合う女性がやはり結婚相手として選ばれやすい傾向にはあります。

だからこそ、少し気が強かったり、あまのじゃくな性格だったり、他人と接する上で少し苦手意識を持たれやすい性格をしている美人は、意外と「売れ残ってしまう」ことも多いのです。

 

美人だけど趣味嗜好が残念

「残念な美人」は性格の部分だけではないことも多いです。

例えば趣味嗜好などがよく挙げられますが、代表的なものでいえばオタク趣味がある、などです。

オタク趣味は、今でこそ偏見をそこまで持たれずに受け入れられるようになってきましたが、まだ「オタク趣味がある」と言われて引いてしまう人は一定数いるのは事実です。

例え、周りの男性が皆振り向くような絶世の美女だったとしても、とてもついていけないようなオタク趣味を持っていたら、「残念な美人」認定されてしまうことも多いのです。

その他にも、周りにドン引きされてしまうような趣味を持っていたりすると、結婚相手としてはお断りされてしまうことも多くなってくるでしょう。

本人に結婚願望はあるのかもしれませんが、なかなかその趣味嗜好が個性的なせいで、婚活がうまくいかないのかもしれません。

 

美人だけど振る舞いが残念

いくら美人でも、普段の立ち振る舞いが残念だと、相手からドン引きされてしまうことは多くなりがちです。

例えばガニ股だったり、下品な発言が多かったり、とにかく女性らしさを感じないような行動が目立つと、どんなに美人でもその魅力は台無しになってしまいます。

むしろ、顔立ちは美しいからこそ、下品な部分が余計に際立って見えるのは確かです。「ギャップ萎え」されてしまい、最初の印象の良さはがた落ちです。

男性は、女性が思っている以上に「女性らしさ」「上品さ」を重視しているものです。

だからこそ、下品な女性、貞操観念の低そうな女性は、かなり早いうちから恋愛対象外にされてしまいます。

料理が下手、整理整頓ができないなど、お世辞にも家庭的とは言えない女性も同じですね。

 

美人だけど恋愛には奥手

美人でも、本人が恋愛や結婚に対して苦手意識があったり、奥手なところが目立つ場合は話は別になってきます。

男性が苦手だったり、極度の恥ずかしがりだったりした場合は、当然恋愛に対してうまく行動はできないでしょう。

美人なら男性からのアプローチの数は多いかもしれませんが、苦手意識などが原因して、すぐに自分からそのチャンスをふいにしてしまうのです。

結婚願望はあるかもしれませんが、自分が恋愛に積極的になれないせいで、結果として独身を続けているのでしょう。

美人だからと言って、誰でもすぐに結婚がうまくいくというわけではないのです。

 

元が美人だけどおしゃれをしない

元が美人でも、それを良いことに、あまり積極的におしゃれをしない人もいますよね。

また、自分の持って生まれた容姿の良さに有り難みをあまり感じず、おしゃれに興味を持てない女性も意外と多いと言います。

顔の作りは美人でも、化粧したり、おしゃれな服を着たりして、最低限の身なりを整えなければ、結局宝の持ち腐れ状態が続いてしまいます。

おしゃれをサボりがちな美人は、「よく見てみると美人」という印象にしかならず、婚活がうまくいかなければ、結果として独身…ということもよくあるのです。

 

美人と言われるのに結婚できない…そんな時の対処法とは

そもそも「美人」「綺麗」「可愛い」など、容姿に関して褒められることはよくあっても、なぜか婚活がうまくいかない、ずっと独身のまま…そんな悩みを抱えている人は意外と多いのではないでしょうか?

美人だからといって、周りが思うほど引く手あまたというわけではない…ということです。

美人であることは幸せな結婚にそこまで関係していないのも事実なのです。

では、ここからは、美人なのに独身のまま…そんな悩みを解決するために実践すべき対処法を見ていきましょう。

 

接しづらさが出ていないか注意しよう

自分が美人であることに自覚があると、そのせいで少し「お高く留まってしまう」人も実は多くいるものです。

そのような姿勢が強く出てしまうと、自分でも気づかないうちに「接しづらさ」や「近寄りがたさ」が目立ってしまうのは事実なのです。

婚活の場で、確かに物凄い美人であれば第一印象は有利かもしれません。

でも、その後の印象で、「この人、なんか偉そうだな…」「どこか話しづらいな…」と感じられてしまったら、結局それ以上アプローチはしてもらえないでしょう。

性格や人となりの印象が良い人に対して、人が集まりやすいのは確かです。

もし本気で結婚のお相手を探しに行くなら、接しやすさを意識することは大前提として大切にしていきましょう。

 

結婚したいなら恋愛に興味を持とう

結婚したいなら、まずは恋愛することに興味を持つことが必要になってきます。

男性に苦手意識があったり、どうしても恋愛に積極的になれないと、その分やはり結婚のチャンスは遠のいてしまうでしょう。

結婚を望むなら、いつかは積極的に動かなければいけません。友達の結婚話を聞いたり、憧れの恋愛ドラマや映画を見たりなど、まずは恋愛に対して興味を持つことから始めてみましょう。

あとは男性と少しでも交流する時間を忘れないことです。

自分の中に恋愛すること、異性と接することを「あり」なものにしていかなければ、いつまでも結婚はおろか恋愛すらできないままです。

 

出会いが不足していないか考えよう

美人でもなぜか独身のままの人は、そもそも出会いが不足している場合も多いのです。

出会いの数さえ充実してくれば、その持ち前の美貌で、男性にはモテモテになれる可能性があります。

まずは自分自身に出会いのチャンスが不足していないかどうか考えてみましょう。

いくら美人でも、その美しさをアピールできる場所がなければ、結局独身のまま行き遅れてしまうことは多くあるものです。

手っ取り早く、職場などで出会いが見つければそれに越したことはありませんが、もし女性ばかりの職場であれば、自然なかたちで出会いを見つけるのは至難の業でしょう。

合コンや婚活パーティーなど、男女の出会いがたくさんある場所には積極的に出かけていきたいところです。

出会いの機会を増やせば、その美貌に惹かれて、きっと多くの男性からアプローチされるチャンスはあるはずですよ。

 

自分の幸せについて見つめ直そう

独身の状態を続けてはいるものの、結婚すべきか、仕事や趣味など、自分の好きなことに生きるべきか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

どっちつかずの状態でいられるのは、30代半ばくらいが限界になってきます。

もし出産したいのであれば、遅くとも30代前半くらいには結婚しておきたいところですし、いくら美人とはいってもアラフォーくらいまで年齢を重ねてしまうと、やはり婚活の場では不利になってきてしまいます。

自分にとっての幸せは何なのか、一度よく見直してみることが大切でしょう。

美人とは言われるのに結婚できない…そんな悩みを抱えつつも、心のどこかでは独身でいることを望んでいることも多いです。

また、逆に、独身でいようと思って男性からの誘いは断ってきたけれど、実は心のどこかでは結婚という幸せを望んでいる…という場合もあるはずです。

 

美人でも最低限のおしゃれには気を遣おう

美人でも最低限のおしゃれには気を遣わなければいけません。元の顔が良いと褒められるのが多いのをいいことに、おしゃれに気を遣うことをサボりがちになっていませんか?

大人である以上、化粧や髪型、服装など、身だしなみを整えるのはもはや最低限のマナーです。

せっかくの美人をそのまま宝の持ち腐れにしておくのももったいないところです。

少しでもおしゃれに気を遣えば、それだけで結婚のチャンスはたくさん巡ってくると言っても過言ではないはずです。

 

内面にギャップ萎え要素を持っていないか見直そう

残念な性格、振る舞いなど、内面にギャップ萎え要素を持っている人は、その部分を改善していくことも意識しておきましょう。

いくら美人でも、その魅力を台無しにしてしまうようなギャップ萎え要素があると、美人かどうかは関係なしにモテないものです。

それどころか「残念な美人」認定されてしまい、ダメな部分が余計に際立ってしまいます。

趣味がちょっと個性的で引かれてしまうことが多い人は、好きな趣味ですから、趣味を捨てるところまではいかなくて良いでしょう。

ただ、なるべく同じような趣味を持つような人、自分の趣味に理解を示してくれるような人と積極的に交流した方が、手っ取り早いのは確かかもしれません。

 

花嫁修業を軽んじないようにしよう

美人なら何でもありというわけではありません。家事が苦手だったり、料理が下手だったりすると、その残念な部分はやはり相手に見抜かれてしまうことも多いのです。

女性として、そもそも家庭的な要素は最低限持っておくことは大切です。

男性は「女性なら料理が上手で当たり前」「家庭的な人こそ女性らしい」と考えている人はかなり多いので、料理の腕を磨く、家事をこなせるようにするなど、花嫁修業的なことは普段から忘れないようにしておきましょう。

 

まとめ

美人なら結婚に困ることはない…というのは意外とただのイメージでしかありません。

美人でもなぜか独身のままでいる人、結婚できない人、美人でも結婚に興味を示すことなく独身を貫いている人、様々いるものです。

もし「美人とはよく言われるのに、独身のまま…」と悩みを抱えているなら、ぜひ以上のことを参考に、容姿以外のポイントを磨くようにしてみてくださいね。

美人という絶対的な魅力を持っているのですから、他の部分を改善するだけで、結婚のチャンスは大きく変わってくるはずですよ!

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告