結婚の条件には要注意!理想が高すぎて婚活に失敗しないためには?

今回は、理想が高すぎて婚活に失敗しないために、結婚の条件に気を付けるべき大事なポイントをご紹介していきたいと思います。 誰でも自分に合う相手を見つけて、幸せな結婚がしたいですよね。 でも、相手の条件にこだわって、婚期を逃してしまう女性も少なくないのです。 相手に求める条件や妥協点の見極め方について考えていきましょう。

著者:
公開日:
結婚の条件には要注意!理想が高すぎて婚活に失敗しないためには?

今回は、理想が高すぎて婚活に失敗しないために、結婚の条件に気を付けるべき大事なポイントをご紹介していきたいと思います。

誰でも自分に合う相手を見つけて、幸せな結婚がしたいですよね。

でも、相手の条件にこだわって、婚期を逃してしまう女性も少なくないのです。

相手に求める条件や妥協点の見極め方について考えていきましょう。

大事な結婚!でも…条件求めすぎてない?

離婚率が高い現代とはいえ、結婚は自分の一生を左右する大事なものです。だからこそ、相手の条件にはこだわりつくしたいものですよね。

でも、条件にこだわって理想が高くなってしまってはそもそも問題です。「この人だ!」と思える相手もなかなか見つからないものです。

あなたは婚活をする際、結婚相手の条件を考えすぎてしまい、つい以下のような行動を取ってしまっていませんか?

 

 

プロフィールで出会う男性を仕分けている

婚活中はいろいろな男性と出会うものです。どの男性なら幸せになれるだろう…と考えを巡らすのは良いことですが、あまりにも相手の「カタログスペック」的なプロフィールにこだわりすぎると、大事なものを見失ってしまいがちになります。

そのような行動を取ってしまう女性は、この人は職業が気に入らない、この人は趣味が合わなそうなど、とにかく出会う男性出会う男性をプロフィールで仕分けてしまうのです。

するとどんな男性ともまともに交流する気が湧いてこず、自分で自分のチャンスを狭めていってしまうことになります。

条件にこだわりすぎるあまり、相手の男性のプロフィールでばかり相手を判断するのは辞めておきましょう。

実際に合って話さなければ分からないこともたくさんあります。

 

相手の職業や年収を何よりも重視している

相手の職業や年収など、お金やステータス的な部分に関わる条件にこだわってしまう女性は多いものです。

確かにお金は大事ですし、お金があってこそ幸せを感じられるものといっても過言ではありません。

しかし、だからといって「お金持ちとしか結婚したくない」「結婚するなら絶対にこの職業の人!」と条件にこだわりすぎてしまうと、あまりにも選択肢が少なくなってしまう傾向があります。

例えばよく言われる「玉の輿婚」ですが、その成功率はかなり低いと言えるでしょう。

そもそも年収が例えば1000万以上のクラスの人は極めてわずかだからです。

お金持ちと結婚したい、皆から憧れるような職業の男性と結婚したいとこだわるのは分かりますが、あくまで「あわよくば」的な希望におさえておいた方が無難とは言えるでしょう。

実際、普通の会社員、平均レベルの年収だったとしても、十分幸せな結婚はできるものです。

 

顔の好みはやっぱり捨てられない…

結婚で顔の好みはあまり重視すべきではない、とはよく言われるものです。

しかし、とはいっても、一生連れ添う相手ですから、条件として「顔が好みであること」を求めたくはなってしまうものでしょう。

実際、相手の顔にこだわって婚活する人も一定数いるものです。

ですが、やはり顔の好みを条件として求めるのも、ほどほどに抑えておくことをおすすめします。

一生を左右する結婚ですから、顔の好みを重視する前に、もっと大事なポイントがあることもぜひ知っておきましょう。

 

条件を全部クリアしていないと納得できない

自分が希望する条件を、全部満たしていなければ結婚に踏み切れない…そんな女性もいるでしょう。

自分にとっての理想の結婚相手の男性像をとにかく固めてしまい、そのイメージに適う相手でなければ受け入れることができないのです。

それは「結婚は大事なことだから、失敗したくない」という不安な気持ちが原因となっている部分もあるでしょう。

だからこそ、自分が定める条件にこだわろうとするのです。

しかし、「何事もやってみなければ分からない」と言うように、未婚の女性にとって結婚が未知な世界であることは当たり前です。

なるべく不安は抱えることなく、そして自分が定めた条件に縛られることなく、まずはとにかく、いろいろな男性と会ってみることを重視していきたいところですね。

 

妥協点はどこ?結婚で求めるべき条件の見極め方

では実際に、理想に縛られることなく、相手の条件を求めようとした時、やはり迷うのは妥協点をどこに持ってくるかでしょう。

理想に縛られるのは良くないことですが、「来るもの拒まず」的に自分を安売りすることだけはやはりしないようにしておきたいところですね。

ここでは、妥協点の見極め方について考えていきたいと思います。

 

自分にとって譲れない条件を絞ろう

まずは自分にとって大事な条件をいくつかに絞ることが大事です。結婚で大事な条件はいくつかありますが、あれも、これも…とこだわっていると、いつまでも良い相手が見つからないのも事実です。

それでもどうしても玉の輿婚に憧れるのであれば、相手の職業や年収にしかこだわらない、そして時間がある程度かかるかもしれないという覚悟も決めておきましょう。

また、相手のプロフィールに関わるような条件だけではなく、自分のライフプランに関わる条件も忘れないでおきたいところです。

例えば「30代に入る前には絶対に結婚したい」という希望があるのなら、あれこれこだわっているのはあまりにも危険ですよね。

なるべく早く結婚できるよう、条件は絞っていかなければいけないでしょう。

 

あまり重視すべきでないポイントは条件に設定しない

自分にとって大事な条件を設定することは必要なことですが、そもそもこだわると泥沼にはまってしまう危険なポイントや、正直あまり重要ではないポイントもたくさんあります。

例えば、相手の年齢や容姿に関わるポイントは、あまり条件としては重要ではないことが多いです。

顔が好みの方が良いというのは分かりますが、やはり結婚相手に求める条件として優先度が低いのは事実です。

「もはや生理的に受け付けない…」という相手でない限り、妥協して良いポイントになるはずです。

また、年齢も同じですね。「あまりに年齢が離れていてそもそも話が合わない」というのであれば話はまた別ですが、ただなんとなく歳の差を気にしているだけなら、これから家庭を築いていく上で問題は何もないはずです。

 

相手の将来性を見て妥協するのも一つの手

例えば、自分が相手に求める条件が「年収600万以上」だったとして、目の前にそれよりも若干年収の低い相手が現れたとしたらどうしますか?

それ以外の条件はかなり良い…とあっては、かなり迷いますよね。そんな時は、相手の将来性に期待して、妥協することも一つの手だと言えます。

今現在は確かに自分の理想の結婚相手にはならないかもしれませんが、長い目を見れば妥協できる場合も多いはずです。

相手の将来性や、今後のことまで広く見た上で、条件に合う人かどうか判断していけると良いですね。

 

結婚で相手に求めるものの多くは、実は「性格」

結婚で相手に求めるものの多くは、実は「性格」の部分になってきます。

相手に求める条件の中で「性格」や「優しさ」は常にランキングでも上位にありますし、どんなことを言っても、性格の合う相手、優しく思いやりのある相手が見つかれば、「この人と結婚したい」と思うものでしょう。

例えば、性格の合う素敵な相手が見つかれば、なるべくその人は逃さないようにすると良いでしょう。

怪しい職業だったり、家に重い事情を抱えていたり、訳アリの人でない限り、きっと良いパートナーになれるはずですよ。

性格の合う人を見つけたら、そこから、自分が求める条件と比べてどうかという判断をしていくのもありでしょう。

そういった意味では、結婚相手に求めるべきはまず性格なのかもしれませんね。

 

出産リミットを知っておこう

女性であれば、やはり知っておかなければいけないのは「出産リミット」です。条件の合う相手を…とこだわるのは良いのですが、時間が無限ではありません。

出産を希望しないのなら話はまた別ですが、結婚したらしっかりと出産もしたいという女性は多いはずです。

女性にとって出産リミットは35才頃と言われています。その後は高齢出産にもなりますので、出産にもリスクが伴ってきます。

となれば、結婚は少なくとも30歳前後にはやはりしておきたいところですよね。

自分にとって大事なものの中に出産が含まれる人は非常に多いはずです。

それを考えた上で冷静に判断し、最低限しっかりとした家庭を作れそうな相手と巡り合えたなら、そのまま結婚を決めるのも十分幸せなことでしょう。

 

理想と現実の中で条件の合う結婚相手を見つける方法

婚活で相手を見極めるのは、理想と現実との戦いになりますね。理想に縛られて身動きが取れなくなってしまうのは避けたいところですが、妥協しすぎてしまうのも困りものです。

大事なのは、たくさんの男性と出会い、理想と現実をそれぞれ照らし合わせてみることです。

自分にとって条件の合う人を見つけるためには、それなりに出会いの分母を増やさなければいけないということですね。

最後に、そんな条件の合う結婚相手を見つける方法についてご紹介します。

 

狭い世界にとらわれすぎないようにする

最初に出会った男性が理想的な人であれば何の問題もありませんが、なかなかそうはうまくいかないものですよね。

職場や友人関係ですぐに結婚相手を見つけることを理想としている人もたくさんいますが、現実は良い出会いなんて見つからないことも多いのです。

だからこそ、狭い世界にとらわれすぎず、たくさんの男性と出会うことを目標に行動を起こしていくことが大切になります。

合コンや婚活パーティーなど、男女の出会いがある場所には積極的に足を運んでいきたいところです。

出会いが不足している世の中だからこそ、婚活パーティーなどで出会った人と結婚する男性・女性も多いものです。

出会いの数が増えればその分、たくさんの男性と交流することができます。自分が求める条件に近い男性も、必ず現れるはずです。

 

求める条件に合った出会いの方法を模索する

例えば「お金持ちと結婚したい」とどうしても憧れるのであれば、なるべくお金持ちの男性と出会えるような、出会いの場に足を運ぶ必要が出てきます。

そもそも絶対数として少ない高収入男性ですので、普通の婚活パーティーなどではなかなか出会えることもないでしょう。

また、自然に出会いたいというのもかなり厳しいです。

そのような場合は、年収の高い富裕層向けの婚活パーティーなどに足を運んでみると良いでしょう。

ちなみに、女性に年収の制限はされていないことが基本なので、女性の方はある程度誰でも参加はできるはずです。

また、特定の職業の男性と結婚したいというのであれば、その職業に特化した結婚相談所などを使うのもありですね。

求める条件がある程度固定されているのなら、その条件に合った出会いの方法を模索していくこと、それが一番の成功の鍵です。

 

婚活で大事なのは積極性

最終的に大事になってくるのは積極性です。自分から出会いを模索して、理想的な人を見つける努力をしていかなければ、やはり「理想的な結婚」という自分の夢は叶えられないでしょう。

条件をいろいろと絞ってみた結果、それでも譲れない条件が多くなってしまっているのなら、なおさらです。

積極的に動いていろいろな男性と出会ってみる姿勢を大事にしなければ、条件に合う男性とはなかなか出会えません。

理想が高い人に限って、実は行動することに対して後ろ向きになってしまっている傾向はあります。

慎重だからこそ、理想ばかりが高くなり、いつまでも相手が見つからない無限ループに入ってしまいます。

行動してみれば「意外とこんな人も素敵かも…」という新しい考え方も生まれるものです。

結婚で相手に求めるべき条件は、婚活の行動の中で見出していくものとも言えるでしょう。

 

まとめ

結婚したことのない人にとって、結婚相手を見極める際、慎重になってしまうのは当然のことです。誰だって結婚に失敗はしたくないものです。

でも、条件をたくさん求めてしまって、自分で自分のことを足踏みさせてしまうのでは、あまりにもったいないですよね。

まずは最低限の条件だけを決めて、いろいろな男性を出会う機会を重ねてみましょう。

その上で自分にとって大事な条件を見出し、ぜひ素敵な相手を見つけることに繋げていってくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告