2回目のデートで告白は実際どうなの?気になる男性の心理とデートの重要性について

今回は2回目のデートの重要性と2回目のデートで告白する人の心理などを見ていきます。 皆さんはお付き合いする前、相手の事をよく知るために何回かデートを重ねていきますよね。 何回かデートを重ねて、相手の事をよく知った上でお付き合いをするという人がほとんどだと思います。 では、2回目のデートで告白されるのは早いのでしょうか?

公開日:
著者:
2回目のデートで告白は実際どうなの?気になる男性の心理とデートの重要性について

今回は2回目のデートの重要性と2回目のデートで告白する人の心理などを見ていきます。

皆さんはお付き合いする前、相手の事をよく知るために何回かデートを重ねていきますよね。

何回かデートを重ねて、相手の事をよく知った上でお付き合いをするという人がほとんどだと思います。

では、2回目のデートで告白されるのは早いのでしょうか?

何回目のデートで告白されやすいか

何回目のデートで告白されやすいか

まず皆さんは、大体何回目のデートで告白されることが多いのでしょうか?一番多いのは3回目のデートで告白するという方が多いようです。

1回目のデートはお互いの事を知るため、そして2回目のデートはお互いが少し慣れてきたところでさらに相手の事をよく知るため、相手の事がわかってきた3回目で告白するというケース。

やはり、初デートはお互い緊張しますよね。大体の人が良く見せようと気を使ってしまいます。

そして時間が経つにつれだんだんと慣れてきて、いつもの自分を出せるようになってきます。

その時にもしお互い楽しい時間を過ごすことが出来たらまた次も会いたいという事に。

そして1回目で大分打ち解けたことで2回目は初めからすんなりとデートをすることが出来ます。

そうなると初デートよりさらに相手の性格がわかってきます。そこで、相性が良かったら次のデートの約束もして3回目で告白という流れになるようです。

 

 

2回目デートで告白する人の心理とは

2回目デートで告白する人の心理とは

3回目で告白というケースが多いようですが、中には2回目のデートですでに告白してくるという例も。

やはり、初デートは大体の人が緊張していつもの自分を出せないという方が多いようですが、そうなってくると2回目のデートはとても重要になってきますよね。

果たしてこの人とは友達以上の関係になれるのか、相手の事をより詳しく知るための2回目のデート。

しかし、そんな大切な2回目のデートでいきなり告白されると一瞬ビックリしますよね。嬉しいけど、まだあまり相手の事を知らないし・・・と返事を困ってしまうという方も。

では、2回目で告白する人の心理とはどういった事でしょうか。

 

1回目で十分相手の事を理解した

1回目のデートで一緒にいる時間がすごく楽しくてあっという間に時間が過ぎたという方は、1回目で十分満足し、2回目で告白するというケースも。

後はやはり、1回目のデートでは相手の様子を見るという方が多いので、慎重になります。

その時に、相手の事をよく観察してみたら、相手の事が大体わかり、2回目に会った時も全くその印象が変わらなかったから安心して告白したというケースも。

 

脈ありだと思った

とりあえず初めはデートしてみて相手の事を知り、好印象でまた会いたいと思ったら2回目もデートの約束をするという形が多いです。

その場合、やはり、デートに誘う側は多少なりとも相手に惹かれた上で誘ってくるわけですが、誘われた相手がもし1回目で好印象にならなかったら2回目のデートに誘っても断る可能性も考えられます。

ですので、2回目のデートの誘いもOKしたという事は、少なくとも相手も自分の事を気に入ってくれていると思い、2回目で告白するという人も中にはいるようです。

 

気持ちが高ぶってしまった

1回目のデートでかなり好印象だった場合、またすぐ会いたいという気持ちになってしまいます。

そのようになると、1回目のデートから次の2回目のデートまでの期間が割と短くなります。

1回目のデートから2回目のデートまでの期間が長いと、大体皆さん一度冷静になってしまいますが、その期間が短いと気持ちが高ぶったまま、2回目のデートに。

そうなってくると2回目のデートでも前回のデートの延長線のような気持ちで臨む事になりますから、つい勢いで告白してしまうという事も。

 

焦っていた

年齢などによっても、告白するタイミングが変わってくる可能性もあります。

20代前半の時は、割とその時のノリや勢いで早めに告白してしまうという事も多いですが、20代後半になると、少しずつ落ち着いてくるという方がほとんど。

早くに結婚するという人もいますが、独身の男性は男友達と遊んだり、趣味を見つけたりと自分の時間を楽しむ人が増えてきます。

しかし、30代前半から中くらい、そして後半にかけて今まで遊んでいた仲間も次々結婚していき、なかなか遊ぶ相手がいなくなってきた場合、焦りが生じ、自分も早く相手を見つけなくてはとはやる気持ちから早めに告白してしまうなんていう事も。

後は、もし相手が転勤族の場合、ゆっくり時間をかけて何度もデートを重ねていくという事がもったいなくなってしまい、割と出会ってすぐ告白をして結果を出したいというケースにも。

 

出会い方によっても変わる

出会い方によっても変わる

2回目のデートで告白する男性の心理はそれぞれ違うようですが、中には出会った形でも告白する期間が変わるケースも。

まず一つは、婚活パーティーや婚活サイトを利用して知り合った場合です。

男性の場合、女性に比べて結婚に対する焦りというのはそれほど感じないという方が多いです。

しかし、中には早く結婚したいという方やそろそろ結婚を考えていこうかなと思う人もいます。ただ、なかなか出会う術がないという方も。

そうなってくると、一番早いのは婚活パーティーに参加してみたり、婚活サイトに登録する事。

そういった場に来る方は大体相手も結婚を意識しているという方がほとんどです。

そこで知り合ったら、とりあえず初対面で自己紹介をしたり、少しお話をしてみたりします。

そしてもし気に入った相手がいたら番号交換、という形が一般的ですが、一度直接会って話した結果、好印象だったから番号を交換したので、まず相手の様子を見るという第一関門は突破したことになります。

そこで、今度は二人きりで会ってみて実際にどういった印象を持つか改めて確認します。

第一印象と初めての二人きりのデートでの印象が変わらずだったら、次のデートで告白という流れになる可能性も。

デート自体は2回目になりますが、直接会うのは3回目になりますので、相手も少し気を許すという事が多いです。

後は、紹介されて連絡を取るという方も多いですが、連絡を取ってから初デートまでの期間が長い場合でも、相手の好きな事や趣味などを話したりと、その期間中に常に連絡を取っていた場合、大体その人の性格がわかってきます。

そうなると実際に会った時に、ギャップがなく思っていた通りの性格だったら、相手も受け入れやすくなります。

常に連絡を取っていたわけですから、初めてあった時はやはり若干の緊張はありますが、それもすぐに慣れてきます。

初めてでお互い楽しいデートが出来たら、次会った時はもう普通のカップルのようなデートになる可能性も。

 

何度デートしても告白してこないのは?

何度デートしても告白してこないのは?

2回目のデートで告白する人の理由はその人によってそれぞれ違うみたいですね。また、出会いの形でも、2回目のデートで告白するのは決して早すぎないという事がわかりました。

しかし、一方で何度デートを重ねても全然告白してこないという方もいます。

早すぎるのもどうかと気になりますが、遅すぎるのもそれはそれで不安になりますよね。

では、いつまでも告白をしてこない人とはどういった方でしょうか。

 

自分に自信がない

自分に自信がない人はなかなか告白することが出来ないという男性が多いようです。

常に告白するという人は多少なりとも自信があり、デートしてくれるなら、自分に好意を持っているから告白しても成功する可能性があると思い、その時点ですぐ告白をします。

しかし、自信がない人は、自分のことよりもまず始めに相手の顔色ばかり伺ってしまいがち。

いざ告白してみてもし相手に嫌われてしまったらどうしようや、告白することで今の楽しい雰囲気を壊してしまったらどうしよう・・・。

後は、もし付き合ったとして果たして自分は相手を本当に幸せにできるのかなどマイナスの事ばかり考えてしまいます。

 

告白する勇気がない

こちらは草食系男子によくみられる傾向ですが、付き合いたい気持ちはあるけど、いざ告白という事になるとなかなか勇気が出せず言い出せないというケースも。

そういった男性は過去の恋愛でも自分が告白する前に相手から告白されて付き合ったという方や、告白はしてないけれど何となくその場の流れで付き合う事になったという事が多いようです。

告白するという事に対してあまり免疫がついていないようですね。

後は、前に告白した時に思いっきり振られたという場合、また同じような結果にならないか不安になり、結果告白する勇気が出ないという方もいるようです。

 

告白のタイミングを逃してしまう

告白するという事はその場の雰囲気や、タイミングも重要になってきます。

中にはノリで告白するという方もいるようですが、大抵の人はステキな場所でいい雰囲気の状態で告白したいと考えている方が多いです。

そのため、事前にどんな時にどんな場所で告白しようかと考えている方もいます。

しかし、実際全て上手くいくとは限りませんので、当日になり予定外の事が起きてしまったりすると告白するタイミングを逃してしまうなんていう事も。

後は、話が盛り上がりすぎて告白するいい雰囲気を出すことが出来ずにそのまま流れてしまうというケースも。

 

特に焦っていない

特に焦ってもいないので、何回もデートを重ねて相手の事をゆっくり見ていくという方や、少し相手の事がわかってきた時点で付き合ったとしても、もしその後に自分と考えが合わなくて結局すぐ別れてしまうなんていうのは嫌だから相手の事をよく知ってから告白するという慎重な方もいます。

後は、会う度に毎回違う一面が見えてくるのでどれが本当の姿なのかわからないといったケースも。

 

そもそも付き合う気がない

何回もデートをしているのに付き合う気がないとはどういう事だと思ってしまいますが、そういった男性も中にはいます。

例えば、普通に遊んでいる分には楽しいし、相手の事は気になっているけどいざ彼氏彼女の関係になったら、毎回記念日や誕生日などをいちいちお祝いするのが面倒くさい。

付き合う事で今まで自由に生きてきたのが多少なりとも縛られるようになるのが嫌だという考えを持っている方は、あえて彼女彼氏の関係にならず、そのままの関係をキープするという場合も。

中には、色んな女性と分け隔てなく遊びたいから彼女という特別な存在を作らないという人も。

 

なかなか告白してこない人への対処の仕方は

なかなか告白してこない人への対処の仕方は

女性は焦らされるのがあまり好きではありませんので、なかなか告白してこない相手にはだんだん苛立ちも覚えてしまいます。

しかし、怒りをそのままぶつけてしまってはせっかく今まで積み上げてきたものも台無しになってしまいます。

では、なかなか告白してこない相手にはどういった対応をするのが効果的でしょうか。

 

告白してもらえる雰囲気を作る

やはり告白してもらいたければ、自分自身も告白してもらえる雰囲気を作らなければなりません。

例えば、夜景のきれいな場所に連れて行ってもらったり、ステキな雰囲気の場所に連れて行ってもらった場合は、相手も告白するタイミングを伺っている可能性がありますから、常に話題を出して相手がタイミングを逃してしまわないように少し会話を止めてみたり、相手の目を見つめてみたりすると相手も告白するタイミングをつかみやすくなります。

 

相手が付き合う気がないのなら自分の意思をはっきり伝える

もし、何回デートしても告白してこなかったり、相手に付き合う意思が見られなかった場合は、自分の事をどう思っているのか単刀直入に聞いてみるのもいいかもしれません。

その上で、自分自身はどう思っているのかもきちんと伝えてみましょう。

はっきり聞いてしまったら相手に嫌われるかもしれないと恐れ、ずっとそのままの関係を続けていては、自分自身の人生もどんどん削られていってしまいます。

もし、相手に付き合う意思がないのであれば、きっぱりとあきらめて次の相手を探すというのも一つの手かもしれません。

 

流れによっては女性からの告白もあり

もし、相手に付き合う気があったとしても相手が草食系男子だったり、告白する勇気がないという男性だったら、いくら雰囲気を作っても告白できないという可能性があります。

その場合は、逆に女性から告白するという事も大切になってきます。

出来れば男性の方から告白してほしいとは思いますが、そうなるといつまでも進展しない可能性があるので、そういった相手には女性の方からリードしてあげましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?2回目のデートの大切さや2回目のデートで告白してくる人の心理などをいくつかご紹介していきました。

実際、自分でも2回目で告白はさすがに早いんじゃないかと思う人もいるかと思います。

また、周りからも心配される可能性もあります。しかし、こうしてみていくと、重要なのはお互いの事をどれだけ理解するかが大切になってくるので、お互いの事を理解していれば、例え2回目で告白することになっても決して早くはないという結論になりますよね。

それでもやはり、抵抗があったり、まだ早いという方は相手にきちんと自分の気持ちを伝えて理解してもらった上で、少し考えてみるという決断をしてもいいかもしれません

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告