気になる彼からLINEの返信が来ない!これって脈なし?返信が遅い男性の心理とは

気になる相手とLINEをしている時、なかなか返信が返ってこなくてモヤモヤしてしまう経験はありませんか?事あるごとにスマホをチェックしては一喜一憂するなんて方もいると思います。今回は、LINEの返信が遅い男性の心理や脈なしなのかどうか、すぐに返信が来やすいLINEの内容などを紹介していきます。

公開日:2018/05/09
著者:
気になる彼からLINEの返信が来ない!これって脈なし?返信が遅い男性の心理とは

気になる相手とLINEをしている時、なかなか返信が返ってこなくてモヤモヤしてしまう経験はありませんか?事あるごとにスマホをチェックしては一喜一憂するなんて方もいると思います。

今回は、LINEの返信が遅い男性の心理や脈なしなのかどうか、すぐに返信が来やすいLINEの内容などを紹介していきます。

LINEの返信が遅い理由は?

それでは早速LINEの返信が遅い理由をいくつか紹介していきます。

相手から「こういった理由で返信が遅くなった」と理由を説明してくれれば一安心ですが、そうでない場合は想像で判断するしかありません。

しかし返信が遅くなる理由を知っておけば少しは安心できるかもしれません。

 

広告

 

1.仕事や勉強で忙しい

仕事や資格試験の勉強で忙しいため、LINEの返信ができないパターン。これが一番多いと思います。仕事中にダラダラとスマホをいじりながら作業している方は少ないのではないでしょうか。

事務職であればデスクに座って集中していなければいけないですし、接客や営業、立ち仕事の方なら休憩中以外はスマホを触ることができないと思います。男性が仕事や勉強で忙しいときは返信を催促したりせずどっしりと構えておきましょう。

そして、返信が来たら「遅くまでお仕事お疲れ様でした。」と労いの言葉をかけてあげるのがベストです。

 

2.飲み会や遊び

LINEのやり取りをするのが嫌なのではなく、せっかくの仕事終わりや休日なので自分の時間や趣味を優先して楽しみたい男性もいるかと思います。

また、飲み会や遊びの最中にしょっちゅうスマホをいじっていたら気分を悪くする方が多いので、返信を控えているパターンもあります。会社の飲み会でしたら上司が同席しているのでなかなかスマホを触れなかったりしますよね。

様々な理由がありますが、休みの日だからといってすぐに返信が来るとは思わない方が良いでしょう。間違っても「私を優先して!」なんて言わないように。

 

3.マメな性格ではない

元々マメな性格ではないため、単に返信するのが面倒くさいと思ってしまう性格の男性もいます。LINEに限らず何度もやり取りするのが嫌いという方もいますし、マイペースな性格の方なら「今はまだ返さなくていいか」と思って返信しないパターンもあります。

このタイプの男性はこちらがヤキモキしてイライラするだけ損なので、返信が来たらラッキーくらいの気持ちでいた方がいいでしょう。LINEではなく思い切って電話で話す方がうまくいくかもしれません。

 

4.返し忘れ

仕事で忙しかったり何か作業をしていたりする時にLINEが来たので、後で返そうと思っていたらそのまま忘れていたパターンです。

忘れられた、と聞くと何だか脈なしのように思えますが、何か物事に集中している時は誰にでも起こりえることですので、あまり気にしないようにしましょう。

「忙しくて返し忘れてたごめん」と連絡が来たら、快く許してあげてくださいね。

 

5.相手のペースに合わせている

これは意外と多いのではないでしょうか。相手からなかなか返信が来ないのに自分からガンガン返信するのはがっついている感じがして気が引けてしまったり、相手に好意を持っていることがバレバレになってしまったりするので、相手のペースに合わせて同じくらい時間間隔をあけて返すパターンです。

駆け引きして返信を遅らせている心当たりがある方は、もう少し自分から返信のペースを早めてみてはいかがでしょうか?

 

6.返事が遅いと感じる時間が違う

そもそも返信が来ない、遅いと感じる時間に相違があるかもしれません。

こちらが1~2時間で返信が来ないと遅いと感じるのに対して、相手が半日で返信が来なければ遅いと感じる方でしたら、数時間の差がありますよね。

急に返信が来なくなると不安になりますが、相手のペースも考慮することが大切です。

 

既読がついているのに返信がない理由は?

返信が遅い理由を色々と紹介していきましたが、既読がついているのに返信がない時もあります。内容は見ているはずなのに返信が来ないのは、未読で返信が来ないよりも余計ヤキモキしてしまいますよね。

もしかしたら不快な内容を送ってしまったのかも、なんてLINEを読み返してみた経験がある方もいるのではないでしょうか。それでは、考えられる理由をいくつか紹介します。

 

 

1.後で返そうと思って忘れる

こちらは先ほど返信が遅い理由でも挙げましたが、既読がついている場合でも同様です。読んだ後に、今は手が離せないから後で返信しようと思って忘れてしまったパターンです。

一度LINEを開いてしまった為に未読通知も消えてしまっているので、そのまま返信が来ない時もあります。何かの予定を決めている場合、期日が決まっている内容のやり取りをしていた場合は焦らずに時間を置いてもう一度送ってみましょう。

 

2.寝ていた、寝起き

寝ている時にLINEの通知が来たので寝ぼけたままLINEを開き、そのまままた寝てしまうことってありませんか?

寝起きは頭が働かないので、返そうという意識すらないまま既読だけついてしまうこともあります。LINEを送る時は相手の生活パターンを考慮して送ってみましょう。

3.長文

気軽にやり取りできるのがLINEの良いところの一つですよね。それなのに何度もスクロールしなければならないほどの長文が送られてきては、返信するのも一苦労です。

時間がある時にゆっくり考えて送ろうと思って返信が来ないことは十分に考えられます。

 

LINEの返信が遅いのは脈なし?

一般的に「返信が遅い、文章が短い」LINEは脈なしと判断されがちですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

実は、それだけで簡単に脈なしと諦めてしまうのはもったいないのです。あなたに好意を持っていても返信が遅いこともあるので、落ち込まずに返信の内容で見極めることが大切です。

 

 

1.安心感があるから

これは恋人同士であればもちろんのこと、片思い中であったとしても、何となくお互いの気持ちを感じ取っている場合に起こりえることです。初めのうちは必死にLINEの返信をしていても、相手が自分に好意を持ってくれているとわかった途端に安心して返信が遅くなるパターンです。

単に「釣った魚に餌をやらない」精神ではなく、この人ならいつLINEを送ってもちゃんと返信をしてくれるから大丈夫、と思っている証拠ですのでこちらも心に余裕を持って接しましょう。

 

2.駆け引きをしている

相手からの返信を待っている時間はドキドキしますし、返信が来ないと不安になりますよね。男性側からも恋の駆け引きの一つとして、LINEの返信をわざと遅らせているパターンです。

また、返事が素っ気なかったりするのもわざと自分のことを気になるように仕向ける作戦だったり、好意を持っていることを悟られないようにする為だったりもするので、すぐに諦めずにやり取りを続けてみましょう。

素っ気ない短文のLINEでもこちらの質問にしっかり答えてくれていたり、次に会う約束をしてくれたりするようなら十分に脈ありです。

 

3.内容を吟味している

あなたに好意を持っているからこそ、中途半端な内容の返信はしたくないと思い、ゆっくり吟味してから返信する場合もあります。

男性に関しては顔文字や絵文字の有無はさほど関係ないことが多いので、お互いのことを知りたいと思ってくれている内容だったり、予定を合わせようとしてくれている文章が送られてきたりするのであれば脈ありなので返信が遅くても気にしなくて良いでしょう。

 

こんな返信は諦めた方がいいかも…

「返信が遅い、文章が短い」LINEならまだ脈ありの可能性がありますが、こんな返信は脈がない可能性が高いというものも紹介しておきますね。

 

 

1.一行にも満たない返信

「ああ」「うん」「わかった」といった返事はかなり冷たい印象を受けますし、脈がない可能性が高いです。

長年付き合っている恋人同士ならともかく、これから発展するかもしれない男女のLINEでこの返信が連発するようなら脈なしと判断した方がいいかもしれません。

 

2.幾度となく既読無視

返信しようと思ってそのまま忘れてしまったり、わざわざ返す内容じゃないため返信をしなかったりすることもあります。

しかし、疑問形で終わらせた内容を何度も既読無視される、また後日会っても返信出来なかったことに対して何も言ってこない場合は脈なしかもしれません。照れているだけなら良いのですが、どちらなのか判断するのは難しそうです。

 

返信しやすいLINEとは?

脈あり、脈なしに関係なくLINEをすること自体が面倒くさいと思っている男性も多いようです。それでも、せっかくLINEを交換したんだから軽い雑談でも何かやり取りしたいですよね。

そこで、相手が気軽に返信できるようなLINEを送るにはどうしたらいいのか調べてみました。

 

 

1.長文は送らない

返信が来ない理由でも挙げましたが、読むだけで疲れてしまうような長文LINEは絶対に避けるべき内容の一つです。

伝えたいことがたくさんある気持ちはわかりますが、時間的にも気持ち的にも余裕がある時じゃないと返信できないですし、重いと感じて距離を置かれてしまう可能性があります。

大事な話は直接会って話すか電話で話すようにして、LINEでは気軽に雑談をするくらいが良いかもしれません。

 

2.疑問形で終わらせる

話の内容が完結した状態のLINEを送ってしまうと、話が終わったんだと思って返信しなかったり、新たな話題を送るのもしつこいかなと思って何も送って来なかったりすることがあります。

毎回質問攻めにするのは相手を疲れさせてしまうので良くないですが、適度に疑問形を入れることで話を広げることや、相手が好きそうな話題を持ちかけるのがコツです。

 

3.長く続け過ぎない

ダラダラといつまでも雑談をしていると話の内容も中だるみになりますし、だんだんと返信をするのが面倒くさくなってきてしまいます。

日を跨ぐと特にその傾向が強くなってしまうので、ずっとやり取りしていたい気持ちはわかりますが、丁度良いタイミングで「食事にします」「お風呂に入ります」「寝ます」といった内容でLINEを切ることも大切です。

相手にまだ話し足りないなと思わせておく方が、次回のLINEをした際に返信が早くなる可能性があります。

 

4.スタンプや顔文字だけ送るのはNG

スタンプや顔文字だけ送られてきても反応に困りますし、どう返信したらいいか困るのでやめた方が良いです。

「そうなの?」「詳しく教えて?」といった会話ができるようなセリフ入りのスタンプもありますが、それでも何か一言添えると返信が来る確率が高いです。

 

5.送る時間帯を考慮する

お互いの仕事の時間帯にもよりますが、一般的に朝から夜まで働いている方が多いですよね。朝は仕事に行く準備で忙しいので返信しにくいですし、夜もあまり遅い時間に送ると、次の日の仕事に支障が出てしまうので返信出来ないこともあります。

返信が来たからすぐに返したいと思ってやり取りを続けていると夜更かしになって次の日が辛くなってしまうので、お互いの為にもLINEを送る時間は生活に合わせて無理のない時間に送りましょう。

 

どうしても返信が気になるときの対処法

仕事だから仕方がない、寝ているのかもしれないし、と自分に言い聞かせてみてもやっぱり返信が気になって何も手につかない時がありますよね。気休めかもしれませんが、そんな時の対処法をご紹介します。

 

 

1.集中できることをする

掃除や料理といった家事をこなすことで、そちらに集中できるのでその間はLINEのことを忘れられるかもしれません。

また、読書は頭の中がその世界観で満たされるのでおすすめです。漫画や小説を読んでのんびりとした時間を過ごしましょう。趣味に没頭してみるのも良いかもしれません。

 

2.趣味や買い物など気分転換

自分の好きなことや楽しいことをすると気分が上がりますし、スマホに触る時間も減るのでLINEが気にならなくなります。

外にお散歩やショッピングに出かけたり、美味しいものを食べたりして気分転換してみてはいかがでしょうか?

返信が来た時に、「今日食べたこれがとても美味しかったので今度一緒に行きませんか」といった話題にも発展します。

 

3.スマホの電源を切る

思い切ってスマホの電源を切ってみるのはどうでしょうか。最初は電源が切れているにも関わらずつい癖でスマホを開こうとしてしまったりしますが、慣れてくると気になりませんし、他のことに集中できます。

映画館や美術館などスマホを触らない環境に行ったり、なかなか急には難しいかもしれませんが、電波の届かない自然たっぷりの場所に遊びに行ったりするのも良いかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?気になる男性のLINEの返信が遅くて不安になる方はたくさんいますが、男性側は意外とLINEに重きを置いていない場合が多いのです。

ヤキモキしたりイライラしたりすることもありますが、相手の立場になってみると返信を催促されたり連続で何件も送ってこられると怖いですし気持ちも冷めてしまいませんか?

どっしりと構えていることが一番なので、焦らず相手のペースに合わせて気持ちに余裕を持ちたいですね。ぜひ参考にしてみてください♪

こちらもおすすめ☆

関連タグ