何か怪しい!夫が浮気する傾向と対策はあるの?

今回は、夫の浮気に悩んでいる、もしくは浮気を心配している方のために、「夫に浮気をされないためにどうすればいいのか」「もし浮気をされてたらどう対処するべきか」をまとめましたので今後の参考にしてくださいね。

著者:
公開日:
何か怪しい!夫が浮気する傾向と対策はあるの?

「浮気・不倫」最近のメディアで聞かない日はないくらいのワード。芸能人や政治家でもついつい魔が差してしまい、気づいたらやってしまって謝罪会見なんて場面を良く見ますよね。

しかし、それはメディアだけの話ではないということに皆さんはお気づきでしょうか?男女1000人を対象にした調査によると、夫の26.9%、妻の16.3%が不倫しているという驚きの結果になりました。

つまり男性の3.7人に1人が不倫しており、女性の不倫も増えてきてはいるものの、やはりまだまだ男性の方が不倫する確率は高いといえるようです。

今回は、夫の浮気に悩んでいる、もしくは浮気を心配している方のために、「夫に浮気をされないためにどうすればいいのか」「もし浮気をされてたらどう対処するべきか」をまとめましたので今後の参考にしてくださいね。

夫が浮気に走る理由は?

一生幸せにしますと愛を誓い合い結婚したはずなのに…。なぜ、どうして男性は浮気をしてしまうんでしょうか?男性が浮気に走ってしまうきっかけをちゃんと理解すること。それを知ることで、あなたの夫が浮気する危険があるのかどうかが見えてくるはずです。

 

 

夜の営みがレス気味

これは、男性と感覚の違う女性にはとてもわかりにくいものかもしれません。男性の浮気衝動というものは『性欲』というものが大きく関係している場合が多いのです。

女性とは違い男性にとって『性欲』を満たすことは、食欲や睡眠欲などと同じくらい重要なことだということ。それをふまえると、妻によって夫の性欲が満たされないというような場合、発散するために他の女性に求めてしまうのはある種仕方のないことといえます。

仕事が忙しいから、子供の世話が大変で、気づいた時には、レス状態でした。。なんて話もよく聞きますが、そんな時は夫の浮気の可能性が高くなるということを肝に命じておいた方がいいでしょう。

また、レス解消を心がけることは、夫の浮気の可能性を減らす一番の方法ともいえますので、お互いのためにも夜の営みは、大切にするべきですね。

 

妻に女性的な魅力を感じない

結婚前は、可愛げや恥じらいがあり、オシャレにメイクだけではなくスタイルにも気を使い魅力的だった妻。しかし、同じ時を重ねるごとにだんだんと気が緩み外見に気を使うことを忘れてしまった…なんてことよくありますよね。

夫は、常に妻を女性として意識していたいものなのです。でも、子育てや日々の仕事の繰り返しで、オシャレや体系にまで気が回らなくなってしまう事も…。

しかし、それは危険信号の点滅が始まっている証拠、夫は妻を女性として意識できなくなっている可能性があります。そうなってしまうと、当然ですが妻にたいしての性欲も湧かなくなってしまいます。そうならないためにも、日頃から女性として魅られるような努力を怠ってはならないのです。

 

かまってくれない

主婦というものは、毎日家事や育児に追われて外で働いていない場合でも忙しかったりしますよね。お子さんがいれば家事に加えて当然のことですが、育児もしなければいけなくなってしまいます。

子供は小さいうちは手の掛かるし、疲れも溜まってしまうというのも仕方ないという意見もわからないわけではありません。でも、そんな忙しさでついつい夫をほったらかしにして、子供中心の生活になってしまっているのも危険信号といえます。

ほったらかされると、自分よりも子供の方が大切なんだ、自分は必要ないんだ、と寂しさを感じてしまい夫が不倫してしまう原因に繋がってしまうのです。日頃から、自分をかまってくれない、甘えさせてくれない妻よりも、自分をかまってくれる甘えさせてくれる女性を大切にしてしまうものなのです。

 

妻が妊娠・育児中

女性というものは妊娠したり、実際に子供が生まれたりすると優先順位が”子供>夫”のようにどうしても変わってしまいがちになります。また、妊娠中の女性は大丈夫とはわかっていても安全面も考慮し夫との夜の営みを拒むことがどうしても多いのです。

夫も抑えてはいるものの、コップの水のようにどんどんと溜まってしまった欲求が表面張力のようにギリギリの状態になってしまうのです。

こうなってしまうと、夫の愛されたいという欲求とセックスしたいという欲求の2つが慢性的に満たされなくなり八方塞になってしまいます。

そんな状態が続きあふれだしてしまった欲求を満たすために浮気へと走ってしまうことが多くあるのです。

 

仕事が不調気味

男性にとって仕事は自己表現です。狩猟民族だった頃の男性は、力の強さ・獲物の数などでその地位などを確立してきました。現代社会ではそれが、仕事ということになります。それゆえに、男性の思考としては、仕事での好評価=男の好評価と認識をするといいます。

そんな男性にとって、仕事で不調気味の時は、自分の存在や人格を否定されているような錯覚に陥ってしまいます。仕事で不調気味だからって女性、しかも浮気という衝動に逃げるなんておかしいんじゃな?と思ってしまいますよね。しかし、「仕事」で得られない満足感をかわりに「女」に求めてしまうものなのです。

こんなときに妻が手を差し伸べ支えてくれていれば何の問題はありませんが、そうでない場合は浮気に走る傾向にあります。

 

 

浮気されやすい妻の特徴は?

「最愛の妻である自分を差し置いて、他の女に走るなんて最悪!」と浮気問題をすべて夫のせいにしたりしていませんか?確かに浮気に走るのはよくないですが、浮気の原因は妻にもあるかもしれないという事も忘れてはなりません。浮気されやすい妻の特徴をみてしっかりと自分がそうでないかをチェックしていきましょう。

 

感謝や尊敬の気持ちがない

長年連れ添っていると、「ありがとう」「頼りにしてるよ」なんて言わなくてもわかってるよね…。そんな感覚でいるうちに、大切な気持ちさえ忘れてしまい相手に伝える事もなくなっていませんか?

しかし、先ほども述べたように男性というものはとてもプライドが高い生き物だということを思い出してください。男性というものは、尊敬されたり頼りにされたりする事で、満足感を得る生き物なのです。

小さな事でもかまわないので、感謝や尊敬の気持ちをちゃんと言葉にして伝えることが大事。頼りにされてる、ありがたがれてる、そういった意識を持ってもらうためにもちゃんと言葉で伝えましょう。

 

何でも子供優先

夫婦2人きりのときは、何も考える必要はなく”夫優先”でも問題はなかったと思います。しかし、子供が生まれたらどうしても”子供最優先”という女性がほどんどではないでしょうか?

これは生物学的に考えても、子供を育てなくてはなりませんし仕方のないこととはいえます。ですが、これも度が過ぎてしまうと夫の浮気を誘発しかねません。

子供に全てを合わせ、なんでもかんでも子供優先ではなく、たまには2人だけの時間を持つなど夫へも気を使うことが大切なのです。

 

身なりを気にしなくなった

主婦の1日は忙しいですよね。家事に育児にパートで、もしかしたら夫以上に仕事が多くなって…。それに、昔はオシャレやダイエットに毎日ちゃんと化粧してたよなぁ…。でも気づけば、最近は化粧っ気もなければ、オシャレどころか体系までも崩れてしまって…。

そんな風になってしまってはいませんか?

こういう女性を、男性は女性として意識することはできず、魅力のない妻では性欲が満たされないということになります。忙しい中でもちょっとした女性であるという気遣いを忘れないようにしないといけません。普段は難しいのであれば、時間を作り2人でデートをしてみるなど、普段とは違うオシャレや身なりに気を使う事をしてみるのもいいかもしれません。

 

妻というより母親状態

世の中の男性の多くが、度合いは違えどもマザコンと言われています。しかし、結婚すると母親の代わりとして妻にその母親的愛情を求める場合が多くあります。

妻であったはずなのに母親のように思ってしまうと、安心感は得られるのに、女性としては見てもらえなくなってしまいます。結果、「女」を違うところにに求めてしまうのです。仕方がないことなのかもしれませんが、それを脱却するためにも母親的になっていないかを見直していきましょう。

 

 

浮気相手と出会うきっかけは?

そもそも、浮気・浮気というけれど、夫はその相手をどこから探してくるのでしょうか?そう思う方も多いかもしれませんが、出会いの場なんてものはいくらでもあるのです。次は、ほんの一部ではありますが出会いのきっかけを見ていきましょう。

 

同じ職場・同じ部署

日常を考えても最も多いのが、職場・同じ部署です。仕事をしている以上、必然的に同じ空間で同じ場所にいる時間は多くなりますよね。同じプロジェクトをまかされて、相談に乗っているうちに気づけば…なんて事も。共同作業や残業で、お互いを意識する場面が多いからともいえるのです。

 

残業時

上司と部下の関係で、若い年下の女性部下というのは要注意!頼れる先輩上司に部下の年下女性が言い寄ってくる。反対に、上司である夫が、可愛い部下に言い寄る。そんな話は、今も昔も変わらずよく聞くものですよね。

 

春の新入社員歓迎など

春は、若くて可愛い新入社員が入ってくる時期、部下に手を出すという場合も考えられます。また、この時期は歓迎会などの飲みの席が増える時期でもあります。そうなると、飲みの席で酔った勢いでそのまま浮気しちゃいました的なことも予想の範囲内ですね。

 

妻の監視のない出張先

最も多いケースとしては、出張先の風俗で火遊び程度の軽い感覚で浮気するというケースだと思います。しかし、重役クラスになってくると同行した社員となんてケースも出てきます。妻の監視がない出張先というものは、開放された気分になってしまうのかもしれませんね。

 

趣味・習い事

趣味や習い事をするということは悪いことではないと思います。しかし、これも要注意だということを忘れてはいけません。趣味での集まりや、習い事、自分の目の届かない範囲では何が起こるかわかりません。特に習い事は、先生と生徒の関係から発展して浮気してしまう事も…。また、習い事先で意気投合してそのまま浮気に繋がってしまうケースもないとはいえません。

 

元恋人

男性は過去の恋人を簡単に切ることができないもの。友達関係といいながら連絡をとっている場合も少なからずあるといえます。

そして、家庭で何かしらの居心地の悪さを感じたりすると、過去の恋人に相談をすることがまれにあります。相手の女性が、優しく話を聞いてくれるような存在であれば、家庭で何かあるたびに相談を持ちかける何てこともありえます。

また、一度はいい関係にあったわけですから、「お前の方がよかった」なんて事になり浮気に発展するケースは多いでしょう。むしろ、こればかりは非常に多いといわざるを得ないので要注意です!

 

昔の同級生

同窓会や結婚式なんかで再会し思い出話に花が咲き懐かしんでいるうちに昔の本音がポロリ。「あのころはすきだった」なんて、言い寄り・言い寄られ…。そんな姿は、容易に想像が付いてしまいますよね。

 

 

夫の浮気の予防策はあるの?

夫が浮気してしまう理由や、夫が浮気しやすい妻の特徴は、なんとなくわかってきましたね。では、具体的にどういう対策をとれば夫の浮気を回避できるのでしょうか?全部とはいかなくても、簡単なものからでも始めてみましょう。

 

感謝の気持ちと褒めること

感謝の気持ちや相手を褒めることが、なんだか照れくさくて言わなくなってしまったな。そう思っているならば、ちゃんと言葉に出して伝えることがとても大切です。普段会社で怒られたりしているなら、プライドの高い男性を褒めて自信を持たせる妻というのは、大切にしたいと思うはずです。

 

女性であり続ける意識

女性も男として魅力のない身なりを気にしないオジサンには、抱かれたくないと思いませんか?男性も同じ、いつもすっぴんでオシャレもしない女気のしないオバサンを抱きたいと思うでしょうか?たまに出掛けるときは、夫好みの服装や香水を身につけてみるとかでも構いませんので、意識を持ちましょう。

 

夜の営みを断り過ぎない

仕事や家事・育児と毎日忙しいのに「しよう」といわれても乗り気にはなれなくて…と、拒んでしまう気持ちはわかります。しかし、毎回拒んでいると夫の性欲はどこで発散したらいいのでしょうか?拒み続けるだけでなく、たまには夫を受け入れ夜の営みに付き合ってあげましょう。

 

2人の時間を作る

子供ができると子供を一番に考えるのは、とてもいいことだとは思います。しかし、だんだん「パパとママ」にしかお互い見れなくなってきてしまう可能性があります。それも悪いことではありませんが、結婚前を思い出して2人だけでデートを楽しんでみたり「男と女」に戻る時間は大切です。

 

夫婦共通の目標・趣味を持つ

夫婦の間の信頼関係を育む為にもとても大切なことです。共通の楽しみや目標は、どんなことでもかまいません。些細なことでも協力することで、信頼関係や愛情も深まるものですよ。

 

まとめ

今回は、夫の浮気に悩んでいる、もしくは浮気を心配している方のために、「夫に浮気をされないためにどうすればいいのか」「もし浮気をされてたらどう対処するべきか」をお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?

女性にはわかりにくい男性真理を少し知っておくだけでも浮気を防ぐきっかけを作れそうな気はしてきます。女性側としても、自分の何がいけないのかを見直す事で少し状況は変わるかもしれませんね。

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告