「感情表現が苦手」と悩む貴方へ。素直に気持ちを伝えられる5の方法

感情表現をすることに苦手意識を持つことはありませんか?自分の気持ちを表すのは意外と難しいことですので、苦手だと思っている方も多いでしょう。そこで今回は感情表現に苦手意識をもつ方に向けておすすめの克服方法などをご紹介していきます。

公開日:
「感情表現が苦手」と悩む貴方へ。素直に気持ちを伝えられる5の方法
saku

saku

ライター

1K6畳に住む都内在住のアラサーです。インテリア雑貨やメイクやファッションが好きなので、手軽に役立つ情報を発信していければと思います。3歳のチワワと暮らす愛犬家でもありますので、ペットとのより楽しい暮らしも提案します。

感情表現が苦手な方へおすすめの克服法

感情表現をすることに苦手意識を持つことはありませんか?自分の気持ちを表すのは意外と難しいことですので、苦手だと思っている方も多いでしょう。

そこで今回は感情表現に苦手意識をもつ方に向けておすすめの克服方法などをご紹介していきます。

克服方法のほかにもなぜ感情表現が苦手なのかという疑問を解消する事柄や、感情表現が苦手な人の特徴もご紹介していきますので、苦手な感情表現を得意なものにするためにぜひ参考にしてください。

感情表現が苦手な人の特徴

感情表現が苦手な人の特徴

感情表現が苦手な人にはいくつかの特徴や傾向があります。そこでまずは、感情表現が苦手な人の特徴を5つご紹介します。感情表現が苦手な人の特徴を自分の性格や行動と照らし合わせて、苦手な感情表現を克服するために試行錯誤を行なっていきましょう。

自分自身の性格や特徴はなかなか客観視できるものではありませんので、少しでも当てはまると感じた部分はよくチェックしていき、克服するために活かしていただければと思います。

 

 

特徴①控えめな性格の持ち主

控えめな性格の人は、感情表現が苦手であることが多いです。自分の感情よりも他人の意見や気持ちを優先してしまうからこそ、自分の感情表現をするタイミングを失ってしまうということもあるでしょう。

人見知りな性格・恥ずかしがり屋な性格に思い当たる節がある方は、知らず知らずのうちに感情表現が苦手になっているかもしれません。上手に感情表現をするには、自分の殻を破り、心の中にある気持ちをストレートに表現することをおすすめします。

 

特徴②気持ちを言葉で表すのが苦手

感情表現を苦手としている人の特徴として、気持ちを言葉で表すことが苦手な人が多い傾向があります。心の中に言いたいことがあったとしても、口下手なためについ気持ちを抑え込んでしまうのです。そうするとどんどん感情表現に苦手意識をもってしまいかねません。

上手に感情表現をしたいのであれば、自分の気持ちを整理するクセをつけることをおすすめします。言いたいことや表現したいことがまとまって、うまく感情表現ができるはずですよ。

 

特徴③無表情になっている

無表情でいることが多く、うちに秘めている感情がなかなか伝わらないという人は感情表現に苦手意識を抱えていることがあります。「ちょっと表情が固いかな?」と感じる人は少しオーバーなくらい表情筋を動かして、喜怒哀楽の感情を表現であらわせるようにしましょう。

表情が豊かな人は周囲の人から魅力的な人に見られやすいです。特に楽しい嬉しいという感情はとびきりの笑顔であらわして、親しみやすい人を目指すことをおすすめします。

 

特徴④リアクションをとるのが苦手

表情同様、態度で感情をあらわすことが苦手な場合も、感情表現に苦手意識をもっていることがあります。身の回りに起きた出来事に対して素直な気持ちでリアクションをとってみましょう。

びっくりしたことは驚いたことが伝わるような態度や行動をして、とにかく自分の感情を人に伝わるように動いてみましょう。また人と話す時にも適切な相槌をうって、相手が気持ちよく話せるようにすると、「感情表現が豊かな人」という印象を抱かれやすいでしょう。

 

特徴⑤他人の目を気にしすぎている

他人の目を気にしすぎてしまっている繊細な方は、自分の感情を外に出すことが得意でないことが多いです。空気を読みすぎて疲れている・他人の目が気になりすぎてしまうということに頷ける方は、少し肩の力をぬいて人付き合いをすることをおすすめします。

人は思ったよりも他の人に関心をもっていません。これを良い意味で捉えて、自分自身の感情を表に出して、感情のデトックスを行いストレスフリーに生きれるようにしてくださいね。

 

感情表現が苦手な原因

感情表現が苦手な原因

感情表現に苦手意識を覚える人の中には、明確な理由を持っている人も数多くいます。しかしその原因や理由を自分では見つけ出すことが難しいのです。そこでここでは、感情表現が苦手な原因を5つご紹介していきます。

原因と向き合うことで、「なぜ自分は感情表現が得意ではないのか」ということが明らかになるでしょう。苦手な感情表現を克服するおすすめの方法をチェックする前に、感情表現が苦手な原因を知って、今後の行動や意識に活かしてくださいね。

 

 

苦手な原因①気持ちを抑え込んでいるから

感情表現が苦手な理由1つ目は、自分自身の気持ちや言いたいことを抑え込んでいるからという理由があげられます。伝えたい気持ちや感情があったとしても、周囲の人の目を気にしてしまい気持ちを抑え込んでしまうことはありませんか?

これは空気を読める人や優しい性格の人によくみられる傾向で、決して悪いことではありませんが、感情表現に苦手意識をなくしたいとお考えであれば、自分の気持ちを素直に表現してみると良いでしょう。

 

苦手な原因②過去に嫌な経験をしたから

感情表現が苦手な理由2つ目は、過去に嫌な経験をした記憶があるからということがあげられます。過去に感情表現をしたことで嫌な思いをした場合、感情表現をすることに苦手意識を抱いてしまうことがあります。

たとえば、自分の意見をいったら猛烈に批判をうけて落ち込んだなどという経験がある場合、「感情表現=つらいこと」と思ってしまいます。徐々に記憶をプラスの方向に転換させて、気持ちよく感情表現をできるように努力しましょう。

 

苦手な原因③メリットが見出せないから

感情表現が苦手な理由の3つ目は、メリットが見出せないからという原因があげられます。人は物事にメリットを見出せないと、前向きな姿勢で取り組むことができません。感情表現が苦手な人の中には、「なぜ感情表現をしなければいけないのか」と思っている方もいらっしゃるでしょう。

そんな人は、感情表現をすることで生じるメリットを知って、徐々に心から楽しんで感情表現ができるようにしましょう。感情表現には円満な人間関係を築けるなどのメリットがありますからね。

 

苦手な原因④表現方法を知らないから

感情表現が苦手な理由4つ目は、感情を表に出す方法を知らないからという原因があげられます。感情表現をしたくても具体的に方法を知らなければ、表現することは難しいですよね。こういう方は苦手というよりわからないと思っている方が多いでしょう。

感情表現をするにはまず自分の感情と向き合って、気持ちを言葉や表情として表に出すことがおすすめです。このことを意識していれば、上手に感情表現ができるようになるはずですよ。

 

苦手な原因⑤性格上、不得意だから

感情表現が苦手な理由5つ目は、性格上不得意であるからという原因があげられます。控えめな性格である・人見知りをしてしまうなど、人とのコニュニケーションを得意としていない場合、感情表現に苦手意識を持ってしまうこともあるでしょう。

性格を一気に変えることは難しいですが、徐々に人とのコミュニケーションを習慣化していくと苦手だった感情表現がだんだんと得意になっていくはず。まずは身近な人と意識的に会話をおこない、話が弾むように心がけましょう。

 

感情表現が苦手…克服方法は?

感情表現が苦手...克服方法は?

それではいよいよ最後は、感情表現を得意なものにするためのおすすめの方法を5つご紹介していきます。これからおすすめする5つの方法はどれも異なるものですので、ご自分にあった克服方法を試して、苦手な感情表現を克服していきましょう。

自分の感情と向き合って上手に感情表現をすると、ストレスがたまりにくいという利点もあります。ありのままの自分で楽しくのびのびと生きるためにも、おすすめの克服方法を試して、うまく感情表現ができるようにしましょう。

 

 

方法①意識的に表情を豊かにする

感情表現が苦手な人は、まず意識的に表情を動かして表情豊かな人になることを目指しましょう。喜怒哀楽の気持ちを表情としてアウトプットすることで、自然と感情表現が上手になりますよ。

最近はマスクをつけて外出することが多くなり、余計に表情がわかりづらくなっています。なので表情で気持ちを伝えようとする際には、オーバーめに表現をして表情豊かな人になれるようにしましょう。目の動きだけでも感情表現ができるので、鏡を見ながら練習するのもおすすめです。

 

方法②自分自身の感情を知る

感情表現が苦手だと思う人の中には、自分の感情をうまく理解していない人もいます。このことに心当たりがあるのなら、まず自分の感情を理解して、うまくコントロールできるようになりましょう。

自分の気持ちをコントロールして向き合うには、日記をつけるという方法がおすすめです。1日の出来事を振り返って文字としてしたためることで感情や思考を整理することができ、感情表現をする際にスムーズにできるようになりますよ。ぜひ習慣化してみてください。

 

方法③感情表現することのメリットを知る

苦手な感情表現を克服するには、感情表現をすることで得られるメリットを知るという方法もおすすめです。仕事をバリバリとしたい男性であれば、仕事上でのメリットが生まれることを知る。幸せな恋愛をしたい女性であれば、感情表現をすることで恋愛がうまくいくという効果を知る。

このように自分の目標や夢に対してのメリットを見出すことで、前向きにコミュニケーションができるようになり、感情表現に苦手意識は薄れていくでしょう。

 

方法④人見知りな性格を直す

性格上、感情表現が苦手という場合には、その性格を見直してみることから始めてみましょう。感情表現が苦手という人の多くは控えめな性格で、人見知りな人が多いです。なので、その人見知りな性格を直すことを意識してみるのもおすすめです。

人見知りを直すおすすめの方法としては、会話の失敗を恐れないことです。人との会話を楽しむことで人見知りを直せて、上手に感情表現ができるようになるので、ご自身の性格を見直すことから始めてみると良いでしょう。

 

方法⑤手紙やメールで伝えてみる

感情表現をすることがどうしても苦手という場合、最初は直接感情表現をするのではなくメールや手紙で気持ちを伝えるのもおすすめです。手紙やメールであれば、事前に自分の気持ちを整理して伝えることできるので、落ち着いて感情表現をすることができるでしょう。

なかなか手紙を書く機会がないという方もこれを機に手紙を書いてみてはいかがでしょう。苦手な感情表現もスムーズにできるはずですよ。苦手意識がなくなったら直接感情表現することに挑戦してみてください。

 

苦手な感情表現の克服方法まとめ

感情表現が苦手に思う理由やおすすめの克服方法など、感情表現に苦手意識を持っている人に向けてさまざまなことをご紹介しました。

自分の感情を理解して表現することは、素直な自分でいることにつながります。その結果ストレスフリーで生きることもできますので、感情表現を億劫に思わず、どんどん自分の気持ちを表に出すことを意識して始めることをおすすめします。

1度上手に感情表現ができれば自信を持って感情表現ができるはずですので、克服方法をぜひ試してくださいね。

こちらもおすすめ☆