もらって嬉しい《メッセージカード》の言葉。お祝いや感謝の気持ちを伝えよう

お世話になった方や大切な友達や恋人の祝いのときは、相手が嬉しいと思うような気の利いた言葉をメッセージカードに認めて渡すのがおすすめです。そこで今回はもらって嬉しいメッセージカードの言葉をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

公開日:
もらって嬉しい《メッセージカード》の言葉。お祝いや感謝の気持ちを伝えよう
saku

saku

ライター

1K6畳に住む都内在住のアラサーです。インテリア雑貨やメイクやファッションが好きなので、手軽に役立つ情報を発信していければと思います。3歳のチワワと暮らす愛犬家でもありますので、ペットとのより楽しい暮らしも提案します。

メッセージカードの嬉しい言葉の例文を紹介

お世話になった方や大切な友達や恋人の祝いのときは、相手が嬉しいと思うような気の利いた言葉をメッセージカードに認めて渡すのがおすすめです。

気持ちを言葉としてメッセージカードで伝えることにより、より一層感謝の思いやお祝いの気持ちが伝わるはずですからね。

そこで今回はもらって嬉しいメッセージカードの言葉をいくつかご紹介します。もらって嬉しいメッセージカードを書くための方法もご紹介しますので、メッセージカードを書く際の参考にしてくださいね。

メッセージカードの嬉しい言葉《書き方》

メッセージカードの嬉しい言葉《書き方》

最近はメールやラインでのやりとりが主流ですので、メッセージカードや手紙の書き方が分からないという方も多いのではないでしょうか。特に「もらって嬉しい言葉を書きたい!」と思っている方にとっては、どう書き始めて良いのか迷ってしまいますよね。

そこでまずは相手がもらって嬉しいと感じるようなメッセージカードを書く方法やコツをご紹介していきます。書き方をチェックした上で、メッセージカードを渡す相手のことを考えて言葉を認めてみると良いでしょう。

 

 

書き方①メッセージは簡潔に書く

メッセージカードの醍醐味は、渡す側ももらう側も気軽に気持ちを伝えることができるということ。なのでメッセージカードに書く言葉は簡潔なものがおすすめです。

長々と言葉が書かれているメッセージカードも嬉しいと思われるかもしれませんが、せっかくメッセージカードで気持ちを伝えるのならシンプルで嬉しい言葉をチョイスすると良いでしょう。周りくどい言葉や比喩的な言葉ではなく、ストレートに気持ちを伝えられるような言葉を選ぶのがおすすめです。

 

書き方②伝えたいことを整理してから書く

メッセージカードに書く言葉は、シンプルかつストレートなものが喜ばれます。なのでメッセージカードを書き始める前に、相手に伝えたい言葉を整理してから書くようにしましょう。

「何のために書くのか」「何を伝えるために書くのか」という点を整理してからメッセージカードに言葉を書き始めると良いでしょう。伝えたいことがまとまらない時には相手に伝えたいことを箇条書きにして、その中から厳選してメッセージカードに書いてみると良いでしょう。

 

書き方③嬉しい言葉を考えながら書く

相手がもらって嬉しいと感じるメッセージカードの言葉を考えるのなら、まず自分がもらって嬉しいと思えるような言葉を考えると良いでしょう。

「ありがとう」「お疲れ様」「おめでとう」「大好きだよ」など、かけられて嬉しい言葉は数々あるかと思いますが、その中でも素直に嬉しいと思える言葉をチョイスしながらメッセージカードを書くと、相手も同じように嬉しいと感じてくれるはずですよ。明るい言葉や前向きな言葉選びもメッセージカードを書く上で重要です。

 

書き方④言葉遣いは正しく丁寧に書く

せっかく相手が嬉しいと感じるような素敵な言葉をメッセージカードに書いたとしても、字が汚かったり誤字や脱字があったりすると気分が盛り下がってしまいます。もらって嬉しいメッセージカードを書きたいのなら、まず丁寧に言葉を書くことを意識しましょう。

誤字脱字を防ぐには下書きをすること・見直しをすることが大切です。自分の気持ちを勢いのまま言葉に乗せてしまうと誤字や脱字をしてしまう可能性が高まるので、メッセージカードを書く際には「丁寧に」ということを頭の中に入れておきましょう。

 

書き方⑤華やかにデコレーションをする

相手に嬉しいと思ってもらえるようなメッセージカードを書くために、視覚的にも嬉しいと感じてもらうような工夫をすることもおすすめです。黒いボールペンだけでメッセージカードを書くのではなく、カラーペンを用いてデコレーションをすると良いでしょう。

絵が苦手という方は、簡単にメッセージカードをデコレーションできるシールやマスキングテープを貼るのがおすすめ。100円均一のショップでも手に入るので、相手が嬉しいと感じるようなものをチョイスしてくださいね。

 

メッセージカードの嬉しい言葉例文《誕生日》

メッセージカードの嬉しい言葉例文《誕生日》

年に1回訪れる誕生日は、その人が生まれた記念すべき大切な日。そんな日に喜んでもらえるようなメッセージカードを送りたいと思っている方も少なくないでしょう。日頃の感謝や面と向かっては伝えづらい本当の気持ちなどをメッセージカードに認めて、より深い関係性を築いてくださいね。

ここでは誕生日に渡すメッセージカードの例文をご紹介します。メッセージカードを渡すシチュエーションや相手別にご紹介しますので、状況にあったものを参考にしてください。

 

 

花に添える嬉しいメッセージカード例文

例文:Happy Birthday♩このお花は○○の誕生花なのでぴったりかなと思って選んでみました!これからも素敵で輝きに満ちた日々を過ごせますように。

誕生日をお祝いする時に、お花をプレゼントすることもあるでしょう。そんな時に伝えるメッセージカードの例文です。せっかくお花を渡すのであれば、なぜそのお花をプレゼントしたのかということをメッセージカードに添えると意味が出て嬉しいと感じてくれるはずですよ。

 

プレゼントに嬉しい添えるメッセージカード例文

例文:誕生日おめでとう!○○が欲しいと言っていた雑貨です!お仕事でもプライベートでも使えるかわいいものを選んだので、喜んでもらえると嬉しいです♩

誕生日プレゼントに添えるメッセージカードは、誕生日おめでとうという言葉と一緒にプレゼントの用途やプレゼントを選んだ理由などを書くと良いでしょう。適当に選んだのではなく、考えてプレゼント選びをしたということが伝わると温かい思いが伝わるはずなのでおすすめです。

 

ケーキに嬉しい添えるメッセージカード例文

例文:Happy Birthday〜!○○と出会えて、こうして一緒に誕生日をお祝いできて幸せです。最近人気のケーキで美味しいものを選んだから、ぜひ食べてね!素敵な1年を!

誕生日といえばケーキですよね。もちろんケーキだけもらっても嬉しいものですが、そこに思いの込められたメッセージカードがあるとより一層嬉しいもの。なので気持ちを込めて言葉を認めましょう。ケーキに添えるメッセージカードはカジュアルな言葉をチョイスすると良いでしょう。

 

友達への嬉しいメッセージカード例文

例文:誕生日おめでとう!○○にとって最高な1年になることを願っています。いつも励ましてくれたり話を聞いてくれたりして本当にありがとう。○○は私にとって自慢の友達だよ!これからもずっと友達でいてね!

友達の誕生日でメッセージカードを渡す時には日頃の感謝の一言を添えるのがおすすめです。友達とはいつでも助けてくれるような存在なので、そのことへの感謝を誕生日という特別な日に伝えると嬉しいと感じてくれるでしょう。

 

恋人への嬉しいメッセージカード例文

例文:○歳のお誕生日おめでとう!いつもお仕事を頑張っている姿を見て心から尊敬しています。私にサポートできることがあったら言ってね!また来年も一緒にお祝いできたら嬉しいな。これからもよろしくね。

恋人の誕生日にメッセージカードを渡すのなら、いつもは恥ずかしくて言えないような愛情や感謝の気持ちを言葉にすると良いでしょう。ほかにも「また来年も一緒に」などという未来を共にすることを想像できるような言葉をチョイスすると、喜んでもらえるでしょう。

 

メッセージカードの嬉しい言葉例文《退職》

メッセージカードの嬉しい言葉例文《退職》

仕事をしていると退職という別れを経験することもありますよね。別れは寂しく悲しいものですが、退職をする人にとっては新たなステップへ踏み出す素晴らしい転機になります。そんな素晴らしい転機を笑顔で後押しできるようにもらって嬉しいメッセージカードを書けるようにしておきましょう。

退職だけではなく別の部署へ異動してしまう方へのメッセージカード例文としても有効ですので、メッセージカードを渡す相手に合わせて例文を参考にしていただけますと幸いです。

 

 

上司への嬉しいメッセージカード例文

例文:○○さんに教えていただいたことは、私にとって大切な宝物となっています。これまで本当にお世話になりました。これからもどうか体にはお気をつけてご自愛くださいませ。

お世話になった上司が退職をする際のメッセージカードには、お世話になったことへのお礼を添えると良いでしょう。またそのことがどう活きるのかも書くと、もっと喜んでもらえるかもしれません。また「体に気をつけて」などという労りの言葉も添えると丁寧な思いが伝わるのでおすすめです。

 

同僚への嬉しいメッセージカード例文

例文:退職するって聞いた時には驚いたよ!でも新しい環境に行くこと、とても応援してる!○○には仕事でもプライベートでもたくさん助けてもらって、本当に感謝してます。今までありがとう!

同僚が退職をする際に渡すメッセージカードには、感謝の気持ちと一緒にこれからの門出を応援するような言葉を選ぶと良いでしょう。同僚だからこそフランクに素直な気持ちを伝えることができるはずなので、相手がほっとするような言葉を選ぶのもおすすめです。

 

後輩への嬉しいメッセージカード例文

例文:いよいよ退職の日だね。一生懸命仕事に向き合う○○の姿は、後輩ながらとても刺激になったし尊敬してるよ。○○ならどこへ行っても大丈夫だから、いつも通り笑顔を絶やさず頑張ってね。

後輩が退職する際の言葉は、とにかく未来への応援や激励の気持ちを伝えられるようにすると良いでしょう。自分よりも立場が上の人に「大丈夫」と言ってもらえると安心するものなので、後輩の方を優しく包み込めるような温かい言葉を選ぶことがポイントです。

 

友達への嬉しいメッセージカード例文

例文:これまでお仕事お疲れ様!大変な姿を見ることも多かったけど、頑張って仕事をする○○は素敵でとっても輝いていたよ♩この先はゆっくりと休んで、自分の時間を過ごして、有意義な人生に一緒にしていこうね!

友達が退職をするという際には、これまでを労うために「お疲れ様」「頑張ったね」という言葉をメッセージカードに書くと喜んでもらえるでしょう。友達という立場だからこそ見える姿もあると思うので、そういうことを添えるのも喜ばれるでしょう。

 

家族への嬉しいメッセージカード例文

例文:長い間お仕事お疲れ様でした。仕事が大変な中でも家族との時間を大切にしてくれてありがとう。これからはゆっくりとお父さんの時間を過ごしてね。落ち着いたらみんなで旅行に行こう!

家族が退職する際のメッセージカード例文は、あたたかい言葉をチョイスすると良いでしょう。これまで家族のために仕事を頑張ってくれたことへの感謝やねぎらいの気持ちを大切に伝えてあげてくださいね。退職したことで喪失感を抱いている場合もあるので、これからの楽しみも提示してあげると良いでしょう。

 

メッセージカードの嬉しい言葉の例文まとめ

メッセージカードは日頃お世話になった方や大切な人に気持ちを伝えることができるツールの1つです。

面と向かっては恥ずかしい言葉も、メッセージカードならば気軽に素直な気持ちを伝えることができるはずですので、ご紹介した例文を参考にメッセージカードを大切に認めてみてください。

メッセージカードを書くにあたり堅苦しい決まり事はありませんので、ご自身の気持ちをストレートに書いてみると良いでしょう。メッセージカードによって今よりも円満な人間関係を築けるかもしれませんよ。

こちらもおすすめ☆