彼氏向けバレンタインのメッセージカード例文21選。嬉しいと思って貰える内容はこれ

本記事では、バレンタインに彼氏が嬉しいと感じてくれそうなメッセージカードの例文をご紹介します。メッセージカードを書く際のポイントについても解説していますので、素敵なバレンタインにしたい方は是非参考にしてみて下さい。

公開日:
彼氏向けバレンタインのメッセージカード例文21選。嬉しいと思って貰える内容はこれ
mochi_kinako

mochi_kinako

ライター

ハンドメイドや模様替えが大好きな1児の母です。最近は手帳のデコレーションも、日々楽しんでいます。インテリアの他、ギフトや暮らしの知恵など、幅広い記事を執筆できればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

彼氏が嬉しいと思うバレンタインのメッセージカード特集

彼氏に改めて愛を伝えるよい機会でもある、バレンタイン。そんなバレンタインには、メッセージカードを準備するのがおすすめです。メールよりも気持ちが伝わり、手紙ほど重い雰囲気にならないメッセージカードは、彼氏との仲を深めたい方にもぴったり。

本記事では、そんなバレンタインのメッセージカードにふさわしい一言例文をご提案します。メッセージカードを書く際のポイントも解説していますので、そちらもチェックしてみて下さい。

バレンタインに彼氏に送るメッセージカードのポイントとは?

バレンタインに彼氏に送るメッセージカードのポイントとは?

バレンタインのメッセージカードというと、どんな内容のものを書けばよいか迷ってしまいがちですよね。せっかくのメッセージカードも気持ちばかりがはやって失礼なことを書いてしまったり、誤解されるようなものになってしまっては本末転倒です。

まずは、彼氏が嬉しいと感じてくれる、バレンタインのメッセージカードを書くポイントから見ていきましょう。内容はもちろん、ペンの選び方や書き方についてもお届けしますので、初めて彼氏へメッセージカードを渡す方も必見です。

 

 

ポイント①手書きにする

メッセージカードをバレンタインに書く際は、手書きがベストです。プリンターがおうちにある方はついスマホやパソコンで作って印刷してしまいたくなるかもしれませんが、メッセージカードは手書きのほうが気持ちが伝わるものです。

また、メッセージカードを書く際は、黒か青のペンがおすすめ。バレンタインらしい赤やピンクもかわいらしいですが、赤や緑は絶縁や決別を伝える色であるとも言われています。誤解を与えないよう、ペンの色にもこだわると安心です。

 

ポイント②できるだけ修正テープは使わない

うっかり書き間違えてしまった……なんていうことは、あるある。修正テープを使いたくなるかもしれませんが、できる限り書き直すのがベターです。

せっかくのバレンタインですので、胸を張って渡せるメッセージカードを作るよう心掛けたほうがよいでしょう。

少しインクが飛んだぐらいであれば、シールやマスキングテープでごまかすのも一考ですが、特に名前は修正しないほうが無難。メッセージカードを準備する際は、多めに買っておくといざというときも慌てずに済みます。

 

ポイント③ネガティブな内容にしない

バレンタイン直前に喧嘩してしまった場合などは、ついメッセージカードにも不満を書きたくなってしまうかもしれません。

ですが、バレンタインのメッセージカードを大切に保管しておく彼氏もいるもの。後から見返したときにいやな気持にならないよう、たとえ一言でもネガティブなことは書かないようにするのが重要です。

また、「私なんか」「何のとりえもない私に」など自分を卑下してしまう内容も、彼氏にとってはさみしいもの。せっかくのバレンタインですので、見返したときに楽しくなるような、ポジティブな内容を心がけて下さい。

 

バレンタインに送るメッセージカード|付き合いたての彼氏に

バレンタインに送るメッセージカード|付き合いたての彼氏に

付き合い始めたばかりで、2人でバレンタインを迎えるのが初めてというときは、メッセージカードを書くのも緊張してしまうものですよね。バレンタインに限らず、初めてメッセージカードを彼氏に渡すという方も多いかもしれません。

気を付けたいのは、彼氏をキュンとさせたいと意気込んでしまうばかりに、重い内容になってしまわないようにすること。普段のメールでのやり取りの延長のような内容にすると、彼氏も気負わずに読んでくれるでしょう。

 

年上彼氏が喜ぶ例文

  • いつも素敵なデートを企画してくれてありがとう!これからもよろしくね。
  • ◎◎さんといると、どんどん新しい世界が広がってくる気がしています。楽しい毎日をありがとう。
  • いつもくれる的確な一言に、支えられています。◎◎さんと出会えてよかったです!

年上彼氏へのバレンタインのメッセージカードは、例文のように日ごろの感謝の気持ちを含めるのがおすすめ。頼られるのが好きなタイプの方なら、きっと「これからも彼女を大切にしていこう」と感じてくれるはずです。

 

同い年彼氏が喜ぶ例文

  • 人生初の手作りのチョコクッキーにチャレンジしてみました。食べてみてね。
  • ◎◎くんに似合いそうなマフラーを見つけたので、バレンタインのプレゼントに贈ります。気に入ってくれたらいいなあ。
  • ◎◎くんと付き合えて毎日が楽しいです。これからもよろしくね。

同い年の彼氏へのバレンタインのメッセージカードは、ちょっぴりかしこまった内容もよいでしょう。普段のラフなやり取りとのギャップで、印象的なメッセージカードとなりそうです。

 

年下彼氏が喜ぶ例文

  • ◎◎くんの前向きなところ、本当に尊敬しています。××の試験、頑張ってね!
  • 忙しい中でもいつもこまめに連絡してくれて、ありがとう。寒くなってきたから、体調に気を付けてね。
  • 運転中の横顔や、ご飯を食べるときのしぐさが、かっこいいなぁってひそかに見ています。だいすき!

年下の彼氏へのバレンタインのメッセージカードは、例文のように具体的なエピソードを交える内容も喜ばれます。年齢差を意識しすぎない内容もよいでしょう。

 

バレンタインに送るメッセージカード|長年付き合っている彼氏に

バレンタインに送るメッセージカード|長年付き合っている彼氏に

長年付き合った彼氏へ、改めて一言を贈るのは照れ臭いもの。ですが、長く付き合っているからこそ嬉しい一言というのもあります。バレンタインの後もずっとずっと彼氏と仲よくいたいと思うなら、ぜひ素直な気持ちをメッセージカードにつづってみて下さい。きっと彼氏も嬉しいと感じてくれるはずです。

ただし心がけたいのは、結婚や同棲など次のステップを要求する内容は控えること。もちろん女性側から積極的に働きかけるのはよいのですが、文字数のさほど多くないメッセージカードでは誤解を招く可能性もあります。

 

 

当日に会う場合の例文

  • ケーキのお味はどうですか?来年は◎◎くんが好きなパイにしてみようかな?楽しみにしていてね!
  • 寒くなってきたので、欲しがっていたニットを贈ります。次回は何がいいか、考えておいてね。
  • 今回で5回目のバレンタインだね。毎年幸せです。6回目も楽しみにしているね!

当日に会う予定の場合は、ごくシンプルな文章で気持ちを伝えるのがおすすめです。例文にあるように「次回も」「これからも」と未来を示唆する言葉も、喜ばれるでしょう。

 

忙しい彼氏向けの例文

  • 毎日遅くまでお疲れ様!移動中にも食べやすそうな、小さめのチョコレートを贈ります。疲れた時に食べてね。
  • 休日出勤、お疲れ様。体調第一で無理はしないでね。ずっと応援しています。
  • 連日の出張、大変だね。あったかい飲み物で、たまにはのんびりしてね。だいすきだよ。

忙しい彼氏へのバレンタインのメッセージカードには、例文のような体調をいたわる言葉が喜ばれます。「応援しています」「だいすき」というストレートな言葉もよいでしょう。

 

遠距離恋愛中の例文

  • いつも電話してくれて、ありがとう。次回のバレンタインは◎◎くんと過ごせるといいな。次に会える日を心待ちにしています。
  • 離れていても◎◎くんのことを思うと、頑張ろうって思えるよ。また電話しようね。
  • こっちは雪が降りました。また雪だるま、一緒に作りたいな。来月の温泉も楽しみです。

遠距離恋愛をしている場合は、前向きな一言を多く入れるのがおすすめです。「次に〇〇しようね」「また〇〇しようね」など、未来を示唆する一言も嬉しいものです。

 

結婚が決まっている場合の例文

  • 恋人同士で過ごすバレンタインは、今年で最後だね。改めて、これからもよろしくお願いします。
  • プロポーズしてくれて、本当にありがとう。◎◎のことを幸せにできるよう、私も精いっぱい頑張ります。大好きだよ。
  • ◎◎と結婚できること、本当に嬉しいです。これからもいろいろなことがあるかもしれないけど、2人で乗り越えていこうね。

婚約中のバレンタインのメッセージカードは、結婚後のことを書くとよいでしょう。例文のように改めて感謝の気持ちをつづるのもおすすめです。

 

バレンタインに彼氏に送るメッセージカード|まとめ

彼氏が喜んでくれそうな、バレンタインのメッセージカードの例文をお届けしました。さまざまな例文をご紹介してきましたが、大切なのは素直な思いをつづること。

たとえ一言であっても、どんな内容であっても「自分のためにメッセージカードを書いてくれた」ということだけで、彼氏は嬉しいと感じてくれます。ぜひ気負いすぎず、彼氏への思いをメッセージカードにつづってみてください。きっと素敵なバレンタインになりますよ。

こちらもおすすめ☆