素直な人と無神経な人の違いって?周囲を笑顔にできる魅力的な素直さを持つ方法

多くの人に愛される「素直な人」は、たくさんの魅力を持ち合わせた性格の持ち主です。今回は、大人になった今だからこそ意識して取り入れたい「素直さ」といった特徴や「素直な人と無神経な人の違い」「素直な人になる方法」をご紹介します。

公開日:
素直な人と無神経な人の違いって?周囲を笑顔にできる魅力的な素直さを持つ方法
MooooN

MooooN

ライター

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

素直な人の特徴やなる方法をご紹介!

多くの人に愛される「素直な人」は、たくさんの魅力を持ち合わせた性格の持ち主です。素直な心を持つことで、今までより円滑なコミュニケーションを取れたり、職場でも仲間内で好かれることができるでしょう。

今回は、大人になった今だからこそ意識して取り入れたい「素直さ」といった特徴や「素直な人と無神経な人の違い」「素直な人になる方法」をご紹介します。

素直な人を目指す人もそうでない人も、ぜひ思考の中に「素直さ」を付け加えて、より充実した人間関係やコミュニケーションを図りましょう!

素直さとは

素直さとは

素直とは、一体どんな特徴や性格のことをいうのでしょうか。素直な人を志す上で、根本的な「素直さ」の意味を知ることはとても重要で大切なことです。

素直な人は、大人になった今でもどこか子供のような純粋さと真面目さを持ち合わせているタイプが多いです。だからこそ、人から好かれますし、仕事でも信頼と人気があるのでしょう。

素直な人に共通する「素直さ」について、詳しく見ていきましょう。素直な人に共通する思考を取り入れて、人から好かれる毎日を過ごしたいですね。

 

 

純真無垢な気持ち

素直さとは、「純真無垢な気持ちや感情」のことを意味しています。

例えば、素直な人は、嘘をついたり人を疑うことをしません。心が純真無垢で素直なために人の言葉の裏を探ったり、「この人はどうしてこんなことを言ったのだろう」「この言葉にはどういう意味が隠されているのだろう」と考えることをしないまっすぐさがあるのです。

人の言葉をそのままストレートに受け取ってしまうピュアな性格を大人になっても持つことができているので、愛されキャラとして人に好かれるのです。

 

感情表現が豊か

素直さとは、「感情表現の仕方」にも特徴的に表れます。なぜなら素直な人は、思ったことが顔に出やすく、嬉しいときは嬉しいと素直に喜び、悲しいときはひと目をはばからずに泣きます。

大人になるとどうしても人前で涙を流すことに抵抗があるものですよね。しかし、素直な人は少し子供のような一面があるのも魅力の内のひとつなのです。

嬉しさや悲しみをストレートに表現できるのも、素直な人が持つ「性格や特徴」からくる素直さゆえ。素直な人が愛されるポイントだと言えるでしょう。

 

ごめんなさいとありがとうが言える

感じたことをしっかり表現できる素直な人は、人に感謝するときも謝罪するときも、しっかり素直な気持ちを言葉にすることができます。

自分が悪いと感じたときには、その場で自然と「ごめんなさい」が言えますし、感謝の気持ちが湧き上がれば自然と「ありがとう」が口に出るのです。

まるで口ぐせのようにポンポンと「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるので仕事で愛されることはもちろん、仲間内でも評価が高いでしょう。

条件反射のようにすぐに感謝と謝罪を言葉にできるのは、素直な人が持つ「素直さ」からくる特徴だと言えます。

 

叱られると感謝をする

もしも上司や先輩に怒られてしまったとき、多くの人は自分が悪いとわかっていても少なからず憤りを感じたり、「どうして自分はこうなんだ」とネガティブな感情に苛まれてしまうもの。

それとは打って変わって素直な人は、仕事で大きなミスをして叱られたときには、自分の非をしっかりと認め受け入れて、「叱ってくれた相手に感謝をする」という性格的特徴があります。

素直な人が仕事場でも好かれるのは、きちんと反省し成長することができる人材だからです。大人になってもどんどん成長をしていく様子は、誰の目から見ても魅力的に映るでしょう。

 

素直な人と無神経な人の違い

素直な人と無神経な人の違い

素直な人の代表的な性格的特徴についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。素直な人の魅力を知ってもらった上で、次は「素直な人と無神経な人の違い」について解説していきましょう。

素直な人になりたいと志したときに、一番に気をつけたいのが「無神経な人にならないように注意する」ということです。

無神経な人だと言われないためには、誰からも好かれる大人である「素直な人」の根本的な特徴をしっかりと把握することが大切ですよ。ここでは、「素直な人と無神経な人の違い」をご紹介します。

 

嫌味に気づかない

素直な人と無神経な人の違い1つめは、「素直な人は嫌味に気づかない」という点です。素直な人の性格的な特徴として、「人に嫌味を言わない」というものがありますよ。ですから、そもそも「人が人に嫌味を言う」という発想を持ち合わせていないのです。

人から嫌味を言われても、多少「ん?」と引っかかるものの、それ以上は深く追求せず気づかずに終わってしまうことも多々あります。

反対に、無神経な人は、相手が嫌味に受け取るとわかっていてもついつい思ったことが口をついて出てしまうので、素直な人と対象的に嫌味を自分から発してしまうという特徴がありますよ。

 

人に騙されやすい

素直な人は人を疑いません。なぜなら、自分自身が人を騙すという感覚や発想を持っていないからです。人から受けた情報をそのまま受け入れるので、冗談に気づかなかったり、すぐに人に信じてときに騙される傾向があるのが特徴です。

一方、無神経な人はしっかり頭で計算できるタイプなので、人を安易に信じて騙されることはないでしょう。無神経な人は、素直な人と対象的に、人の言葉の意図を探ろうと考える傾向があるので、相手に騙される心配はありません。

詐欺被害などには充分注意したいものの、冗談にすぐに引っかかる素直な人は、大人になっても可愛らしく好かれる傾向が高いです。

 

人の気持ちをきちんと考えられる

素直な人は、感情こそ顔に出るタイプですが、きちんと人の気持ちを感がられる心優しい人が多いのが特徴です。悲しいときはわかりやすく元気がありませんし、嬉しいときは自分でも無意識の内に笑顔が溢れかえっているでしょう。

素直さが功を奏して、人が嫌がることはしないと考えるので、素直な人は大人になっても人に好かれるタイプが多いです。

その反面、無神経な人は、人の気持ちを考えずに思ったことをストレートに言葉にします。相手の気持ちを考えることなく何でも口にしてしまうので、周囲から「無神経な人」だと言われる原因になるのです。

 

自分より他人を優先する

素直な人には「悪気」がなく、心根が優しいという特徴があります。そのため、素直な人は自分よりもまず相手を優先させる人が多いです。

例えば、仕事場などでは、休憩に入る順番を人に譲ることができたり、まずは自分より相手を思いやることができるのです。

しかし、反対に無神経な人は、他人よりもまずは自分という自分本位な考えや振る舞いをしてしまう傾向があります。自分本位な人を好む人はそうそういませんよね。

大人になっても子供のような純粋な優しさを持つ素直な人こそ、仕事のシーンでもプライベートでも人から好かれるタイプだと言えます。

 

素直な人になる方法

素直な人になる方法

素直な人と無意識な人の違いを知っていただけたら、より素直な人が周囲の人から好かれる理由を知れたのではないでしょうか。大人になっても子供のような純真無垢な魅力を持ち合わせている素直な人の思考を取り入れることができれば、より充実した人間関係が築けるはずです。

では、大人になっても周囲から好かれる「素直な人」になるには、一体どのような行動や思考方法を身につければ良いのでしょう。

ここでは、素直な人を目指す上で意識したい「素直な人になる方法」をご紹介していきます。仕事でもプライベートでも好かれる人材を目指しましょう。

 

感謝の心を持つ

素直な人になる方法で、最初に意識したいポイントが「何事にも感謝の心を持って接する」ということです。例えば、大人になっても周囲から好かれる素直な人は、自分が手にしている全てのことに感謝の心を抱いているのが特徴です。

自分の置かれている環境、人やものに対する全ての物事に感謝の気持ちを持つことで素直な心が芽生えます。

人は一人では生きられないという人間の原点を知ることが、感謝の心を芽生えさせる上で大切なポイント。人や物に対して感謝の心を持つことで、自然と「ありがとう」が口ぐせになるのです。

 

喜び、悲しみを無視しない

素直な人を志すなら、自分の感情に素直に目を向けてみることが大切です。嬉しいときはお腹を抱えて笑い、悲しいときは思い切って泣きましょう。

他人の前で泣けないのが大人ですから、家族や恋人、友人など気心知れた人の前で涙を流してみましょう。自分を受け止めてくれる人の前で思いっきり泣いてみることで、思いの外、心がスッと軽くなるはずです。

そして、「素直になれない」という自分の殻が破れるのを感じられるでしょう。自分の感情を素直に受け止めることで、自然と自分を取り巻く人間関係にも変化が訪れるはずです。

 

感謝と謝罪をすぐに伝える

素直さとは、というカテゴリでも触れたように、素直な人はすぐに「ありがとう」と「ごめんなさい」を言葉にすることができます。それこそ、素直な人が周囲の大人たちから好かれる理由のひとつでしたよね。

ですから、素直な人になる方法を探すなら、「感謝と謝罪をすぐに伝える癖を習慣化する」というポイントが重要です。

ありがとう、ごめんなさいがすぐに言えるようになるだけで、周囲から「素直な良い人だ」と印象を持たれやすくなりますよ。素直に自分の感情を表現することを積み重ねていきましょう。

 

ポジティブな思考を持つ

上司に怒られると、自分が悪いとわかっていても、どうしてもネガティブな気持ちが芽生えてしまうものです。しかし、素直な人になる近道に「人から叱られる」「指摘」は、とても重要な材料のひとつだと言えるでしょう。

素直な人になる方法を探しているなら、人から叱られたときにこそ「叱られたからこそ、自分は成長できるんだ」と、全て「自分の成長」に繋げてしまうのです。

素直な心こそ、自分を成長させてくれる「心の栄養」なのだと考え、人から好かれる素敵な大人を目指しましょう。ポジティブな心が明るい明日へと導いてくれるのです。

 

素直な人の特徴やなる方法まとめ

素直な人に共通する特徴や、素直さと無意識の違い、素直な人になる方法をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

自身の思考の中に「素直さ」を少しずつインプットしていくことで、仕事だけでなくプライベートでの人間関係も明るく良好なものに変わっていくはずです。

素直になりたいと思う心こそ、素直な気持ちからくる感情。人から好かれる、そんな魅力に溢れた大人女性を目指して、素直な人になる方法をぜひ実践してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆