初デートで緊張しないコツは!?緊張せずにデートを楽しめる秘訣をお教えします!

恋愛の仕方に変化が現れてきた昨今の時代。今や出会いがネットなんていうのは珍しくありませんよね。ただ、ネット上やお見合いサイトでの出会いであるが故に、初めて会う日=初デートとなることも…。 できれば初デートの印象は良いものとして残しておきたいもの。そこで、この記事ではデートで緊張しないための秘策を伝授しちゃいます。

著者:
公開日:
初デートで緊張しないコツは!?緊張せずにデートを楽しめる秘訣をお教えします!

恋愛の仕方に変化が現れてきた昨今の時代。今や出会いがネットなんていうのは珍しくありませんよね。ただ、ネット上やお見合いサイトでの出会いであるが故に、初めて会う日=初デートとなることも…。

初めて会う上にデートという二重の緊張が合わさって、体調が悪くなってしまった経験はありませんか?

「どんな人なのかな?」「どんな風に思われるかな?」という気持ちからどんどん緊張が高まってしまうのはあるあるですが、それでデートが楽しめなくては意味がありませんよね。

できれば初デートの印象は良いものとして残しておきたいもの。そこで、この記事ではデートで緊張しないための秘策を伝授しちゃいます。是非役立ててくださいね。

楽しいはずのデートで緊張…どうして?

会社のプレゼンならともかく、どうして楽しいはずのデートでこんなにも緊張してしまうのでしょうか。それはズバリ「初めての経験だから」です。

デート自体は初めてではなくても、その人との初デートはこれ一回きりです。できればスマートに気に入られたい、もっと好きになってもらいたいなどの感情が空回りしてしまうのではないでしょうか。

どんな人であっても慣れないことをすると緊張してしもうもの。そしてデートであれば「嫌われたくない!」という心理が働いて、更に緊張が倍増してしまうなんてこともよくありますよね。

どんなに楽しいことであっても、自分にとって未知の事柄であればどうしても緊張はしてしまいます。本番に強い、という人はその緊張を楽しむ心の余裕があるのです。では、心の余裕はどうやって得られるのでしょうか。

 

 

緊張でよくある三大体調不良

避けて通るのが難しい、緊張から起こる三大体調不良を紹介します。緊張から起こってしまうという原因は一緒ですが、その緊張が体のどこに出るかは人によって様々。

これはデートのときだけでなく、ストレス社会と言われる現代社会において、日常生活のそこかしこで見られる光景です。合わせて対処法も紹介していますので、是非心構えとして覚えておいてください。

 

吐き気

緊張で吐き気までしてしまう、という方は血行が不順になっている恐れがあります。緊張することによって普段とは違う血の巡りになってしまうことはよくあるんですよ。

吐き気がするほど緊張しているときは、指先まで冷え切っていたりしませんか? そんなときは手首や肩、二の腕などを温めてみると血行を改善することができますよ。

また、これらの血行不良はストレスからきているものなので、ストレスを緩和するもので五感に訴えかけるというのも効果的です。

例えば、可愛いペットの写真や、好きな俳優・アイドルの写真、聞いていて落ち着く音楽やお気に入りの香りを染み込ませたハンカチなど、自分の好きなものに囲まれてリラックスしてみましょう。リラックスできるものは人それぞれなので、色々試してみてくださいね。

 

腹痛

緊張で急にトイレが近くなってしまう、というのもよく聞く話ですよね。しかも長時間トイレにいるとなると、なんとなく相手に不潔な印象を与えてしまうのではないかと更にストレスが発生し、悪循環に陥ってしまうこともあります。

そんなときは迷わず市販の薬などに頼りましょう。まず「万が一の事があっても薬があるから大丈夫」という安心感が、緊張からくる腹痛に対する一番のお薬になります。緊張からくる腹痛は薬を飲めば治る、なんとかなる、と言った思い込みが大事です。

その他にも、デート中の食事内容に気をつけてみると気持ちが楽になりますよ。例えばコーヒーなどカフェインの多いものはトイレが近くなってしまいますし、刺激の強い香辛料も避けておくのが無難かもしれません。

普段の生活で自分に合うお薬を見つけておくことが大事です。

 

発汗

薬でどうにもならないのが発汗ですよね。服に汗染みがつくのは絶対に避けたい、という心理が働いてもっと汗をかいてしまうことも…。

汗に対する対処法は、まず汗をかいてしまっても大丈夫なように備えることが重要です。例えば、脇であれば服の脇部分に貼るパッドを準備する、汗を吸い取ってくれるインナーを準備するなど。

また、顔であれば崩れにくい下地を探したり、メイク方法を変えてみるのも効果的ですよ。せっかくのデートなのですから、新しいメイク方法でウキウキして臨むと緊張も少しほぐれるかもしれません。

また、いつでも汗をふきとれるように清潔なハンカチを用意しておくのは重要です。ハンカチを常備しているというだけで、清潔感があると見なされて好感度がアップするかもしれませんよ。

 

事前準備とイメージトレーニングを

体調不良に対する対処法を心に刻んだところで、今度は緊張そのものをしないようにするための準備をしましょう。初デートで緊張してしまうのは、「何かのときに嫌われてしまうかもしれない」という心理からくるものが多いです。

デートに限らず、新しいことに挑戦する場合は「事前の準備」と「思い切り」が不可欠。きちんと事前準備をすることによって、「ここまで頑張ったんだし大丈夫」という自信と思い切りに繋がる、というカタチです。

やりすぎていないだろうか、と不安になる気持ちもあるかもしれませんが、恋する女性の不安は尽きないもの。多少の思い切りや開き直りも大事ですよ。女は度胸、まずは準備に邁進しましょう。

 

気に入られる服装やメイク

まず一番最初に覚えておきたいことは、「定番の服装やメイクであっても万人に好かれることはない」ということです。好みは人によって千差万別、スカートが定番と言われていても、パンツルックが好みの男性だっているのです。

そのことを踏まえた上で注意しておきたいことは「清潔感」と「自分らしさ」です。

例えば服がシワシワ・ヨレヨレだった場合は清潔感を感じませんし、何より「時間がなかったのだろうか?自分とのデートは片手間だったのかな?」と思われかねません。そういった、万人が不快になるような部分を避けて服装とメイクを吟味しましょう。

また、デートに行く場所によっても好ましい服装は変わってきます。例えば「春、桜を見ながらのお散歩デート」であれば、高いヒールを履くよりカジュアルな服装の方がお散歩を楽しめますよね。

他にも「女の子の定番はピンク」と思ってピンクを前面に出した服装・メイクをする方もいますが、男性にとってピンクは必ずしも可愛いと結びつくわけではありません。

また、自身の肌色によってはピンクメイクが白浮きして、顔色が悪く見えてしまうケースも少なくありません。

デートに行く場所に合わせて、清潔感を重視し、そして定番にこだわりすぎずに自分らしさを前に出せば初デートも上手くいきますよ。

 

食事マナーは知っていて損はない

初デートで格式張った場所での食事をすることは稀ではありますが、そういった食事マナーは知っていても損ではありません。まず、一般常識的な食事マナーを学びましょう。

例えば、口を開けたまま音を立てて咀嚼したり、飲み物を飲むときに音を立ててしまうというのは明らかにマナー違反ですよね。

その他にも食事をするときに髪の毛が食品についてしまったり、食事を楽しめないほどに香水をつけてしまっていたり、などもマナー違反です。食事のとき用に髪を束ねるゴムを持ち歩いたり、香水は控えめにするなどの配慮が必要となってきます。

また、男性がよく見ている点が、食器に口紅がついているというワンシーン。それをセクシーと捉える人もいるかもしれませんが、できれば食事の前に口紅をとるか、食器についてしまった口紅はさりげなく拭いておく方がベターです。

食事の際には落ちにくい口紅がマストアイテムかもしれませんね。

そのほかにも改めて気をつけなくても…という点は多々あると思います。ですが、緊張してどうしようもないという人は一度それらを確認しておくと、デートの最中に緊張しなくて済みますよ。

 

もしもの時のお守りに薬の準備

基本的にデートのときの荷物は少ない方がいいですが、もしものときのために薬や絆創膏、それから生理用品などは少量準備しておくと良いでしょう。特に緊張して血行の巡りがおかしくなってしまい、突然生理がきてしまうということもないわけではありません。

せっかくのデートを楽しめるよう、不測の事態に対してできるだけの準備をしておきましょう。

といっても、準備しすぎて荷物が大きくなるのは困りもの。本当に大事だと思うものを厳選して、可愛いポーチなどにひとまとめにしておくことをおすすめします。

また、こういった準備はひけらかさないのがポイントです。間違っても「万が一に備えてこんなに準備したんだ~」と話してしまっては、会話力によっては減点対象になってしまう恐れもあります。

 

デート本番!心構えをチェック

いよいよデート本番、事前準備はしっかりできていますよね。あとは相手も楽しめるように気遣いながら、自分も目一杯楽しみましょう。

相手が楽しんでいるかどうかというのは自分自身も察することができますし、同様に相手もある程度察してしまうものです。嘘偽りなく楽しいという気持ちになれるように、どのような心構えをすればいいでしょうか。

 

ある程度なら「可愛い」で済む

女性が緊張から多少失敗をしてしまっても、ある程度であれば「可愛い」という評価で済むはずです。その際、意地を張らずに「初デートが楽しみで緊張してしまった」と素直に伝えるのがポイント。

好きだからよく見せたくて失敗してしまった、という気持ちが伝えられれば、失敗したことそのものに嫌悪感を抱く人はあまりいません。

反対に、それで「一緒にいて恥をかいた」などと憤慨する人は、こちらのことより自分のことばかりを考えている人です。そういった人と生涯付き合うことを考えるとちょっと嫌ですよね。

失敗してしまったときは、その事ばかりに気をとられずに「相手がどういったことを失敗と捉えるのか」など、相手の尺度も気にして見てみると視野が広がりますよ。その上、自分自身の失敗ばかりに囚われなくなるので一石二鳥ですね。

 

伝えるべきは「ありがとう」の気持ち

どんなに緊張しても、どんなに失敗しても、デートで伝えるべき気持ちは変わりません。デート自体が残念ながら楽しくなかったとしても、デートをしてくれた、自分に時間を割いてくれたという事実は変わらないからです。

少し大げさかも知れませんが、嬉しいことがあったら必ずきちんと言葉で伝えましょう。

例えば「車道側を歩いてくれた」「失敗しても怒るより先に心配してくれた」など、当然と言えば当然のことかもしれませんが、その当然にあぐらをかいてはいけません。

相手が自分と付き合ってくれていなければ、そういった些細な喜びもなかったものなのです。

ですから、その場でもさりげなく言葉にするべきですし、できればデートが終わった後一言でもいいので、具体的に「この場面嬉しかったよ、ありがとう」と伝える努力をしましょう。

 

まずはとにかく自分が楽しんで

デートは接待ではありません。相手の楽しさを優先するあまり、自分が楽しむことを忘れないでください。楽しいデートはカップル2人で作り上げるものです。

何もかも相手を優先するのではなく、自分の意見もちゃんと述べた上で、2人にとってより楽しいデートをするんだという気持ちを忘れないでください。

あまりに相手に譲ってばかり、もしくは譲られてばかりのデートでは次回以降のデートに繋がりません。デートというイベントで2人にとって最適な楽しみが見つけられるよう頑張ってくださいね。

 

NG!安易なスマホいじりはやめよう

移動時間の暇つぶしとして便利なスマホではありますが、デート場所でいじるのはNGです。そもそもデートをしているのに暇つぶしは必要ありませんよね?

目の前で携帯をいじられたら「自分には興味がないんだな」と相手が判断してしまうのは当然です。好かれたい相手ならば、例え沈黙が続いたとしても安易にスマホに助けを求めるのはやめましょう。

例外として、お互いの趣味がスマホである、二人で楽しめるスマホゲームがあるなどの場合です。その場合はスマホというツールを使って大いに盛り上がりましょう。

 

まとめ

結論として、起こりうることをできるだけ想定し、対処法を準備しておくことが緊張緩和への鍵となります。その上で、デート当日は失敗しても上手くいっても、「ごめんね」や「ありがとう」を素直に伝えることが大切ですよ。

相手に対する好意の言葉や態度の出し惜しみをせず、2人で楽しめるデートにするという姿勢を崩さなければ、例え何か失敗があったとしてものちのち笑い話にできるようになりますよ。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告