嫉妬深い男性の特徴まとめ☆付き合うとメンドくさい男の見抜き方とは?

男性と付き合う際に、相手の嫉妬深さに悩まされる女性は多いものです。浮気の事実は一切なくても、基本的に男友達を疑う男性も多いですし、そんな男性が彼氏だったら恋愛も楽しめないでしょう。 付き合う相手、結婚相手を選ぶ際には嫉妬深い男性には注意したいところです。今回は、嫉妬の激しい男性に悩まされないためにも、嫉妬深い男性の特徴や、相手の男性が「嫉妬深いかどうか」を見抜くポイントをご紹介します。

公開日:
著者:
嫉妬深い男性の特徴まとめ☆付き合うとメンドくさい男の見抜き方とは?

著者名

ちよ子

ちよ子

恋愛・結婚に関するライターをやっております。みなさまのお悩み解決のヒントを少しでも提供できれば幸いです。

男性と付き合う際に、相手の嫉妬深さに悩まされる女性は多いものです。浮気の事実は一切なくても、基本的に男友達を疑う男性も多いですし、そんな男性が彼氏だったら恋愛も楽しめないでしょう。

付き合う相手、結婚相手を選ぶ際には嫉妬深い男性には注意したいところです。今回は、嫉妬の激しい男性に悩まされないためにも、嫉妬深い男性の特徴や、相手の男性が「嫉妬深いかどうか」を見抜くポイントをご紹介します。

嫉妬深い男性の特徴・行動パターン

では、まず嫉妬深い男性の特徴や行動パターンをよく見ていきましょう。

新しい恋人を作る際、婚活で結婚相手を選ぶ際に、相手の嫉妬具合がどれほどなものなのか知っておくことはとても大切なことですね。

そのためにもぜひ嫉妬深い男性の特徴・行動パターンを知っておいてください。あなたの身の周りには、以下のような特徴を持つ男性はいないでしょうか?もし嫉妬深い可能性がある男性と接しているなら、要注意ですよ。

 

 

①独占欲が強い

嫉妬深い男性の多くは、自分自身の独占欲に歯止めがきかないことが多く、まさに「独占欲の塊」といった行動も目立つものです。

些細なことでも嫉妬してしまうのは、「独占したい」という気持ちが強いからです。

独占欲の強さは、彼女に対してのみではなく、日常生活のあらゆる部分で表れるものです。友達に対しても独占欲が出てしまい、他の友達と話していたり、楽しそうにしていたりするとそれだけで機嫌を悪くしてしまうところはあるでしょう。

物に対しても同じです。自分の物を他人に貸したがらない人、人と物を共有することが嫌いな人などは独占欲が強い傾向があります。

 

②自分本位

嫉妬深い男性の特徴としてもう一つ大きいのは、自分本位な部分がかなり強いところがあげられます。

自分本位な行動が目立つ男性は、付き合っている彼女・結婚相手の女性に対し、自分のルールを強いる場合が多いです。また、「俺色に染まってほしい」的な考えも強く、他の男性に少しでも心を許すことを嫌います。

自分本位な男性は、性格上周りと協調することが難しかったり、話をするときも自分の話ばかりをしてしまうところもあるものです。接していて、なんとなく「この人、自分のことばかりでちょっとやりづらい…」と感じる人は、付き合った結果嫉妬深さに悩まされる可能性も高いです。

 

③女性に尽くしすぎる

女性にとにかく尽くしてしまうタイプの男性がいますよね。付き合うと、何気ない気遣いはもちろんのこと、普段の送り迎えも当たり前、プレゼントはもはや毎日のように来る…そんな過剰に尽くしてしまう男性も珍しくありません。

しかし、尽くすタイプの男性には要注意です。自分が相手に尽くしているからこそ、相手からも尽くしてもらうこと、自分だけを愛してもらうことを求めてしまいがちだからです。

見返りを求めず、自分だけが相手に尽くすことができる男性はなかなかいないものです。大事な人にとにかく尽くしてしまうタイプの男性は、最初こそ印象は良いかもしれません。ですが、大事なのはいざ付き合ってみたときにどう思うかです。

彼のその行動の重さに、自分がかける愛情とのバランスが取れず、苦慮することは目に見えていますね。女性に尽くしすぎるタイプの男性も、嫉妬深いところが少なからずあるため、気をつけましょう。

 

④恋愛の優先度が高い

恋愛や仕事、趣味など、生活の中でどこに重きを置くかは人によってそれぞれです。特に若いうちは恋愛ばかりを優先してしまい、あらゆる失敗を重ねてきてしまった人も多いのではないでしょうか。

恋愛、仕事、趣味、友達など、全てにおいてバランスが取れている人こそが、恋愛を成功させることができるものです。

恋愛にばかり重きを置いている人は、常に彼女のことばかりを考えているからこそ、上の尽くしてしまう男性のようにささいなことでも嫉妬してしまうようになります。

このような恋愛体質の男性も嫉妬深い可能性が高いので、注意が必要です。

 

⑤自分に自信がない

嫉妬深い男性の多くは、「彼女が自分を愛してくれている」ことに心から自信を持てないことが多いです。だからこそ必要以上に嫉妬してしまい、結果として彼女自身を困らせてしまうことにも繋がるものです。

自分に自信があったり、ネガティブな考えを持つようなことがなければ、嫉妬する必要なんてないはずです。疑り深い男性、心配性な男性は、このように自分への自信の無さから来ている場合が多いのです。

ネガティブ思考が目立つ男性、心配性、自分への自信の無さが顕著に出ている男性と付き合う際には気をつけましょう。

 

嫉妬深い男性を避けた方が良い理由とは?

そもそも嫉妬深い男性を避けた方が良い理由とは何でしょうか。確かに必要以上に気持ちを乱されることなく付き合える男性が一番ですが、嫉妬深い男性と付き合うと、どんな苦労が待っているものなのでしょうか。

ここで嫉妬深い男性と付き合う事のデメリットや予想される苦労の観点から、嫉妬深い男性を避けた方が良い理由を整理しておきましょう。

 

 

①束縛が激しくなりやすい

嫉妬深い男性は、その嫉妬心から、とにかく「毎日連絡して欲しい」「他の男性と話さないで欲しい」などのルールを強いることが多くなってしまいがちです。

結果として束縛の激しい彼氏になってしまうことが多く、付き合う側の女性は行動が制限され苦慮することも増えてしまいます。

別の男性と話さないで欲しいというところで収まるならまだマシな方かもしれません。嫉妬心がとにかくひどい男性は、同性の友達とすら遊ぶことを嫌がる場合も多いのです。

すると、自由に出かけることすらままならなくなってしまい、彼の束縛に悩む毎日になってしまいます。

 

②彼の嫉妬をいつも気にするようになる

彼の嫉妬深さが常態化してしまうと、付き合っていてもいつも「彼はどう思うだろう」と気にするようになってしまいます。

すると、何をしても彼の機嫌をうかがうように行動するようになってしまい、気の弱い女性はそれだけで気持ちを病んでしまうことも少なくありません。

逆に気が強い女性や自己主張の強い女性は、「いい加減にして!」とその怒りを爆発させてしまい、彼の嫉妬深さから喧嘩になってしまうことも多くなるでしょう。

 

③交友関係が狭くなる

嫉妬深い彼を持つと、上で触れたように彼からの束縛が激しくなることは非常に多いです。すると、結果として自分の交友関係がどんどん狭くなってしまいがちになるのは、言うまでもありませんね。

新しい同性の友達を作ることもためらってしまうでしょうし、異性の友達を作るなんてもってのほかです。

自分の交友関係をどんどん広げていきたいタイプの女性は、嫉妬深い彼を持つと、交友関係をうまく広げていけないことにストレスを感じることも多くなるでしょう。そのことが原因で彼と衝突してしまったり、悩みを抱え込んでさらにストレスを増大させたりしてしまうことも多くなるはずです。

 

④恋愛に楽しみや幸せを見いだせなくなる

嫉妬深い男性と付き合うと、上で挙げてきたように何かと彼との付き合い方で悩みが増えてしまいます。

すると、恋愛すること自体がそもそも楽しくなくなってしまい、幸せを感じることもできなくなってしまいます。もしその彼と別れて次に進むとなっても、恋愛そのものにトラウマを感じ、なかなか次に進む気力すら起こらない場合もあります。

恋愛は本来楽しんで且つ幸せを感じるものです。恋愛そのものに楽しみや幸せ、満足感を見いだせなくなってしまっては、彼と一緒にいる意味がないはずです。

 

嫉妬深い男性を見抜く方法とは?

では、実際に付き合う相手や結婚相手を選ぶ際、嫉妬深い相手に引っかかってしまわないようにするためにはどうすれば良いのでしょうか。大事なのは、出会った男性をよく見て、「嫉妬深いかどうか」を見極めることですね。

ここからは、嫉妬深い男性を見抜く方法について解説していきます。合コンや婚活イベントなどで男性と出会った際、相手が嫉妬深いかどうか見抜くためのヒントにしてみてください。

 

 

①性格をよく確かめる

嫉妬深い男性を見抜く方法として、相手の性格をよく確かめることはとても重要なものです。人と人との付き合いなので、お互いの性格は付き合う前によく見極めておくことは、もはや恋愛するうえで基本的なことですね。相手の職業、収入、容姿の良さなどに惑わされてしまわないように注意しましょう。

まず、上でご紹介したような嫉妬深い性格の特徴を持っていないかどうか確かめてみましょう。どんなに第一印象が良くても、嫉妬深い男性はなんとなく「付き合ったら面倒臭そう」という一面が出てしまうものです。

自分の話ばかりしてしまうタイプの人は、初対面でもその片鱗を強くのぞかせるはずです。また、独占欲が強い男性、女性に尽くしてしまうタイプの男性は、初対面のうちから過剰にアプローチしてくる場合も多いので気をつけましょう。

接していて心配性なところ、かまってちゃんなところがなんとなく分かる男性も避けた方が賢明ですね。いくらそれ以外の条件が良かったとしても最終的に大事なのは性格の部分です。長く付き合っていくことも考え、「一緒にいて大変そう」な匂いがする男性はやめておきましょう。

 

②今までの恋愛遍歴に注意

可能であれば、出会った男性の今までの恋愛経験や、元カノとのエピソードはある程度聞いておくべきでしょう。なぜなら、嫉妬深い男性は必ずと言っていいほど、元カノとあまりいい別れ方をしていないことが多いからです。

ざっくばらんに「俺の束縛が原因で…」と話してくれる男性もいるでしょう。そんな男性とはお付き合いできないのは残念ながら明らかですね。

過去の恋愛遍歴を聞いてみて、ちょっと引いてしまうようなエピソードがあるようであれば、あまりその男性とはお付き合いすることをお勧めしません。

合コンや婚活パーティーなどでは、誰だって最初はそれなりに良い性格の部分を見せようとするものです。最初の印象のみで判断すれば、良さそうに思える人もたくさんいるでしょう。

そんなときは、過去の恋愛遍歴をある程度確認しておくことを忘れないでくださいね。嫉妬深い男性の多くは、あまりまともとは言えない恋愛をしてきていることが多いのです。

 

③付き合ったときのイメージをする

嫉妬深い男性を見抜くためには、性格や今までの恋愛経験を確認しておくことも大事ですが、やはりその人と付き合ったときのことを冷静にイメージしてみることも大事です。

例えば、とにかく女性に対して尽くしてくれる男性がいたとしましょう。一見すれば、「この人と付き合ったら幸せになれそう」とは思ってしまうものです。

確かに尽くしてくれることは素敵なことですが、度合いにもよりますよね。尽くしすぎてしまうタイプの男性は、「重い」と感じられてしまうことも多いです。長い目を見て付き合っていくことを考えたら、彼の尽くす姿勢に重さを感じそうな気はしますよね。

このように、実際に付き合ったときのことを冷静に考えてみる姿勢も持っておくべきです。独占欲が強いこと、恋愛体質なことなども、良くとらえれば「大事にしてくれそう」と思えるものですが、いざ付き合ってみると苦労することは目に見えているはずです。

どんなときでも、付き合ったときのことを冷静に判断する目は大事なものですよ。

 

まとめ

嫉妬深い男性の特徴、そして嫉妬深い男性を見抜く方法について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

特に彼氏が欲しいと熱望している時期は、第一印象で良さそうな人が現れたらその人にすぐ飛びついてしまうものです。冷静な目を持てず、嫉妬深い相手を選んでしまったことで苦労することになるのはやはり避けたいところですよね。

嫉妬深い男性に引っかかってしまうと、恋愛そのものが楽しくなくなってしまうデメリットは大きいでしょう。自分で自分を不幸にしないためにも、男性の嫉妬深さを見極めて冷静に相手選びをするようにしてみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告