行楽シーズン到来!青空の下でのピクニック&ガーデンランチ実例16選☆

涼しくなって「お外でごはん」が気持ちいい季節になってきましたね。運動会や遠足などのイベントもあり、お弁当を持って出かけることも多いのではないでしょうか。今回は、ちょっとおしゃれなピクニック写真や、すぐ真似したくなるようなお弁当写真などを集めてみました。参考にしてみてくださいね。

2017/10/13 更新
著者:
行楽シーズン到来!青空の下でのピクニック&ガーデンランチ実例16選☆

著者名

komame.m

komame.m

シンプルインテリアと収納が好きで、”丁寧な暮らし”と”ゆる家事”という言葉に弱い主婦です。双子を含めた3人の息子たちと、いかに心地よい暮らしができるかを日々考えています。

涼しくなって「お外でごはん」が気持ちいい季節になってきましたね。運動会や遠足などのイベントもあり、お弁当を持って出かけることも多いのではないでしょうか。今回は、ちょっとおしゃれなピクニック写真や、すぐ真似したくなるようなお弁当写真などを集めてみました。参考にしてみてくださいね。

やっぱり楽しみはこれ♪お弁当の中身

yori0515

おかず系サンドイッチとスイーツ系サンドイッチが入って、味も見た目もバランスのいいサンドイッチ弁当。こいのぼりやカブトをモチーフにした食材は春らしいものの、盛り付け方などは季節問わず参考になりますね。お弁当箱に竹かごを使っているところが、外ランチの清々しさを感じさせます。


 

広告

 

mika.nnokanzume

正方形にカットされたサンドイッチと、うずまき状のサンドイッチ。ペロペロキャンディに見立てたハムサンドが主役となって、とてもかわいいですね。ワックスペーパーをはみ出すように敷いてるから、よりポップさが増して元気な印象になっています。お弁当箱を開けた瞬間の、子供たちの喜ぶ顔が目に浮かぶようですね。


 

_mojyu_

こちらはワックスペーパーがはみ出してはいるものの、お弁当箱と同じ向きで敷いているので落ち着いた印象になっています。サンドイッチをそろえて並べ、ミントを添えることで見映えもアップ。大人向けのシンプルなサンドイッチ弁当です。


 

sugar.325

兄弟そろってのお弁当は、それぞれのお顔弁当もいいですね。彩りや飾り切り、ピックなど少しずつ工夫すると完成度がぐんと上がります。赤、緑、黄色をバランス良く並べることを意識して、元気なお弁当にしたいですね。


 

maborosisanta

なんともおしゃれなお弁当!紫やオレンジが多く、秋らしさを感じます。おにぎりの具材を中に入れるだけではなく、上に乗っける「手まり寿司風」もいいですね。フルーツを無造作に盛り付けたり、ミニトマトより小さいマイクロトマトを使ったりすると、「果実がこぼれ落ちた」ような秋らしい演出ができるんですね!とても参考になります。


 

お気に入りのアイテムがあればより楽しい

kakko

保温・保冷効果のあるウォーターボトルは、ピクニックやアウトドアにぴったりですね。スケッチ風のイラストがかわいい水筒は、松尾ミユキさんのデザイン。シックなモノトーンカラーだから、オフィスで使っても素敵です。


 

slow.life.works

ほとんどを竹かごで揃えたら、こんなにナチュラルな雰囲気に!クラシックなスタンレーの水筒も、とてもよく似合っています。おにぎりとフルーツというシンプルなお弁当だからこそ、入れ物の良さを最大限に楽しめますね。


 

yori0515

お出かけ前、まだしんと静かな朝ですが、準備万端。機能性抜群のコールマンのレジャーシートに、シックでモダンなステルトンのジャグ、市場かごに、ディーン&デルーカの保冷バッグなどのお気に入りを準備して、ワクワク感が伝わってきますね。


 

yori0515

親子遠足は、荷物もたくさん。だからトートにざっくりと入れるのがいいですね。こちらのトートは、ドイツのフレディ・レック・ウォッシュサロンのものです。巾着仕様になっていて、口がぎゅっと絞れるから、中身が見えたりはみ出したりする心配もありません。


 

レジャーシートを広げたら、一気にピクニック気分♪

yori0515

赤いチェックのレジャーシートは、秋冬に活躍させたい温かみある色合いですね。市場かごからちらりと覗く、鹿児島睦さんのハンカチはお弁当包みにもぴったりです。


 

 

n_____ie

おしゃれな女子会といったワードを連想させるような一枚です。ランチボックスやスープジャー、さらにはワインなどが並び、スペシャル感が漂ってきますね。すべてがいいお値段するのでは…という感じですが、レジャーシートはなんとキャンドゥで買ったものだそう!シンプルながらもおしゃれで、よりピクニックが楽しめそうです。


 

出かけなくてもおうちで外ランチ

芝生のある公園や、広い河川敷などに出かけるのも気持ちがいいですが、おうちから一歩外にでるだけでも気分が全然違います。

 

slow.life.works

もしお庭や広めのウッドデッキ、屋上などがあるのなら、テーブルと椅子を出して。外でご飯を食べるだけで、いつもの食事が一気に特別なものになりますね。パラソルで日差しもカットすれば、まるでおしゃれなカフェテラスみたい!非日常を味わいたいなら、ぜひ。


 

slow.life.works

広い屋上やお庭がなくても大丈夫!もっと手軽に、ウッドデッキや縁側でおにぎりをほおばるだけでも気持ちのよいランチが楽しめます。いつもは食の進まないお子さんも、この方法ならパクパク食べてくれる、なんて嬉しい効果も♪


 

ryuryu_home

中庭があれば、住宅街でも「お庭で食事」を楽しめますね。テラスにテーブルがあるなんて、とっても素敵♪自分で植え、育てた草木を眺めながら昼下がりのブランチ♡優雅でセレブ感が漂います。


 

ryuryu_home

またある時は、テラスでバーベキューも!小さなお子さんがいても、無煙炭火のロータスグリルなら安心してバーベキューを楽しめます。着火が早く煙も出ず、容器が熱くなりすぎないので、テラスやベランダで大活躍しますよ。


 

カリッジ マーケット

なくても困らないけれど、あると日常がぐんとグレードアップするのが、アウトドア対応のテーブルと椅子ではないでしょうか。おうちで外ご飯をする機会が増えてきたら、ぜひ取り入れたいアイテムですね。


 

まとめ

おしゃれピクニックから、ガーデンランチやバーベキューまでご紹介してきましたが、いかがでしたか。場所やお弁当の中身はそれぞれ違えども、青空の下で楽しむランチが格別なのは同じです。気持ちの良い行楽シーズン、外ランチをたくさん楽しみましょう。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!