ハロウィンに言いたい英語フレーズ12選。子供〜大人までおしゃれな言い回しをご紹介

今回はハロウィンに使えるおすすめの英語フレーズを大特集!日本でも定番になっているハロウィンイベントですが、今年はおしゃれなフレーズを覚えてさらに楽しんでみませんか?カードに書きたい定番の英語挨拶からユニークなフレーズ、ひと言例文や誘い文句など12フレーズをご紹介。

公開日:
ハロウィンに言いたい英語フレーズ12選。子供〜大人までおしゃれな言い回しをご紹介
Sunny_side

Sunny_side

ライター

海沿いの町で夫と子ども達と暮らしながら、英語を使った仕事をしています。映画・キャンプ・海・手作り・本・エクササイズ、色んな事が大好きです。Let’s try anyway!とにかく何でもやってみよう。

ハロウィンにおすすめの英語フレーズをご紹介!

今回はハロウィンに使える、おすすめの英語フレーズを大特集!日本でも定番になっているハロウィンイベントですが今年はおしゃれなフレーズを覚えて、さらに楽しんでみませんか?

カードに書きたい定番の英語挨拶からユニークなフレーズ、ひと言例文や誘い文句など12フレーズをご紹介。大人も子供も使いやすい、おすすめフレーズばかりです。

ハロウィンの英語フレーズ《定番》

ハロウィンの英語フレーズ《定番》

まずはハロウィンの定番英語フレーズをご紹介。日本でもなじみのある「Happy Halloween!」や「Trick or treat!」以外の英語表現をピックアップしました。

どれも簡単で気軽に使えるおしゃれな英語フレーズばかり。パーティー飾りのガーランドやメッセージボードなどに、ぜひ取り入れてみてくださいね!

 

 

ハロウィン仕様の定番英語フレーズ

Have a bootiful Halloween

素敵なハロウィンを!

出典: https://www.popalpha.co.jp/

『Have a 〇〇!』という挨拶の定番表現を、ハロウィン風にアレンジした英語フレーズ。もともとはイングランド東部にあるノーフォーク州で話される方言だった、という説もあります。

『beautiful』という言葉を『boo』という相手を脅かす時に使う単語に、もじっているこのフレーズ。「素敵なハロウィンを過ごしてね!」という意味で、気軽に使えるハロウィンの定番フレーズです。

 

ハロウィンならではの定番英語フレーズ

Enjoy a spooky night

不気味な夜を楽しく過ごしてね

出典:https://giftpedia.jp/

「不気味な夜も楽しんでね!」という意味の英語フレーズ。不気味な夜を楽しむなんて、ハロウィンの夜しか体験できませんよね。

『spooky』とは「不気味な・オバケが出そうな」などの意味。『spooky』と『spectacular(素晴らしい)』の造語『spooktacular』を使った『Have a spooktacular night!』もよく使われるフレーズです。

 

子供に掛けたい定番英語フレーズ

Dress up and enjoy Halloween.

仮装して楽しんでね!

出典:https://english.cheerup.jp/

ハロウィンパーティーへの招待状にも書きやすい便利な英語フレーズです。『Dress up』には「ドレスアップする・おしゃれをする」の意味ももちろんありますが、ハロウィンの仮装の場合にもOK。

ほかには『wear a costume』という言い方も使えます。『put meke-up on(仮装メイクをする)』、『put on a wig(かつらをかぶる)』なども、あわせて覚えておくと便利です。

 

ハロウィンの英語フレーズ《ユニーク》

ハロウィンの英語フレーズ《ユニーク》

続いてはハロウィンで言いたいユニークな英語フレーズ。サラッと使えると、ちょっとかっこいい表現をご紹介します。外国の人たちとのハロウィンパーティーなどネイティブスピーカーとの交流があれば、ぜひ言ってみてください。

大人も子供もすぐに使える簡単な英語フレーズばかり。ここでは、3つの例文をピックアップしました。

 

定番の受け答えにユーモアを効かせたフレーズ

Treat, of course!

いたずらしていいよ!

出典:https://giftpedia.jp/

『Trick or treat!(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)』と言われたら、このフレーズを言ってみてください。

本来は「お菓子といたずらどっちがいい?」と聞かれたときに「お菓子をあげるからいたずらはやめて!」という意味合いで、キャンディーなどを渡すのが一般的。

『Treat, of course!(もちろん、いたずらで!)』と言ってみると、子供達の驚く顔が見られるかもしれません。

 

witchを使ったハロウィンらしいフレーズ

I witch you a happy Halloween.

よいハロウィンを

出典:https://oggi.jp/

『I wish you a merry Christmas!』などでおなじみの『I wish you 〇〇』の表現。それをハロウィンバージョンに、もじったのがこちらの英語フレーズです。

『wish』という単語を、日本語で魔女を表す『witch』にチェンジ。「よいハロウィンを過ごしてね!」という意味で、カジュアルに使えます。お菓子に添える、ひと言メッセージにもおすすめです。

 

ハロウィンでおしゃれに言いたい英語フレーズ

Have a blast getting scared.

怖がるのを楽しんで

出典:https://yumelog.net/

おしゃれにサラッと使える、こんなフレーズもおすすめです。「突風・大音響・吹き飛ばす」などの日本語訳を持つ『blast』には「お祝いする」という意味も。

また『have a blast』は「楽しい時を過ごす」という表現もできます。『getting scared(怖がる)』を付けて、ハロウィンチックな一文に。ひと味違うハロウィンメッセージを言いたい人に、ぜひおすすめです。

 

ハロウィンの英語フレーズ《ひと言》

ハロウィンの英語フレーズ《ひと言》

ここではハロウィンのひと言英語フレーズを集めました。よく耳にする定番の掛け声や、日常会話として使えるものなど3つの例文をご紹介。ハロウィンでなくても、すぐに使いやすい簡単なフレーズばかりです。

親子で一緒に口に出して練習してみるのも◎。日本のハロウィンイベントでも気軽に使えるので、ぜひ覚えてみてくださいね!

 

 

「いないいないばあ!」でおなじみのひと言英語

Boo!

ばあ!

出典:https://canada-portal.com/

『Boo!』は誰かを驚かせるときに使う英語表現。日本では「ばぁ!」の言い方が一般的です。大人が赤ちゃんや小さな子供へ向けて言う「いないいないばぁ!」は、英語で『Peek a boo!』と言います。

ハロウィンの仮装で誰かをびっくりさせたいときに便利。『Boo!』と誰かに驚かされたら、『You scared me!(びっくりさせないでよ〜!)』というフレーズを言ってみましょう。

 

ホラー映画を見た後にも使えるひと言フレーズ

I feel creepy.

ゾッとする

出典:https://oggi.jp/

『creepy』は日本語の「ゾッとする」や「身の毛のよだつ」状態を表す形容詞。「怖い・恐ろしい」という意味を持つ『scary』とはまた少し違い、『creepy』には得体の知れない不気味なニュアンスが含まれています。

あなたの仮装を見て誰かが『Oh, I felt creepy.』と言っていたら大成功。『That was creepy.』など主語を替えた言い方もできます。

 

SNSでも使える便利な英語フレーズ

 How do I look?

どう?似合う?

出典:https://1to1movement.org/

『How do I look?』は日本語で「私どう見える?似合ってる?」の意味。SNSでアップしたハロウィンの写真に、ひと言添える際も便利なフレーズです。

誰かにこう聞かれたら『It’s good on you!(似合ってるよ!)』『You’re way to cute!(可愛すぎる!)』などと答えるのが◎。『I like your makeup!(メイクいいね!)』など具体的に褒めるのもおすすめです。

 

ハロウィンの英語フレーズ《お誘い》

ハロウィンの英語フレーズ《お誘い》

最後はハロウィンを迎える前に使える英語フレーズをご紹介。欧米ではハロウィンが近づくと、友人やご近所さん、ママ友同士の会話にもハロウィンの話題が多く登場します。

ここでは3種類の英語例文をピックアップ。日本でもホームパーティーにお誘いするときなど、ぜひ使ってみてください。インビテーションカードに添えるメッセージとしてもおすすめです。

 

ハロウィンの予定を聞きたいときのフレーズ

Who are you going trick-or-treating with?

誰とトリック・オア・トリートにいくの?

出典:https://yumelog.net/

子供にハロウィンの予定を聞きたいときに便利な英語フレーズ。『Who are you going 〜with?』は日本語で「誰と〜に行くの?」という意味で、ハロウィン以外にも便利な表現です。

会話分の中で『trick or treat』を用いる場合は『trick-or-treating』という動詞系にすることが多く「ハロウィン関連の行動」をする際によく使われています。

 

ハロウィンパーティーへのお誘い英語フレーズ

Let’s dance like a ghost on Halloween.

ハロウィンはゴーストのように踊ろう

出典:https://english.cheerup.jp/

日本ではハロウィンのホームパーティーをする人も多いのでは?そんな時には、英語フレーズを添えたインビテーションカードを送るのも素敵です。

『Let’s dance like a ghost on Halloween.(ハロウィンはゴーストのように踊りましょう)』は、ハロウィンの日ならではユニークなフレーズ。場所や日時など詳細はすべて日本語で書き、最後にこの一文を英語で書くのもおしゃれです。

 

仮装について聞きたいときの英語フレーズ

What’s your Halloween costume?

あなたのハロウィンコスチュームは何?

出典:https://yumelog.net/

仮装について尋ねたいなら、こんなフレーズが便利です。子供も大人も仮装を楽しむ日本のハロウィン。コスチュームが被らないよう『What’s your Halloween costume?』と聞いてみましょう。

学校でハロウィンイベントがある場合も多い欧米では、子供同士でよく交わされるフレーズ。『I’m gonna dress up as a witch.(私は魔女の仮装をするよ)』などで返事ができます。

 

英語フレーズでハロウィンを楽しもう!

今回は日本人も使いやすいハロウィンの英語フレーズを特集しました。このほか『skeleton(ガイコツ)』『dracula(ドラキュラ)』『evil spirit(悪霊)」など、ハロウィンに関する単語もおすすめ。

ハロウィンの洋書絵本を親子で読めば楽しみながら英語が学べます。日本でも人気の行事になっているハロウィン。大人も子供も楽しんでください!

こちらもおすすめ☆