夫の浮気を見抜く方法&見抜いた時の対処方法を考えよう!

妻として夫の態度がいつもと違う、ちょっとおかしいな、と思うことがありますよね。そんな時、浮気なのかそうでないかをどうやって見抜くのか。 その方法と、見抜いた後の対処方法を考えていきたいと思います。

公開日:
著者:
夫の浮気を見抜く方法&見抜いた時の対処方法を考えよう!

妻として夫の態度がいつもと違う、ちょっとおかしいな、と思うことがありますよね。そんな時、浮気なのかそうでないかをどうやって見抜くのか。

その方法と、見抜いた後の対処方法を考えていきたいと思います。

夫の浮気を見抜く方法

一説によれば夫の浮気は7割以上の確立だそうです。ちょっとびっくりの高さですよね。

どこからどこまでを浮気ととらえるかにも個人差はありそうですが、こんなデータを聞くと、何もなくても夫を怪しく思えてきちゃいます。

だけど、そうそう簡単に興信所などは使えないですよね。そこで、どのようなことで夫の浮気を発見できるのか、考えていきたいと思います。

 

優しくなった、逆に冷たくなった

浮気された妻に聞くと、浮気している夫は態度が変わることが多いようです。やはり浮気していると、冷静で平常な心は保てないのですかね…。

「遊びの女と付き合っている場合は、そこでストレスを発散しているので、家に帰ると家族に優しくなれる。外で遊んでいる罪悪感もあり、いつも以上に妻や子供に尽くすようになる」

「本気の女と付き合っている時は、周りが見えず、そのことしか眼中になくなっている。そのため、妻や子もないがしろにし、離婚を切り出されても問題ないと思っている」という傾向にあるようです。

急に妻や子供に対する態度が変わったり、やたらとプレゼントやお土産を買ってくるようになったら、怪しみましょう。

 

帰宅時間が遅い

浮気していたら、デートの時間が必要ですからそりゃ帰宅は遅くなりますよね。泊まりの出張が増えた、というのも危険信号です。

急に残業が増えた、そのわりにくたびれていない、やたらと土日のゴルフに行きたがるなどの行動があれば、浮気を見抜きやすいポイントかもしれません。

いずれも給与明細をみれば、残業時間や出張手当の有無などで簡単に判明しますね。

給与明細は紙ベースでなく、データベースで個人ページに記録されている場合も多いので、定期的なチェックをしましょう。

逆に言えば、なぜか明細を見せてくれない場合は怪しい、ということにもなります。

 

携帯を気にしている

「今まで携帯はその辺に放置してた、それなのに急に持ち歩くようになった。」「急にロックをかけるようになった」など、携帯関係は妻が気付きやすいポイントかもしれません。

携帯チェックをすれば、すぐに結果がわかります。しかし、もし携帯チェックをして、浮気をしていなかったら、夫から怒られることにもなりかねません。妻といえどもプライバシーに侵食するのはよくないですよね。

ですので、個人的には携帯チェックはおすすめしないですが、どうしても確認したいなら、絶対にばれないようにこっそりやるか、いっそのこと夫に許可をもらって目の前でやることをおすすめします。

盲点としては2台目の携帯をこっそり所持している場合です。浮気相手に契約してもらい、会社のデスクに2台目の携帯を隠し持っているというケースも過去にあったようです!

そうなるとさすがに妻としても気づきようがないですよね…。

 

ファッションに気を遣うようになった

「急に高額なスーツやバッグを欲しがるようになった」「床屋さんではなく美容院に行き始めた」「ネクタイやシャツのバランスをやたら気にしている」こういった要素がみられると、アウトの可能性が高いです。

それまでファッションにまったく興味がなかったのに、浮気相手によく思われようと努力し始めたのかもしれません。

もしくは、まだ浮気はしてないけれど、気になる人がいるのかも…。

でも注意しなくてはいけないのは、彼自身の環境の変化です。ただ単に転職や社内での配置換えによって、周囲の雰囲気が変わり、「もっと身なりをきちんとしなくてはいけない」という自覚を持ったのかもしれません。

ある日突然、自分の衰えに気づき「このままではいけない」と意識を変えたのかもしれません。

ですので、この点だけでは浮気という判断が難しいところです。ほかの要素と組み合わせて判断しましょう。

 

車の中をやたら掃除したがる

それまでは雑然としていた車の中をやたら掃除したがる、これはかなり怪しいと思います。

浮気相手を車に乗せる時、家族の持ち物が目に付くところに散らばっていたらまずいでしょう。

それに、浮気相手が車を降りた後に、髪の毛が落ちたり、痕跡が残ることも気になります。

そういったことの対処のためにあなたの夫は車を掃除するようになったのかもしれません。

掃除をする回数が増えたな、と思ったら何曜日に掃除をしているのか、助手席のシートの角度は変わっていないか、女性の髪の毛は落ちていないなど確認するといいでしょう。

意外な盲点なのはETCカードです。事前の登録が住んでいれば、ETCカードの利用照会ができます。

夫が浮気していて、お出かけや旅行に出かけている場合にはETCカードの履歴から確認できそうです。

 

小遣いを要求する

急に今までの小遣いでは足りなくなったのなら、それも浮気のサインかもしれません。

食事代にホテル代、プレゼント代…デートってお金かかりますもんね。もし夫に小遣いの増額をねだられたなら、使い道を確認しましょう。

レシートの提出などをお願いするのも一つの手かもしれません。

 

旅行などの情報を気にする

家族で旅行に行く予定がないのに、やたらと旅番組を見たがったり、旅行雑誌を買うようになった、そんなことから浮気が発覚する場合もあります。

浮気相手と旅行に行くつもりなのかもしれません。兆候が見られたら「こんな場所素敵だね。たまには家族で旅行しようか!」と余裕の笑みでけん制しておきましょう。

そこでびくっとしていたら、さらにあやしさは増します…。

 

財布の中身がとてもきれいになった

「今まで何度いっても財布の中にレシートやポイントカードがたくさん入っていてパンパンだった」「だけど財布の中をこまめに整理整頓するようになった」「だけど家では財布を開かない。いつどこでレシート整理してるんだろう」

こんな状況、ありませんか。もしかしたら夫は浮気相手と行ったレストランや宿泊施設のレシートをこまめに整理して、妻に見つからないようにしているのかもしれません。

逆にレシートがパンパンのままのお財布を夫が持ち歩いているなら、たまに中身のチェックをしたほうが良いでしょう。

妻がそんなことするわけないと、案外証拠のレシートを財布にため込んでいるかもしれません。

そのような短絡的な行動をするタイプの夫なら、浮気の判別は簡単ですね。良い事なのかどうかはわかりませんが。

 

見抜いた時の対処方法

結婚年数や、子供がいるかどうか、持ち家かどうか…など、夫婦の様々な状況によって、これからどうしたらよいか、またどうしていきたいのかが変わってくるでしょう。

大事なことは、とにかく冷静になって対処することです。夫の浮気を見抜いたら妻はどう行動するべきなのか、考えていきます。

 

見なかったふりをする

「もともと仮面夫婦だから恋愛は勝手にどうぞ」という夫にあまり興味がないタイプや「どうせ私のところに戻ってくるんだから」と達観しているタイプの妻には見なかったふりをするのがおすすめです。

争ってけんかをしたりしてストレスをためなくてよいので、ある意味一番平和に過ごせるでしょう。

ただ、「夫が浮気している」という事実をサラッと受け流せず、悩んでしまうタイプの方はものすごいストレスになるでしょう。

あくまで、夫にどう対処するのか決めるまでの数日間はこのような対応でもよいですが、ずっとそのままでは妻のほうがストレスでおかしくなってしまいます。

自分のタイプをよく考えて、今後の対応を決めましょう。

 

面と向かって問い詰める

夫に面と向かって問い詰めます。その際には夫が逆切れしたり、しらばっくれる可能性が高いので、証拠を集めておくといいでしょう。

一番良いのは興信所などに依頼して、夫が女といる現場を写真や音声データなどで集めることです。

しかし、夫から慰謝料をたっぷりもらって別れたいのでない限りはそこまでする必要はないでしょう。

夫の財布の中のレシートや、帰宅時間や夫の態度を毎日書いた家計簿、残業時間や出張費などが書かれた給与明細などで十分証明は可能です。

また、問い詰めて夫が認めた場合に、どのような結末にするのかを考えておかなくてはなりません。

このまま夫婦を続けるのか、続けるならば何か条件などを付けるのか、別れるのか、その場合の慰謝料や親権は?など、自分でストーリーを作っておく必要があります。

夫は土下座や泣き落とし、恐喝、逆切れなど様々な手で妻を懐柔しようとしてくるでしょう。

妻が確固たる意志をもって行動しなければ、最悪の場合、夫の手のひらで踊らされる格好になる可能性だってあります。

 

浮気相手に連絡する

もし浮気相手の連絡先が分かれば、浮気相手に直接連絡して、夫と別れてもらうという作戦もありです。

慰謝料を請求しないか小額にする、今なら公にしない、など浮気相手にとってのメリットを提示して夫の前から消えてもらいましょう。

浮気相手がいなくて悲しむ旦那を慰めることで、妻の株が上がる場合もあるようです。

ただし、夫と不倫相手がラブラブの場合、不倫相手が手を引かず、夫にあることないこと言われて、かえって妻が嫌われてしまう可能性もあります。

夫が妻より不倫相手を選ぼうとする場合は、かえって夫と不倫相手から責められてしまうパターンもあります。

夫と不倫相手の交際期間や、二人の関係度合いなどをよく見極めてから臨む必要があるでしょう。

 

親族会議をする

もし夫が浮気をしているという確実な証拠がつかめたら、親族会議をするのも手です。

お互いの両親がいる場でなら、夫も逆切れやしらばっくれたりはしないでしょう。

また、お互いの両親の協力のもと、夫に今後の反省を促したり、罰を与えることもできます。

いくつになっても親に怒られたり泣かれたりするのは子供としてつらいもの。義両親には申し訳ない気持ちもありますが、浮気するダメ夫を育てた責任として、しっかり対応してもらいましょう。

ただ、義両親が浮気した夫の肩を持ち、あなたの味方をしてくれない可能性もあります。

予め、夫や義両親の行動パターンを想定しておかなくてはいけませんね。

 

何も言わずに身を隠す

何もなかったふりはできない、でも問い詰めたら逆上される…そんな方は、少しの荷物だけ持って身を隠すのがおすすめです。

現金だけではなく、保険証やノートPCなど、しばらくの衣服なども持って出ます。

余裕があれば会社に行っている間に家を出るのも手でしょう。引っ越し業者によっては即日の引っ越し依頼にも対応してくれる場合があります。

余裕があるなら、夫がいないうちに引っ越し業者との見積もりなども済ませておけば、大事な荷物をすべて持って出ることができます。

友達の家やマンスリーマンションなど、夫に居場所のばれない所に身を隠してから、冷静にどうするか考えましょう。

捜索願など出されると面倒なので、書置きを残してから出ていきましょう。

 

会社に突撃する

もしも社内での浮気ならば、会社全体を巻き込んで対応するという手もあります。

ただし、夫にも不倫相手にもダメージが多くかかるので、ふたりとも懲戒解雇になったり、注意勧告となり、今後の出世が見込めなくなる可能性もあります。会社によっては、おとがめなしになる場合もあるようです。

夫と浮気相手、二人ともにダメージを与えるには確かに有効です。しかし夫の給料カットにより、こちらも経済的に困窮する可能性もあります。

夫と離婚する決意が決まっている、もしくはどうしても復讐したい!という意気込みが強い人にはお勧めの方法です。

 

まとめ

いかがでしょうか。もちろん浮気が見つからないことに越したことはないのです。

だけど、夫が浮気をしていないのに浮気を疑ったことがばれたら、それはそれで修羅場になりそうです。

浮気を疑った時でも、確実に黒だとわかるまでは慎重に行動することをおすすめします。

また、浮気が見つかった場合でもすぐに対処せず、夫の行動パターンをよく見極めてから、今後どうしていきたいのかも含め冷静な判断を下さなくてはいけません。

焦って行動しがちな局面こそ、ググッとこらえて、表面上はいつもと変わらずに夫と接し、心が決まってから具体的な行動に出ましょう。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告