愚痴を言わない人の特徴って?不平不満を言う自分から脱却する15個の方法

今回は、愚痴を言わない人と言ってしまう人の特徴、愚痴を言わない人の心理と行動をご紹介していきます。愚痴を言わなくてもストレスフリーに過ごせる方法を知り、明日から愚痴を言わず明るく笑顔で過ごせる人になりましょう。

公開日:
愚痴を言わない人の特徴って?不平不満を言う自分から脱却する15個の方法
otamasan

otamasan

ライター

中学生のころからDIYを始め、インテリアの専門学校を卒業。2児の母になってからは、家族みんなが心地よく暮らせる家を目指して模様替えやDIYを楽しんでいます。

愚痴を言わない人になれる方法をご紹介

悪いと分かってはいるけど、ストレスが溜まると愚痴を言ってしまう。愚痴は言いたくないと思っているけど、気心を許してしまった相手などにはつい愚痴を言ってしまいますよね。

今回は、愚痴を言わない人と言ってしまう人の特徴、愚痴を言わない人の心理と行動をご紹介。愚痴を言わない人の心理や行動を知って、愚痴を言わなくてもストレスフリーに過ごせる方法を知り、明日から憧れのあの人のように明るく笑顔で過ごせる人になりましょう。

愚痴を言わない人、言う人の特徴

愚痴を言わない人、言う人の特徴

まずはじめに、愚痴を言わない人と、言う人の特徴を紹介します。特徴を知ることは、自分に足りない部分が客観的見て、今の自分の現状を把握することができる効果的な方法です。

例えば、マラソンをするのに自分の現在地が分からなければ、どのくらい走ればいいか分かりませんよね。特徴は目に見えませんが同じことが言えます。

自分を客観視して現状を把握するために特徴を知り、愚痴を言わない人になるための効果的なスタート地点を見つけましょう。

 

 

ポジティブかネガティブか

愚痴を言わない人の特徴として、ポジティブに物事を捉える点があります。不平や不満があっても、ポジティブな人はどうしたら良いかを考えるので愚痴は言いません。一方、ネガティブな人は愚痴を言って終わりという特徴があります。

例えば、満員電車がストレスだとします。ネガティブな人は愚痴で終わってしまが、ポジティブな人は快適に通勤する方法を考えるのです。愚痴を言わない人になるために、ポジティブさを取り入れてみるのが効果的な方法になります。

 

行動力があるかないか

愚痴を言わない人の特徴として、行動力の高さもあげられます。行動力がある人は、深く考えずに動きます。一方、考えすぎて動けないと落ち込んでしまい、どうせ自分なんて・・・と愚痴を言ってしまうのです。

行動力が足りないと思ったら、まず「やってみる」という気持ちを持ってみるのが効果的。これだけでも、愚痴の数はぐんと減ります。愚痴を言わない人の特徴である行動力は、簡単に取り入れられる効果的な方法なのでやってみてください。

 

夢や目標があるかないか

夢や目標があると、成功させることに集中するのでいらない情報を排除します。つまり、愚痴を言う必要がないのです。なので、夢や目標があることは、愚痴を言わない人の特徴と言えるでしょう。

いきなり夢や目標を立てるのは難しいですが、簡単なところからで大丈夫です。例えば「今日一日は謙虚さを持ってみる」という目標でもいいでしょう。

簡単な目標ならすぐに立てられ効果的なので、愚痴を言わない人の特徴をすぐに取り入れられますね。

 

価値観を共有できるかどうか

愚痴を言わない人の特徴として、他人の価値観を共有していることがあげられます。価値観の違いは誰でもありますが、共有することで新しい考え方ができるようになり愚痴も言わなくなる効果があるです。

残業している人を見て仕事が遅いと言っている人がいたら、文句ばっかり言ってと愚痴を言うのではなく、「仕事にスピード感を求めている人なんだ」と思う。相手が何を思って言っているのかを考えると、価値観の共有の特徴を効果的に取り入れやすくなりますよ。

 

冷静な判断ができるかどうか

冷静な人は、これから自分がやった出来事の結果、どうなるかまで考えているので愚痴を言いません。愚痴を言えば、後から後悔することは目に見えています。冷静に判断をすることは効果的で、愚痴を言わない人の特徴と言えるでしょう。

愚痴を言えばその場ではスッキリしますが、後から後悔してしまうのは、目先の損得勘定で動いてしまうからです。感情があるので難しそうですが、ちょっとだけ先を考えるだけで、愚痴を言わない人の特徴を手に入れられます。

 

愚痴を言わない人の心理

愚痴を言わない人の心理

続いては愚痴を言わない人の心理を紹介していきます。心理を知ることは、愚痴を言わない人になるため心の動きが分かります。心の動かし方を理解し自分の中に落とし込めば、発言する言葉が自然と変わってくるという効果が生まれます。

特徴は自分の現状を把握するためにお伝えしましたが、心理はマラソンの道のりを思い浮かべると分かりやすいと思います。愚痴を言わない人の心理を知れば、おのずと進むべき道が分かるのでしっかりと理解していきましょう。

 

 

感情のコントロールができる

愚痴を言わない人は、感情のコントロールが上手くできます。感情は意志とは関係ないと思いますが、愚痴を言わない人はコントロールの方法を知っているのです。例えば、怒りの感情が抑えられない時は6秒待つ。

時間を置くだけで、脳が落ち着き怒りの感情をコントロールする効果があります。ポイントは自分の感情と向き合い、対処方法を考えること。感情をコントロールすることで、愚痴の数をどんどん減らすことができるのです。

 

自信を持っている

自信があるという心理は、愚痴を言わない人になるために非常に大切です。自信がある人は、これまでの成功体験を引っ張り出して、現状に重ねて良い方向へ持っていこうと考えるので、当然愚痴は出てきません。

自信を持つために、小さくてもいいので成功だと思うことをたくさん見つけましょう。小さな成功体験は、やがて大きな自信につながります。毎日ちょっとだけでいいので、小さくガッツポーズをしたくなることを見つけると効果的ですよ。

 

良い面を見つけることができる

相手を良いと思えば良い面が、悪いと思えば悪い面が見えます。愚痴を言わない人は、良い面にスポットを当てているので、考え方のスタートが違うのです。例えば、彼氏ケンカをすると、彼の仕草や癖までも嫌になってしまう。

今まで何ともなかったのに、嫌なってしまうのは悪い面にスポットが当っているからです。悪い面ではなく、良い面を意識するだけで、愚痴を言わない人の考え方を取り入れられる方法なのでやってみてください。

 

言いつけや伝承を守っている

愚痴に関する言いつけや伝承を信じて守っている人は、先ほど同様、考え方のスタートが違います。ことわざの口は災いの元や、引き寄せの法則で愚痴を言うと自分に返ってくると信じてる人は、愚痴を言わないですよね。

急に伝承を守るのは難しいので、考え方のスタートを変えてくれるものを探すのがおすすめの方法。愚痴を言いそうになったら、人・言葉・音楽、何でもいいので、気持ちをリセットできるもの見つけると効果的です。

 

謙虚さを持っている

謙虚とは素直に学ぶ気持ちという意味で、愚痴を言わない人は謙虚さを持っています。誰に対しても、相手から学ぶというフィルターを通して物事を考える方法を使っているので、相手の行動や意見を受け入れることができるのです。

部下が指示通り動かない状態でも、謙虚さを通して見れば、難しい用語を使ったり説明不足な部分があったかもしれないと考えられますよね。愚痴を言わない人の考え方の謙虚さを取り入れると効果てきめんです。

 

愚痴を言わない人の行動

愚痴を言わない人の行動

最後に、愚痴を言わない人の行動を紹介しますが、ここまで理解してくださっているあなたはもう愚痴を言わない人になっています。人間は、自分の現状を把握し、心が変わり発言が変わると行動も自然と変わるからです。

ただ、愚痴を言わない人の行動を知るとイメージしやすいので紹介しますが、行動はマラソンのフォームのようなもの。スタート地点の特徴と、道のりの心理を落とし込んでから実践すると、より効果が発揮されることを覚えておいてくださいね。

 

 

ストレスの原因から離れる

人間関係がストレスの原因になっているなら、距離を置く行動を取るのが効果的な方法。ただ、会社関係だと距離を置くことは難しいですが、人事に異動願いを出したり相談したり、可能な限り離れる方法を考えてみてください。

また、あなたが苦手な人でも、もしかしたらあなたの隣の同僚は苦手ではないかもしれません。正直にワケを話して仕事を変わってくれないか相談すれば、代わってくれたり対処方法が聞けるかもしれないですよ。

 

今できることに注力している

愚痴を言わない人は、今できることに注力して行動している点があげられます。不平や不満があるというのは、過去や相手に注目してしまって行動しません。一方、愚痴を言わない人は、今自分にできることに注目して行動しているのです。

相手にどうしたら納得や信用してもらえるかを考える。難しそうですが、相手を変えるのは時間も忍耐も必要で、自分の考えを変えるほうがよっぽど楽なのです。今自分のできることに注力する行動をとってみてください。

 

愚痴を前向きな言葉に変換している

愚痴を言わない人は、ネガティブな言葉を自然と前向きな言葉に変換して言わないようにしています。ネガティブな言葉は愚痴につながりますが、前向きな言葉は愚痴にはつながりませんよね。

例えば、疲れたという言葉は、今日も頑張ったと変換すれば前向きな気持ちになれます。イライラしたら関心を持っている、ムカついたら興味がある。前向きな言葉に変換するだけで、愚痴を言わない人になれます。一度、自分の感情に向き合い変換してみてくださいね。

 

悩みを誰かに相談する

悩みは、自分の中でグルグルと回っているだけで解決にはつながりません。愚痴っぽいのを直したいと思っていても、自分の中にある知識だけでは時間がかかってしまいます。そこで第三者の考え方を取り入れることが必要になってくるのです。

ここで重要なポイントは、相談する相手です。ネガティブな人に相談しても解決しないので、男性でも女性でもいいので必ずポジティブな愚痴を言わない人に相談してください。必ず解決の糸口を教えてくれます。

 

問題の解決に力を入れている

問題が起こったとき、解決する方向へ力を入れれば不満に思うことはありません。現状だけを見てしまうと解決できないことと不満のループにハマってしまうので、将来や未来を視野に入れて考えることが大切です。

例えば、理不尽な上司がいるのが問題だとすれば、辞める気持ちで一度やりきってみてください。そうすると、気持ちが楽になって仕事が楽しくなる場合もありますし、転職する場合でも問題解決に務めたという価値が生まれます。

 

愚痴を言わない人になれる方法まとめ

今回は、愚痴を言わない人になれる方法を紹介してきました。お伝えした内容の中で、実行するのが難しい内容もあったかもしれません。そんな時は一気にやろうとはせず、できそうだなと思うことから実践してみてください。

実践してみて成功したら褒めてください。自分を褒めることで自信につながります。ここまで読んでいただいたあなたは、今も愚痴を言っている人より確実に前に進んでいるので、自信を持って実践してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆