ちょっとしたことで《気が利く人》になれる。さりげないけど心に残る気遣い術って?

今回は、「気が利く人になる!」と決意したときに実践したい「気が利く人になる方法」や、具体的な「気が利く人の特徴」をご紹介します。 大人の女性らしい細やかな心配りで、周囲から一目置かれる存在になりましょう。

公開日:
ちょっとしたことで《気が利く人》になれる。さりげないけど心に残る気遣い術って?
MooooN

MooooN

ライター

2児の子を持つシングルマザー。恋愛・結婚のジャンルが得意です。皆さんの心に寄り添える記事を執筆できるように頑張ります。

気が利く人の特徴・方法をご紹介

気が利く大人の女性って、とても素敵ですよね。さりげないことにも気がついてくれるので、仲間内でももちろん、職場でも大切にされる人柄だといえるでしょう。

では、気が利く人とは一体どのようなことを言うのでしょうか。今回は、「気が利く人になる!」と決意したときに実践したい「気が利く人になる方法」や、具体的な「気が利く人の特徴」をご紹介します。

大人の女性らしい細やかな心配りで、周囲から一目置かれる存在になりましょう。

気が利くとは?


気が利く大人女性になりたい、と思ったときに最初にぶつかる壁が「でも、気が利く女性って具体的にどのような女性のことを言うの?」という、根本的な疑問ではないでしょうか。

「気が利く」とは、細かな物事に気がつくことや、人や物に対して繊細な配慮ができることを意味します。ここでは、気が利く人を目指す上で意識したい「気が利くとは一体どんなこと?」というテーマで具体例を紹介していきます。

気が利く人とおせっかいな人は紙一重ですから、しっかりと「気が利く」の意味を落とし込んでいきましょう。

 

 

細かなことに気がつく

「気が利く」とは、細かなことに気がつくことを意味します。仕事で困っている人がいれば、自ら率先して的確なフォローに入ることができる、悩んでいる友達がいればそっと寄り添って相談役になってあげられる、というような人です。

例えば、仕事が詰まって残業をしているときに、助けを求めなくても雑務を手伝ってくれていたり、そっと差し入れのお菓子や飲み物をデスクに置いてくれたりと、気が利く人のさりげない優しさにキュンとした経験を持つ人も少なくないのではないでしょうか。

気が利く女性は、日常の細かなことに気がつくことができるので、職場や仲間内でも頼りにされたり愛される人柄を持っています。

 

タイミングが絶妙

気が利くとおせっかいは紙一重で、一歩間違えば自分のでしゃばりな行動で相手に不快感を与えたり、ありがた迷惑になってしまうもの。

しかし、「気が利く人」とおせっかいな人の違いは、「タイミングのさじ加減」にあります。

例えば、気が利くにカテゴライズされるタイミングは、「相手が困っているとき」に絶妙にアプローチできるということです。

もしも問題が一段落ついたときやそこまで大変じゃないときに「手伝います」とアプローチされると、どうしても「今は別にいいんだけな…」と、相手に戸惑いや困惑を与えてしまいます。

 

さりげない優しさがある

気が利くとは、さりげない優しさを意味しています。

上記でも述べたように、「気が利く」と「おせっかい」は紙一重です。

一歩間違って「おせっかいな人」にならずに「気が利く人」でいるためには、「評価を求めない」「顧みない」という気持ちで行動することが大切ですよ。

例えば、「気が利く」に分類されるさりげない優しさとは、雰囲気がよくなるように誰に頼まれた訳でもないけれど、毎日職場の植物に水をやるだとか、10時、15時のタイミングで人数分のお茶を淹れる、というように評価や見返りを求めない「優しさ」で動けることを意味しています。

 

気が利く人の特徴


「気が利く」の意味を具体例にご紹介しましたが、では、気が利くと認識されるには、どのような行動をしていけばいいのでしょう。

気が利く人になりたいと目標を持ち気が利く人を目指すなら、まずは「気が利く人の特徴」を知り、彼女たちの行動を模範にしていくことが一番の近道だと言えます。

ここでは、気が利く人を目指す女性たちが把握しておきたい「気が利く女性の特徴」をご紹介します。

彼女たちの性格や気遣いの仕方から学びを得て、もう一回り素敵な大人女性を目指しましょう。

 

観察力に優れている

気が利く人の特徴1つめは、「気が利く人は観察力に優れている」ということです。気が利く人は、常に優しさのアンテナが張り巡らされている状態であると言えます。

これは、意識して行っている訳ではなく、気が利く人のその優れた観察力があるからこそ、常に優しさのアンテナが張られているのです。

細かなことにも気がつくことができるのは、常に周囲を見渡しているからだと言えるでしょう。

観察力があるので、困っていそうな人がいたらすぐに気づいてあげられる、そして的確に手を差し伸べてあげられるのです。

 

繊細な心を持っている

繊細な心を持つ人は、小さな変化や相手の些細な心の動きにも敏感に反応することができるので、細かなことにもすぐに気がつく「気が利く人」として認識されています。

具体例を挙げると、鈍感な人よりも繊細な人の方が、さりげない優しさを見せてくれたり細やかな心配りができる、というイメージはありませんか?気が利く大人女性たちに多く共通している特徴が「繊細な心を持っている」ということなのです。

気が利く大人女性を目指すなら、繊細な心を培うという意識を深く持つことが大切です。

 

心配りができる

「気が利く」という意味にもあるように、気が利く大人女性は「心配りができる」という特徴があります。細やかな心配りや人や物に対して配慮ができるのは、気が利く大人女性はさりげない優しさを持ち合わせているからですよね。

他人からの評価や見返りを求めることなく物事を考えたり、行動を起こすことができるので、周囲から見れば「あの人はいつも心配りをしてくれる、気が利く女性だな」と判断されるのです。

気が利く大人女性になる方法の近道は、周囲に対する心配りを実践することから心がけると良いでしょう。

 

気が利く人になるための方法


素敵な気が利く大人女性になりたいと思ったときに、まずはどのようなことから初めてみれば良いのでしょうか。

細やかな心配りと一口に言われたって、「細やかな心配りを持つにはどうすればいいの?」という疑問にぶつかってしまうはず。

ここでは、「気が利く大人女性=細やかな心配りができる女性」になるために意識したい心構えや思考の仕方、身につけたい能力をご紹介します。

職場や仲間内でも愛される「気が利く大人女性」になって、より素敵な毎日を過ごしてくださいね。

 

観察力を磨く

気が利く女性になるための第一ステップとして意識したいのが、「観察力を磨く」ということです。気が利く大人女性に共通する特徴の内のひとつ「細やかな心配り」は、鋭い観察力があってこそできることですよね。

観察力を磨く方法でおすすめなのが、「人間観察から初めてみる」ということです。

例えば、職場の人に対して、「今日は華やかな色の服を着ているな、何か良いことがあったのかな?」や「少しイライラしているようだな、仕事を上手く回せるか注意して見ておこう」というように、相手の様子から想像を膨らませる習慣を意識すると良いですよ。

 

相手の気持ちを考える

気が利く人になるための方法2つ目は、「相手の気持ちを考える」ということです。例えば、相手のために何かしてあげようと良かれと思ってやった行動が、実は相手にとっては望んでいなかったこと「余計なお世話」であることも少なくありません。

本当に気が利く大人女性というのは、自分の「やってあげたい」という気持ちを一方的に押し付けるのではなく、「相手が今何を求めているか」をきちんと考えることができます。

ですから、「気が利くとは?」にもあった、絶妙なタイミングで相手にさり気ない気遣いを差し伸べることができるのです。

 

変化に気づく

ワンランク上の気が利く大人女性を目指すなら、まずは「変化に気づく」という洞察力を身につけることが一番の近道だと言えます。

気が利く人がなぜ気が利くのかと言えば、日常の些細なことも見逃さず、しっかりと意識の中に組み込んでいるからですよ。

例えば、おせっかいになりがちな人は、目先のことしか見ていないという特徴があります。

しかし、気が利く人は普段から人の様子や室内の状況をしっかりと視野に入れているので、花瓶の花が枯れかかっていたり、人に対して「いつもより元気がないな」と、細やかことに気がつくことができるのです。

 

気が引く人を目指すときの注意点


気が利く大人女性の特徴や、気が利く人になるための方法を説明しましたが、いざ「気が利く人になるために実践をしていこう」と思い立ったとき、気をつけてほしい注意点が3つあります。

この3つをしっかり守れていないと、気が利く人になれるどころか、単なるおせっかいな人に成り下がってしまう危険性があるので、気が利く人を目指すときの3つの注意点をしっかりと意識してみてくださいね。

でしゃばりな人にならないように、気が利く人の心構えをきちんと把握し意識しましょう。

 

相手の状況を見る

「気が利く大人女性」は、とても素敵で魅力的ですよね。しかし、相手の状況をきちんと見ることができていないままに自分の思うままに行動を起こしてしまうと、単なるおせっかいな人だと判断される可能性があるので注意しましょう。

相手の状況を見るということは、気が利く人になるための方法にもある「相手の気持ちを考える」と深くリンクする部分です。

相手が本当に困っているのか、手を差し伸べてほしそうなのか、それとも一人で黙々と取り組みたいタイプなのかをきちんと判断できていないと、相手にただただ不快感を与えてしまうだけになるので注意が必要ですよ。

 

押し付けない

気が利く人と紙一重の「おせっかいな人」に多く見受けられるのが、「自分の価値観や正義感を押し付けがち」だということです。

例えば、いつもはランチに行くのに今日はたまたま食事を抜くと言った同僚に、「体調が悪いのではないか」と他の同僚に言いまわったり、本当はお腹が空いているけど時間がないんだろうと、お弁当を買ってきてあげたりするのは危険です。

本人は単にダイエット中なだけかもしれません。こうなると、単に自分の価値観や正義感を押し付けているだけになってしまうので注意です。

相手の状況やニュアンスを注意深く観察することが大切ですよ。

 

おせっかいに気をつける

これまで何度も述べているように、「気が利く」と「おせっかい」は本当に紙一重。では、おせっかいとは具体的にどのようなことを表すのかというと、「相手がNOと言っているのにグイグイ押して行動に移してしまう人」のことを指します。

相手の「NO」を「遠慮」だと解釈して行動してしまいがちな人は、気が利く大人女性ではなく単なるおせっかいで少し迷惑な女性だと誤解されてしまう危険性がありますよ。

自分の思考が全てではないことを意識して、相手の気持ちを優先してあげようとする姿勢があれば、誰でも「気が利く人」になれるので、注意してみてくださいね。

 

気が利く人の特徴・方法まとめ

気が利く人の特徴や気が利く人になるための方法、気が利く人を目指すときの注意点をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。気が利く大人女性は、とても素敵で魅力的です。会社内や仲間内でとても大切にされる人材だと言えるでしょう。

しかし、一歩間違ってしまうと、せっかくの好意もありがた迷惑になってしまう危険性があります。

気が利く大人女性を目指すなら、まずは自分の気持ちや意見よりも相手の状況と普段の相手の様子から、しっかりと「今手を差し伸べるべきかそっとしておくか」を判断してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆