読書に夢中になれる、最適な場所って?集中しやすいおすすめの場所をご紹介

読書に集中できる最適な場所はないかと思ったことはありませんか?たとえ読む本が同じでも、ひとたび場所を変えるだけで読書の効率アップにつながります。本記事は、読書を楽しみたい方へ最適な本を読む場所の紹介です。

公開日:
読書に夢中になれる、最適な場所って?集中しやすいおすすめの場所をご紹介
aska.

aska.

ライター

北の大地でいぬと仲良く暮らすWebライター。自生植物と湯めぐりが大好き。より自分らしく人生を楽しむための豊かなライフスタイルを提案します。

読書に最適なおすすめの場所をご紹介!

読書に集中できる最適な場所はないかと思ったことはありませんか?現実から解放される素敵な物語や、自分自身を見つめなおす自己啓発本。資格の勉強をするために読書することもありますね。

たとえ読む本が同じでも、ひとたび場所を変えるだけで読書の効率アップにつながります。本記事は、読書を楽しみたい方へ最適な本を読む場所の紹介です。有料・無料の場所に加え、屋内や屋外で読書に最適な場所をまとめています。

ぜひ最後まで読んで、あなたにぴったりの読書に集中できる場所を見つけてくださいね。

読書に最適なおすすめの場所《無料》

読書に最適なおすすめの場所《無料》

無料の場所ならお金を気にせず、読書だけに集中できます。好きな場所で好きな本を読めるのは、何にも代えがたい貴重な至福の時間です。決して無料だからといって、本に夢中になれないことはありません。

好みに合わせてあなたにぴったりの読書環境を整えれば、買ったままの状態で積んでいた本も効率的に消化できますよ。

お金をかけずに夢中になって読書に親しめる場所は、どんなところがあるでしょうか。無料で気兼ねなく過ごせる、読書に最適なおすすめの場所を紹介します。

 

 

①家のベッド

家であれば着ているものも読む姿勢も自由ですから、のんびりリラックスして過ごせますね。ベッドで寝転がりながら、寝る前にのんびりと本を開くことを日課にするのもおすすめです。

なんといっても家の最大のメリットは、思い立ったときにすぐ本を手に取り読書できること。これから読書を習慣にしたい方はとくに、自分の家で時間を決めて本を読むことをおすすめします。

本を開いたまま寝落ちするのは、気持ちよいですよ。休日に限らず空いた時間があれば、サクッと読めるので読書を習慣づけるには最適な場所です。

 

②家のお風呂

入浴中に読書するのもおすすめです。半身浴を日課にしているなら時間つぶしのスマホではなく、ぜひ本をお風呂に持ち込みましょう。

身体を温めてリラックスしながら読書すれば、時間の有効活用になります。湯船に浸かり、ヘアトリートメントしながら本を読むのもおすすめです。

お好みのアロマをお供にしつつ汗をかいてデトックスしながら本を読めば、心も身体もリフレッシュできます。本には防水カバーをつけお風呂で解放感にひたりながら読書にふけると、日頃の疲れも吹き飛んでいきそうですね。

 

③図書館

静かでほどよい人の気配があり、心ゆくまで読書に親しむための場所です。わざわざ本を持っていかなくても、読みたい本が選び放題なのは嬉しいですね。興味のある本を、たくさん並んでいる本棚から発見する喜びも味わえますよ。もちろんお気に入りの本を持参してもOKです。

図書館は、本を楽しむための場所。人目や滞在時間を気にする必要がありません。読書だけに一点集中できる図書館は、身を入れて読書できる最適な場所としておすすめです。

さらに自習室もある図書館を選べば、誰にも邪魔されず資格取得に向けた勉強もはかどりますよ。

 

④職場

就業時間よりも少しだけ早く出勤して、本を開いてみましょう。朝は頭がリセットされた状態なので、読書には最適です。本の内容もよく入ってきて読書がはかどります。

仕事の前に本を読むことで、その日の仕事に対するモチベーションや効率のアップが期待できますよ。昼休みの時間に読書するのもおすすめです。仕事とのメリハリをつけられ、よい気分転換に。

お気に入りの一冊をバッグに忍ばせて出勤すれば、仕事で張り詰めた気持ちを癒してくれますね。

 

⑤海

海は本を読む場所として思いつきにくいかもしれませんが、読書のために海まで出かけるのはおすすめです。潮風に吹かれ、波の音を聞きながら本を読むと五感が刺激されます。いままでとは違う本の魅力が伝わってくる場所です。

自然のなかでの読書は、本来あなたが持って生まれたあらゆる感覚をすべて解き放ってくれます。磯の香りに包まれて本を開くと、忘れかけていた大切な何かを思い出すきっかけが得られることも。

慌ただしい日常をしばし忘れて、なかなか読めずに積んでいた本をまとめて読破するには最適な場所です。

 

読書に最適なおすすめの場所《有料》

読書に最適なおすすめの場所《有料》

本を持参して出かけると、日頃のストレスを発散できたり非日常的な感覚を味わえたりしてわくわくします。有料とはいっても、かかる金額は場所によってさまざま。予算を決めて場所を選ぶのも楽しみのひとつです。

日頃から仕事を頑張っている自分自身へのご褒美に、優雅な読書タイムをプレゼントしてあげましょう。

好みの場所に合わせて読む本をチョイスすれば、いつもよりページが進むかもしれませんね。では、有料で読書に最適なおすすめの場所を紹介します。

 

①カフェ

非日常感が漂うカフェでの読書は、最高のひとときですね。おしゃれなBGMに包まれながら読書に集中できます。おいしいコーヒーをいただきながら本を読めば、極上のリラックス気分を味わえますよ。

その日の気分に合わせて、行くカフェを変えるのもよし。お店によって雰囲気が変わるので、読書していても新鮮さが感じられます。

朝の出勤前や仕事が終わった帰り道に立ち寄るのもおすすめ。休日のショッピング中に、カフェで読書しながら休憩するのもおすすめです。

 

②ファミレス

ドリンクバーもあって食事も安くいただけるのが嬉しい場所です。ファミレスならば、待ち時間も読書タイムになりますね。食事は全体的にお手頃価格で、思い立ったときにすぐ立ち寄れる気軽さがあります。

休日の朝起きて「どこかに出かけて本を読みたい」と思ったら、ランチを兼ねて本を片手に行ってみてはいかがでしょう。週末は家族連れが多いのでにぎやかですが、読書に集中するためにざわつきが必要な方にはおすすめ。

ただ混雑具合によっては長居できないため、落ち着いているときに行くなら平日がおすすめです。

 

③スーパー銭湯

リラクゼーションルームがあるスーパー銭湯なら、まる一日かけて読書に集中できる最適な場所です。のんびりお湯に浸かったあと、軽く一杯お酒をたしなみながらの読書は格別。

ひと区切りついたところでまたお風呂に浸かり、上がっては読書を繰り返せば一日があっという間に終わってしまいそうですね。お湯に浸かりながらオーディオブックをたしなむのもおすすめ。

防水イヤフォンなら「聞く本」をお風呂でも楽しめます。大きなお風呂と「聞く本」に夢中になるあまり、つい長湯してしまいそう。くれぐれものぼせないようにご注意くださいね。

 

④ビジネスホテル

家族がいて家で読書に集中できない方は、いっそ本を読むために一泊してみてはいかがでしょう。毎日頑張っている自分自身に、贅沢な読書空間をプレゼントするなら安価なビジネスホテルがおすすめです。

誰にも邪魔されず、ひとりで深夜まで読書に没頭できる場所としてはまさに最適。人の気配や物音がすると、気が散って読書に集中できない方にもおすすめの場所です。

お気に入りの数冊を持参すれば、自分だけの世界に引きこもって読書タイムを満喫できますね。読書のためのおこもりで、存分に羽を伸ばしましょう。

 

⑤ブックカフェ

書店とカフェが一体化したブックカフェ。ひと言にブックカフェといってもその形態はさまざまです。書店をベースにカフェを導入しているタイプや、カフェで自由に読書できる本が置かれているタイプもあります。

なかには、まるで隠れ家のように街にひっそりと佇み、「私語厳禁」のルールをかかげる強気なブックカフェも。コーヒー一杯の注文で長居できるのがブックカフェの魅力です。

書店の中にカフェがあるタイプなら、最新の書籍もわかるので気になるタイトルを見つけやすい場所としても最適ですよ。

 

読書に最適なおすすめの場所《屋内・屋外》

読書に最適なおすすめの場所《屋内・屋外》

気持ちよく晴れた日は、屋外での読書がおすすめです。外の空気に触れながらの読書は、肌で季節を感じられます。心地よく本に集中でき、読書を楽しめますよ。

新鮮な感覚に頭もさえるので、本の内容もより鮮明に残ります。また肌寒い日や雨が降っている日は、屋内でまったりと読書にふけりたいですね。読書がはかどるような落ち着いた音楽を聞きながら本を読むのもおすすめ。

天候や気分に合わせて場所を変えれば、より読書に集中できます。屋内・屋外それぞれの、読書に夢中になれる最適な場所を見ていきましょう。

 

屋内①乗り物

意外にも居心地のよい場所が乗り物です。電車やバスなど移動中に乗り物での読書もよいですね。乗り物特有の音や、心地よい揺れを感じながら本を読むのは案外心地のよいものです。

通勤中の車内は、限られた時間を有効活用して読書にあてられます。出張や遠出ならば、長い移動時間中に身を入れて読書できますね。また自家用車のなかでの読書おすすめ。ひとりになれるので安心感があり、落ち着いて本を読むには最適な場所です。

休日のおひとりさまドライブのお供に本を持ち出し、出かけた先で休憩がてら本を開いてもよいですね。

 

屋内②ホテルのラウンジ

贅沢気分を感じたいなら、ホテルのラウンジでの読書はいかがでしょう。カフェよりも値は張りますが、そのぶんリッチな気分を味わえます。特別感があるので、頑張った自分へのご褒美にもなりますよ。

高級感が漂う空間での読書は、適度な緊張感があります。いつもの読書では丸まりがちな背中も、背筋がしゃんと伸びてちょっとした刺激に。大きなソファでコーヒーをいただきながら、エレガントなひととき。読書の合間にホテルでランチをいただくのもよいですね。

 

屋外①公園・河川敷

晴れた日は外に出かけたくなりますね。お気に入りの一冊をバッグに詰め、散歩がてら近所の公園に出かけてみませんか?マイタンブラーに飲みものを用意して、本を片手にベンチで読書。

心地よい風に吹かれながらページをめくれば、いつもより頭がすっきりしてじっくりと本に集中できますよ。また、河川敷で川のせせらぎを聞きながら読書にふけるのもおすすめです。

自然を感じられる場所は、屋内にはない魅力があります。夢中になって本を読めるので読書には最適です。

 

屋外②家の庭・バルコニー・ベランダ

あなたの家に庭やバルコニー、ベランダがあるなら、使用しないのはもったいないことです。家の敷地内ならわざわざ出かけなくても、風を感じながら天然のライトのもとで読書を楽しめますよ。

椅子やテーブルも用意すれば完璧ですね。ガーデニングが趣味なら、普段から手入れをしている花たちの香りにも癒されます。海外映画に出てくるワンシーンのように、本を読みながら優雅にティータイム。

ぜひカップや茶葉にもこだわりましょう。贅沢な休日を過ごせば、心にゆとりが生まれます。

 

屋内・屋外の両方|キャンプ場

せかせかした毎日にお疲れを感じているなら、自然豊かなキャンプ場に足を運んでの読書がおすすめです。いつもはインドア派でも、思い切って出かけると気分転換になりますよ。コテージがあるキャンプ場なら、急な悪天候にも安心です。

アウトドアグッズを持っていなくても大丈夫。必要なものをレンタルできるキャンプ場もあります。昼間は陽射しの下で読書。日が暮れたらランタンを灯し、ほのかな明かりで本を楽しんでみては。

寝る前の読書は、木のぬくもりを感じるコテージの中。いつもと違う非現実的な雰囲気に読書がはかどります。

 

読書に最適なおすすめの場所のまとめ

いつも決まった場所で読書をしている方もぜひ一度、本を読む環境を変えてみてはいかがでしょう。読んでいる本は同じでも読書環境が変わるだけで、内容がすっと入ってきたりいままでとは違った見方ができたりします。

読む本のジャンルによって、場所を変えるのも読書がはかどるのでおすすめです。まずは休日に読書の予定を入れて、あなたにぴったりの本を読む場所探しをはじめてみませんか?

ぜひあなただけの最適な場所を見つけて、快適な読書空間を手に入れてくださいね。

こちらもおすすめ☆