楽しみにしていたデートのドタキャン・・・男性女性それぞれのドタキャンする理由とは

皆さんは今までの人生の中で、いきなりデートをドタキャンされた、またはデートをドタキャンしてしまったという事はありませんか? 今回は、いきなり男性からドタキャンされてしまうその理由と、女性がどういった理由でドタキャンしてしまうのかいくつか見ていきましょう。

公開日:2018/05/10
著者:
楽しみにしていたデートのドタキャン・・・男性女性それぞれのドタキャンする理由とは

皆さんは今までの人生の中で、いきなりデートをドタキャンされた、またはデートをドタキャンしてしまったという事はありませんか?

今回は、いきなり男性からドタキャンされてしまうその理由と、女性がどういった理由でドタキャンしてしまうのかいくつか見ていきましょう。

ドタキャンしやすい人の特徴は

まず始めに男性女性どちらにも当てはまる事ですが、どういった人がよくドタキャンをしてしまうのかその人の特徴を見ていきましょう。

 

広告

 

面倒くさがり屋

大抵ドタキャンをしてしまうという方は面倒くさがり屋な人が多いです。

面倒くさがり屋な人は例えば、デートの当日朝起きたら天気が悪く出かけるのが面倒くさくなった、前日少し寝るのが遅くなり、寝不足だから面倒くさくなるなど、割と軽い気持ちでドタキャンする方が多いです。

 

自分の事しか考えてない人

相手や周りの気持ちを考えない自分勝手な方もドタキャンする可能性が高いです。

そういった方は常に自分中心に物事が動いていると勘違いしている人が多く、もしドタキャンした場合相手がどんな気持ちになるかなどは全く考えず、ただ自分の思い通りになればいいという考えを持っています。

 

気まぐれな人

上記の面倒くさがり屋な方にも当てはまることですが、常にその時の気まぐれな気分で物事を考えている方もドタキャンする可能性が十分あります。

昨日まではデートに行く気満々だったのに、朝起きたらなんか気分が乗らないや、友達や他の人に誘われてそっちの方が気になってしまったなど、デートよりも他に楽しそうなことを見つけた場合は、約束していたことがどうでもよくなり、すぐにドタキャンしてしまうというケースも。

 

なかなか断れない人

なかなか断れない人にもドタキャンされてしまうことがあります。一見、断れない人ならドタキャンしないのでは、と考えてしまいますが、もし友達にどうしてもお願いしたいことがあるや、この日じゃないとダメだと頼まれてしまうと、こういった方は断れなくなってしまいます。

しかし、先に約束していたから断りづらいし、悪いと考えて、なかなか言い出せず、どっちを優先するかギリギリまで悩んでしまいます。その結果、最後の最後になっていきなりドタキャンされるというケースもあります。

 

男性がドタキャンする理由とは

どういった方がドタキャンしやすいのかドタキャンをする人の特徴をいくつかあげていきました。

実際、意中の男性とデートという時は女性はとても楽しみにしてしまいますよね。前の日からいつも以上に念入りにお手入れをしてみたり、中には楽しみすぎて眠れない・・・なんていう女性も。

しかし、突然のドタキャンとなってしまったらかなりショックですよね。では一体、男性はどんな理由でドタキャンしてしまうのでしょうか。

 

 

急な仕事が入った

仕事が忙しいという男性はよく休みも返上して働いているという方が多いです。そういった方は、例え休みになっていても急遽会社から連絡が入ってしまい、仕事になってしまったという場合や、仕事が終わらずどうしても仕事をしなければならないという場合もあります。

男性にとって仕事はとても大切ですから、そういった場合はやむを得ないので快く受け入れてあげましょう。

 

面倒くさくなった

男性は割と面倒くさがり屋な性格の方が多いので、急に出かけるのが面倒くさくなるというケースも多々あります。中には、きちんとしていてマメな男性もいますが、少しでも面倒くさくなるとすぐドタキャンしてしまうという方が多いです。

こういったケースは男性が女性に対し、あまり好意を持っていないというケースが多いです。そういった男性にはあまりしつこく問い詰めたり、怒ったりすると一気に気持ちが冷めてしまい、面倒くさがられ二度と連絡が返ってこないという場合もありますので、あまり強制させないようにしましょう。

 

他に優先したい理由が出来た

男友達が沢山いる男性は、女性よりも友達を優先するという男性も多いようです。そういった場合、もし約束をしていたとしても急に男友達から連絡が来たら、そっちを優先してしまうというケースも。

男友達は前もって予定を組むというよりは、その日その場で連絡して遊ぶという方が多いので、どうしてもドタキャンする確率が高くなってしまいます。

 

体調が悪くなった

男性は、多少の風邪などでは、それほど重く考えずに出歩くケースが多いです。しかし、よっぽどの高熱や体調がすぐれないとなるとドタキャンをしてしまうケースも。

後は、前の日に飲み会で次の日に二日酔いになった場合でも、ドタキャンされるケースはあります。こちらは風邪ではなくただ単に黙って家で寝ていたいという理由ですが、いくら普段健康的でも二日酔いには勝てないという結果になりますね。

 

他に気になる女性が出来た

男性は中には一途な方もいますが、付き合う前は沢山の女性に目移りしてしまい色々な女性を見てみたいという気持ちもあります。そのため、現在連絡を取っている女性がいたとしても、他の女性とも連絡を取っていたり、遊ぶ可能性があります。

その時、もしデートの約束をしていても他の女性の方が気になってしまったら、約束をドタキャンして気になる女性の方に約束を取り付けるなんてことも。

 

お金が無くなってしまった

男性はプライドが高く見栄っ張りなところがあるので、デートする際は全部お金を払ってあげる、または多く支払うという方がほとんどです。そのため多少なりともお金を多く持っていこうとします。

大体出掛ける前にいくらくらい持っていくか計算しておきますが、もし、その時にお金がなかった場合は、キャンセルし、別の日に延期というケースもあります。

 

女性がドタキャンする理由とは

上記で挙げたように男性はデートをドタキャンすることをあまり深く考えずに割と軽い気持ちで考えている方が多いようですね。

では次に、女性がドタキャンする理由とはどういった事でしょうか。

 

 

面倒くさくなった

やはり女性も男性と同じように急にデートが面倒くさくなりドタキャンしてしまうというケースが多いです。しかし女性の場合、ただ面倒くさがり屋な訳ではなく、単純にその男性がタイプかそうでないかによって大きくコンディションが変わってきます。

やはり好みの男性だと何が何でもデートに行くという女性が多いですが、特にその男性に対して恋愛感情がなかったり、興味がないとその場では断りづらく社交辞令でデートを約束するけど、いざデートが近づいてくるとだんだん面倒くさくなりドタキャンをしてしまう可能性が。

 

体調が悪くなった

女性は男性に比べて少しでも体調が悪いとすぐに病院に行ったり、自宅で安静にしていたいという気分になってしまいます。ですから、当日にいきなり体調を崩し、せっかくのデートをキャンセルしてしまうという事も。

後は、女性の場合毎月生理がありますからどうしてもその前後は体調がすぐれないという方が多いです。生理は毎月の周期で大体来る日程がわかってくるのでその周辺は約束を取り付けないという方もいるようですが、中には、疲れやその時の体調によって大きく予定日がずれてしまうという事も。

そうなってくるとせっかくのデートも楽しくなくなってしまうため、やむを得ずドタキャンをしてしまうという例も多く見られます。

 

やむを得ない理由が出来た

男性はデートより男友達との約束を優先するといった方が多いですが、女性の場合は先に約束をしていない限り、もし当日女友達から誘いが来たとしてもデートを優先するという考えの方のほうが多いです。

中には、もし自分の好みの男性だったら先に女友達と約束をしていてもデートを優先するというケースも。

しかし女性の場合、家族に送り迎えを頼まれた、急に親に頼まれごとをされたなど家庭の事情でやむを得ずドタキャンしてしまうという理由もあります。

 

デートプランが乗り気じゃない

女性は何に対してもリードしてくれる男性の方が好みという方が多いです。しかし、デートの場合、女性にも行きたい場所はあります。例えば、一緒に買い物に行ってどれが似合うか一緒に見てほしいや、オシャレなカフェでゆっくりお茶をしたいなど甘い時間を過ごしたいと夢見る女性も沢山。

そんな時、男性にデートのプランを全部決められたり、行く場所を強制させられるとせっかく楽しみにしていた気分も台無し。そうなってくると急にデートする気分ではなくなり、何だかんだ理由を付けてドタキャンしてしまうという可能性もあります。

 

ドタキャンされた場合、次はあるのか

男性のデートをドタキャンする理由、女性のデートをドタキャンする理由をそれぞれ挙げてみましたが、実際ドタキャンされたら次はあるのでしょうか?

ドタキャンする際の言い訳により、また次回デートする望みがあるのか見ていきましょう。

 

 

相手にあまり好意がなければ次はない可能性が高い

男女ともデートが面倒くさくなったり、自分勝手な都合でドタキャンした場合、正直に理由を言う人はそうそういません。そういった方は大体、急な仕事が入ったや、風邪をひいて具合が悪いなどと断ることが多いです。

そのような言い訳を付けてデートを断る人は、大抵相手に対してそこまで好意を持っていないという方がほとんど。何故なら自分が好意を持っている相手なら、どんなことがあっても必ずデートに行くという人が多いのです。

ですので、そういった理由で突然ドタキャンをしてしまう人はあまり自分に好意を持っていない可能性があるため、次のお誘いが来ない可能性も。また、もしもう一度約束をしたとしても同じ理由でドタキャンする可能性が高いです。

特に女性が一方的にドタキャンしてしまった場合は、よっぽどタイプの女性でない限り、男性は一気に冷めてしまいそのまま連絡が来なくなるなんてこともあります。

 

やむを得ないドタキャンの場合は次もある

面倒くさくなって仕事や不調を理由にドタキャンする可能性もありますが、実際本当に仕事が入ってしまったり、体調をくずしてしまいデートをキャンセルするという場合もあります。そういった場合は次もある可能性が高いです。

しかし、相手に好意があっても全く好意がなくても、言い訳の理由は同じですから、果たしてそれが本当なのか嘘をついてドタキャンをしたのか見極めるのはとても難しいです。普段からそういった理由でドタキャンしている人や、平気で嘘をつく人はやはりそういった状況に慣れているため言い訳の仕方がとても上手いのです。

ましてや、初めてのデートやまだ会ったばかりで相手の事をよく知らないという人は尚更見極めるのが難しいところ。

しかし、本当にやむを得ない理由の場合は後日謝りの連絡や、改めてデートのお誘いが来る可能性があります。そういった場合は次に期待してもいいかと思います。

 

ドタキャンされた際の対応

では色々な理由でドタキャンされた場合、どういった対処をするのがベストでしょうか。実際いきなりドタキャンされたら大抵の人は怒ってしまいますよね。しかし、それを表に出してしまってはいけません。どんな時でも大人な対応を取ることが次につながるカギになるのです。

例えば、急な仕事が入ったという場合は、例えその理由が嘘だと思ったとしても「大変だね、頑張って」と相手を後押ししてあげることが大切です。そういった励ましの言葉を伝えてあげるだけで自分に対する相手の印象が多少なりともよくなります。

次に、体調が悪いと連絡が来た場合、男性は弱っているときに優しくされるとついその気になってしまいますので、優しく「大丈夫?ゆっくり休んでね」や「何かあったらすぐに言ってね」など心配しつつ、相手の事を少し包み込むような感じの内容を送ると一気に好感度が上がります。

実際自分のタイプの男性だった場合、どうしてもデートしたいという気持ちが出てしまうため、しつこく次の予定を聞いたり、約束を取り付けようとしたくなりますよね。しかし、次に繋げたいのであれば、我慢することも大切です。

ただし、中には何回もドタキャンするという方もいます。そういった方には少しきつく言ってみてもいいかもしれません。決して、初めからしつこく追及したり、怒りをそのままぶつけたりするのはやめましょう。

 

まとめ

いかかでしたか?今回は男性・女性がデートをドタキャンしてしまう理由、またドタキャンされた際の対処の方法などをいくつかまとめてみました。

どちらもドタキャンする理由が似ているところがあったり、またはデートに対する気持ちが男性女性それぞれ違うという事もわかりました。

ドタキャンするという事は、相手が自分に対しあまりいい印象を与えませんし、嫌な気分にもさせてしまいますよね。もしデートの約束をする際は、軽はずみな気持ちですぐOKするのではなく少し考えてみましょう。

また、やむを得ない場合を除き、もしドタキャンしようと思った際には、自分が同じことをされた場合どんな気持ちになるか一度考えてみましょう。

こちらもおすすめ☆

関連タグ