贈り物にも◎「幸せ」な意味の花言葉19選。素敵な想いのこもった花をまとめました

花の種類によって花言葉が異なりますが、幸せな花言葉を持つ花をいくつご存知ですか?恋愛や友情、希望など様々な種類の花言葉がありますが、今回は幸せな花言葉を持つ花を季節に分けてご紹介します。

公開日:
贈り物にも◎「幸せ」な意味の花言葉19選。素敵な想いのこもった花をまとめました
fumika1

fumika1

ライター

オシャレと節約が大好きな男の子を育てる専業主婦です。子供ができるまではアパレル店員をしていました。今までの経験を活かし、普段の生活に役立つ情報を分かりやすくお伝えできればと思います。

幸せな花言葉を持つ花をご紹介!

花の種類によって花言葉が異なりますが、幸せな花言葉を持つ花をいくつご存知ですか?花言葉が日本に入ってきたのは、明治時代と言われています。

恋愛や友情、希望など様々な種類の花言葉がありますが、今回は幸せな花言葉を持つ花を季節に分けてご紹介します。お祝い事など花をプレゼントするときに、幸せを願う花を大切な人に贈ってみましょう。

幸せな花言葉を持つ花《春》

スイートピー

スイートピー

acoknack

鮮やかなピンク色や赤色などパステルカラーのイメージが強いスイートピーは、「ほのかな喜び」という花言葉を持っています。開花の時期は4月から6月なので春に咲く花です。

スイートピーは他にも「門出」という花言葉も持っているため、春の時期にある卒業式や入学式など新しい場所での門出を祝う際の贈り物に人気の花です。

甘い香りがして幸せな花言葉を持つスイートピーは、門出を迎える方に贈りたい花ですね。


 

 

ピンクのチューリップ

チューリップ

____rie.dvl____

チューリップは開花時期が3月から5月となっており、春に咲く人気の花です。

チューリップの花言葉は、「思いやり」ですが、チューリップは色によって花言葉の意味が異なっています。

ピンクのチューリップは、「幸福」や「愛着」など幸せな花言葉を持っている花です。

他にも「誠実な愛」といった花言葉もあり、可愛らしいピンク色のチューリップにぴったりの花言葉ですね。


 

タンポポ

タンポポ

akanemall

春の訪れを感じられるタンポポは、公園などに生えていることが多く、子どもたちにも人気の花です。

そんな黄色で可愛らしいタンポポは「幸福」や「真実の愛」といった幸せを感じられる花言葉を持っています。

幸せを感じる花言葉を持つたんぽぽですが、雑草に分類されています。また、タンポポはユーラシア大陸に多く生息しており、和名は「蒲公英」と表記されます。


 

スミレ

スミレ

chie_iga

紫色をスミレ色と呼ぶこともあり、名前から紫色の花をイメージしやすいスミレですが、青色や黄色、白色など様々な色の花を咲かせます。

可愛らしい花のイメージが強いため、女の子の名前としても人気です。そんなスミレの花言葉は、「謙虚」や「小さな幸せ」です。

スミレは花の色によって意味が異なり、黄色のスミレの花言葉は「田園の幸福」という意味を持っています。因みにスミレはギリシャの国花としても有名です。


 

スズラン

すずらん

simple.com_

スズランの花が鈴に見えることから和名では「鈴蘭」と表記されます。スズランは白色の他にも、ピンク色や赤色などの花を咲かせます。

また4月頃が開花時期になっており、春の花とされています。そんなスズランは「再び幸せが訪れる」といった幸せな花言葉を持っています。

またスズランは、ヨーロッパで聖母マリアの花とされており、「純粋」といった意味の花言葉もあります。


 

幸せな花言葉を持つ花《夏》

カスミソウ

カスミソウ

arpege_flower

カスミソウは白色が一般的で小さな花を咲かせるため、他の花と合わせて花束などに使われる人気の花です。

開花時期は5月から7月とされており、夏の花とされています。そんなカスミソウは、「幸福」や「感謝」といった幸せな花言葉を持っています。

カスミソウは花の色によって花言葉の意味が異なり、白色は「清らかな心」、ピンク色は「感激」という花言葉があります。


 

オリーブ

オリーブ

takimoto_manami

オリーブは「ノアの方舟」にも登場しており、平和の象徴としても人気です。ギリシャやイスラエルは平和のイメージが強いオリーブを国花としています。

そんなオリーブの花言葉は、「平和」や「勝利」など幸せを感じられる意味を持っています。更にオリーブは風水で幸せを呼ぶ木とされており縁起の良い植物です。

オリーブの開花時期は5月から6月で、オリーブの実が収穫できるのが9月から11月とされており夏の植物に分類されます。


 

クチナシ

クチナシ

viry0305

クチナシの名前の由来は諸説ありますが、クチナシの果実は実が熟しても割れないといった性質をもっており、割れる箇所が無いという見た目を表した「口無し」から名前が付けられたとされています。

そんな名前の由来があるクチナシは、「とても幸せです」、「喜びを運ぶ」といった幸せを感じられる花言葉を持っています。

クチナシは香りも良く、胸に付ける花飾りとしても使われる人気の花です。


 

ブルースター

ブルースター

rika.i.house

青色の可愛らしい小さな花を咲かせるブルースターは、花束やフラワーアレンジメントによく使われる人気の高い花です。

開花時期は長く、5月から10月頃ですが暑さに強く夏の花に分類されることが多いです。そんなプルースターは「幸福な愛」という幸せな花言葉を持っています。

西洋では男の子が生まれた際、縁起の良いイメージがあるブルースターをプレゼントします。ブルースターは海外でも幸せを象徴した花として人気があります。


 

マトリカリア

マトリカリア

ko_yumi26

マトリカリアは和名で「夏白菊」と表記され、別名「フィーバーフュー」と呼ばれています。マトリカリアは5月から7月に開花する花なので、夏の花とされています。

そんなマトリカリアは「鎮静」、「集う喜び」といった幸せを感じられる花言葉を持っています。

「鎮静」という花言葉は、マトリカリアが解熱剤や頭痛に効く薬草として使われていたことに由来しています。


 

幸せな花言葉を持つ花《秋》

コスモス

秋桜

arpege_flower

コスモスは日本で「秋桜」と表記され、秋の代表的な花で開花時期は6月から11月とされています。

コスモスの花言葉は、「乙女の真心」や「人生がもたらす喜び」といった幸せを感じられる意味を持っています。

コスモスは花の色によって花言葉の持っている意味が異なります。赤色は「愛情」、白色は「優美」、ピンク色は「純白」といった意味になります。


 

 

イチョウ

イチョウ

rika.i.house

イチョウは開花時期が4月から5月ですが、黄葉時期は10月から12月なので《秋》で紹介します。

イチョウは樹齢が1000年を超えるモノがあり、とても長生きする植物です。そのため、イチョウは「長寿」という幸せに感じる花言葉があります。

他にも気高いさまを表す「荘厳」という意味も持っています。イチョウの和名は「銀杏」や「孫樹」と表記されます。


 

ガーベラ

ガーベラ

mirionrose

見た目が華やかで色のバリエーションも豊富なガーベラは、プレゼントとして人気があります。

そんなガーベラは「希望」、「常に前進」という幸せな花言葉を持っています。

またガーベラは色によって花言葉の意味が異なり、オレンジ色は「冒険心」や「忍耐強さ」、白色は「可能性」や「門出」、黄色は「究極の美しさ」となっています。

新店祝いには白色のガーベラ、恋人へは黄色のガーベラなど相手やシーンによって変えてみましょう。


 

黄色の彼岸花

彼岸花

arpege_flower

彼岸花は開花時期が7月から10月頃で秋の花として知られています。

彼岸花と聞くと不吉なイメージが強いですが、黄色の彼岸花は「深い思いやりの心」という心が温まり幸せを感じられる花言葉を持っています。

特に墓地に咲いているイメージがある赤い彼岸花も「情熱」という意味を持っており、不吉なイメージとはかけ離れた花言葉になっています。

彼岸花が不吉なイメージを持っているのは、球根部分に毒を持っているからでしょう。


 

幸せな花言葉を持つ花《冬》

黄色のパンジー

パンジー

life_happy_warmly_

パンジーは開花時期が10月から5月と幅広く、冬の寒い時期でも咲くことができる人気の花です。

学校や道などの花壇に植えられていることも多く、多くの人が一度は見たことがある花です。

そんなパンジーは色によって花言葉の意味が違い、黄色のパンジーは「つつましい幸せ」という幸せな花言葉を持っています。

また紫色のパンジーは「思慮深い」、白色のパンジーは「温順」という意味を持っています。


 

ナンテン

ナンテン

sho.candy

ナンテンは昔から縁起の良い植物とされており、お正月の飾りなどに良く使われる人気の植物です。ナンテンは白い花を咲かせてから、赤い実を付けます。

花束や飾りに使われているナンテンは、赤い実の状態が多いです。白い花のナンテンの花言葉は「深すぎる愛」です。

そして赤い実のナンテンは「幸せ」、「よき家族」という幸せな花言葉を持っています。お正月に家族の幸せを願って、ナンテンを飾るのも良いですね。


 

ポインセチア

ポインセチア

maynum00

ポインセチアはクリスマスの花として人気で、冬の季節に良く見かける植物です。

そんなポインセチアは「聖夜」、「幸せを祈る」といったクリスマスらしい幸せを感じる花言葉を持っています。

ポインセチアは色によって花言葉の意味が違い、ピンク色は「思いやり」や「清純」、白色は「慕われる人」となっています。

冬のイメージが強いポインセチアですが寒さに弱いです。冬の寒さが厳しい時期は窓際の日が当たる場所に置きましょう。


 

プリムラ・ジュリアン

プリムラ・ジュリアン

rika.i.house

プリムラ・ジュリアンは開花時期が12月から5月で冬から春にかけて咲く花です。

プリムラ属は品種改良により、ポリアンサ、マイコイデスなど500種類以上あります。

そんなマイコ属の中でもプリムラ・ジュリアンはパステルカラーが多く、元気と幸せを運んでくれそうな色をしています。

ジュリアンンは「青春の喜びと悲しみ」という青春の甘酸っぱさと幸せを感じられる花言葉を持っています。


 

胡蝶蘭

胡蝶蘭

drawing_st

開店祝いなどお祝い事へのプレゼントとして人気が高い胡蝶蘭ですが、花言葉は「幸せが飛んでくる」という意味を持っています。

他にも華やかでプレゼントとして人気が高い白色の胡蝶蘭は「純粋」、可愛く上品なピンク色の胡蝶蘭は、「あなたを愛します」という意味があります。

胡蝶蘭は熱帯地域の原産で2月の冬に開花しますが、近年は温室で育てられることが多く、年中出回っている花です。


 

幸せな花言葉を持つ花のまとめ

幸せな花言葉を持つ花を紹介しましたが、いかがでしたか?花によっては、色や本数で花言葉の意味が変わり、ネガティブな意味を持つ場合もあります。花言葉の意味に詳しい方にプレゼントする際は、花言葉を調べてから花を贈りましょう。

また花言葉を知った上で花をプレゼントすると、花のプレゼントに意味を持たせることができます。幸せな花言葉を持つ花をプレゼントして、周囲の人を幸せな気持ちでいっぱいにしましょう。

こちらもおすすめ☆