忙しい毎日の乗り切る家事の時短テク。料理・掃除・洗濯を賢くサボるコツって?

料理に洗濯、掃除と、毎日家事をこなすのは本当に大変ですよね。今回は、そんな忙しい女性必見!家事を時短するコツを家事の種類別に紹介します。明日からでも実践したくなる簡単な時短のアイデアを厳選しましたので、ぜひチェックしてみてください。

公開日:
忙しい毎日の乗り切る家事の時短テク。料理・掃除・洗濯を賢くサボるコツって?
Ayaka Oshima

Ayaka Oshima

ライター

おしゃれが大好きなOLです。簡単かつおしゃれなヘアスタイルをご紹介いたします。

家事を時短するコツをご紹介!

料理に洗濯、掃除と、毎日家事をこなすのは本当に大変ですよね。特にひとり暮らしの女性や、毎日仕事や育児に追われている女性にとって、できれば家事は効率良く行いたいもの。

そこで今回は、そんな忙しい女性必見!家事を時短するコツを家事の種類別に紹介します。明日からでも実践したくなる簡単な時短のアイデアを厳選しましたので、ぜひチェックしてみてください。

本記事を参考に少しでも家事を効率化して、面倒な家事を楽に済ませましょう。

家事を時短するコツ《料理》

家事を時短するコツ《料理》

まずは、主婦やひとり暮らしの女性を特に悩ませる家事こと「料理」の時短のコツを6つ紹介します。普段の生活に欠かせない家事の一つである料理ですが、献立を考え、食材の調達、調理、食事後の皿洗いと面倒な工程が盛りだくさん。

中には自炊を頑張りたいけれど、料理が面倒でつい外食続きになってしまうと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、そんな悩める女性におすすめの料理の時短のコツをピックアップしました。以下のコツを参考に、ぜひ時短を試みてください!

 

 

①一週間単位で献立を作る

毎日献立を考えるのは面倒ですし、その都度食材を調達するのも時間がかかりますよね。そんなときは、休日にまとめて一週間単位で献立を作ってみてください。献立をまとめて考えることで、献立に悩む時間を短縮することができます。

さらに献立を考えるのが面倒な方は、曜日ごとに献立を固定するのも一つの方法です。「〇曜日はコレ!」と決めて同じものを作り続ければ、料理の効率もアップしますよ。

 

②食材をまとめ買いをする

コツ①で紹介したように、一週間分の献立をまとめて作ったら、食材もまとめ買いをしましょう。週末や休日を利用して一週間分の食材をまとめ買いすれば、買い物の手間を省くことができます。

わざわざ買い物に行かなくても料理をスムーズに進めることもできますので、ぜひ意識してみてください。スーパーによっては割引デーを設定している店もありますので、お得に購入できる日を狙ってまとめ買いをすれば、節約もできて一石二鳥です。

 

③使いやすい食材をストックする

ひき肉や卵、ホットケーキミックスなど、どんな料理にも使いやすい食材をストックしておく方法です。いざというときに買い物の手間が省けるため、料理をするときに大幅な時短になりますよ。

特に肉や魚は下処理をし冷凍しておけば、保存期間が延びても安全に食べられますのでぜひストックしておきましょう。ただし浪費や食材の廃棄を防ぐために、あくまでも消費しきれる量をストックしておくのがコツです。

 

④時短食材に頼る

どうしても時間がない!今日は料理をしたくない・・・というときは、思い切って冷凍食品やレトルト食品に頼りましょう。イチから料理するのではなく、ときには便利な食品で簡単に済ませるのも時短のコツです。

レンジで温めるだけでできる食品で手っ取り早く食事をすませるのもアリですが、冷凍のフルーツや野菜ミックスなどを料理に活用するのも一つの手。普段の家事がグッと楽になるので、冷凍食品やレトルト食品はいくつかストックしておくと大変便利ですよ。

 

⑤電子レンジを活用する

コツ④で紹介したレトルト食品の他、スクランブルエッグなど、電子レンジで作れる料理は意外とたくさんあります。また、にんじんなどの硬い野菜は、あらかじめレンジで温めて火の通りを良くしておくと時短効果抜群。

コンロを使っている間も電子レンジを活用すれば、簡単に品数を増やすことができます。使える道具を駆使して、同時進行するのが家事の時短のコツです。料理の下準備はもちろん、「物足りないからもう一品欲しい!」というときに簡単に実践できる時短テクです。

 

⑥食器の数を減らす

料理を食べ終えた後に残るのが、面倒な皿洗い。かといって食洗器を買うのはなかなかハードルが高いですよね。そんなときにぜひ挑戦してほしい方法が、食器の数を減らす方法です。

丼やカレーなどの一皿で完成する料理や、カフェ風のワンプレート料理に挑戦してみましょう。食器の数を減らすことで、普段の家事もグッと楽になりますよ。簡単に取り入れられる方法ですので、ぜひ挑戦してみてください。

 

家事を時短するコツ《掃除》

家事を時短するコツ《掃除》

次に紹介するのは、家事の中でもついつい後回しにされがちな「掃除」の時短のコツ。ついつい後回しにしがちな掃除は、家事の中でも苦手意識をもっている方も多いはず。

気づいたら部屋が散らかっていたり、水回りに汚れがこびりついているなんてこともありますよね。面倒だからといって放置しておくとさらに汚れ、また放置してしまうという悪循環になってしまいます。時短のコツを身に着けて、面倒な掃除をパパッと終わらせてしまいましょう!

 

⑦近くに掃除用具を置く

部屋のちょっとしたチリやホコリをすぐに掃除できるように、廊下や部屋の隅など手に取りやすいところに掃除用具を置いておく方法です。モップなど、手軽に使える掃除用具を手に取りやすい箇所に置くことで、掃除用具を準備する時間を大幅に短縮できます。

掃除用具が遠くにあると、ゴミをみつけてもついつい放置してしまい、部屋がどんどん汚くなってしまいます。簡単に挑戦できる方法ですので、掃除が面倒だと感じる方はまずは掃除用具を収納から出してみましょう。

 

⑧水回りをこまめに掃除する

キッチンや風呂、トイレなどの水回りは、こまめに掃除するのが時短のコツです。特に水回りは汚れがこびりついてしまうと取れにくくなるため、掃除に時間がかかってしまいます。

そうなる前に普段からこまめに掃除することで、掃除の時短を試みましょう。普段からきれいにしておくことで簡単に掃除を済ませられる上、時短だけではなく心理的ストレスも減って一石二鳥です。毎日の積み重ねによって、家事がグッと楽になりますよ。

 

⑨お風呂グッズは直置きしない

シャンプーやボディソープなど、お風呂に常備しているグッズの直置きは避けてください。濡れた床やバスタブの上にお風呂グッズを直置きすると、気付けば底がカビだらけなんてこともあり得ます。

そんなときは風呂場に直置きするのではなく、フックに引っ掛けて浮かせることで簡単にカビを防ぐことができますよ。防げる汚れを未然に防ぐことも、家事を楽にするコツのひとつです。簡単に取り入れられる方法ですので、挑戦する価値アリですよ。

 

⑩こまめに除湿する

洗濯物を部屋干ししたときや雨が続く時期は、部屋に湿気がこもりがち。対処をせずそのままにしておくと、壁や木製の家具やカビが生えて、掃除に大変手間がかかります。

除湿器やエアコンの除湿モードを使用し、湿気を外に逃がすよう心がけてみてください。晴れの日でしたら、換気も有効です。朝の5分だけでもいいので、窓を開けて積極的に換気をしましょう。日々の生活に簡単に取り入れられる、家事の時短のコツです。

 

⑪使い捨て掃除用具を活用する

トイレに流せるブラシや、使い捨てのウェットシートなどを活用するのも時短のコツの一つです。片づけや手入れなどの面倒な手間を省くことができるので、大幅な時短になります。

また汚くなった掃除用具をその場で捨てることができるので、精神的にも楽な点が嬉しいポイント。普段の生活に簡単に取り入れられる方法で、育児などで忙しい方にもピッタリの方法です。面倒な掃除も、使い捨て掃除用具で楽に済ませましょう。

 

⑫便利家電を利用する

育児も仕事も忙しくて時間がない!という方におすすめなのが、思い切って便利家電に頼る方法。特に最近では児童のお掃除ロボットも販売されていますから、購入してみるのも一つの手ですよ。

特にお金に余裕のあるキャリアウーマンの方は、こういった便利な家電にお金を費やすのも時短のコツです。少々値は張るものの、一度手に入れてしまえば大幅に掃除を時短できるテクニックですよ。家事に時間を割きたくない方や、徹底的に楽をしたという方におすすめの方法です。

 

家事を時短するコツ《洗濯》

家事を時短するコツ《洗濯》

最後にご紹介するのは、洗濯の時短のコツです。洗濯機を回す、洗濯物を干す、洗濯物を畳む…。と、家事の中でも地味に面倒な洗濯。

しかし、工程数が多いということは、それだけ時短のチャンスも多いということです。洗濯物を干すときや片づけるときなど、ちょっとしたコツを押されることで、簡単に時短できてしまうんですよ。

洗濯時から収納時まで、明日からでも取り入れたい時短テクをたっぷり紹介しますので、本記事を参考にぜひ時短のコツを身に着けてください!

 

⑬洗濯物の量を減らす

洗濯の時短のコツは、まず洗濯物を減らすことから始まります。洗濯物の量を減らせば洗濯をする回数が減る分、家事の大幅な時短になりますよ。

無駄な洗濯物を増やさない、バスタオルの代わりにフェイスタオルを利用するなどの方法で、洗濯物の容量を減らしていきましょう。

日々の生活の中で簡単に実践できる方法ですので、ぜひ挑戦してみてください。水や洗剤の使用量が減って節約にもなりますので、主婦や一人暮らしの女性にピッタリな方法です。

 

⑭ハンガーにかけたまま収納する

ハンガーにかけて干した服を、ハンガーから外して畳んでから収納ケースに収納していませんか?干したものをそのままクローゼットに掛けて収納することで、簡単に服をたたむ時間を省くことができます。

服が乾いた後にたたまずに収納できるのは、とっても楽ですよね。トップスやボトムス、ワンピースは畳むのではなく、ハンガーにかけて収納することを心がけましょう。

洗濯物の収納方法に気を遣うことで効率よく家事をこなせる上、普段の生活がグッと楽になります。

 

⑮小物は畳まず収納する

靴下や下着などの小物は畳まずに収納すると、家事が一気に楽になります。靴下や下着用のかごやケースを用意し、洗濯物が乾いたらそこにポンポン投げ込んでいきましょう。

靴下は靴下、下着は下着と種類ごとに分けておくことで、探し出す手間も省けます。服は畳まなければいけないという概念を捨ててみると、一気に効率的に洗濯物を片付けることができますよ。

簡単に取り入れられる上に大幅に時短できる方法ですので、育児や家事で忙しい方にもってこいのアイデアです。

 

⑯平干しネットを活用する

靴下や下着など、小物類を洗濯ばさみに一つずつ挟んで干すのはとても面倒ですよね。ネットに入れて洗濯し、洗濯が終わった後はそのまま干せる「平干しネット」を活用して家事を楽に済ませましょう。

小物を洗濯ばさみに挟む手間が省けるため、大幅に時短することができます。最後はコツ⑮で紹介したように畳まずに収納すれば、小物類の洗濯の時短は完璧です!

便利グッズを使用するだけの簡単な方法ですので、ぜひ挑戦してみてください。

 

⑰除湿器で一気に乾かす

梅雨の時期やベランダの位置的になかなか洗濯物が乾かないときってありますよね。着たい服があるのに乾かなくて着られなかったり、なかなか洗濯物が片付かなくてイライラしてしまう、なんてことも。

そんなときは部屋干しをしつつ、除湿器やエアコンの除湿モードを使って一気に乾かしましょう。早く洗濯物が乾く上、洗濯物で部屋に湿気が籠るのを防ぐこともできます。

電気代はかかってしまいますが、家電をうまく利用して賢く時短しましょう。

 

⑱ドラム式洗濯機を利用する

もはや洗濯物を干すこと自体面倒!という方は、ドラム式洗濯機を使って洗濯から乾燥まで自動で済ませてしまいましょう。金銭的に余裕がある方は、ドラム式洗濯機で洗濯を楽に済ませるのも時短のコツです。

洗濯から乾燥まで全自動で、服を干す手間を省くことができるので大幅な時短になること間違いなしですよ。お金がかかる方法ではありますが、育児や仕事が忙しい方は生活を楽にする意味でも思い切って購入してみてはいかがでしょうか。

 

家事を時短するコツまとめ

以上、家事を時短するコツを家事の種類別に紹介しました。育児や仕事が忙しい女性にとって、家事は何としても時短を試みたいですよね。

今回紹介したように、ほんの少し工夫するだけでいつもの家事もグッと楽になります。家事に時間を取られて悩んでいる方は、今回ご紹介した時短のコツをぜひ普段の生活の中に取り入れてみてください。

お金をかけずにできる方法もありますので、自身に合った時短のコツを実践してみましょう。

こちらもおすすめ☆