【効果的】ステンレスについた頑固な水垢も落とす方法

ふと気づいたステンレスのシンクに浮かぶ白い水垢。気がついた時にはこびりついてしまって、なかなか落ちない、なんてことがあります。水垢のないきれいなシンクに戻すために、おすすめな掃除方法と注意すべきポイントを紹介します。

公開日:
【効果的】ステンレスについた頑固な水垢も落とす方法
kajitaku lifestyle columns

kajitaku lifestyle columns

専門家ライター

お掃除や料理の代行や片付け、衣類クリーニングなど、皆さまの生活に関わるサポートを「家事のプロ」たちで行っています。仕事の現場で培ったアイデアや情報など、プロのノウハウを皆さま向けに利用しやすくアレンジ、もしくはわかりやすくご紹介します。

ふと気づいたステンレスのシンクに浮かぶ白い水垢。気がついた時にはこびりついてしまって、なかなか落ちない、なんてことがあります。強くこするとシンクが傷ついてしまいそうで、思ったように掃除できないかもしれません。

頑固な水垢はどうやったらきれいに落とせるのでしょうか。水垢のないきれいなシンクに戻すために、おすすめな掃除方法と注意すべきポイントを紹介します。

シンクに頑固な水垢ができる原因は?


シンクの掃除をしていてもいつの間にか水垢はできてしまいます。その原因は水道水に含まれているミネラルやカルシウムなどの成分です。シンクに付着した水が蒸発したとき、ミネラルやカルシウムはシンクの表面に残されます。

残ったミネラルやカルシウムが層のように重なっていくと頑固な水垢ができてしまうのです。そのため、シンクの壁や蛇口の周りなど、水滴が残りやすいに水垢ができる傾向があります。

また水滴に洗剤が含まれているとミネラル、カルシウムと結びついて石鹸カスができ、さらに落ちにくくなります。シンクが白っぽくなって水垢が気になる頃には、すでに頑固な水垢になってしまっているのです。

軽い水垢なら簡単に落とせますが、白く石灰化した水垢はなかなか落ちません。シンクを傷つけないためにも、水垢がこびりついているレベルに合わせて掃除することが大切です。

カジタクのキッチンクリーニングはコチラ!

 

 

軽い水垢なら重曹ペーストで掃除する


薄くついた水垢はまず重曹で掃除してみましょう。重曹で掃除する場合は、まず重曹ペーストを作ります。重曹は水に溶けにくいので、ぬるま湯を使うようにします。

重曹とお湯の割合は3:1になるようにしましょう。重曹ペーストを水垢が気になる部分に塗りつけて、スポンジで磨きます。重曹には研磨作用があるので、固まった水垢を削り落とすことができます。

ただし強く磨くと傷つけてしまうので注意しましょう。蛇口のような傷がつきにくい場所や目立たない箇所で試してみてから使うようにします。本来、アルカリ性の水垢を落とすには、酸性の洗剤で掃除すると中和され落ちやすくなります。

しかしアルカリ性である重曹は、水垢を落とす力が研磨効果のみなので、軽い水垢の掃除に向いている方法です。これで落ちない場合は次のステップに進みましょう。

 

しぶとい水垢はクエン酸・酢でパックする


 

#クエン酸・酢で掃除する方法


固まってしまった水垢は、柔らかくして落ちやすくする必要があります。アルカリ性の水垢を溶かすのが、酸性のクエン酸や酢です。まずはスプレーボトル、ラップ、キッチンペーパー、クエン酸もしくは酢を用意します。

クエン酸の場合は、水100mlに対して小さじ1/2のクエン酸を溶かします。酢もそのまま使うと強いので、1:1の割合の水で薄めます。

スプレーボトルに入れたら水垢にたっぷり吹きかけてキッチンペーパーでパックします。蒸発しないようにラップを被せましょう。1時間から2時間放置して水垢をしっかり浮かせます。

放置した後はラップとキッチンペーパーを外し、残りのクエン酸スプレーもしくは酢スプレーを吹きかけながら、スポンジで掃除すれば完了です。最後は真水でしっかり洗いながしてから、雑巾で吹き上げて水滴を残さないようにしましょう。

 

#クエン酸・酢で掃除する時の注意点

クエン酸や酢を使うときに必ず守らなければいけないことが、「塩素系漂白剤」と併用しないことです。塩素系漂白剤は酸性のものと混ざると有毒ガスが発生します。

カビ掃除も一緒にしようとして、放置している時にカビキラーを使う、なんてことがないように注意しましょう。またクエン酸、酢のような酸性のものは長時間置きすぎると素材を痛めることがあります。

2時間を超えて放置するときは様子を見ながら少しずつ行いましょう。心配な方は、シンクの目立たない箇所に吹きかけて、1時間から2時間ほど放置しても大丈夫か試してみてから使うことをおすすめします。

カジタクのキッチンクリーニングはコチラ!

 

石灰化した水垢は削り落として除去

ここまでの方法を試しても、どうしても落ちない水垢には最終手段です。水垢を削り落とすしかありません。

しかしこの方法はシンクを傷つけてしまうリスクがあるので、他の方法ではびくともしない、頑固な層になった水垢にのみ行なうようにします。

削る道具はいくつかありますが、傷つけないようにまず柔らかいものから試してみましょう。


 

#プラスチックのヘラ

プラスチックのヘラで水垢をがりがりと削ることも可能です。薄いので細かい部分も削りやすいです。使わなくなったプラスチックカードでも代用できます。


 

#人工ダイヤモンドを使った研磨剤

人口のダイヤモンド粒子を使ったスポンジで堅い水垢を削り落とすことができます。鏡のうろこ取りにも使われるものです。

ただしこれでシンクを強く擦ると、シンクが傷つくので水垢の部分だけに当てて擦るように、力加減を調整しましょう。100円均一で手に入れることもできます。

 

水垢の頑固さに合わせた掃除でシンクをきれいにしよう

シンクの水垢は簡単に落とせるものから頑固なものまでさまざまです。水垢のレベルに合わせた掃除方法をすれば、シンクを傷つけるリスクを極力減らせます。

重曹やクエン酸、研磨剤入りスポンジなどを使えば、白っぽくなったシンクもまるで新品のような輝きを取り戻せるかもしれません。頑固な水垢をすっきり落として、まぶしいシンクを取り戻しましょう。

カジタクのキッチンクリーニングはコチラ!

 

こちらもおすすめ☆