説明の仕方が上手な人の特徴とは?わかりやすく相手に伝えるポイントをご紹介

日本人の7割が苦手に感じているコミュニケーション。今回はコミュニケーションが円滑に進められる手段の一つである『説明の仕方』について紹介します。この記事を読むことで、説明の仕方が上手になり、人との会話が楽しくなること間違いなしです。

公開日:
説明の仕方が上手な人の特徴とは?わかりやすく相手に伝えるポイントをご紹介
fumika1

fumika1

ライター

オシャレと節約が大好きな男の子を育てる専業主婦です。子供ができるまではアパレル店員をしていました。今までの経験を活かし、普段の生活に役立つ情報を分かりやすくお伝えできればと思います。

上手な説明の仕方をご紹介!

日本人の7割が苦手に感じているコミュニケーション。この記事を読んでいるあなたも苦手に感じていませんか?

今回はそんなコミュニケーションが円滑に進められる手段の一つである『説明の仕方』について紹介します。この記事を読むことで、説明の仕方が上手になり、人との会話が楽しくなること間違いなしです。

簡単な説明の仕方を習得し、日本人の多くが抱えているコンプレックスを打破して、多くの人にあなたの考えやおすすめしたいモノなどをプレゼンしていきましょう。

説明の仕方が上手な人の特徴

説明の仕方が上手な人の特徴

説明の仕方が上手な人と下手な人とではどのような違いがあり、下手な人の原因は何なのでしょうか?上手だと感じる説明の仕方には、必ず共通点があります。

ここでは、説明が上手な人の特徴をご紹介しますね。上手な人の特徴を知り、自分の話し方と照らし合わせ、何が出来ていないのかを確認しましょう。

上手な人の特徴を真似することにより、わかりやすい解説をするコツを掴むこともできます。説明の仕方が上手な人の特徴を真似してみましょう。

 

 

説明の仕方が上手な人の特徴⓵結論

説明の仕方が上手な人は話す順序にも共通点があり、まず結論を先に述べてから話しを続けます。そうすることで聞き手にこれから何について話すのかという目的が明確になりますよ。

また結論が先に出ているので、聞き手は話を聞きながら頭の中で整理しやすくなります。更に結論を先に言うことで、聞き手の興味を引くことも可能になりますよ。

このように結論を先に言うことで結論が相手の記憶に残るため、わかりやすく上手な説明という印象を与えられます。

 

説明の仕方が上手な人の特徴②話が簡潔

説明の仕方が上手な人は、話の一文一文が短く簡潔に話しますよ。話が長くなるほど内容の整理が難しく、聞き手にもわかりにくいという印象を与えてしまします。

詳しく解説したいという気持ちはわかりますが、相手に的確に伝えるには、簡単かつ簡潔に話すことが大切です。

更に話が長すぎると、重要な箇所や伝えたい事柄が聞き手にわかってもらえず、話し下手だと思われてしまいますよ。聞き手に内容を理解してもらうには、だらだら話さず簡潔にまとめましょう。

 

説明の仕方が上手な人の特徴③聞き手の心情

会話やプレゼンテーションにおいて、聞き手の心情を読むことはとても大切です。聞き手の表情から理解してもらえているのかを読み取ることで、わかりやすい説明ができているのかを判断できます。

説明の仕方が上手な人は、聞き手の表情を読み取り解説方法を変えたり、別の言葉で言い直したりと軌道修正を行いますよ。

軌道修正することで、結果的に聞き手にわかりやすかったと印象付けられます。説明の仕方が上手な人は、話している最中も周りに気を配って、表情から心情を読み取っていますよ。

 

説明の仕方が上手な人の特徴④話すテクニック

説明の仕方が上手な人は、話すスピードや間の取り方が上手です。約1分の間に300文字が聞きやすいスピードであると言われています。

また淡々と話すのではなく、聞いてほしい箇所は大き目の声を出すなど抑揚を付けることで、聞き手は飽きずに最後まで集中してくれますよ。

更に適度に間を取ることで相手に考える時間を与え、頭の中を整理し理解を深めてもらえます。このように聞き手が心地よいスピードで話すことや、声に抑揚を付けるなどのテクニックを用いることも大切です。

 

わかりやすい説明をするポイント

わかりやすい説明をするポイント

説明の仕方が上手だと感じてもらうには、聞き手が理解しやすい内容であるかに注目する必要があります。そこで続いては、聞き手にわかりやすい説明だと思ってもらえるようなテクニックを紹介しますね。

わかりやすい説明を心がけるだけで、話し上手な人、賢い人といった相手に良い印象を与えられますよ。

また話し方のコツを掴むことで、相手に内容を正しく理解してもらえ会話が円滑に進み、ビジネスの成功に繋がる可能性もあります。

 

わかりやすい説明をするポイント⓵主語

わかりやすい説明をするポイントの一つ目は、主語です。主語が抜けると聞き手に内容が伝わりづらくなります。説明することに対して苦手意識のある人は、主語を付けて話すことから始めましょう。

説明の仕方が上手な人の特徴で紹介しましたが、だらだらと話すことで話している間に話し手自身も訳がわからなくなります。

更に主語と述語がきちんとかみ合わなくなり、内容がわかりにくくなりますよ。余計な言葉は省き一文を短く、主語と述語がかみ合うように注意することで、わかりやすい説明になります。

 

わかりやすい説明をするポイント②5W1H

わかりやすい説明をするには、5W1Hを意識することがポイントです。

5W1Hとは、When(いつ)、Where(どこで)、Who(だれが)、What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように)の英語の頭文字を取ったモノ。5W1Hを意識することで、過不足なく情報が伝えられわかりやすくなりますよ。

また5W1Hを使って話すことで、内容が簡潔になり伝わりやすくなります。説明の仕方に苦手意識がある場合は、まず話す内容の5W1Hを書き出して説明の冒頭に加えてみましょう。

 

わかりやすい説明をするポイント③具体例

具体例を出すことで説明の仕方をわかりやすくすることができます。特にビジネスシーンでは、難しい内容を解説する機会もあるでしょう。

難しい事象をそのまま説明するのではなく、多くの聞き手に理解してもらうためにわかりやすい具体例をいくつか挙げることがポイントです。具体例を挙げることで、イメージがしやすくなり聞き手の理解を深めることができます。

説明の中で具体例を挙げる際は「具体例を挙げますと、」などを付けることで、今から話す内容は具体例だと聞き手に伝えられ、わかりやすい説明の仕方になりますよ。

 

わかりやすい説明をするポイント④原稿の作成

主語や述語などを意識したり、余計な単語を省き簡潔に述べたりすることが大切だと紹介しましたが、頭の中で整理しながら話すのはかなりハードルが高いでしょう。

そこで、わかりやすい説明の仕方として、話す内容を事前に考え原稿を作ることで、完璧な内容を伝えることができます。文字に書き出すことで余分な単語を消したり、主語と述語の関係を見直したりと作業が簡単になりますよ。

特にビジネスのプレゼンテーションなど大切な説明をする場合は、セリフを全て原稿に書いておくことが必要でしょう。

 

上手な説明をするコツ

上手な説明をするコツ

説明の仕方のポイントを紹介しましたが、主語や述語を意識することが難しいと感じる人もいるでしょう。そこで、続いては上手な説明をする簡単なコツを紹介します。

話す順番や説明に使う言葉のチョイスを意識的に変えるだけでも簡単な説明になり、上手な説明をするコツを掴むことができます。

説明の仕方に苦手意識がある場合、簡単なコツを意識して家族などに説明を実際に行い、上達度合を確かめることで自信に繋がるでしょう。

まず、上手な説明をするコツを掴み、聞き手に説明を理解してもらえるよう努力しましょう。

 

上手な説明をするコツ⓵言葉の選択

上手な説明の仕方として、誰にでも伝わる簡単な言葉を使うという方法があります。難しい言葉を多く使うことで、賢く見られ説明をした本人は満足感がありますが、説明した内容が伝わっていないことが多いです。

難しい言葉は簡単な言葉に言い換えることが、上手な説明をするコツですよ。より簡単な言葉を使った説明の仕方をすることで、聞き手が言葉について考える時間が無くなり、説明の内容を瞬時に理解することができます。

難しい言葉を羅列して説明する仕方ではなく、聞き手のことに配慮した簡単な言葉を使いましょう。

 

上手な説明をするコツ②結論の後に理由

結論の後に理由を述べると説明の仕方が上手な人になれます。

結論を最初に述べることで聞き手が説明を頭で整理しやすいと、説明の仕方が上手な人の特徴で紹介しましたが、結論の後は理由など自分の気持ちを付け加えることで、説明への理解や関心が深まりますよ。

結論だけ述べると、説明の内容が聞き手の記憶に残りにくくなります。

結論をまず述べ、なぜその結論に至ったのか話し手の感情や熱意などを付け加えるだけで、聞き手の頭の中で結論に理由が紐づけられ、記憶に残りやすく上手な説明の仕方になりますよ。

 

上手な説明をするコツ③数の提示

説明の冒頭に結論と具体的な数字を合わせて述べることで、聞き手に伝わる説明の仕方になります。特に業務内容の説明など、ビジネスーンで忘れてほしくない内容を説明する仕方として有効的です。

例えば「これから○○について大切なことを3つ説明します。まず一つ目は○○です。」という説明の仕方をすることで、聞き手が「これから3つの大切な話があるのか」と意識することができます。

更に具体的な数を述べることで聞き手が頭の中で内容を簡単に整理でき、記憶に残りやすくなりますよ。

 

上手な説明をするコツ④自信

話し手が自信を持つことで説明の仕方が上手に感じられます。どれだけ上手な説明をしていても、弱弱しい声で不安そうに説明していると聞き手も下手な説明の仕方であると錯覚しやすくなりますよ。

説明をするときは、はきはきとした声で自信を持って述べることで、聞き手に安心感を与え上手な説明であると印象付けられます。

大勢の前で話す際などで自信を持てない人は、『わかりやすい説明をするポイント④』で紹介したように原稿を用意することで、しっかりとした準備を行えて本番の説明で簡単に自信を持つことが出来るでしょう。

 

上手な説明の仕方まとめ

上手な説明の仕方のポイントや簡単なコツを紹介しましたが、参考になりましたか?上手な説明の仕方のポイントやコツを押えるだけで、簡単に説明の仕方が上手な人になれます。

説明の仕方が上手になるだけで、いつもより簡単に会話のキャッチボールができ、友達の輪が広がりますよ。またビジネスシーンではプレゼンテーションが上手くいき、仕事で成功を収められるなどメリットがたくさんあります。

紹介した上手な説明の仕方をマスターすることで、自信に満ちた笑顔溢れる会話ができるようになるでしょう。

こちらもおすすめ☆