男性・女性それぞれの結婚するきっかけとは?結婚を意識させる方法をご紹介!

結婚というのは人生にとってとても重要な事です。そのため、結婚するということに対して勇気が出ず、なかなか結婚の話題を切りだせないという人も。タイミングを逃し続けて、結果、婚期が遅れてしまったり、一生涯独身という事にもなりかねません。では、皆さんどういった事がきっかけで結婚を意識、または結婚を決断するのでしょうか?

公開日:2018/05/21
著者:
男性・女性それぞれの結婚するきっかけとは?結婚を意識させる方法をご紹介!

結婚というのは人生にとってとても重要な事です。そのため、結婚するということに対して勇気が出ず、なかなか結婚の話題を切りだせないという人も。

タイミングを逃し続けて、結果、婚期が遅れてしまったり、一生涯独身という事にもなりかねません。

では、皆さんどういった事がきっかけで結婚を意識、または結婚を決断するのでしょうか?

男性が結婚を意識するきっかけ

男性は女性に比べてそこまで結婚に対する執着がないという人が多いですが、どんなことがきっかけで結婚を考えるのでしょうか。

 

広告

 

1:仕事のキャリアが増えてきた

職場によっては研修期間を設けている職場もあるため、働いたばかりだと、まだ給料も安定しません。また、自分に向いていない仕事だと転職する可能性も。

しかし、転職せず、同じ仕事を長い間続けているとだんだんキャリアも増えてきて給料も安定してきます。

経済的にも余裕が出来てきて、結婚しても十分養っていけると確信した時点で結婚を考える男性も多いようです。

 

2:人生設計がきちんとできている

自分の中で人生設計をきちんと持っている人だと、事前に何歳で結婚したいと考えている可能性もあります。

その結果、結婚を考えている年齢になった時、ある程度仕事も安定していて彼女ともそれなりに付き合いを重ねていると、改めて結婚を考えるという場合も。

 

3:子供が欲しくなった

昔から子供が好きだという方もいますが、大抵周りに子供がいないと、子供と触れ合う機会がなかなかないので、そこまで子供が欲しいと思う男性は少ないようです。

しかし、周りの友達が結婚して、友達の子供と触れ合う機会が増えてくると、自分も子供が欲しいと考える方が多いようです。

 

4:彼女が妊娠した

最近はできちゃった婚も当たり前のようになってきています。そのため、結婚を考えていなくても、偶然彼女に子供が出来たので結婚することにしたという方も多いです。

なかなか男性からプロポーズできないという方も増えてきているため、妊娠を理由に結婚を考えるとすんなりと事が運ぶと考えている方もいるようですね。

 

5:転勤が決まった

職場が転勤のある所の場合、初めは遠距離恋愛をするという方も多いですが、やはりだんだん離れている時間が長くなってくると、会いたい時に会えないなど、寂しさや不安がどんどん出てくるため、結局別れてしまうという例も。

やはり、遠距離恋愛で長く続くという事はなかなか厳しいようです。そのため、転勤をすると決まった時点でプロポーズするという方も。

 

6:彼女に結婚を迫られた

最近では男性にあまり結婚するという意思が見られないことから、彼女の方から結婚を迫られたというケースも。

自分は引かれたレールに乗っただけと考える男性もいるようですが、彼女の方から「結婚する気がないなら別れる」など強気な発言をされ、結婚を決意したという方も少なくないようです。

 

7:ある程度交際期間が長くなったため

大体2年くらい交際していると相手の事も大分分かってきます。そのため、2・3年交際したら結婚を考えるという方が多いようです。中には、結婚を前提でその前に同棲するという方も。

しかし、交際期間が長くなりすぎるとそのままズルズルといってしまい、結果、結婚するタイミングを逃す可能性も。

 

女性が結婚を意識するきっかけ

女性は男性に比べ結婚に対する意識が高いという方のほうが多いです。

最近では、なかなか男性の方から結婚の話を切り出してこないので、逆に女性の方から結婚を迫るという方も多くなってきています。

では、女性が結婚を意識するきっかけはどういった事でしょうか。

 

 

1:年齢の節目を迎えるとき

女性は男性に比べ結婚する年齢の意識が高めだという方が多いです。そのため年齢の節目に強く結婚を望むという方がほとんど。

一番結婚を強く考える年齢はやはり30歳手前です。子供も作るにしても、ウエディングドレスを可愛く着るためにも20代のうちに結婚を済ませたいという考えの方が多いようです。

そのため、30歳近くなるにつれ、だんだん焦りが出てきて今まで以上に結婚を強く意識するようになります。

 

2:ある程度交際期間が長くなったため

やはり、男性と同じくある程度交際期間が長くなってくると結婚も意識するようになってきます。

女性も大体1年以上交際を続けていると結婚を意識し始め、2年くらい交際した時点で強く結婚を考えるように。

そうなってくると結婚に関する情報誌を見るようになったり、結婚式場で開催しているブライダルフェアなどにも足を運んでみようと彼氏に促すようになってきます。

 

3:家族の事を考えたとき

女性の場合、家族の事を考えて結婚を考えるという方も沢山います。

一つは結婚して両親に早く安心してもらいたいという方や、祖父母が元気なうちに花嫁姿を見せてあげたいと考える方も。

中には両親が病気になってしまい、いち早く結婚して花嫁姿を見せたいという方も。

 

4:子供が欲しくなったとき

男性と同じく子供が欲しくなり、結婚を考えるという方もいます。現在は35歳以上から高齢出産となります。高齢出産になると体力はもちろんですが、生まれてくる子供に対するリスクも増えてしまいます。そのため、沢山の検査を受けなくてはなりません。

子供に対するリスクも心配ですし、費用もそれなりにかかってしまうため、35歳までに出産したいと考える女性も多いのです。ですので、子供が欲しい場合、まずはその前に結婚を考えるという方が多いです。

 

5:妊娠したとき

やはり、出来ちゃった婚は当たり前のような世の中になっているとはいえ、自分に偶然子供が出来てしまった場合は、初めはかなり焦りますよね。

しかし、子供が出来た女性は一気に強くなります。何か問題がない限りは大抵の女性は出産を望みます。しかし、やはり一人で育てていくのはとても大変なので、彼氏に相談し、結婚を考えるという方がほとんど。

 

6:周りが結婚していくとき

周りの友達が次々に結婚していくと、だんだん焦りが出てきて自分もその波に乗ろうという考えになり、結婚を強く意識するようになります。

そのため、結婚した友達に詳しく結婚式の話を聞いてみたり、ブーケトスでブーケを取ると次に結婚できるという言い伝えから、友達の挙式でブーケトスを必死に取ろうとしてみたりと、結婚に対する執着がものすごく強くなるという人も。

 

7:遠距離恋愛になったとき

彼氏の転勤が決まり、遠距離恋愛になると分かった時点で結婚を考えるという方も。または、遠距離恋愛になってから結婚を強く考えるようになる方もいます。

やはり初めは、遠距離恋愛でも自分は大丈夫と考える人が多いです。しかし、時間が経ってくるとだんだん会えないという寂しさが出てきます。女性の場合、寂しい時にそばにいないとつらくなってきます。

そうなると、相手についていきたいという思いが強くなります。しかし、そのために仕事をやめるというのもなかなか度胸のいるもの。それなら結婚して寿退社という形でやめた方が自然でいいと考える方もいます。

 

男性に結婚を意識させる方法

男性、女性それぞれの結婚を意識するきっかけを見ていきました。どちらにも当てはまる内容もあればそれぞれ別々の内容もありましたね。

やはり、男性に比べ女性の場合は年齢に対する壁もあったり、出産に対するリスクも多いため、男性より強い結婚願望があるという方がほとんどです。

では、女性が結婚に対する意識が強くなった場合、どういった行動をしたら男性も結婚を意識するようになってくるのでしょうか?

 

 

1:家庭的な面を見せる

やはり、結婚を意識させるにはこの人と結婚しても安心だと思ってもらえることが大切です。例えば、彼氏の家でご飯を作るときにおいしい料理を作ってあげたり、ちょっと散らかっていたらさり気なく掃除してみたりと、女性的な一面を見せると、相手も少しは将来の事を想像できるようになる可能性があります。

後は、彼氏が風邪などをひいて弱っている時にも、一生懸命看病してあげると彼女の大切さがより身にしみてわかるため、この人と一生一緒にいたいと思ってもらえる事も。

 

2:両親に会わせる

結婚を考えるのであれば、自分の事を分かってもらうのも大切な事ですが、お互いの両親の事も分かっておかなければなりません。よく結婚はお互いの問題だから、両親は関係ないと思う方もいますが、やはり、結婚したらお互いの両親とも今後長く付き合っていかなければなりません。

親に頼るという事も出てくるかもしれません。そのため、事前に両親に会わせておくと、今後結婚することになって改めて挨拶に行った時も、すんなりと事が運ぶ確率が高くなります。

 

3:軽い気持ちでブライダルフェアに誘う

結婚を意識していると一番わかってもらうのに効果的なのは、やはり、ブライダルフェアなどに足を運ぶことです。ブライダルフェアなどに行くと、本気で結婚を考えていると思われ、がっちり接客されそうだし、あまり乗り気じゃないという方もいるかもしれませんが、最近では、気軽に色々なホテルや式場でブライダルフェアが開催されています。

例えば、料理のコースを試食させてくれたり、ファッションショーがあったりと、楽しいイベントが沢山あります。そこまでしっかりと接客されるという事も少ないので、軽いデート感覚で行くことが出来ます。

ですので、彼氏とデート中にちょっと足を運んでみるのもいいかもしれません。実際に行ってみて会場の雰囲気を見たり、ドレスを試着して見せたりすると、相手も結婚に対する意識が高くなるという方が沢山います。

 

4:結婚を強く迫る

なかなか男性は結婚という決断にいま一つ行動を移せないという方が多いです。そういった相手には、女性の方から結婚を促すのも重要になってきます。できれば男らしく腹をくくってほしい所ですが、最近の男性はなかなかそうはいきません。

ですので、色々な行動に移してみても男性がいまいち反応を示さないという場合は、きっぱり結婚する気がないなら別れるなど強めに訴えてみましょう。そうすると以外に腹が決まる男性も多いのです。

しかし、この場合、あまりしつこく言いすぎると逆に男性が引いてしまう可能性があるので、何回も言わないようにしておきましょう。彼女の事が大切だと思っている男性であれば、大抵一度言うと分かってくれます。

 

きっかけがあっても結果ダメになる理由

男性と女性の結婚するきっかけと男性に結婚を意識させる方法をご紹介していきましたが、中には、きっかけがあっても結局ダメになるケースがあります。

では、結婚がダメになるケースとはどういった事でしょうか。

 

 

家庭的な面が見られなかった

結婚するという事は同じ屋根の下に住むことになりますから、相手と今後一緒に住んでいけるかが重要になってきます。

もし、相手がだらしなくて普段から掃除なども全くしないという相手でしたら、結婚して一緒に暮らしても部屋が散らかり放題になる可能性があります。

そうなってくると、家に帰りたくないと思ってしまう場合もあるので、この女性とは結婚しない方がいいという結論になる可能性が。

 

遠距離恋愛に耐え切れなかった

転勤などで遠距離恋愛になる場合も、初めから一緒についていくというよりは、お互い仕事もあるので、とりあえず遠距離恋愛になってから結婚を考えるという方が多いです。初めは、それでも堪え切れるかもしれませんが、だんだん時間が経つにつれ、寂しさの方が強くなってきます。

特に女性の場合、それを乗り越えることが出来なくなり結局別れてしまうパターンが多いです。後は、一番多いのが、転勤先での彼氏の浮気です。離れているので彼女に気づかれることもないだろうと軽はずみな気持ちで浮気をしてしまう男性も多いです。逆に、女性が寂しすぎて寂しさを埋めるため、浮気をしてしまうというケースも。

 

あまりにもしつこくて気持ちが冷めた

結婚をあまり意識していない相手に対して強く迫ってみるのも時には大切な事ですが、あまりにしつこく攻めすぎるのもかえって逆効果になってしまいます。

例えば、会うたびに結婚の話を持ち出したりすると、せっかくのデートが台無しになってしまいます。それがだんだん重なってくると、相手の気持ちも一気に冷めてしまい、結果、ダメになってしまう可能性も。

 

長く付き合いすぎた

先ほども触れましたが、長く付き合いすぎるのもよくありません。中には長く付き合って結婚したという方もいますが、長く付き合いすぎるとだんだん彼氏彼女の関係ではなく家族のような存在になってきます。

そうなってくると、どんどん結婚するタイミングを逃してしまいます。結果、改めて結婚しなくてもいいという事になってしまい、結局そのままズルズルと付き合ってしまう事に。

中には、長く付き合いすぎて相手に全くときめかなくなってしまい、他の人に目移りしてしまうという可能性も。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は男性と女性それぞれの結婚を意識するきっかけや、結婚を決断するきっかけ、結婚がダメになってしまうケースをいくつかご紹介していきました。

結婚するきっかけは人それぞれ違いますが、何に対してもやはり、結婚を決断するタイミングはとても重要になってきます。

良い関係を築いていてもタイミングを逃してしまい、結果ダメになってしまう事もあるかもしれません。

結婚を意識するようになったら、タイミングもしっかりと見極めていくように心がけてみましょう。

こちらもおすすめ☆