モテる女性はみんなやってる!?今すぐ使えるモテテクを大公開♡

なかなか男性に異性として意識してもらえない方や、合コンや婚活パーティーに行ってみても意中の相手といい感じになれない等、「モテること」に関して悩みを抱えている女性は数多くいます。そこで今回は、今すぐ実践できて効果抜群のモテテクをご紹介していきます。

公開日:2018/05/18
著者:
モテる女性はみんなやってる!?今すぐ使えるモテテクを大公開♡

なかなか男性に異性として意識してもらえない方や、合コンや婚活パーティーに行ってみても意中の相手といい感じになれない等、「モテること」に関して悩みを抱えている女性は数多くいます。

そこで今回は、今すぐ実践できて効果抜群のモテテクをご紹介していきます。

そもそもモテテクって必要なの?

答えはもちろんYESです!

「ありのままの自分を受け入れてもらった方がいいんじゃないの?」「モテテクって相手に媚びを売っているみたいで好きじゃない!」という意見もあります。確かに、よっぽど見た目も中身も自信がある方ならそのままぶつかっていくのも良いかもしれません。

ですが、自分の中身を知ってもらって恋愛関係に発展させるためには、まずは相手に自分のことを恋愛対象として意識してもらわなければなりませんよね。そうなる為の第一歩としてモテテクを使うのは効果的といえます。

恋愛に消極的で奥手ないわゆる「草食系男子」が増えている今だからこそ、モテテクを駆使して意中の男性を恋愛モードに持っていくことがとても重要なのです。もちろん、自分を良く見せようとし過ぎたり媚びを売り過ぎたりするとかえって逆効果になりますので、この記事を参考にしつつ、うまい具合に使いこなしていきましょう。

 

広告

 

今から使える!モテテク♡

では早速、今すぐに実践できるモテテクをご紹介します。

ここでご紹介するモテテクは「当たり前じゃない?」「簡単すぎじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、簡単だからこそ今すぐ始められますし、日々の生活の中で習慣になっていくことでモテ度UP間違いなしです。

 

笑顔

『笑顔は一番のお化粧』とはよく言ったもので、笑顔はとにかく何を取っても一番大事な要素です。話しかけられた時に、パッと明るい笑顔で振り向けばそれだけで「(恋愛対象としてじゃなくても)好意を持ってくれているのかな」と相手は思うはずです。話している時も常にニコニコしている方が安心感や親近感を与えることができます。

また、相手と話していない時でも横顔というのは意外と見られているものです。仕事で忙しい時、睡眠不足で眠い時などついつい仏頂面をしていませんか?常に笑顔でいるのは難しいことですが、あまりに気を抜いていて口が半開き、なんてことはないように気を付けましょう。

 

挨拶やお礼

好きな人と世間話や雑談を気軽にできない方も、毎日の挨拶ならできませんか?どんなに忙しかったり気分が落ち込んだりしていても、挨拶をされて嫌な気持ちになる人は少ないと思います。むしろ、笑顔で明るく挨拶をされれば少し元気をもらえることもあります。もちろん、意中の相手以外にもしっかりと挨拶をしていきましょう。「あの子はいつも元気に挨拶してくれるからこっちまで気分が良くなるよね」と周りからの印象もUPします。

また、何かをしてもらった時に「ありがとうございます」ときちんとお礼を言ったり、ミスをしてしまった時に「すみませんでした」としっかり謝罪をすることも大切です。挨拶やお礼がきちんとできると誠実な印象を与え、信頼度が上がります。

 

褒める相槌

会話をしていてこちらが聞き役になった時には余計なことは言わずに、うんうんと話を聞いてあげることが大切です。男性はプライドが高い人も多いので、上から目線でアドバイスをしたり相手の話に上乗せした知識を披露すると気分を害してしまうことがあります。相手が話している時は聞き役に徹して、時々相槌で褒めるのが効果的です。

男性との会話に使える『さしすせその法則』というものがありますので、ご紹介しますね。

さ…「さすがですね!」

し…「知らなかったです!」

す…「すごいですね」「素敵です」

せ…「センスがありますね!」

そ…「そうなんですか!」「尊敬します」

 

気遣い、気配り

職場でも習い事でも友人との遊びの場でも、気配りができる女性はとにかくモテます。仕事で大変そうな人に労いの言葉をかけたり、みんなで飲んでいる時に輪に入れていない人がいたらさりげなく声をかけたりすると、本人はもちろん周りからの印象も良くなります。

「〇〇してあげるね!」といった恩着せがましい言い方ではなく、「いつもお疲れ様です」「何か出来ることはありますか?」「○○でしたら私にもお手伝いできますのでやらせてください」など、相手を気遣う言葉をかけましょう。一緒に何らかの作業をすることによって親密度も上がりますね。

もし「手伝わなくても大丈夫だよ、ありがとう」と断られたとしても、せっかく声をかけたのに!としょんぼりせずに、「わかりました。また何かあったら遠慮なく声をかけてくださいね」と言っておくと相手も断ったことに申し訳なさを覚えずに済みます。

 

LINEやメールで使える!モテテク♡

次に、LINEやメールで使えるモテテクをご紹介します。LINEやメールは相手に好意を持っていることを伝えるために大切なツールですので、どんどん活用していきましょう。

 

 

すぐに返信しすぎない

『少し返事を遅らせることによって相手に自分のことを意識させる』という恋の駆け引きを、テレビやSNSで見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。そこまでの駆け引きをしなくても良いですが、朝早くや夜遅く、または仕事をしているであろう時間帯でもいつでもすぐに返信をしていると、真面目に仕事をしていないんじゃないかと思われたり、いつでも返信が来るという安心感から、後で返事を返せばいいやと思われがちです。

LINEやメールで雑談のやり取りを続けていたとしても、「お昼休憩だよ~今日のお弁当はこれです!(お弁当の写真を載せる)」や、「やっとお仕事終わったよ。疲れた~」といった風にお昼休憩や仕事終わりなど相手が返信しやすい内容や時間帯に送った方が返信が来やすいです。

 

程よいタイミングで使うハートマーク

『メールでのハートマークは特別』と感じる男性は昔ほど多くはいませんが、それでも効果的に使えば相手に意識させることができます。普段から多用していると特別な意味はないんだと思われてしまうので、ただの雑談ではなく、二人で会った後や何かしてもらった時のお礼などの文面に使うことをおすすめします。

例:「今日は○○さんとお食事に行けて楽しかったです♡」「○○さんが良ければまたお会いしたいです♡」「今日はすごく助かりました。ありがとうございました♡」

 

短文で終わらせない

相手を意識しすぎるあまり短文になってしまったり、事務的な内容だけになってしまったりすると、自分には興味がないんだな…と思われてしまいます。あまり質問攻めにするのも良くありませんが、適度に共感したり質問したりして、相手に興味があることを伝えましょう。

LINEやメールは表情が見えないので、お互いに相手の意図が伝わりづらいという欠点もあります。顔文字や絵文字を一つ付け加えるだけでもガラッと印象が変わりますので、一度読み返してから送ることをおすすめします。

 

相手と似たような文章を送る

『ミラーリング効果』という言葉を聞いたことがありますか?これは、相手と同じ行動をしたりすることで、潜在的に「この人とは気が合うな」と思わせ、好意を寄せるようになるという心理学用語です。このミラーリング効果をLINEやメールでも活用してみましょう。

 

1.改行や送る文章の量を同じくらいにする。

2.相手がスタンプを送ってきたら、こちらもスタンプで返信する。

3.相手が気に入ってよく使っている絵文字や顔文字を真似してこちらからも送る。

 

やり取りを続け過ぎない

気になっている男性や好きな男性との雑談が楽しくて、ずっと続けていたくなる気持ちはわかりますが、長々と続け過ぎるのは禁物です。ダラダラと続け過ぎると内容がダレてきますし、男女間のドキドキが薄れてしまう可能性があります。

モテる女性はうまく相手に自分を追いかけさせるように誘導しています。少し物足りないと思うくらいでやり取りをやめることによって、「もう少し話したかったな」「もっと知りたいな」と思わせることができます。

 

合コンで使える!モテテク♡

最後に、合コンで使えるモテテクをご紹介します。合コンではお酒が入っていてわいわい盛り上がっていることも多いので、少し大胆なテクニックを使っても許される場といえます。

 

 

細かい気配り

女性の細かい気配りに心を動かされる男性は多いです。ですが注意して欲しいのは「サラダ取り分けるね!」「唐揚げにレモンかけるね!」といったお世話をするパターンです。これをありがたいと思う男性も確かに多く存在しますが、自分で好きな分を取りたい人、好き嫌いがある人には逆効果になってしまいます。また、わざと女性らしさをアピールしていると思われてしまう可能性もあります。

ですから、男性の飲み物が減っていたら「次、何か頼みますか?」と聞いて代わりに注文したり、会話に入ることが出来ていない人がいたら話題を振ってあげたりするのが良いでしょう。意中の相手がいたとしても、その人にだけ優しくするのではなく、皆に気を配ることで周りからの評価も上がります。

 

さりげないボディタッチ

会話の途中でさりげなく肩や腕をポンッと叩いたり、飲み物を渡すときに手が触れるように渡したりしましょう。ベタベタするのは引かれたり距離を取られてしまうこともあるので、さりげなくボディタッチしましょう。ニコッと笑顔でボディタッチすれば、相手の男性もドキッとしてくれるハズです。

これは気になっている男性や、意中の相手だけにしましょう。誰にでもしていると特別感が出ませんし、全然興味のない人からしつこいアプローチをされてしまい、困ったことになる可能性があります。

 

オーバーリアクション

男性が話している時、横から意見を出したり否定したりせず、大きめのオーバーリアクションで相槌を打ちましょう。「この子は俺の話をちゃんと聞いてくれて、笑ってくれる」と思わせることが大切です。『今から使える!モテテク』でも紹介した『会話のさしすせその法則』をうまく活用して、楽しくお喋りしましょう。

自分が知っている、もっと詳しい知識を持っている話題でも、「へー!そうなんですか!すごいですね!」と相手を持ち上げてあげることも時には必要かもしれません。ただ、後々話していくうちに知らないふりがバレてしまうこともありますので、嘘をつき過ぎるのも良くありませんね。

 

思わせぶりなことを言う

二人きりで話している時に、小さめの声で「〇〇さんが恋人だったら楽しいのに…」と言ってみたり、「この後って、どこか行きます?」と言ってみたりしましょう。「もしかしたら自分のことを好きなのかもしれない…」と、相手の男性はドキッとするはずです。

うまくいけばふたりで抜け出せる可能性もあるので、相手の男性と良い雰囲気になったらぜひとも使ってほしいセリフです。また、こちらも当たり前ですが気になっている男性や意中の相手だけにしましょう。

 

一口ちょうだいと言う

最初は相手と違う飲み物を注文し、「それ美味しそう!一口ちょうだい♡」と言って間接キスをするというモテテクです。嫌いな人とは絶対にできない行為ですので、相手の男性に好意を持っていることを簡単に伝えることができます。

その後に、「これ美味しいからわたしも頼もう!」と言って同じものを注文すれば、ミラーリング効果も同時に狙うことが出来ます。

 

やり過ぎて引かれちゃう!?NG行動まとめ

酔ったフリをする

「何だか酔っちゃったみたい~」と酔ったフリをして男性にもたれかかり、介抱してもらいそのままお持ち帰りしてもらう作戦はよく聞きますよね。

確かに効果的ではありますが、あからさますぎて軽い女だと思われる可能性がありますし、下手すると一緒に参加している同性の友達を敵に回す可能性がありますのでやめておきましょう。

 

ハンドクリームをつける

「ハンドクリーム取り過ぎちゃったからもらってくれない?」と言って、意中の男性と手を触れあうというテクニックです。

こちらも効果的ではありますが、テレビやSNSでこの手法がかなり取り沙汰されたため、聞いたことがある方も多いかと思います。

男性側にもかなり知られてきてしまっているモテテクなので、使わない方が無難でしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今すぐ使えるモテテクから、場面別で使えるモテテクをたくさんご紹介しました。

『モテテク』と聞くと身構えてしまう方もいるかもしれませんが、笑顔を絶やさずいることや聞き上手になることなど、普段の日常生活でも大切な要素でもありますので、身に着けておいて損はないと思います。

この記事のモテテクを活用して、是非とも愛されるモテ女性を目指してくださいね!参考になれば幸いです♡

こちらもおすすめ☆

関連タグ