そうめんに合う副菜レシピ特集!豪華な献立に格上げするおすすめ料理をご紹介♪

そうめんの簡単な付け合わせの副菜☆そうめんはまだ寒い時でも食べたくなる料理ですよね。ここではそうめんに合う副菜を冷やしそうめんとにゅうめんに分けて紹介していきます。これで温・冷どちらのそうめんにも合う副菜が組み合わせられますよ!

著者:
公開日:
そうめんに合う副菜レシピ特集!豪華な献立に格上げするおすすめ料理をご紹介♪

そうめんの簡単な付け合わせの副菜☆

そうめんはまだ寒い時でも食べたくなる料理ですよね。つるつると喉越しが良いそうめんは食欲がない時でも食べられます。ただ、そうめんだけだと栄養が偏ってしまうので野菜たっぷりの付け合わせが必要ですね。

ここではそうめんに合う副菜を冷やしそうめんとにゅうめんに分けて紹介していきます。これで温・冷どちらのそうめんにも合う副菜が組み合わせられますよ!

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《冷めん》

そうめんの献立におすすめ!漬物ステーキ

この投稿をInstagramで見る

 

Toshihiro Ueki(@utosh)がシェアした投稿

このレシピは白菜の漬物をおしゃれに仕上げていく料理です。

冷たいそうめんとこのスキレットを使用したおかずのような副菜はとてもマッチする組み合わせとなるでしょう。

おうちに漬物が余っていたら白菜を簡単に焼いて卵の上にたっぷりと乗せて召し上がりましょう。

少し焼いているのでシャキシャキとした食感はなくなりますが、お漬物の旨味が残っていて絶品の味わいとなります。

詳しいレシピはこちら


 

そうめんメニュー!彩り野菜の甘酢簡単きんぴら

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《冷めん》

ai.ouchigohan

レンコンやパプリカ、ピーマンなどをたっぷりと使用したこのきんぴらは、少しアレンジを加えて甘酢に仕上げていく付け合わせです。

シンプルなそうめんにはこのような栄養満点の副菜があると良いですよね。

それぞれの野菜のおいしさを引き出しているためいつまでも食べていられる副菜です。また甘酢が食欲をそそり、ご飯も欲しくなる味付けとなっております。


 

 

レンジレシピ!そうめんとコロッケスコップ


副菜にコロッケを作るときは意外と手間がかかりたくさんの油を使用しなければなりませんよね。そうめんとコロッケは相性の良い組み合わせですが、後片付けがとても面倒です。

そんな時はこのレンジで作れるコロッケを付け合わせにしてみてはいかがでしょうか。油も使用しないためヘルシーに食べられ、お腹も大満足する副菜となるでしょう。コロッケスコップはみんなでワイワイ食べられる料理です。

詳しいレシピはこちら

 

そうめんの献立に!わけぎとイカのチヂミ

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《冷めん》3

cao_life

チヂミ料理があると全体的にボリューム感が出る副菜になるので、そうめんと合わせると夕食にも使えるメニューとなります。

レシピもそれほど難しくなく小麦粉とわけぎ、イカを合わせて焼いていくだけなのでとても手軽にできますよ。

イカが入ることで食べ応えも出て大満足できる食事になるでしょう。タレはゴマをたっぷりと使用して自家製で作ってみてください。


 

そうめんの付け合わせに焼き野菜のそぼろ炒め

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《冷めん》4

ai.ouchigohan

このおかずのような副菜はレンコンとカブをたっぷりと使用した料理となります。

味付けには焼肉のタレと醤油、ニンニクを使用するだけなのでとても簡単に作れます。

またごま油で炒めている分、良い香りが立ち込めるでしょう。豚ひき肉を使用していてうまみも野菜にしっかりと絡まり絶品の副菜となりますよ。

仕上げにネギとゴマをたっぷりとちらしてそうめんと一緒に召し上がってくださいね。


 

そうめんメニューに!えのきと青梗菜のお浸し


とても優しい味付けのこの副菜レシピは、白だしベースでしっかりと味を染み込ませています。青梗菜とえのきはあらかじめ茹でることでしんなりとさせていきますよ。

この料理は10分もあれば完成する副菜なので、そうめんを作っている間に仕上がるでしょう。要領よく時間を使いながら献立を作っていくと楽しくなりますね。えのきのコリコリした食感が良いアクセントとなります。

詳しいレシピはこちら

 

そうめんの副菜レシピに!かぼちゃのごま和え


茹でたカボチャにすりごまと調味料をたっぷりと合わせたこの副菜は、ごまの風味がよく感じられる付け合わせです。あまりかぼちゃの煮物にごまを合わせることが少ないですが、意外と相性が良いのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

冷たいそうめんにはこのような温かい煮物があると重宝しますよね。またかぼちゃはボリューム感のある食材なのでお腹も満足するでしょう。

詳しいレシピはこちら

 

冷凍豆腐で副菜!トマト照り焼き豆腐ステーキ

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《冷めん》7

ai.ouchigohan

冷凍豆腐と言う食材をご存知でしょうか?冷凍豆腐は木綿豆腐をそのまま冷凍庫に入れて凍らしたものを使用する食材です。

そのため簡単に水切りができて味もよく染み込むのでとても人気がある調理法ですよ。

この料理はそんな冷凍豆腐を使用して、豆腐を照り焼きにしてから仕上げにトマトとパクチーをトッピングすれば完成します。

この料理はしっかりと水分が抜けているためお肉のような食感で絶品となるでしょう。そうめんのメニューに合わせてみてくださいね。


 

そうめんの副菜レシピ!ごぼうの卵とじ


たっぷりとごぼうを使用した後の副菜は、そうめんの献立にもよく合う料理となります。ごぼうは食物繊維もたっぷりと摂取できるため、便秘がちな人にもおすすめです。

ごぼうのアク抜きをする時は5~10分くらいでOKですが、アク抜きをしなくても大丈夫ですよ。ごぼうを少し煮込んでから卵をかけて仕上げていきましょう。またこのメニューに天ぷらのおかずも加えて定食のようにしてみても良いですね。

詳しいレシピはこちら

 

そうめんと!ピーマンとしらたきの中華炒め

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《冷めん》9

ai.ouchigohan

しらたきを使用した簡単なこの料理はヘルシーに食べられて、ボリューム感の出る副菜となります。

夕食はそれほどカロリーを摂りたくないと言う時は、そうめんとこの副菜を一緒に合わせてみてはいかがでしょうか。

あっさりしていながらも、中華風味なのでしっかりとした味わいが感じられます。またピーマンはなるべくしらたきと合わせて細く切るのがポイントです。


 

そうめんの付け合わせに!和風ジャーマンポテト


使用している食材は洋風ですが、味付けは白だしベースのレシピに仕上げた副菜となります。和風といってもベーコンが入っているためしっかりと歯応えも感じられて満足できる味わいとなるでしょう。

この料理はいつものジャーマンポテトに飽きたと言う時に付け合わせとして作ってみると良いですね。さっぱりとしたそうめんによく合う副菜です。おかかが入っている分良いアクセントとなっていますよ。

詳しいレシピはこちら

 

そうめん料理の副菜レシピに!空芯菜炒め


中華食材でもある空芯菜は意外とクセのない野菜でもりもりと食べられる副菜が作れます。特にそうめんのようなさらりと食べられる料理と一緒に合わせることで、味のバランスが取れますよ。

にんにくや唐辛子が効いているのでおつまみとしても活用できる副菜となるでしょう。空芯菜は茎の根っこに近い部分が少し固いので先にそれから炒めると良いです。

詳しいレシピはこちら

 

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《温めん》

そうめん料理の献立に!春菊ナムル

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《温めん》

ai.ouchigohan

ナムルのレシピでも春菊を使うことで、ほんのりと苦味が感じられる副菜となります。

ナムル系のレシピはとても簡単にできるので、もう一品欲しいと言う時に重宝しますよ。

この調味料の割合を覚えておけば春菊ではなくいろいろな食材で試せるので重宝するでしょう。

またにゅうめんのような温かいそうめんにほんの少し付け合わせとしてあると便利ですね。

詳しいレシピはこちら


 

 

そうめんに!叩ききゅうりの梅おかかポン酢和え


具だくさんのそうめんにもう一品付き合わせるとしたら、このような簡単にできるあっさりめの副菜がちょうど良いですね。きゅうりは叩くことで繊維が崩れ調味料と合わさりやすくなります。

また梅とおかか、ポン酢を一緒にあえているのでしっかりとした味わいが感じられますよ。時間が経つときゅうりから水分が出てくるため早めに召し上がってくださいね。

詳しいレシピはこちら

 

そうめん料理に桜えびと春菊のオイスター炒め

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《温めん》3

ai.ouchigohan

そうめんを夕食に合わせるとするのであれば、このようなおかず感のあるしっかりした副菜が必要です。

レシピにオイスターソースを加えているため魚介の旨味が感じられる副菜となるでしょう。

さらに桜えびが良い仕事をしてくれていて香ばしさが感じられます。

炒め物はフライパンでささっと作れるため手早く作りたいときに重宝しますよ。乾燥桜えびが余っている時はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

詳しいレシピはこちら


 

そうめんに簡単な副菜!ぶっかけ冷奴

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《温めん》4

ai.ouchigohan

とにかく早く献立を作りたいと言う時はこの冷奴を作ってみてはいかがでしょうか。

トッピングにしらすや大葉、カイワレや納豆を乗せているのでいろいろな味が楽しめる副菜となるでしょう。

付け合わせとしても栄養バランスが完璧で、この一品があればそうめんと一緒に十分補えますよ。

温玉も乗せてから豪快にお箸で召し上がってくださいね。


 

そうめんの献立に大根おろしのしらす大葉和え


温かいそうめんがあれば副菜はさっぱりしたものが良いかもしれませんね。このレシピは大根おろしとしらす、大葉を乗せて召し上がる料理です。ヘルシーで体に良い副菜なので週に何度も食べたくなる料理となるでしょう。

かけるタレはポン酢や醤油などお好みで合わせてみてください。大葉の香りがとても良くシンプルなのに絶品の美味しさとなります。

詳しいレシピはこちら

 

スナップえんどうとちくわのバター醤油炒め

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《温めん》6

ai.ouchigohan

そうめんを作っている間に簡単にできるこの付け合わせは、みんなが大好きなテイストとなっています。

調味料にバターと醤油を使用しているので香ばしい副菜が食べられますよ。

またほんのりとちくわの甘みもよくマッチしているのでお箸が止まらなくなる副菜となるでしょう。

スナップえんどうがシャキシャキとしていて楽しい食感を味わえます。


 

夕食の副菜に!そうめんとアボカドの塩昆布和え


このレシピはアボカドのナムルのような料理で、ごま油を使用した副菜となっています。アボカドの皮をきれいにむき、均等に切って美しくしていきましょう。アボカドはとても栄養価が高いのでそうめんと合わせるとうまくバランスが取れますよ。

また万能な塩昆布を加えているため調味料はそれだけでも十分なくらい美味しくなるでしょう。

 

そうめんのメニューに豚肉と小松菜のカリカリ炒め


この料理は豚バラ肉を使用しているためフライパンに入れると油が出てきます。そのためフライパンに油を引かなくても作れますよ。豚バラ肉はベーコンのようにカリカリになるまで炒めていき食感を楽しみます。

小松菜は少し細かく切りレンジで加熱すれば時短にもつながるレシピとなります。この副菜があればおかず感覚でそうめんと食べられるのでちょうど良い組み合わせとなるでしょう。

詳しいレシピはこちら

 

簡単!しいたけとズッキーニのこくマヨ炒め

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《温めん》9

ai.ouchigohan

しいたけとズッキーニの付け合わせがあれば栄養価も高くなり、美容にも良い副菜となります。

調味料にはコクを出すためにマヨネーズを使用していて、子供も食べやすい副菜となるでしょう。

ズッキーニは薄切りにし、しいたけは少し厚めに切ることで食感が良くなります。この献立があれば子供も喜ぶ組み合わせとなるでしょう。


 

そうめんに!ピーマンとじゃがいものひき肉麹炒め


液体塩麹を使用したこのレシピはうまみがぎゅっと凝縮された料理となります。また鶏肉はももの部分を使用しているためしっかりとした味わいとなるでしょう。

そうめんのメニューにこのような副菜があると子供も喜んで食べてくれますよ。じゃがいもは先にレンジで加熱して柔らかくしておくと早く作れます。手早くできる副菜なのでお弁当のおかずにも重宝しますよ。

詳しいレシピはこちら

 

そうめんの副菜は簡単に菜の花のおかかマヨ和え

そうめんの簡単な付け合わせの副菜《温めん》11

ai.ouchigohan

旬の野菜を使ったこの料理はマヨネーズとおかかを和えるだけなので、ものすごく簡単にできる付け合わせになります。

そうめんを作っている間にも出来上がるものなのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

菜の花のほんのりとした苦味が癖になり、旬の間は何度も作りたくなる副菜となるでしょう。

また少しアクセントとして新玉ねぎを加えても美味しそうですね。


 

そうめんの料理の副菜に!なすのバタぽん炒め


夕食はさっぱりと温かいそうめんを食べたいと言う時は、このような副菜があると良いですね。なすの甘みとバターのコク、ポン酢の塩気が合わさってとてもおいしいレシピとなります。

なすはレンジで加熱するよりも、油で炒めたほうが甘みが引き立ちとても美味しくなります。少しの油で炒めていきたいのであれば、なすにほんの少し油でコーティングをすれば吸収が少なくなります。

詳しいレシピはこちら

 

そうめんの簡単な付け合わせの副菜を作ろう

そうめんはさっぱりとしている分、副菜と合わせるのが難しいと思っている人も多いでしょう。しかし意外とそうめんと合う副菜がたくさんあることがわかったので色々と組み合わせてみてはいかがでしょうか。

これらの紹介してきた副菜はどれも簡単にできてそうめんに合うものばかりなのでぜひ試してみてくださいね。栄養バランスも考えながらしっかりと献立を作っていきましょう!

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告