失恋から立ち直る方法は?新しい恋に進むための対処法をご紹介!

失恋から立ち直るための方法を紹介していきたいと思います。現在失恋で落ち込み中の人は、ぜひ以下の方法を、次の恋へ進むためのヒントにしてくださいね。

公開日:2018/04/27
著者:
失恋から立ち直る方法は?新しい恋に進むための対処法をご紹介!

著者名

ちよ子

ちよ子

恋愛・結婚に関するライターをやっております。みなさまのお悩み解決のヒントを少しでも提供できれば幸いです。

失恋は誰にとっても辛く苦しいものです。恋をしたことがある人なら、振られたにしても、思いを伝えずに終わってしまったにしても、失恋を経験したことはあることでしょう。

心から好きになった人との恋が叶わず、失恋したときのショックは本当に大きいですよね。特に女性は繊細な部分が多いので、立ち直るのに時間がかかる人も多いはずです。

ですが、失恋をいつまでも引きずっていると、新しい恋に目を向けることもなかなかできないものです。立ち直ることができない状態でいると、恋愛自体が面倒に感じてしまうことも多くなってきてしまいます。

今回は、そんな失恋から立ち直るための方法を紹介していきたいと思います。現在失恋で落ち込み中の人は、ぜひ以下の方法を、次の恋へ進むためのヒントにしてくださいね。

失恋で立ち直れないのはなぜ?

失恋で立ち直れないほど落ち込んでしまうのはなぜでしょうか。

シンプルに悲しいという感情がこみあげてくることは勿論のことですが、失恋してしまったことによるマイナスな感情にはたくさんの種類があるものです。

自分がなぜ落ち込んでいるのか、自分でしっかりと理解することはとても大切なことです。自分を理解すること、それこそが失恋のショックから立ち直るための第一歩です。

では、失恋から立ち直る方法に目を向ける前に、まず失恋で立ち直れなくなる理由を考えてみましょう。あなたは以下のなかでは、どんなショックを抱えているでしょうか。

 

広告

 

思いが叶わなかったことが悲しい

恋愛の終着点は、もちろん思いが叶って幸せになることです。特に、片思いを長く続けてきた人は、相手の男性と両思いになることを目標にして頑張ってきたことでしょう。

そんな思いが叶わなかったことへの悲しさは、とてつもなく大きいものです。思いを受け入れてもらえない、一生に届かないという悲しみを感じたとき、人は大きな絶望感を覚えます。

この悲しみは、「仕事が達成できなかった」、「長年の夢が叶わなかった」などのシチュエーションでも同じように感じることです。

好きな人と両思いになること、彼とずっと一緒にいること、それは恋をしている女性が皆持っている目標です。そんな目標が叶わなかったのですから、悲しいと感じることは自然なことでしょう。

 

存在そのものを否定された気持ちになる

恋愛は、自分の中身をすべてさらけ出して相手にぶつかっていくものです。

そのため、相手の男性から「付き合えない」と拒否されてしまうと、まるで自分の存在そのものを否定されたように感じてしまう人も多いでしょう。

するとネガティブな感情が押し寄せてきて、「私なんて存在価値ないのかな…」「こんな私なんて誰にも愛されないのかも…」と、どんどんマイナスな方向に考えるようになっていってしまいます。

自分の存在価値そのものに自信を持てなくなると、自信喪失に陥り、特に立ち直るのが難しくなっていってしまいます。失恋は、自分のアイデンティティそのものに自信を失ってしまうきっかけになる可能性があるのです。

 

今までのことが水の泡になってしまい虚しい

長く付き合ってきた彼氏、長く片思いしてきた好きな人に振られてしまうと、「今までのことはなんだったんだろう…?」と、ひどい虚しさを覚えますよね。

今まで積み上げてきた全てのことが水の泡になってしまうのは、本当に悲しいことです。そのもやもやした気持ちのやり場がなく、全てのやる気を失ってしまう人も多いでしょう。

今まで付き合ってきた彼氏から突然振られてしまったら、「これからどうすればいいの?」という気持ちになりますよね。大切な人を失ったという喪失感も大きいはずです。

また、片思いだった人も切ないでしょう。今まで好きな人と結ばれようと努力してきたことが全部無駄になってしまうわけですから、立ち直れないほど落ち込んでしまうのは当然のことですね。

 

他の女性に彼を奪われて悔しい

中には彼氏を略奪されてしまったことで失恋した人や、好きな人が他の女性と結ばれて失恋した人もいるでしょう。

そんな辛い思いをした人は、悔しい気持ちでいっぱいなはずです。彼が他の女性に目を向けてしまっているわけですから、こちらではどうしようもありません。だからこそ悔しいのです。

悔しいと思う気持ちは、自分で処理しなければ落ち着かないものです。そのため、悔しい気持ちを心に抱え込んでしまうと、なかなか失恋の苦しみから立ち直れなくなってしまいます。

 

失恋から立ち直る方法とは?

では、失恋から立ち直るためにはどんな方法があるのでしょうか。失恋の悲しみを乗り越えるためには、気持ちを少しでもプラスの方向へ持っていくことが鍵になります。

では、ここから失恋から立ち直るために実践しておきたい方法をご紹介していきます。失恋のショックから茫然としてしまっている人は、一度以下のことに目を通してみてくださいね。

 

 

我慢しないでとにかく泣きはらす

「失恋しても、泣かないで強くいなきゃ」と、無理をしていませんか?

特にある程度年齢を重ねると、「いい大人が泣くのは恥ずかしい」と考えてしまう女性も多くなるものです。ですが、失恋のダメージは自分が思っている以上に大きいものなので、「大人だから」と言って我慢していると立ち直れなくなる原因を作ってしまいます。

「大人は失恋しても泣いてはいけない」なんてルールはありません。大きな悲しみを背負うくらい失恋することなんてそう何度もあるものではないでしょう。だからこそ、失恋したときくらいは我慢しないで泣きはらしましょう。

泣くことも、一つのストレス解消法です。失恋したときはしばらく自分を許して、悲しみの感情をむき出しにしましょう。

 

心の休暇のためにゆっくりする

失恋すると、とにかく心に大きなストレスを抱えてしまいますよね。何をするにしてもやる気が出ない…なんて状況に陥ってしまうことがあっても無理はありません。

それならいっそのこと、心の休暇を取りましょう。もし仕事が休めるなら、失恋のために休暇を取ってゆっくりするのもありです。

どうしても急な休みが取れないなら、もともとある休日くらいは心に負担をかけず、ひたすらゴロゴロするなりして休みましょう。失恋はあるショッキングなイベントなので、堂々と心の休暇を取っておきたいものなのです。

激しい運動をして疲れたら、次の休日はゆっくり体を休みますよね。失恋は心が激しい運動をしたあとのようなものです。だからこそ、心もゆっくり休めてあげましょう。

 

友達と遊んでストレス発散

失恋後は、しばらく何をしていても彼のことばかりを考えてしまいますよね。思い出しては辛くなり…の繰り返しで、心の平静を保つのが大変なものです。

そんなときは、とにかく友達と遊び行ったり、飲みに行ったりなどをして、ストレス発散を図ることが大切です。楽しい場にひたすら自分の身を置いていれば、嫌なことに気持ちの整理がつくのも早いです。

友達と一緒にいて、「一人にならない」状況を作ることも大事なポイントですね。一人になると、何かを考えることが増えてしまい、失恋のことを思い出してしまうでしょう。

失恋から立ち直って悲しみを整理するためにも、基本的には一人にならず、友達と過ごすことはとても効果的なのです。

 

自分を肯定してあげよう

失恋すると、人は自然とネガティブ思考になってしまうことが多いです。「私なんて…」と自分のことを過剰に卑下してしまったり、自分のことを否定してしまうことが増えてしまいます。

まずは意識的に、自分のことを肯定してあげる姿勢を持とうとすることが大切です。失恋は苦しいものですから、自分に対してまず「辛かったね、お疲れさま」と声をかけてあげてください。

どんな風に失恋してしまったにせよ、頑張ってそれまで恋愛してきたことは素晴らしいことであるはずです。そんな頑張った自分を褒めてあげることを、忘れないでくださいね。

 

仕事や趣味に一生懸命打ち込む

失恋して立ち直れないときは、とにかく仕事や趣味などに夢中になることが効果的です。仕事中、趣味に打ち込んでいるときなどは、別のことを考えなくて済むからですね。

失恋から立ち直るために大事なのは、辛い気持ちを抱え込みすぎないことです。そのためにも、常に失恋したことばかりを考えないようにすることが大切になります。

上でお伝えした友達と遊ぶという選択肢も良いですが、時間的になかなか難しい人も多いでしょう。そんなときは、自分が無心になれることに一生懸命打ち込むことが一番ですね。

その結果、仕事や趣味などで素晴らしい結果を残すことができれば、きっと明るい気持ちも戻ってくるはずですよ。

 

傷心旅行に出かける

気持ちを新たにするために、失恋後に傷心旅行に出かける人は多いです。旅行は自分自身に新しい世界を見せてくれるので、癒しや新鮮さを感じるのに最適なのです。

温泉で心身共に疲れを取るのも良いですし、海外へ旅行してまだ見ぬ世界へ飛び込んでみるのも面白いはずです。世界の広さを実感すると、急に自分の悩みがちっぽけなものに感じられて、気持ちがスッキリすることも多いものです。

 

新しい恋に目を向ける方法とは?

失恋から立ち直る方法の一つとして、やはり新しい恋に目を向けることも忘れないでおきたいですね。

確かに最初のうちは、「もう恋なんて…」と思うくらい落ち込んでいるかもしれません。ですが、ちょっとしたきっかけさえあれば、失恋の悲しみなんて一気に吹き飛ばしてくれるくらい新しい恋にはパワーがあります。

では、最後に新しい恋に目を向ける方法について考えてみましょう。

 

 

理想の恋を考えてみる

失恋なんてどうでもよくなるくらい、次は理想的な恋がしたいですよね。ドラマや映画に出てくるような恋愛には、誰もが一度は憧れるものです。

失恋で恋に絶望している今だからこそ、一度自分の理想の恋愛について考えてみてはいかがでしょうか。好きな恋愛ドラマ・映画を観て、「こんな人と付き合いたい!」「こんなシチュエーションで出会いたい!」など、憧れを膨らませてみましょう。

理想の恋愛イメージを持つことは、次の恋に足を進めるためのモチベーションアップに繋がります。新しい恋に目を向けることができれば、失恋からすっかり立ち直ることができる日も近いですよ。

 

異性からの誘いは断らない

失恋が苦しいなら、ある意味ムリヤリにでも悲しみを忘れられるきっかけが必要なときはあります。また、次の恋愛が億劫になっている人も多いでしょうから、そんなときは周りからの働きかけに乗っかってしまうことも大切です。

もし異性からのお誘いがあれば、基本的には断らず前向きに考えてみましょう。「次に付き合う相手かもしれないから…」なんて重く考える必要もありません。新しく、男性に目を向けるきっかけになればそれで良いのです。

また、友達などから合コンや婚活パーティーなどに誘われたときも、積極的に参加していきたいところですね。多くの男性と出会う機会があれば、今まで好きだった彼以外にも選択肢はあるのだということを認識するきっかけにもなります。

 

真逆のタイプに目を向ける

次に恋をするなら、今度は違ったタイプの男性に目を向けてみることも一つの手です。失恋で痛い目を見たからこそ、真逆のタイプに目を向けることで面白いくらいに恋が上手くいく場合もあります。

失恋して悲しいのは、彼にしか興味がなかったからです。勿論恋愛とは一人の男性と距離を縮めていくことですから当然ですが、次の一歩を踏み出すためにも思い切って別のタイプの男性に目を向けてみましょう。

今まで接したことのないタイプの男性とコミュニケーションを取るだけで、新鮮な気持ちになることができるはずです。そんな新しい興味関心が、失恋から立ち直るきっかけを与えてくれるものなのです。

 

自分磨きを実践

新しい恋に目を向けるとはいっても、なかなか出会いが望めない場合もあるでしょう。仕事が忙しい人などは、合コンや飲み会にでかける余裕がない人も多いはずです。

出会いがないときは、とにかく自分磨きを実践することです。メイクやファッションの研究も良いですし、仕事でキャリアップを図ることも素晴らしいことですね。

自分が魅力的になれば、自然と異性との出会いのチャンスは増えていくものです。新しい自分を見つけて、次の恋を呼び込みましょう。

 

まとめ

失恋から立ち直る方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

心に大きなダメージを受ける失恋ですから、落ち込んで当然です。「早く立ち直らなきゃ…」「気持ちを強く持たなきゃ…」と焦らないでくださいね。まずはゆっくり休んだり、ストレス発散するなどして、心のケアを図ってください。

失恋から立ち直ることができれば、嫌なことも良い思い出になります。そしてその経験は、あなた自身をより素魅力的な女性へ変化させてくれるきっかけにもなるはずです。

ぜひ失恋の経験を財産にしながら、次はより素敵な恋を楽しんでくださいね。

こちらもおすすめ☆

関連タグ